2018年07月31日

『ガスブロってる方の89式』ちょこっと入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックマシンガンシリーズの最新作『89式 5.56mm小銃 固定銃庄型 』のおかわり分が、ちょこ~っと再入荷してきておりまするよ~!




▲サイドビューそのものはこれまでの電動ガンバージョンとあまり変わらない印象ですが、実際に構えてみると重量バランスや各部の寸法にやはり違いが感じられまする。
メカボックスやモーター、バッテリーの収納スペースの確保など、電動ガンではどうしてもディフォルメせざるを得ない部分がございますが、ガスブローバックはその点よりリアルな寸法で製作できるわけでございますね。




▲小物パーツは電ガンからの流用かと思いきや、そのほとんどが新造品となっております。消炎整退器(フラッシュハイダー)も実物同様、ハイダー本体とワッシャーの2分割構造を採用しており、質感も大きく向上しています!




▲ハンドガードを外すと、バレル上にダミーながらガスシリンダーユニットが再現されております。
実銃は開発に当たって参考とされたといわれるAR-18/AR-180系由来のショートストロークピストン方式ではなく、AKシリーズやSG550系などと同じフルストロークピストン/プッシュロッド方式のガスシステムを採用。




▲ハンドガードをひっくり返して裏側から見てみると分かりますが、電動ガンバージョンのようなプラ製ではなく、これまた実銃同様の鉄板プレス成型で製作されております。
これにより、質感だけでなく剛性感も大幅にアップ!




▲レシーバー回りも電ガンのような左右分割のモナカ構造ではなく、一体成型となっています。(さすがにプレス成型品ではありませんが。)
レシーバ上部の薬莢受け用マウントもレシーバーと一体成型となっており、電動ガン用とは規格が変更されているので、対応の純正スコープマウントベースもガスブロ専用品となっています。
ボルトの後退ストロークは当然フルストロークで、ダストカバーの開閉も電ガンバージョンとは違いライブとなっています。




▲アッパーレシーバー後端のロックを解除するとピボットピンを支点にテイクダウンでき、ボルトキャリア周りにアクセスできます。ロアレシーバーに整然と納まったトリガー機構も新鮮ですね。
射撃モードは実銃同様セミオート/3点バースト/フルオートで、各モードの切り替えも確実。

ちなみに89式のバースト機構は、パーツ構成が複雑で故障率も高いといわれるM16A2系のバースト機構よりも洗練された設計となっており、射撃の途中でトリガーから指を離し発射弾数が3発以下に留まった場合も、次回の射撃の際は必ず発射弾数が3発にリセット(※M16A2の場合は、3発マイナス前回射撃した弾数分しか発射されません)されるようになっており、いかにも日本の造った銃らしい几帳面さが伺えます。

セレクターレバーはイラク派遣以降スタンダードとなっっているアンビデクストラス(両利き)仕様。




マガジンは外装が89式専用デザインとなっていますが、先行リリースされたM4 MWS用マガジンと完全な互換性が確保されており、相互に入れ替えても正常に作動します。この点はSTANAG規格準拠の実銃と同じですね。
M4 MWS系を愛用しているユーザーなら、既に持っているマガジンがそのまま流用できて便利!(ショップの立場としては、専用マガジンもいっぱい買って頂きたいところでございますが。)




専用マウントベースを装着するとこんな感じ。左右セパレート構造で、薬莢受けマウントを挟み込んで2本のスクリューを締めこむだけの簡単装着であります。
電動ガンバージョンだと、構造上薬莢受け用マウントそのものがネジの緩みなどが原因でガタ付くことがありましたが、ガスガンの方はアッパーレシーバーと一体成型なので、使用中に緩んでしまうようなことはまずないでしょう。(※もちろんネジロックは使った方がいいですよ~。)




▲実際に射撃してみると、ホビーショーの際にマルイさんのブースで撃たせて頂いた量産直前のプロトタイプに比べて、心なしかリコイルが強くなっているように感じられました。
ボルトが交代する際の衝撃を緩和するバッファーが組み込まれているにもかかわらず、ガツンとした切れのあるリコイルをはっきりと体感でき、数ある長物系ガスブローバックトイガンの中でも有数の快調さと撃ち応え!
気温の高い今の季節なら、その快調さもひとしおであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月31日

『グロックPDWキット用フロントエクステンション』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲グロックピストルを小型サブマシンガンに変身させるSRU製PDW Advancedキットに対応した純正エクステンションが入荷してきておりまする!




『SRU: Glock PDW ハンドガードエクステンション』
PDW Advancedキットのフロント/ハンドガード部分を延長し、拡張性を向上させるカスタムパーツ!マズルフェイスのストライクデバイスを一旦取り外し、下駄を履かせるようにして装着するようになっております。
上下のレイルを約10cm延長することができ、オプションパーツ装着位置の自由度が大きく向上します!




▲エクステンション同士を組み合わせ、10cm刻みで更に延長することも可能!(3Dプリンター製なので、あんまし長くしすぎると強度的な不安がございますが。)
インナーバレルを延長した際のカバーとして、あるいは内部に吸音材を仕込んでインテグラルサプレッサーとして利用したりと、アイディア次第で色々使えそうであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月30日

『ピストルキャリバーなM4サブマシンガン』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲海外トイガンメーカーClassic Army(クラシックアーミー)の新作電動ガンが入荷して参りましてございまする!




『Classic Army: 電動ガン 電動ガン CA-048 NEMESIS X9 ECS搭載』
AR-15/M4系プラットフォームをベースに、ピストルキャリバー(拳銃弾)に最適化されたロアレシーバーを組み合わせたサブマシンガンバージョンであります!




▲マズルデバイスはクッキーカッタータイプ。ハンドガードは5インチレングスで、M-LOK規格の採用により対応の各種オプションパーツのセットアップに対応しており、シンプルな見た目に反して優れた拡張性を備えております。




▲マガジンはこの手のピストルキャリバーM4系に良く見られるグロックタイプ。実銃の場合信頼性も高くサードパーティ製も含めて広く流通しており、サイドアームとマガジンの共用が利くことから、グロックのマガジンが流用されるケースが多いようですね。(KRISSベクターの各口径もグロックマガジンの流用ですし。)
G&G製ARP 9はパドル型マグリリース仕様でしたが、本製品はM4と同じ位置にマグリリースが配置されてるので、リロードも一般的なM4系と同じ感覚で行えます。




▲ダストカバーを開くとさりげなく(?)星条旗のマーキングが。ダミーボルトは手動でボルトストップを操作することでホールドオープン状態にできるので、ホップチャンバーへのアクセスも楽チンです!




▲バッテリーはストックのバッファチューブ内に収納。バッファーチューブのカバーはロックレバーを解除するだけで工具を使わず着脱でき、開口部が大きめなのでバッテリーのセッティングも容易に行えます。




▲前後のBUIS(バックアップアイアンサイト)はTROYタイプで、ロック付きのしっかりしたもの。
オプティカルサイトの搭載が前提みたいな機種とはいえ、しっかりとした調整式オープンサイトが標準装備されているのは嬉しいところですね。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月30日

『格調高きイタリアンマシンピストル』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC製ガスブローバックマシンピストルシリーズの大人気商品『M93R II HWバージョン』が再入荷してきておりまする!↓


▲実銃はイタリアの名門銃器メーカーピエトロ・ベレッタ社が、同社の9mm×19口径セミオートピストル『ベレッタ92』系をベースに、要人の警護にあたるセキュリティ要員向けに開発したマシンピストルバージョン!
かつてイタリアでは、極左テロ組織やマフィアによる要人暗殺の嵐が吹き荒れた時代があったことは良く知られるところですが、目立たずに携行でき、なおかつ高い火力を備えた小型火器の開発が当局から要請されたという訳ですね。

ちなみにこの銃の前段階として、ベレッタ92系の原型となったM1951ブリガディーアをベースとしたマシンピストルバージョンであるM951Rというモデルも試作されていますが、シングルカーラムマガジン仕様ゆえにロングマガジンを使用しても装弾数があまり稼げず(15+1発)、またフルオート射撃時のコントロール性にも問題があったため、実用化には至らなかったとか。




▲KSCのM93R IIシリーズは 同社のM9シリーズが設計母体となっており、リアルなメカニズムと好評のSYSTEM 7エンジンによる快調なブローバック作動が魅力!
スライド/フレーム周りはHW樹脂製で、マガジン込みで約1,200gという実銃に迫る重量感を実現しており、同時に射撃時のリコイルも強くなっています!




▲マズルブレーキの形状は1stジェネレーションをモデルアップしており、縦長のスリットが横に3列並んだスタイル。かつてMGCがリキッドチャージ式フィクスドスライドガスガンとしてM93Rを初モデルアップして以来の、お馴染みのカタチといえるでしょう。
2ndジェネレーション以降は反動の軽減よりマズルフラッシュの低減を主としたバードケージタイプに近いデザインになっていますが、日本国内のガンファンの間ではやはり1stジェネレーションのスタイルの方がポピュラーですよね~。(←勝手に断言!)




▲トリガーガード前部に装備された折りたたみ式フォアグリップを起こしてセレクターを切り替えれば、あっという間にマシンピストルモードに早変わり!
KSC製M93R IIはセミオート/3点バーストモードに加えて、セレクターレバーをセミとバーストの中間位置にセットする事で実銃にはないフルオートモードでの射撃も可能です!




▲セレクターレバーとセフティレバーは同軸に配置されていますが、それぞれ独立して作動します。後ろ側の丸い頭の方がセフティレバーで、ハンマーをコッキングした時のみセフティが掛かるコック&ロック仕様。
ベースとなったベレッタ92が備えていたダブルアクション機構はオミットされています。




▲マガジンは実銃同様KSC製M9/M92シリーズ各機種(※SYSTEM7バージョンのみ)用と互換性があり、M93R用のロングマガジンをM9に使用する事も可能。
逆にM9用のショートマガジンをM93Rに装填して、携帯性も向上させることも可能です。




▲バイオハザードCGアニメシリーズ第3作目『バイオハザード ヴェンデッタ』の劇中、主人公クリスをはじめBSAA隊員達のサイドアームとして登場していたのも、このベレッタ93Rでございました。
他にもコード・ベロニカアウトブレイクバイオハザード5といったゲーム版各作品にも登場しており、思いの外バイオハザードシリーズと縁の深い銃だったり致します。

どうでもいいけど、第1作目では細マッチョなイメージだったクリスも、今やすっかりボディビルダー並みの筋肉ダルマになってしまいましたねえ。
BOW(有機生命体兵器)との白兵戦のため、必要に駆られてビルドアップしたという設定だそうですが、今のクリスなら初代ハンターくらい素手で撲殺できそう!
古株のファンにゴリス・レッドフィールドなどと揶揄されるのもむべなるかな。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年07月29日

『守護者の名を持つリチャージャブルハンディライト』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

タクティカルライトのパイオニアSUREFIRE(シュアファイア)社がリリースする、デュアルヘッド仕様の新型ハンディライトが入荷して参りましてございまする!↓


『SUREFIRE (シュアファイア): 本体 GUARDIAN DUAL BEAM RECHARGEABLE (DBR)』
19mmと12mm、直径の異なる2つのヘッドを並列に配置したデザインがユニークなハイアウトプット・ハンディライトでございまする!




▲同じSUREFIRE製の標準的ハンディライト(※画像は小生私物のG2)と比べると、サイズ感はこんな感じ。
横幅は少し大きめですが、全長は似たような感じですね。




▲各ヘッドは直径だけでなく機能面にも違いを持たせており、19mmの方は高輝度リフレクター仕様で密度の高い集光パターン、12mmベゼルの方は広範囲の照射に適したMaxVision仕様となっています。




▲スイッチも各ヘッドに合わせて2個並列となっており、操作系もシンプル。なお、両方のヘッドを同時に点灯させることはできないようです。
バッテリーの消費が激しいからでしょうか。




▲リチャージャブル(充電式)タイプのバッテリーがボディに内蔵され、付属のマイクロUSBケーブルをパソコンなどの機器に繋いで充電を行います。専用のハンドストラップも付属。

夜間の地図判読などに適した15ルーメンのローモードから、最大1,000ルーメンのハイモードまで、状況に応じて各モードを使い分けられるところがナイスですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年07月28日

『何処も作ってくれないから自分で作ったった』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲小生のようなオールドファッション系ガバ好きに愛されるコルト MK Ⅳ シリーズ70系ガバメント。昨今はコルト製以外の1911系オートが圧倒的に幅を利かせている状況ですが、やはりCOLTの刻印がスライドに入っていると安心感がございます。

天邪鬼というか、素ガバが手元にあると何かしら手を加えたくなるもので、手持ちのマルイシリーズ70をベースにコツコツとカスタマイズを進めてきたのですが、素ガバのスライドに載っけられるカスタムサイトをリリースしているメーカーが事実上存在しないという事態に行き着いてしまった次第。
ないモンは仕様がねえやということで、ちょいとサイトを自作してみましてございまする!




▲キューピー3分クッキング並みの展開で恐縮でございますが、出来上がったのがコチラ!イメージ的には米国のカスタムサイトメーカー大手『ミレット』が素ガバ用にリリースしている、ボルトオン系(※スライドに加工しなくても組み込めるヤツ)のフィクスドサイトでございます。




▲実を言うと、フロントサイトはDETONATOR製グロックシリーズ用10-8サイトから、リアサイトはKSC製Cz75のリアサイトからそれぞれ型取りし、プラリペアで複製したものをベースとしておりまする。




▲最初はアルミブロックからの削りだしで何とかならんかにゃ~?とか考えていたのですが、小生のファジー(←いい加減と言いなさい)なフリーハンド手ヤスリ工法ではどうにもならないことが早々に判明致しましたため、安直に有りものの複製という手段に訴えた次第。
だってCz75のリアサイトって、ガバのリアサイトと前後幅がほぼピッタンコなんだもん!

一応ミレット風に後ろ側を垂直に落として、それっぽくセレーションも入れてみました。




▲型取りに使ったのはWAVE製の『型想い』(※ゴム状の素材をお湯で煮て柔らかくし、対象物に押し付けて型を取るというもの)で、作業そのものは至極簡単なのですが、簡易型取り材の宿命と言うべきか、実際にプラリペアを流し込んでみるとディテールの潰れや歪みが露呈し、結局ヤスリをかけまくって修正する羽目に。
まあ、イチから作るよりは遥かにマシなわけで、あんまし贅沢言っちゃいけませんね。




▲実際に乗っけてみると、我ながら中々にナイスなサイトピクチャー!毎晩夜なべした甲斐があったわ~!
まあ、素体にしたサイトのデザインが良かったというだけなんですけどね~?
レンジで試射してみたら、狙点のズレもそれほど大きくなかったのはラッキーでした。




▲固定はビス止めと接着を併用したのでそれなりに強度は出ていると思いますが、所詮プラリペア製なのであんまし無理はできないでしょう。
一応リアサイトはベルトなんかに引っ掛けてスライドを引く事ができるデザインですが、モゲるのが怖いので止めときましょう。




▲サイトの形状が変わると、銃そのものの顔つきも大きく変わって、グッとカスタムガンらしさが深まります。
80年代初頭頃の『お金のないシューターがガンスミスに頼らず、ボルトオンで組み込めるパーツばかり揃えて自分で手を入れたDIYカスタムガン』というイメージが出せて、今のところそれなりに満足かにゃ~?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
以上、『小ネタ』でございました。

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)スタッフ自己満足

2018年07月28日

『M&P用昼夜兼用2階建てサイト』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンM&P9シリーズに対応したイカスカスタムサイトセットが入荷してきておりまする!




『DETONATOR (デトネーター): HGサイト ST-TM18 マルイM&P9 VTAC サイトセット』
米国のタクティカルギアメーカーViking Tacticsがリリースするバイキングサイトのフィーチャーをリアルに再現した、フロント&リアサイトのセットであります!




▲マルイが純正バリエーションとしてラインナップしているM&P9 VカスタムのサイトもVTACタイプですが、コチラはスチールの削りだしで製作され、シャープな仕上がりが魅力!
刻印も実物準拠のリアル仕様となっております。




▲VTACサイトの特徴といえば、昼夜を問わずにサイティングが可能な2階建てドット!上側のドットは集光アクリルを使用したファイバーオプティクス、下側のドットはトリチウムカプセルを挿入したナイトサイトとなっています。




▲流石に実物のようなトリチウムカプセル仕様ではありませんが、ナイトサイト用のドット部分には蓄光素材が挿入されており、事前にある程度光を当てておくことで実際にローライトコンディションにおける照準が可能となっています!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月28日

『これまでに無くスケルトンなハイキャパグリップ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製ガスブローバックハンドガンのベストセラー『ハイキャパ』シリーズ各機種に対応したイカスカスタムグリップが、近々新発売の予定でございまする!↓


『LAYLAX・NINE BALL (ナインボール): マルイ ハイキャパ スケルトングリップ 各種』
あまりに大胆すぎるレベルで肉抜きされまくった、スリムラインなカスタムポリマーグリップ!装填されたマガジンをグリップの一部として利用するというコンセプトが斬新であります!

試作品を触らせていただいた感触では、『これがハイキャパのグリップ?』と思うくらいスキニーなグリップ感で、トリガーガード下部の抉りこみのおかげでかなりのハイグリップが可能となっています!




▲マガジンを抜いたフレームのみの状態だとこんな感じ。スケルトン(Skeleton/骨格、骨と皮みたいなニュアンスもあり)の名に恥じないスッカスカっぷりでございます!

3Dプリンターによる成型品との事で、強度的には必要最小限という感じになるようですが、マガジンを装填した状態ならば剛性にも問題はなさそうかにゃ~?




▲グリッピングの際に必然的にマガジンのボディに手が触れるようになっているので、体温がダイレクトに伝わってガスの気化を助けてくれるのだとか。
これは効果の程が楽しみですね。まあ、バカスカ連射すると手がちべた~くなるかもしれませんが。




▲コチラは支柱を設けて構造的な強度の向上を図ったバージョン。小生的にはコチラの方が強度が高そうで精神衛生的にも良いかにゃ~?という気が致します。

愛銃を少しでも軽量化したいというマッチシューターや、手が小さめだけどハイキャパが使いたいという方にもおススメ!

8月ごろ発売の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年07月27日

『これならそう簡単にモゲることもないでしょ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ボルトアクション式コッキングエアガン『VSR-10』シリーズをSFチックなブルパップスタイルに変身させられる、SRU製『SNP Advancedキット』でございますが、純正の樹脂製ボルトハンドルに強度的な不安を覚えるユーザーも多いのではないでしょうか?
そんなユーザーサイドの声を汲み上げた純正カスタムパーツが、近々新発売となる予定でございまする!




『SRU: VSR10 SNP Advancedキット スチールボルトハンドル』
コッキング操作の要となるボルトハンドル!SNPキット純正ではボディと同じ3Dプリンター出力による樹脂製となっているパーツですが、本製品は材質をスチール製に置き換えることで強度を飛躍的に向上させておりまする!




▲チューニングのために高レートのスプリングを組んだりすると、純正ハンドルではほぼ確実にモゲる事になるので、強化パーツを待っていたというSNPキットユーザーは多いのではないでしょうか?
モゲる前の用心として、あらかじめ組んでおくのもお勧めですぜ!

9月上旬頃新発売の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月27日

『KSC HK45スライドHW』近日再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ディテールの緻密さとリアルな質感でハイエンド系ユーザーに人気を博しているKSC製ガスブローバックハンドガン『HK45』ヘビーウェイトスライドバージョンが、久々の再販決定でございまする!↓


『KSC (ケーエスシー): ガスブローバック ハンドガン HK45 SL-HW』
スライドにヘビーウェイト樹脂を採用したことでABS製フレームとのコントラストが際立ち、一層渋めな雰囲気に生まれ変わった逸品!
全体的な重量の増加は控えめですが、上半分(※スライド)のウェイトが増したことでリコイルがより鋭い感触になっております!




▲エルゴノミクスデザイン(人間工学的設計)を取り入れたグリップ回りは、45ACP口径ダブルカーラムマガジンを使用する銃とは思えないくらいスリムなグリップ感!
HK45は東京マルイからもリリースされておりますが、双方を握り比べてみるとグリップの滑り止めモールドに付いてはKSC製の方がしっかりと利いている感触ですね。
これならSYSTEM7エンジン搭載によるシャープなリコイル(反動)をしっかりと受け止められます!




▲コントロールレバーは原型となったUSP系のバリアント1に相当するタイプで、レバーを上に跳ね上げるとセフティON(シングルアクション/ハーフコック時)、水平位置より下に押し下げるとハンマーがデコッキングされるシステム。
レバーの位置がM1911系のサムセフティに近く、シングルアクション時のコック&ロックが可能なので、ガバユーザーにも馴染み易いデザインです。




▲設計上の原型であるUSP系では、人によっては中指のお肉を挟むと不評だったマガジンキャッチも、レバー中央部分をフレーム内に内装する事で不具合が改善されており、気持ちよく操作できます!幸いにして小生はUSPのマグキャッチに噛まれた経験が無いのですが、アメリカ人だと巨デブな手がデカい人が多いので、結構この部分の改良の要望は多かったんでしょうねえ。

7月28日メーカー出荷開始、翌7月29日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月27日

『ギラついたコンバットパイソン』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ジュピタースチールフィニッシュによる金属感あふれる艶やかな仕上がりが眩しい、タナカワークス製イカスガスリボルバーが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『タナカワークス: ハンドガン本体 COLT パイソン 3in ジュピター』
キャリーガンとしてのコンパクトさと精度を両立させた、コルトパイソンの3inバレルバージョン!コンバットパイソンの愛称で知られるモデルで、90年代中ごろにラインナップに加えられた比較的新しめなバリアントですね。
もっとも、パイソン自体2,000年代の初頭頃の限定モデルを最後に事実上生産が停止しており、腕のいい職人がいなくなった今となっては、手仕事に頼る工程の多い旧型リボルバーが今後復活する可能性は限りなく低いと思われます。なんだか寂しい気も致しますねえ。




▲元々パイソンのスナブノーズタイプとしては2.5inモデルが古くからラインナップされておりましたが、コンバットパイソンはそれより約1.2センチほどバレルが長く、見た目のバランスもだいぶ変わっております。




▲スナブノーズ(短銃身リボルバー)のイメージに合わせ、グリップは小ぶりなサービスサイズが標準装備となっています。3inのバランスだと、あえてオーバーサイズグリップを合わせてやるのもアリかにゃ~?
パックマイヤーのラバーグリップなんかも、実用的なイメージで良いのではないかと。(※装着に加工が必要ですが。)




▲ジュピターフィニッシュ系はHWバージョンをベースとしているので、一般的なメッキモデルに比べてズッシリとした重量感を味わえます。
実銃より軽いとはいえ、実測値で723gという重量は、リボルバータイプのトイガンとしてはかなり頑張っていると言えるでしょう。




▲エアガンとしての発射機能をシリンダー内に集約した、タナカワークス独自のペガサスシステムの採用により、トリガーメカも実銃に忠実に再現されており、S&W製リボルバーに比べてやや粘っこくスムーズさに欠けると評されるパイソン独特のトリガープルも、バッチリ(?)堪能出来ます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年07月27日

遂に復活!!狙撃王選手権ブログ VOL.3

狙撃王選手権

知る人ぞ知るフォートレスの原点とも言うべきイベントが
基本の形は継承しながら、新しく生まれ変わって復活!!


-狙撃王選手権 -風と空気を読め!!-

第2競技
スリーポイントシューティング説明


<ミッション>
移動しながら正確な射撃を駆使して最速タイムを目指せ!!

3箇所置かれたターゲットをメインウェポンとサブウェポンを
必ず使い分けて制限時間内に全てのターゲットにHITさせる。
スタートからゴールまでのタイムを計測して
使用弾数とタイムにより記録が計算される。




<使用可能銃>
・メインウェポン&ハンドガンの2丁が必ず必要
・法廷規制内の弾速
・第一競技に使用した銃を使用しなくてもOK
・メイン&サブともにガスガン 電動ガンなど発射ソースの種類は問はない
(外部ソースなど通常のサバイバルゲームでNGなものは×)


必ずハンドガンを使用!!

<弾の制限>
・メイン サブ合わせて10発の射撃が可能!! (10発以上射撃した場合失格)
・バイオBBのみ
・重量の規制は無し (ハンドガンとメインで弾の重さを変えてもOK)

<装備に関して>
・ゴーグルは必ず着用
それ以外は自由


<記録計算方法>
タイム(秒)×発射弾数

<競技順番>
進行者の指示に従う

<特別措置>
毎週日曜日にフィールドを日中開放してシューティングレンジを
使用できるようになっています。
興味のある方や参加予定で銃のゼロインをしたい方は
お申し付けください。
場所等詳しくは名古屋店店頭まで

今後も詳しい内容や途中経過など随時この
狙撃王選手権ブログ
にて配信予定です。
それでは次回の記事でお会いしましょう!!

エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております
  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:51Comments(0)イベント告知お知らせ♪名古屋店だより

2018年07月26日

『M16/M4用カスタムグリップの定番』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ハンドガン用カスタムグリップやライフル用カスタムストックのオーソリティ、米国HOGUE(ホーグ)社製AR-15用ラバーグリップが再入荷してきておりまする!↓


『HOGUE (ホーグ): #15000 M16/M4 ラバーグリップ 新型』
AR-15/M16/M4シリーズ全般に対応した実物ラバーグリップ!ホーグ独自の素材配合と粒状の滑り止めパターンにより、滑らず快適なグリップ感を得ることが出来ます!




▲旧型とは若干デザインが変更されており、旧型ではグリップ上部まであった滑り止めパターンの範囲が若干小さくなっています。
心なしか、太さも若干増しているような。気のせいかにゃ~?




▲グリップ内部には小物の収納コンパートメントなどは設けられておらず、シンプルな空洞となっています。
本職の兵隊さんなんかは、壊れやすい小物スペアパーツなどをグリップ内に無造作に突っ込み、グリップエンドをダクトテープなどで塞いで携行してたりする方もおられますね。




▲リアルサイズの各社製ガスブローバックライフルM4シリーズに幅広く装着可能!
KJ WORKS製ガスブローバックセミオートライフル『ホークアイ』シリーズなんかにも無加工で付いちゃいます。

なお、構造上電動ガンへの装着には対応しておりませんのでご注意下さいまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月26日

『宇宙戦艦風味なバレルジャケット』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ただでさえゴッツイデザートイーグル50AEをさらにモノゴッツくするため(?)のマウントシステムが入荷してきておりまする!




『LAYLAX・NINE BALL (ナインボール): マルイDE50AE レイルドバレルジャケット』
デザートイーグルのバレルトップに装着して使用する、ピカティニー規格/20mmレイル仕様のマウントベースであります!




▲一応デザートイーグルのバレルトップは元々ウィーバー規格のマウントレイルになっているのですが、マウントリング用のスロットの数が2箇所と少なく、サイトの取り付け位置の自由度も低いため、20mmレイル仕様の本製品の汎用性の高さが生きて参ります。
ちなみに実銃の現行モデルであるMK XIX(マークナインティーン)系は、バレルトップがウィーバー規格のフルレイル仕様となっています。




▲本製品を装着するとオリジナルのオープンサイトは使用できなくなるので、光学照準器の搭載は必須ですね。
長物用のBUIS(バックアップアイアンサイト)なんかを乗っけるのも面白いかも!




▲おでこ(?)が大きく張り出したフォルムと、その下にポッカリと開いた50口径のマズル(銃口)が、なんとなく宇宙戦艦ちっく。
この部分だけ見せられて『アンドロメダ級の新型艦』といわれたら信じてしまいそうです。(←そんなんアンタだけや。)




▲両サイドに別売りのマルチレイルワイドユース/ミドルサイズを装着することで、更に拡張性を向上させることも可能!
こうなったらオプションパーツモリモリにして、行き着くところまで行っちゃって頂きたいですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月25日

『G&G製L85シリーズ』リニューアル再販決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲G&G製ハイエンド電動ガンシリーズの隠れた(?)人気機種『L85』シリーズ各機種が、マイナーチェンジして近日再販の予定でございまする!




『G&G: 電動ガン TGL-L85-A1E-BBB L85A1 ETU(』
実銃は『口径5.56mmの鈍器』『大英帝国の構ってちゃん』、あるいは『着剣してからが本番』『戦場のモンティ・パイソン』などの愛称で皆様に愛されている(?)、英国ローヤル・オードナンス製ブルパップアサルトライフル!
実銃はバトルライフルであるL1A1(※英軍版FAL)と対して変わらない重量や、頻発するジャミング、行軍中に脱落するマガジン、左利き射手を想定していないユーザーインターフェイスなど、現場の英軍兵士達からも結構ボロクソ言われている曰く付きのライフルですが、そういうポンコツさ加減も含めて、根強いファンの多いモデルですね。

一応良い所も挙げておくと、命中精度は同世代のライフルと比べても優秀な部類で、無骨なスタイリングにも独特のカッコ良さがございます。




『G&G: 電動ガン TGL-L85-A2E-BBB L85A2 ETU』
コチラはかつてローヤル・オードナンスの傘下に入っていたドイツの名門銃器メーカーH&K社の手で改修が加えられ、ようやく一人前の軍用ライフルに生まれ変わったL85A2
オリジナルの設計を完全否定するかのごときH&Kエンジニアの徹底的な改修作業により、劇的な信頼性の向上を果たしておりますが、1丁あたりの改修費用は日本円にして約7万5千円…。
当時H&K社からG36を買ったほうが安上がりとも言われましたが、それでも自国製ライフルに拘る英軍にジョンブルらしい頑固なプライドが伺えます!

ちなみにA1との外観上の大きな差異は、ブラスディフレクターを兼ねた大型コッキングハンドルと、ガード付きになったマガジンキャッチ。





『G&G: 電動ガンTGL-L85-CAE-BBB L85カービン ETU』
コチラは銃身長を約60mm短縮したカービンバージョン!バレルだけでなくハンドガードも短くなっておりまする。
ブルパップレイアウトのL85系はフルサイズでも取り回しが良い方なので、有り難味はやや薄いかにゃ~?




『G&G: 電動ガン TGL-L85-AFE-BBB L85 AFV ETU』
寸詰まりここに極まれりという感じのL85 AFV!英軍ではL22の名称で主に戦闘車輌やヘリコプターなどの搭乗員の自衛用火器として採用されております。
サイトレディアスが短すぎてオープンサイトを搭載できないため、光学照準器であるSUSATサイトを標準装備!おかげでシリーズ中一番コンパクトなのに、一番良いお値段してたり致します!

各モデルとも新バージョンはETU(電子トリガーユニット)が標準装備となり、トリガーの切れが一層向上しているとの事!
8月10日メーカー出荷開始、翌8月11日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月25日

『ライブカートは漢(をとこ)のロマン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ボルト操作のたびにエジェクションポートから弾き出されるエンプティカートが否応無く臨場感を盛り上げる、タナカワークス製ライブカート式ボルトアクションライフルのラインナップの一つ『M24 SWS』が、ちょこっと再入荷してきておりまする!




▲米陸軍および陸上自衛隊の現用狙撃銃として知られる、レミントンM24 SWS(Sniper Weapon System)をモデルアップ!
海兵隊のM40系と同じレミントンM700系がベースとなっていますが、陸軍と海兵隊の運用思想の違いから、そのスタイリングも大きく異なっております。




▲ストックはH-Sプレシジョンタイプで、バットプレートのレングスオブプルを調整可能。レザースリングとバイポッドの装着用として、スタッドが3箇所設けられております。




▲カートリッジの装填はボルトをオープンし、エジェクションポートから1発づつ行います。インターナルマガジンの装弾数は実銃と同じ5発




▲レシーバーのフロアプレートを開けば、マガジンの装填されたカートリッジをまとめて抜くことができます。こういうところはケースレスタイプでは味わえない臨場感ですね!




▲実射性能という点ではケースレスタイプに一歩譲りますが、モデルガン的な楽しみ方も出来るのがカートリッジタイプガスガンの良い所ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月25日

『バトルライフルでCQBやりたいアナタに』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

CQBユースでもバトルライフルを使いたいというハードコアなゲーマー諸氏にピッタンコなM14のショートバレルバージョンが入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: 電動ガン本体 M14 SOCOM C.Q.B.Rifle .308』
長大な全長を持つM14ライフルをベースにバレルを16inに切り詰め、取り回しの良さを格段に向上させたスカウトライフルバージョンであります!




▲デザインのモチーフとなっているのは、スプリングフィールドアーモリー社が同社のセミオートライフルM1A(M14のコマーシャルモデル)のバリアントのひとつとしてラインナップしていたSOCOM16
その名前に反してU.S.SOCOM(米特殊作戦軍)に採用された実績はありませんが、民間市場ではパワフルかつ取り回しの良い7.62mmx51口径セミオートライフルとして一定の人気を博しておりました。




▲バレルのカットダウンに伴ってフロントサイトブロックやフラッシュハイダーの形状も変更されております。マズルデバイスは消炎効果よりも反動の軽減を目的とした多孔型のマズルブレーキ仕様。
実銃の場合、さぞかし発射音がうるさいことでしょう!




▲ハンドガードの上部は一部が切り欠かれ、ショートタイプのスカウトマウントが標準装備されております。スコープよりもドットサイトの搭載に向いたスタイルですね。
M14系は設計の母体となったM1ガーランドと同じく、エジェクションポート側からストリッパークリップを使って再装填を行う機能が備わっていますが、このタイプのマウントならクリップ装填の際も光学照準器が邪魔になりません。
まあ、今時クリップを使うような物好きな人間は、ほとんどいないでしょうけどね~。




▲ストックの塗装はサンドストーンフィニッシュと呼ばれる、塗料に細かい砂を混ぜて吹き付けたような、独特のザラついた仕上げを採用。
滑り止め効果が非常に高く、銃のハンドリング性を大きく向上させています。




▲レトロなフォルムとタクティクールなイメージを併せ持つスタイリングが魅力の1丁!昨今微妙~に流行の兆しを見せている終末系装備のメインアームにもピッタンコであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:12Comments(0)商品紹介

2018年07月24日

『装弾数を稼ぎつつより軽量に』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製グロックシリーズ・ガスブローバックハンドガンに対応した、軽くて弾がいっぱい入るイカスマガジンが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『ACE1(エースワン): g-trm-g マルイグロック TTI タクティカルトレーニングマガジン』
海外カスタムパーツメーカーACE1(エースワン)がリリースする、グロックシリーズ用エクストラキャパシティマガジン!
米国のカスタムガンメーカーTTI(Taran Tactical Innovations)がリリースするマガジンエクステンションファイアパワーベースパッドを装着したグロック用マガジンの形状をモデルアップしています!




▲ガスタンクやBB弾の装填スペースはベースパッド部ギリギリまで延長されており、注入可能なガスの量や装弾数(※ノーマルマガジン25発に対し+4発の29連発)がノーマルマガジンより増加しております。
なお、構造上ベースパッド部を外して使用することは出来ません。




▲ベースパッド分全長が長くなっているので、大型のマグウェルを装着した状態でもリロードしやすくなっています。




▲ボディ部分はアルミ製で、実測値約171gと非常に軽量!亜鉛合金製の純正マガジンに比べて熱保持性にはやや難があるとの事ですが、レンジで試射した限りにおいては実射性能にそれほどの違いは感じられませんでした。(※例年より気温が高いおかげもあるかと思いますが。)

スペアマガジンの携行本数を増やしたいという時に、この重量と装弾数は有り難いのではないでしょうか?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年07月24日

『一番MEUらしかった頃のMEUピストル』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲各社製ガスブローバックハンドガンに一味加えてディテールアップしたBARNS(バーンズ)ブランドカスタムハンドガンシリーズの人気ラインナップが、ちょいと入荷してきておりまする!




『BARNS: 東京マルイ ハンドガン MEUピストル GBBベース 「SFA刻印スライド 中期型」』
東京マルイ製MEUピストルをベースに各部にディテールアップを施し、中期型MEUピストルの仕様を再現した外装カスタムモデルであります!




▲マルイ製MEUピストルはスプリングフィールド・アーモリー社製のM1911ファクトリーカスタムモデルであるプロフェッショナルをベースとした後期型のスタイルをモデルアップしておりますが、本製品はモスボール(※再使用を前提とした旧式兵器の保存処置)されていた古いM1911A1のフレームとスプリングフィールド製スライドをフィッティングして製作されていた頃の仕様を再現!
フレーム回りは純正をベースにダストカバー部が削り込まれ、オールドM1911A1のフレームラインが再現されています。




▲スライドの右側面にはスプリングフィールドアーモリー社のロゴとトレードマーク、フレームにはM1911A1由来の管理ナンバーとインスペクションマークがそれぞれ追加され、情報量がグッと増えております。
マルイ純正だとスライド右側面がのっぺらぼう状態で、寂しいですもんねえ。




▲スライドとフレームで微妙に仕上げを変えているところもらしさがあって良いですね!
メインコンポーネントはマルイ純正のままなので、作動面もバッチリです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年07月24日

『KSC M11A1用イカスアンダーマウント』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックサブマシンガン『M11A1』に対応したイカス純正カスタムパーツが入荷してきておりまする!




『KSC: M11A1 マルチアンダーマウント』
バレル基部に装着することでM11A1の拡張性を飛躍的に向上させるアンダーマウントベース!フォアグリップやウェポンライトなど、様々なオプションパーツのセットアップが可能となります!
専用サプレッサーの装着にも干渉しないようデザインされており、ゴテゴテしたタクティクールな雰囲気が好みなイングラムユーザーにお勧め!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:13Comments(0)商品紹介