2018年11月13日

『LCT AKシリーズ用電ブロユニット』近日発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

リアルな質感とバリアントのラインナップの多さで人気を博しているLCT製電動ガンAKシリーズですが、ユニークな純正内部カスタムパーツが近々リリースされる予定でございまする!↓


『LCT: AK EBB 電動ブローバックキット 各種 』
LCT製AKシリーズ各機種を電動ブローバック化するためのメカボックスアッセンブリーキット!ノーマルのメカボと交換することで、臨場感溢れるダミーボルトの前後動とリコイル(反動)を堪能できるようになるってシロモノでごぜえやすよ!げへへっ!(←どんなキャラだお前は?)




▲フルサイズAK用のLongバージョンと、クリンコフのような短縮型バリアント向けのShortバージョンの2種をラインナップ。画像で見比べていただくと分かりやすいと思いますが、ダミーボルトのガスピストンの長さが両者で異なります。
システム上ハンドガード内やレシーバー内にバッテリーを収納することができないため、配線は後方配線(※ストック内にバッテリー収納)オンリー。なお、仕様上東京マルイのスタンダード電動ガン/次世代電動ガンAKシリーズには対応しませんので、ご注意下さいまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2018年11月13日

『元祖ミリガバ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガン1911ガバメントシリーズの永遠の定番モデルが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ガスブローバック ハンドガン COLT GOVERNMENT (コルトガバメント) M1911A1』
1985年にベレッタM9に更新されるまで、実に70年以上(M1911の時代含む)に渡って米軍のサイドアームとして使用され続けた、軍用自動拳銃の至高のマスターピースであります!




▲昨今主流のタクティカル系1911とはエクステリアのフィーチャーがかなり異なりますが、現在生産されているモデルも基本設計そのものは誕生以来100年近くもの間変わっておらず、設計を手掛けたジョン・ブラウニングの天才っぷりを改めて思い知らされます。
なんせ同じような時期に世界各国で開発された拳銃は、現在では尽く現役引退ですから。




▲実銃は軍用として生産されたモデルという事で、表面仕上げはブルーイングでは無く錆に強く光を反射しにくいパーカライジングを採用。マルイ製品はグレー系の素材にサンドブラストを施すことでパーカライジングの風合いを再現しております。
マルイ製品としては珍しく(と言ったら失礼か?)トリガーガードの内側を除いてパーティングラインも綺麗に処理されており、中々に高級感がございます!




▲昨今のモダナイズド1911ではリングハンマーあるいはスケルトナイズドハンマーを採用している機種が主流ですが、M1911A1がスパーハンマー、それも指掛けの部分が広く取られたワイドスパータイプのハンマーを装備。
各部の滑り止めがセレーションではなくチェッカリングになっているところに、古き良き時代の贅沢さが伺えます!




▲グリップはブラウンのベークライトタイプ。M1911A1実銃も製造ロットや製造メーカーによってグリップの材質に違いがありますが、ミリガバといえばやっぱりベークライトグリップというイメージが強いですよねえ。
メインスプリングハウジングにはこれまた軍用拳銃の必需品であるランヤードリングも装備されています。




▲マガジンがシングルスタックサイズな分、同系統のブローバックエンジンを採用したハイキャパ系と比べて冷えやすいのがやや難点ではありますが、事前にマガジンをしっかりと温めていれば作動は至極快調!
何よりシングルスタックならではのグリップの握りやすさは、小生のように手の小さいシューターにとっては何物にも代えがたいものがございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2018年11月12日

『BOLT AKS74UN』サンプルぷちレビュー!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲今月発売を控えておりますBOLT AIRSOFT製BRSS電動ガンシリーズ最新作『AKS74UN』でございますが、国内代理店様のご厚意によりサンプル品をお借りすることができましたので、ぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思いまする!




『BOLT Airsoft: 電動ガン本体 AKS74UN Krinkov BRSS』
リコイルショックありのAKS74U電動ガンといえば、東京マルイ製次世代電動ガンがまず思い浮かぶところでございますが、BOLT製は一見してその質感の高さが見て取れます!

今回お借りしたサンプルはマガジン無しの状態でしたが、実際の製品にはオレンジカラーの5.45mmx39タイプマガジンがちゃんと付属します。各社製スタンダード電動ガンAKシリーズ用規格のマガジンも使用可能とのこと。




▲ハンドガードは積層合板(白樺材)、レシーバー回りはシートメタルからのプレス成型、グリップはABSではなくベークライト樹脂製と、実銃の持つ質感の再現に拘ったエクステリアが魅力!
レシーバーの左側面にはロシア標準規格のサイドマウントレイルが標準装備されており、専用の光学照準器や各社製AK用マウントを装着可能です。




▲ハンドガードも積層された合板特有の紋様(?)がくっきりと浮かび上がっており、ダークブラウンの色味もエエ感じ!
バッテリーはハンドガード内に収納しますが、メカボックスの仕様から11.1VのLiPoバッテリー推奨とのこと。




▲グリップの素材は、これまでにリリースされたAKシリーズ(※AKM以降のバリアント)をモデルアップした製品だと、ベークライト調のABS樹脂製やファイバー強化樹脂製というケースが多かったものですが、本製品はこだわりのモノホンベークライト製!
このテカテカと艶やかで安っぽい(コラ!)質感が、これまたAKシリーズのフィーチャーとよくマッチしております!




▲リコイルユニットは従来の B.R.S.S.の発展型であるH.A.M.M.E.R.(Hard Accelerator with Modified Mechanism for Electric Recoil )と呼ばれるシステムを搭載しており、実際に試射してみるとリコイル(反動)もよりシャープで重みを感じさせる感触でございました!
こりゃ、フルオートだと暴れまわるだろうにゃ~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら