2017年06月03日

『反逆のショートM4』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

反逆名を冠されたBOLT製M4ショートカスタムが再入荷してきておりまする!↓


『BOLT Airsoft: 電動ガン本体 B4 KEYMOD REBEL BRSS』
BB弾の発射に伴って臨場感溢れるリコイル(反動)を味わえるBRSS電動ガンシリーズの最新作!
バレルを切り詰め、取り回しの良さを向上させたB4 KEYMOD REBELでございます!




▲名称につくREBELとは反逆あるいは反抗を意味しており、さしづめ『小さな反逆者』みたいなニュアンスでつけられたニックネームでしょうか?




▲高い拡張性と軽量化を両立させたKEYMODハンドガードを標準装備しており、フラッシュハイダーはクッキーカッタースタイルを採用。
フロントサイトはKACスタイルのフォールディングフロントサイトが搭載されております。




▲グリップはコンパクトさを強調したようなショートタイプピストルグリップ。滑り止めのモールドがフロント側にしか施されていないので、半田ごてなどでスティップリング加工してやるとより使いやすくなりそうです。




▲ストックもグリップ同様BOLTのオリジナルデザインで、スリムなデザインながらバッテリーの収納にバッチリ対応します。
仕様バッテリーは7.4V~11.1VのLiPoを推奨とのこと。




▲リアサイトもKACスタイルの600mフリップアップタイプ。この手のBUIS(バックアップアイアンサイト)は光学照準器搭載の際にも邪魔にならないところが良いですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年06月03日

『ナム戦CAR-15 2種』再入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

コアなナム戦ファン感涙のCAR-15バリアント2種が、ちょこっと再入荷してきておりまする!↓


『G&P: 電動ガン AEG001O CAR-15 OLDスタイル』
寸詰まりで一見すると昔マルイさんが出してた10禁ミニ電動ガンM16みたいなフォルムですが、COLT社が展開していたM16ウェポンシステムのサブマシンガンバージョンとして試作された、れっきとした実在のモデルであります!




▲ジャングル戦における取り回しを向上させるべく、銃身をフルサイズの半分に当たる10インチまで切り詰めており、それに合わせてハンドガードやストックもショート化されています。
おむすび型ハンドガードをそのまま切り詰めているところがオサレ!




▲最初期型のAR-15/M16系をベースとしてるので、アッパーレシーバーにはボルトフォアードアシストが装備されていません。
またロアレシーバーもマガジンキャッチの周囲にガードリブの無い初期型M16の仕様がモデルアップされています。




▲フラッシュハイダーはフルサイズと同様、3つ又のプロングタイプ。実際に射撃して見ると耳をつんざくような強烈な発射音と目も眩むようなマズルフラッシュで、特に夜間戦闘時に視覚と聴覚に支障をきたす事が判明し、要改良としてリストアップされた箇所の一つですね。




▲ストックは2段階伸縮式で、バットプレート部のレバーを操作するとスプリングの力で使用位置まで伸びるようになっています。
中々カッコいいスタイルなのですが、強度的な問題もあったようで、準制式型として少量生産されたXM177系ではAR-15サバイバルライフル(※戦闘機パイロットのサバイバルキットに収納可能な小型ライフルとして試作されたバリアント)の金属製パイプストックを参考に開発された3段伸縮式リトラクタブルストックが採用されています。




▲実銃の生産数は極少数に留まっており、現存している個体も非常に希少とのこと。ほとんどの個体は運用テストで使い潰されちゃったみたいですね。
おそらく今では軍事博物館に所蔵されている個体ぐらいしか残ってないのではないでしょうか?




『G&P: 電動ガン AEG001N CAR-15 NEWスタイル』
んでもってこちらはマイナーチェンジを加えて製作された後期バージョン。その昔東京マルイがCAR-15としてモデルアップしていたのもこのタイプで、コルト社内ではM607、軍内部ではGX5857のモデルナンバーが与えられておりました。
ちなみにCAR-15というのはコルト社製M16/AR-15ウェポンシステムに属する全てのバリアントを表す通称で、特定のモデルを指す名称ではありません。
M607の場合は、CAR-15サブマシンガンと呼ぶのがより適切かにゃ~?




▲初期型で問題視された過大な発射音とマズルフラッシュの発生に対応すべく、マズル(銃口部)にはノイズ&フラッシュサプレッサーと呼ばれるデバイスが装着されております。構造的には小型のサイレンサーみたいなもんですね。
それでも射撃音に関してはないよりはなんぼかマシという感じだったらしく、アサルトライフルのバレルを切り詰めることの難しさが見て取れます。現代のMK18系も、通常サプレッサーの装着を前提として運用されてますし。




▲ストックは初期型と同じ2ポジションリトラクタブルストックですが、M607はM16A1系がベースとなっているので、レシーバーにはフォアードアシストとマグキャッチ周りのリブが備わっております。




▲最終的にはXM177系に置き換えられたCAR-15サブマシンガンシリーズですが、M16ウェポンシステムを語る上では外せないモデルと言えます!
ブラックのジャングルファティーグで所属不明のブラックオプスチーム装備をやりたいなら、メインアームはこれで決まりでしょう!(←謎の断言。)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年06月03日

『NUKEグレネード』サンプルぷちレビュー!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲今月下旬ごろに発売が迫っておりまするNUKE スプリングインパクトグレネードでございますが、国内代理店様よりサンプル品をお借りすることができましたので、毎度お馴染みぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思いまする!




▲サイズ的には一般的なBBグレネードより若干大きめな感じ。内蔵ギミックと実用性(※弾数)を勘案した結果導き出されたサイズという感じですね。
良く見ると底部には核物質警告のハザードシンボルが!考えてみると、NUKE(核)というネーミング自体が結構剣呑だにゃ~?
もちろん本製品はスプリングのみを使用したエコな設計ですので、安心してご使用いただけます!(←当たり前やがな!)




▲安全ピンを抜いて床に放り投げるとこうなりまする。店内にBB弾がばら撒かれるとちょっぴり悲惨なことになるので、今回は空の状態での作動チェックでございますが、作動は中々確実そう。
床に落ちた時の衝撃でキャニスターに設けられた3箇所のドアが開き、プランジャー(黄色い板状のパーツ)に押し出される形でBB弾が射出されます。
もちろんある程度の衝撃が加わらないと作動しないので、敵チームに床一面分厚いクッションを敷き詰められるとちょっとやばいですね。(←サバゲ中にわざわざそんなことする暇人はいねえよ!)




▲BB弾の装填は底部にある3箇所のローディングポートから、市販のBBローダーなどを使って行います。コッキング(と言っていいのか?)のプロセスが全て完了し、安全ピンがセットされた状態で装填を行うので、装填中に自爆してしまう危険性は極めて低いでしょう。
リセット手順は一見複雑そうですが、順を追って作業していけば意外と簡単です。




▲本体に衝撃が加わることで作動するという特質を生かして、ピンを抜いた状態で敵の回りこんできそうな場所に設置しておき、本体に射撃を加えて遠隔起爆させるブービートラップ的な使い方も可能との事。
ガス式のBBグレネードに比べると有効半径は若干狭くなるそうですが、やれオイル注入だ、やれパッキン交換だ、やれガスチャージだといった面倒なメンテナンス/セットアップが一切必要なく、ランニングコストを極めて低く抑えることができます!(※必要なのはBB弾だけ!)
使用時に本体から外れるのが安全ピンだけなので、パーツを紛失するリスクが低い所も良いですねえ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介