2019年01月16日

『ちゃんと当てるなら、やっぱフィクスドストック』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ビギナーからベテランまで、幅広いユーザー層に愛される東京マルイ電動ガンシリーズのロングセラーが再入荷してきておりまする!↓


▲豊富なバリエーションを誇るマルイMP5シリーズの固定ストックバージョン!軽量なプラ製ボディで取り回しも良く、長時間のサバゲでも携行が苦になりません!




▲ガタツキが多くやや安定性に欠けるリトラクタブルストック仕様のA5に比べて、格段に安定感のあるホールドが可能。
LAPD(ロスアンゼルス市警察)のSWATが固定ストック仕様のMP5を採用していたのも、射撃時の安定性の高さを評価しての決定だったとか。(※安定性に欠けるリトラクタブルストックで誤射かましちゃったら、訴訟起こされちゃうからという切実な事情もあったそうな。)




▲小生も過去長きに渡ってマルイさんのMP5A4を愛用していたものでしたが、現行の製品には初期型になかったサイレンサー装着用のスレッドがマズルに設けられており、14mm逆ネジ仕様の各種サイレンサー/マズルオプションが装着出来るようになっております。
米海軍採用の『N型』に盛り込まれたフィーチャーですね。




▲固定ストックを採用するもう一つのメリットが、大容量のラージバッテリーの使用に対応しているという点!ラージ→ミニの変換コネクターも付属しているので、使用可能なバッテリーの汎用性も高めです!




▲長年にわたって販売されている機種だけに、純正オプションパーツやサードパーティ製カスタムパーツの種類も非常に豊富で、自分好みのスタイルに仕上げられる所も魅力です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2019年01月15日

『G19カスタムスライド』(塾長が)自腹ってみたった!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲先日新発売と相成りましたDETONATOR(デトネーター)製東京マルイ グロック19用カスタムスライドセットでございますが、早速(名古屋店塾長が)自腹ってみましたので、ちょいとご紹介してみたいと思いまする!




▲プレーンなグロック19ファクトリーモデルのスタイリングをモデルアップしているので、形状そのものはマルイ純正スライドと大きく変わるものではありませんが、やはり削りだしで製作されている分フラットサイドにはヒケ一つなく、シャープな印象となっています。
特に純正スライドでは、スライドストップノッチの周囲の肉厚が薄く(※裏面に補強パーツを入れる都合上)、結構露骨に波打ってたり致しますので、この部分の差は大きいです!




▲マルイ純正もエキストラクター周りを別パーツ化してディテールアップが施されておりますが、デトネーター製はスチールの削り出しでエキストラクタープランジャーも別体で再現、しかも可動式となっています。
現行のデトネーター製グロックシリーズ用カスタムスライドでは標準となっているフィーチャーの一つですね。




▲スライドが閉鎖した状態だと、エキストラクターの爪がチャンバーブロックに乗りあがる形となり、スライドからわずかに浮き上がるようになっています。
これによって初弾がチャンバーに送り込まれ、エキストラクターがカートリッジのリムに噛みこんだ状態を再現しており、実銃ではチャンバーに弾薬が装填されていることを目視あるいは指で触れて確認できるローデッドチャンバーインジケーターの役目を果たしています。




▲スライド右側面およびチャンバー部のシリアルナンバー刻印はマルイ純正と同じBYU715仕様。




▲ホントは小生自身が自腹りたい所でございましたが、甥っ子へのお年玉(こういう時で無いとおいちゃんの威厳を示す機会がないのですよ)やらなんやらで臨時の出費がかさんだため、今月はちょ~っと手が出せそうにないかにゃ~?
デトネーター製カスタムスライドとしては、比較的手の届きやすいお値段なんですけどね~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
以上、『自腹レポート』でございました!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介自腹レポートシリーズ
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2019年01月15日

『MHSトライアルモデルなM9』入ってます!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲米軍の次期制式拳銃選定に向けて実施されたMHS(モジュラーハンドガンシステム)トライアルへの参加を目指し、ベレッタ社が開発したM9シリーズの最新バージョンが入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): HG本体 M9A3 タイプF HW』
実銃はベレッタ92/M9系の基本設計を踏襲しつつ、バーテックスタイルのアクセサリーレイル付きスリムグリップフレーム、サプレッサー(サイレンサー)の装着に対応したスレッデッドバレル、トリジコン製ナイトサイト、ポリマー製リコイルスプリングガイド、大型化されたマガジンリリースボタン、装弾数を17発に増強した新型マガジンといったフィーチャーを盛り込み、実用性の底上げが行われたアップグレードバージョンであります!




▲ダークアースカラーのスライド周りとサンドゴールドのフレームを組み合わせた、独特の2トーンカラーが特徴。
フレーム周りは思っていた以上にギラついた金色という感じですねえ。




▲基本的なフィーチャーはベレッタ92バーテックと似たような構成ですが、フレームのアクセサリーレイルはウェポンライトの位置決め用スロットが3箇所に増えています。
マズル(銃口部)のプロテクターを外すと14mm逆ネジ規格のスレッド(ネジ山)が切られており、社外品の各種サイレンサーやマズルデバイスの装着に対応します。




▲マガジンはバンパー部分が大型化された新デザインとなっています。実銃ではバンパーのサイズ分マガジン自体が若干延長されているそうで、装弾数が従来の15発から17発(※エアソフトガンとしての装弾数は24発)に増強されています。
フルサイズグロックとタメを張れるマガジンキャパシティですね。

実銃同様にマガジン周りは従来のM92シリーズやM93R IIシリーズと互換性があるので、ロングマガジンを使用すれば最大49発というエクストラキャパシティを実現できます!




▲92シリーズ以降、M8000クーガー系やPX4といった後継機種も生まれていますが、イタリアンモードを感じさせる92シリーズの優雅なスタイリングを好むファンは依然として多く、その正当進化形であるM9A3にも旧来からのベレッタファンを納得させるだけの魅力がございますね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら