2017年06月23日

『ナム戦サバゲのメインアームっつったらコレだよね』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

肉体的な意味においても、精神的な意味においてもベトベトした季節になりつつある今日この頃にピッタンコなM16が再入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: 電動ガン本体 M16VN』
東京マルイ製電動ガンシリーズのラインナップの中でも最古参のモデルの一つであるM16A1系のバリエーションの一つ!
ベトナム戦争中、米陸軍や海兵隊に採用されたM16A1の初期型をモデルアップしております。




▲フラッシュハイダーは先端が三叉に分かれたプロング(串)タイプと呼ばれるスタイル。日本のファンの間ではチューリップハイダーなんて呼ばれていたこともございますね。
消炎効果は優秀だったものの、ジャングル戦においては枝や下草などに引っかかりやすかったため、後期型ではバードケージ(鳥かご型)に改良されています。




▲ハンドガードの断面は三角おむすびのような形状で、非常に保持しやすいデザイン。M16A2以降の円形ハンドガードや現用のRASハンドガードに比べて、明らかに握りやすい形状です。




▲ストックもバットプレートにトラップドア(クリーニングキット収納のための開閉式ふた)のない、初期型特有のシンプルなスタイルを再現。
ナム戦時は銃のクリーニング不足が原因の作動不良が一部で頻発していたため、後期型は銃本体にクリーニングキットを収納できるように改良されたわけですね。

何かにつけて信頼性の低さが取りざたされる、AR-15/M16系のダイレクト・ガス・インピンジメント・システム(俗に言うリュングマン・システム)ですが、作動不良の主因は射撃後のクリーニングを怠ったことで、事実銃のクリーニングを徹底していた精鋭部隊ではほとんど不具合が発生していなかったとの調査結果もあるようです。
まあ、発火式モデルガンで遊んでると良く分かるのですが、火薬使ったあとのクリーニングって結構面倒くさいもんね。

内部容積が大きめなので、ラージサイズまでのバッテリーを収納可能。バットプレートは上下にスライドさせるだけで、工具を使わず着脱できます。




▲マガジンはナム戦時のM16系のスタンダードともいえる20連タイプ。ナム戦後期には現在のような30連マガジンの支給が開始されていますが、需要に対して供給が全く追いついておらず貴重品扱いされていため、最後まで20連マガジンを使い続けた将兵も多かったようです。
なお、付属のマガジンはゼンマイ給弾式の190連多弾数タイプとなっています。




▲レイルシステム装備の現代型AR-15バリアントのような拡張性は備わっていないものの、後のM4系に繋がる人間工学的なユーザビリティの高さはこの時点で完成されております。
海兵隊出身で射撃のエキスパートでもあったユージーン・ストーナー氏の設計センスの高さが伺えますね!

プラ製ボディなので首周りの剛性がやや低いのが弱点ですが、軽量なボディのおかげで1日中携帯しても負担が少ないところが魅力であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年06月23日

『ちょっとの工夫でSOCOMにも対応』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲専用ライトさえ用意すればありとあらゆるハンドガンを収納可能なSUREFIRE製MASTERFIREホルスターですが、ちょっとした工夫で規格外なボディを持つコイツにも対応しちゃったり致しまする!




▲標準的なハンドガンより一回り大きなボディゆえに対応ホルスターが中々見つからないことが悩みなSOCOMピストルことMK23 Mod.0ですが、X300UH-Bウェポンライトを装着することでご覧の通りバッチリ収納できまする!
もちろんOHGサプレッサーを装着した状態でも問題なく収納およびドローが可能!




▲SOCOMピストルのアンダーマウントは独自規格なので、そのままではピカティニー/ユニバーサル規格対応のウェポンライトは装着できませんが、LAYLAXのハンドガン用カスタムパーツブランドNINE BALL (ナインボール)からリリースされているマルイMk23用アンダーマウントベースを用いることで、レイルの規格を変換することができます。




▲横から見るとこんな感じ。馬鹿でっかいブロックみたいな純正のLAMと比べると、やはりすっきりとしたシルエットに収まりますねえ。
いっそのことH&Kがグリップとアンダーレイルを現行のデザインにアップグレードしたMK23の現代版を出さないかにゃ~?とか妄想しちゃったりも致しますが、考えてみればHK45がMK23の直系の子孫みたいなモンですよねえ。




▲画像の銃はマルイ製フィクスドガスガンですが、KSCやUMAREXのガスブローバックモデルにも基本的に同じ方法が使えます!
機能的なホルスターがなくて中々フィールドに持ち出せなかったSOCOMピストルを、サイドアームとして再び活用したいというユーザーにもおススメ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年06月23日

『VECTORのスペアマグ』ご予約受付開始!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲近々発売予定のKRYTAC製電動ガンシリーズ最新作『KRISS VECTOR』専用スペアマガジンのご予約受付を開始致しましてございまする!




『KRYTAC(クライタック): KRISS VECTOR 95連 スペアマガジン』
今回リリースが発表されたのはスプリング給弾式のノーマルタイプ。装弾数は95発となっております。




▲ゼンマイ給弾式の多弾タイプに比べると装弾数はやや少なめですが、マガジン自体が軽量なので、数を持つのもそれほど苦にならないでしょう。
以前お借りしたサンプルを試射した時の感触では、給弾も非常にスムーズでございました。




『KRYTAC(クライタック): KRISS VECTOR 95連 スペアマガジン 3本セット』
単品販売の他、お買い得な3本セットも同時リリースの予定!

なお7月上旬頃発売の予定ですが、初回ロット出荷数は例によってそれほど多くはなさそうでございます。入荷分につきましてはご予約の受付順に順次出荷させて頂くこととなりますので、あらかじめご了承くださいませ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介