2010年05月30日

フォートレス秘宝館その22

strong>『FORTRESS フォートレス』

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのバウンティドッグ・ボイル機(意味不明)こと、タナ・セガールでございます。

毎週日曜日のお楽しみ、『フォートレス秘宝館』のお時間がやって参りました。
今回は第22回目、ゾロ目ですね~。まあだからといって、何か良いことがある訳でもございませんよ!

何はともあれ、今回のお題はこちら!↓
フォートレス秘宝館その22
『MGC グロック17』
業界初の、ガンガン撃ちまくれるブローバックガスガンとして大ヒットを記録した製品であります。
当時のエアガン好きなら、みんな1丁は持ってたんではないでしょうか?
外観は2nd系をモデルアップしてますね。



フォートレス秘宝館その22
▲現在の基準で見ると、細部にややディフォルメが目立ちます。しかしながら、当時日本に入ってきていたGLOCK純正の実銃用プラ製ホルスターにそのまま入れる事ができたので、全体的なフォルムは現行の東京マルイ製グロックよりリアルサイズだったのかも知れません。



フォートレス秘宝館その22
▲マガジンのアウターケースはプラ製で、かなりリアルな造りです。しかし過去にご紹介したグロック18の時にも書きましたが、連射を繰り返して冷えてくると、このアウターケースが邪魔をして中々温まってくれないという弊害もございました。

ちなみにこのマガジンも、実銃用のプラ製マグポーチにすっきり入ります。



フォートレス秘宝館その22
▲ホールドオープンすると、エジェクションポートからやや残念な光景が覗きます。
このあたりがリアルになってきたのは、WAのマグナブローバックM92Fが出てきた頃からでしょうか。



フォートレス秘宝館その22
▲スライドを外してストリップ状態に。(きゃ~、恥ずかしい!)
これを見ればお分かり頂けると思いますが、このグロック『スライド』というより『スライド状のカバー』が動いてブローバックの動きを再現していた製品だということ。
リアルさという点では現行の製品に一歩譲りますが、玩具として割り切った内部メカと質量の軽いスライドカバーのおかげで、発売から10数年を経た現在も非常に快調に作動いたします!

当時はこのグロック17をベースに、18/19/17L/20/21をはじめ、様々なバリエーションやカスタムモデルがリリースされておりました。(木スト仕様のカービンまであったし…)

それにしても20と21はラージフレーム仕様のデブグロックだった筈…。(それぞれ10mmと45ACP。)
根本的にフレームサイズの違うバリエーションまで、刻印の打ち替えだけでラインナップに加えてしまったMGCの漢気に、今更ながら脱帽いたします!



それではまた、『秘宝館』でお会いしましょう!





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら



同じカテゴリー(フォートレス秘宝館)の記事画像
『こんだけ綺麗に残ってるのは珍しいわ~』!
『今見ても問答無用でカッコエエよね』!
『ある意味S&W M945のご先祖様』?
『幻の45口径ハイパワー発見!』(嘘です!)
『忘れた頃の秘法館』ちょこっと復活!
『コイツの実物は初めて見たわ』!
同じカテゴリー(フォートレス秘宝館)の記事
 『こんだけ綺麗に残ってるのは珍しいわ~』! (2018-08-20 17:05)
 『今見ても問答無用でカッコエエよね』! (2018-01-26 21:05)
 『ある意味S&W M945のご先祖様』? (2018-01-20 21:05)
 『幻の45口径ハイパワー発見!』(嘘です!) (2018-01-14 21:05)
 『忘れた頃の秘法館』ちょこっと復活! (2018-01-03 21:10)
 『コイツの実物は初めて見たわ』! (2017-08-15 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00 │Comments(1)フォートレス秘宝館

この記事へのコメント

ついに来ましたね

MGCのグロック
タナ・セガール氏ならいつか掲載されると思っていました。

当時購入した模型店(ホビー〇イト)の店主も
かなり気に入っておられた様子で
自分用に所有していました。
あの頃は確かフォートレスさんはバイク屋さん
でしたよね。

どちらにしても少し懐かしい時代です。
Posted by トンヌラ at 2010年06月16日 01:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。