2017年01月24日

『世界一怖い物知らずの銃』、ちょこっと入荷!


おはようございます。こんにちは。こんばんわ。DKです。



「世界一怖い物知らずの銃」と比喩されることで有名なハニーバジャーです!



ARES製のハニーバジャーです。
このブログでも何回も特集したせいか、マンネリ感が凄いと思います。
なのでこの銃に関してのことは過去のブログをご参照あれ。



上記のyoutubeの動画が、AAC社が開発した「Honey Badger」(実銃)です。
「.300 AAC Blackout」と呼ばれる7.62mm×35mmの独自規格の亜音速弾丸を使用しておりまして、独自規格の弾丸と銃身一体型のサイレンサー、さらに6インチと言う短銃身のためガス回りも短縮化されているため早いサイクルと高い隠密性を持った銃となっています。



動画のように光学機器としてマイクロT1のダットサイトを載せてみるのも良いですね!
勿論、上記の[NOVEL ARMS製のマイクロT-1 ダットサイト]も在庫有りですよ~♪

ご注文、お待ちしております!!

エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!
  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:06Comments(0)商品紹介

2017年01月24日

『G&G版ハニーバジャー?』近日発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

FPS等のメディアですっかり有名になったAR-15プラットフォームベースのPDW(個人防衛用火器)ハニーバジャー
これまでに海外トイガンメーカーARESから電動ガンがリリースされておりましたが、よりハイエンドな製品がG&Gより近日発売の予定でございまする!↓


『G&G: 電動ガン EGC-PDW-012-BNB PDW15-AR』
リリース自体はかなり前からアナウンスされておりましたが、満を持しての発売決定と相成りました!グリップやマガジンのスタイル等、実銃から若干アレンジされているところもございますが、レシーバー周りの特徴的な形状やモジュラーレイルタイプのハンドガードの仕様がリアルに再現されております。
レシーバーはアルミ合金のCNC削りだしですが、それでも本体重量約2.5kgと、樹脂製ボディ仕様のARES製ハニーバジャーとほとんど変わらない軽量ボディを実現!




『G&G: 電動ガン EGC-PDW-009-BNB PDW15-CQB』
コチラはARES製でいう所のサイレンサーロングバージョンに当たるPDW15-CQB。ハンドガードの全長がARに比べて短いので相対的にサイレンサー部分が長く見えますが、銃そのものの全長はARと同サイズとなっています。
ハンドガードが短縮された分、若干(約60g)軽量化されていますが、まあ実質誤差の範囲内ですね。でもこちらの方がいかにもサイレンサー付き!という感じでカッコ良いかも!

両バージョン共に2月10日頃メーカー出荷開始の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月23日

2017 1/22 多治見 定例デイゲームレポート

フォートレス主催の定例ゲームを開催中!!

広大な森林フィールドで全参加者同時バトルゲーム  

名古屋フォートレス店頭にてエントリー受付中!!

詳しい情報はこちらから
http://www.fortress-web.com/hpgen/HPB/entries/53.html



2017年 初の定例ゲームとなりましたが、参加された方々おつかれさまでした。

悪天候続きでなかなかゲーム開催できませんでしたが、やっと開催する事ができました。

2月の予定もこちらのURLで告知しておりますので、参加エントリーお待ちしています。

http://www.fortress-web.com/hpgen/HPB/entries/67.html


全体写真

【場所】     多治見 森林 フィールド
【ゲーム方式】  フラッグ戦 (20分間ゲーム)
【天気】   晴れ
【参加人数】   約40名ほど
【担当スタッフ】  アユム カジータ

セーフティー風景






























<参加チーム紹介> (撮影順/敬称略)


チーム マイナーボーイズ


チーム すずかのほうの人


チーム 黒森峰サバゲ道


チーム POSSE


チーム 08’


チーム ロートル小隊


チーム B.O.G


チーム K4


チーム 麒麟組


チーム トラ トラ トラ


チーム NANO


チーム P.G


チーム 変態戦隊


チーム A.P.M


チーム キャットパンチ


チーム ルービックキューブ

撮影用カメラのバッテリー切れで途中から切り替えたのでサイズがおかしいです。

フラッグゲッター


チーム カルロス小隊

チーム カルロス小隊

チーム 黒森峰サバゲ道

チーム 08’

ゲーム風景

フェイスブックにて掲載

https://www.facebook.com/gunshop.fortress/

そして2017年から 

正式開催 第1回 定例狙撃王選手権

昼休憩を利用しての 1発勝負の遠距離射撃大会

参加費 無料の自由参加!!

最長記録者にはなんと、特になにもありません。

記録として記念缶バッチ進呈!!

第1回目となった今回の様子はこちら、 、 、

えっ 画像がない 写真とってね~~の!!

すません

ということで 

最長記録者は今回2名

最長記録 40m

最長記録者 

チーム ロートル小隊 

チーム BOG 

次回も開催予定ですので、みなさん参加お待ちしていまーす!!

エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております




  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)定例サバゲレポート名古屋店だより

2017年01月23日

『不~二子ちゃ~んの愛銃』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲某不~二子ちゃ~んもご愛用の傑作自動拳銃が、久々の再販と相成りましてございまする!




『マルシン: MG本体 ブローニング M1910 BK ABS』
実銃は天才的銃器デザイナージョン・ブラウニング(ブローニング)が設計を手がけ、ベルギーのFN社で生産された護身用拳銃の世界的ベストセラー!
ストレートブローバック/ストライカーファイアリング方式を採用したシンプルな設計が特徴で、口径は32ACPと380ACP(9mmショート)がラインナップされておりました。
戦前においてはわが国でも輸入/販売されており、当時の帝国陸軍将校の自費購入拳銃としても、コルトM1903(こちらもブラウニングの設計)と並んで非常に人気の高かったモデルの一つです。




▲護身用拳銃として、衣服の下から素早く抜き撃ちすることを想定してデザインされたため、外装から突起物を徹底的に排除した滑らかなスタイリングが本銃の最大の特色。ストライカー方式を採用したのも、引っかかりやすい露出式ハンマーを嫌ってのことですね。
サイドビューからだとまるでサイトが無いように見えますが、スライド上面に掘られた溝に、ちゃんと小型のフロント/リアサイトが設けられています。
実銃のレポートを読むとやはり精密射撃には向いていないらしく、あくまで近距離用と割り切ったデザインといえます。




▲安全装置はサムセフティ/グリップセフティ/マガジンセフティの3段構えで、100年以上前の設計とは思えないくらい安全対策に気を配った設計となっています。
スライドストップが無いので全弾射撃後もホールドオープンはしませんが、分解時にはスライドを引いてセフティレバーを押し上げることで、手動でホールドオープンさせることが可能。




▲マルシン製M1910はもうかれこれ40年近く前の設計ですが、現在の基準から見てもよくできたモデルガンで、3重のセフティギミックや実銃同様のフィールドストリッピング手順などもリアルに再現されております!
ブローバック作動については今時の製品のように箱出し快調とはいきませんが、こういう小型オートをじっくり調整してやるのも、モデルガンの楽しみの醍醐味といえるでしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月23日

『ステンレスなハイパワーMKⅢ』久々に入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲タナカワークス製ガスブローバックハンドガン『ブラウニング・ハイパワー』のクールでオサレなステンレスシルバーバージョンが、久々に再入荷してきておりまする!




『タナカワークス: ガスブローバックハンドガン ブローニング ハイパワー MK3 ステンレス』
天才銃器デザイナージョン・ブラウニングが遺した基本設計を元に開発された遺産ともいえる傑作軍用自動拳銃『ハイパワー』シリーズの近代化バージョン『MK Ⅲ』
そのステンレスモデルをモデルアップした製品でございます。




▲小生シルバーモデルの撮影が壊滅的に下手クソ(&撮影ブースの照明機材が貧弱)なので何だか黒っぽく写っちゃってますが、もちろん実際の色調はもっと明るめでございます。サテンクロームっぽい落ち着いた風合いのシルバーが、スリムなハイパワーのシルエットに良くマッチしておりますね!
やはりタナカワークスさんのメッキ仕上げは、他メーカーの製品に比べて頭一つ抜きんでているなと言う気が致します。




▲ポリマーフレーム全盛の現代ピストルと比べれば、やはりクラシカルな印象の強いハイパワーですが、M1911ガバメント系と並んでいかにも頑固なプロのツールといった渋みがありますね!
オサレなイタリアンブランドのスーツに身を包みつつ、IWB(インサイドウェストバンド)ホルスターで携帯したくなる1丁です!

まあ小生みたいな著しく豊かさが不足している人間(※貧乏とも言う)は、近所のア〇オキで買った上下2万円の葬式スーツしか持ってませんけどねえ。




▲ブローバックエンジンは旧タイプのマグナ系そのままなので、現行の他社製エンジンに比べて作動そのものはややゆったりした感触ですが、貴重なハイパワーのトイガンを作り続けてくれるだけでもタナカワークスさんに足を向けて寝られないですね!
ハイパワー実銃の特徴の一つであるマガジンセフティもしっかり再現されており、マガジンを抜くとトリガーとハンマーのコンタクトが断たれる所が芸コマです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月22日

安い三連星が店頭にあったなりよ!

こんにちは、皆さん!
フォートレスのカテキン効果に期待する男ことツヨシです!

お店の前にある自販機で売っている、活命茶を飲みまくっております。

なぜ活命茶なのか?

一本の飲み切る毎に、寿命が1日伸びそうな気がしたからです。

ただそれだけです。


ハイ!
それでは、本日のネタ!
やっすい電動ガンシリーズあります。

まずこちら!



CYMA (シーマ): AK47β M4ストック スポーツライン電動カガン!
マルイ製のβスペツナズのストックがM4タイプになった感じですね。
特筆すべきは、その軽さ!
樹脂パーツを多用し、約2200gと言う重量を実現しています。



CYMA (シーマ): M4RIS スポーツライン電動ガン!
こちらは、メジャーなM4スタイルの電動ガンですね。
非常にリーズナブルな価格ながら、「可変ホップ」もしっかり備えております。
特筆すべきは・・・・・その軽さ!!
本体重量2キロを切っております。



CYMA (シーマ): M4CQB スポーツライン電動ガン!!
同じくM4シリーズですね。
銃身を切り詰めたCQBモデルで、取り回しが非常に良好となっております。
LMTタイプのリアサイトも良い雰囲気です。
特筆すべきは・・・・・・・・やっぱり軽さ!
本体重量約1890gと、なんとも驚異的な軽さ。
次世代電動ガンのCQB-Rは3キロ越えですので、その軽さがよく分かりますね。

WEB上では「いまコレ」に突っ込まれ、非常にお安くなっております。
軽量さに魅力を感じる方は、いかがでしょうか?
まぁ、実射性能は・・・・・保証できませんが。
内部調整?自分でできるぜ!って方にもオススメでございます。


『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年01月22日

『ナイトビジョンにも対応してマス』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲トイガン用とは思えないほどのハイグレードなスペックで人気を博しているNOVEL ARMS製マイクロドットサイトが、久々の再入荷でございまする!




『NOVEL ARMS (ノーベルアームス): SURE HIT MRS 3MOA ドットサイト』
スコープサイトを装着した銃の近接射撃用バックアップサイト、あるいはハンドガンのスライドライド用としてピッタンコな超小型オープンドットサイトであります!




▲名目はトイガン用ですが、実銃での使用に耐えうる600Gもの耐衝撃機能を備え、反動の強いガスブローバックや次世代電動ガンに搭載しての使用にも不安はありません。実際Gunプロフェッショナル誌でも、グロック実銃のスライドに搭載して発砲している様子がレポートされておりましたね。
ドットの輝度はナイトビジョン(暗視装置)での照準に対応したN1/N2モードから、可視レベルでは3~11の間で調整することが可能。トイガン用ドットサイトでナイトビジョン対応モードを搭載している機種は極めて希少かつ貴重です!




▲標準で付属するマウントベースは汎用性の高い20mmレイルシステム対応。
マウントの規格自体は旧TASCOのオプティマやサイトロンジャパンのMini Mil Dot、シールドのMINI-SIGHT等と同じなので、各種ハンドガン用のスライドライドマウントにもバッチリ対応します!




▲この手の小型ドットサイトはベースがバッテリーコンパートメントのふたを兼ねている機種も多いですが、本製品は本体側にバッテリーコンパートメントが内蔵されており、防水機能も完備。(腕時計で言うところの日常生活防水レベル。)
反面バッテリー交換の際にはマイナスドライバーが必要となります。
バッテリーは電気店やコンビニでも入手の容易なCR2032 3Vリチウムコイン電池を1個使用。




▲20mmレイル用マウントベース付きの状態だとややズッシリした重量感ですが、サイト本体のみの状態だと実測値約37gと極めて軽量!
これならガスブローバックハンドガンのスライド上に直接マウントしても、作動の妨げになることはないでしょう。




▲非使用時にサイト本体を保護するラバー製プロテクションカバーも付属。レンズの傷防止のためにも、使わないときはなるべくカバーを装着しておいたほうが良いでしょう。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月22日

『ZEV-TECHなグロックカスタム』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。




▲海外トイガンメーカー『SAA』がリリースするイカスグロックカスタムが、ちょいと再入荷してきておりまする!




『SAA: ハンドガン本体 saa-g17e-bk G17 ZEVカスタム BK』
BTCSAI(セイリエントアームズ)と並ぶグロックカスタムの大手、ZEVテクノロジー社のカスタムワークショップであるGLOCK WORX(グロックワークス)が製作するカスタムモデルのフィーチャーをモチーフとしたガスブローバックハンドガンでございます!




トリロバイト(三葉虫)スタイルと呼ばれる独特のコッキングセレーションが特徴。滑り止め効果は非常に高く、スリングショットメソッド/オーバーザスライドメソッドなど、いかなるポジションからでも確実にスライドを引くことができます。




▲スライドトップにはサイティング時の光の乱反射を防ぐためのグルーブが彫られていますが、良く見るとブリーチ上部のセレーションがアメリカ国旗となっており、遊び心を感じさせますね。
テキサスあたりのメリケン人が喜びそう!(※偏見です。)




▲リアサイトは台形のシェイプが特徴的で、一般的なスクエアノッチではなくUノッチ仕様。逆三角形型に配置された3つのドット部分にはペイントでホワイトを入れてやると良い感じになりそうです。




▲トリガーガード下面は大きくえぐられており、ハイグリップの際の密着度が大きく向上しています。自分で加工すると、コレがまた面倒くさいんだ。
マグキャッチはノーマルサイズですが、後ろ側が深く削り込まれているので、操作性は悪くありません。




▲フレームのスティップリングは金型によるモールドで処理されているので、実際のスティップリングほどの滑り止め効果は期待できませんが、量産レベルでこれだけやってくれるのなら上等でしょう!
物足りないようなら、自分好みのスタイルのスティップリング加工に挑戦してみるのもまた一興であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月21日

連射できる拳銃って・・・・それSMGじゃないの?

こんにちは、皆さん!
フォートレスの弟の修羅化が悩みな男ことツヨシです!

この頃、車の調子が悪いです。
エンジンから変な音がします。

そろそろ、寿命なのかなぁ。
それとも、車内にぶちまけたリンゴソーダが、
エンジンに悪影響を与えているのだろうか?

とりあえず、爆発炎上する前に、
カーショップに行こうと思います。


ハイ!
それでは、本日のネタ!



モーフィアスもご愛用。
ハンドガンなのに、フルオートが撃てちゃうあの娘でございます。



▲という事で、東京マルイ: 電動ハンドガン本体 G18C!
グロック・ピストルの中でもフルオート連射を備えたマシンピストル、「G18C」が電動ハンドガンでラインナップ。

早くからポリマーフレームを採用し、シンプルかつ高性能なピストルとして評価の高いグロック社が開発したマシンピストル、G18C。他のグロックピストルと大差ないシンプルな外観ではあるものの、スライド横に配置されたセレクターレバーとスライド上部にのぞくマグナポートが、まさにマシンピストルであることを示しています。



そんなG18Cを電動ハンドガンにしたこの製品は、「セミ/フルオート」切替を実銃同様のセレクター操作だけで行えて、毎秒17発のフルオート射撃も可能なゲームウェポンに仕上げています。

気候に左右されず、充電式バッテリーで安定した実射性能を発揮する電動ハンドガンシリーズ。CQBサバイバルゲームのメインウェポンとして、またあらゆるシチュエーションのサイドアームとしても活躍するセミ/フルオートハンドガンです。


はい!以上!
商品ページマルコピの下衆っぷりです。
そんな感じで!
東京マルイ: 電動ハンドガン本体 G18C!!
再入荷してきておりますよ!

『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年01月21日

『リボルバー使いの必需品』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲モデルガンやライブカート式ガスガンなど、リボルバーを愛用するシューター諸氏の必需品が入荷してきておりまする!




『HKS: リボルバースピードローダー (実銃用) 各種』
米国の老舗ガンアクセサリーメーカーHKS社がリリースする、各種リボルバー用スピードローダーであります!




▲リボルバー用スピードローダーにも様々な形式が存在しますが、HKS製は比較的コンパクトにまとめられたデザインが特徴。
回転式の爪をリムに食い込ませて保持するタイプなので、カートリッジの固定も確実です!




▲スイングアウトしたシリンダーに弾頭部を挿し込み、ローダー後部の固定ノブを少しひねると、ロックが外れて装填が完了します。
重力を利用してカートリッジをシリンダーに落とし込むようになっているので、装填の際はバレルを地面側に向けましょう。




▲ノブには対応機種が刻印されており、仕様機種にあわせて専用品を選ぶ必要がございます。
29-M(S&W M29用)/10-A(M10用)/586-A(M586用)/36-A(M36用)/DS-A(コルト ディテクティブ用)/MK3-A(コルトMKⅢ用)/PY-A(コルト パイソン用)など、主だったモデルに対応したラインナップが一通り揃っております。
ちなみにS&W M586とパイソンはシリンダーの直径やカートリッジ間の間隔が似ているため、M586用がパイソンにも問題なく使用できたりいたしまする!(逆にパイソン用をM586に使うのは、デザイン的にちょっと使いにくいですが。)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月21日

『マガジンボトムのワンポイントオサレに』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ブローバックガスガンM1911シリーズのワンポイント・ドレスアップにピッタンコな小物カスタムパーツが再入荷してきておりまする!




『READY FIGHTER: 東京マルイMEUマガジン対応 WILSONタイプマガジンバンパー』
MEUピストル用マガジンに対応したウィルソン・コンバットタイプのポリマー製マガジンバンパー!純正マグバンパーと交換するだけで、簡単に組み込むことが可能です!




ウィルソンといえばIPSC用レースガンから実戦用のキャリー系カスタムまで、M1911をベースに様々なカスタムガンを手がけてきたカスタムワークショップであり、M1911を語る上で避けて通れない名前であります。
同社のステンレスマガジンはフィーディングの信頼性の高さとメンテナンスの容易さで知られ、M1911系のハンドガンを製造しているメーカーの多くに純正マガジンとして採用されております。




▲左右でWILSON COMBATのロゴマークの向きが180度反転している所もリアルに再現!
銃にマガジンを装着した状態だとあんまり目立たない部分ではありますが、コダワリ派の1911(ナインティーンイレブン)シューター諸氏にはグッとくるパーツではないでしょうか?(小生的にはグッときました!)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月20日

一足遅れの黒い奴!

こんにちは、皆さん!
フォートレスの真の男になった男ことツヨシです!

先日の事。

ツヨシ含む通販部2人と、「色黒ポッチャリ店頭スタッフ」の三人で、
フォートレスから車で15分ほどの場所にある、ラーメン屋さんに行ってきました。

そこの看板メニューである「巨大なスリバチ」に入った、
大盛りラーメンを打倒するというミッションです。

結果からいうと、ちゃんと完食しました。ツヨシは。

ですが、「色黒ポッチャリ見かけ倒し店頭スタッフ」は、食べ切れず、
「ムリですぅ~」って普通にギブアップしました。

本来であれば、二人とも完食して「おぉー!」となるのが理想だったのに、
何とも、微妙な空気になってしまった訳です。

悲しいですね、がっかりです。


ハイ!
それでは、本日のお知らせ!



▲東京マルイから、M40A5のODカラーが先に発売され、
まだかまだかと、じらしプレイを強いられておりましたが・・・・・・



M40A5のBKカラーの発売日程が判明いたしました!!

1月27日のメーカー発売ですので、当店への入荷は、
1月28日頃になることが予想されます!!

まだまだ、ご予約は承っております!

ご予約はコチラから!!
東京マルイ製 M40A5 コッキングエアガン BKモデル 【1月28日頃予定】!!

『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年01月20日

『タナカワークス2月の新製品』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

タナカワークス様より来月度新製品のご案内を頂きましたので、ちょいとご紹介したいと思いまする!↓


『タナカワークス: モデルガン本体 H&K P8 EVO HP』
発火派モデルガンファンにうれしいオートマティック系モデルガンの新製品!基本的にはUSPのバリエーションですが、今回はドイツ連邦軍の制式拳銃であるP8のモデルアップで、通常型USPとは操作の異なるコントロールレバーやホワイトカラーのポリマー製マガジンなどのフィーチャーがリアルに再現されています。

タナカUSP系モデルガンは構造上スライドに脆弱な部分があり、度重なるブローバック発火によって破損が生じることが多々あったのですが、P8は強度に優れた新素材HP(ハイパフォーマンス)樹脂を採用することで大幅な強度アップを図っているとのこと。
使用カートもアルミ素材/アルマイト加工のエボリューション2カートとなり、ゴムパッキンの耐久性の向上や発火音の増大、更に発火後のメンテナンス製の向上といった改良が施されております!

EVO2カートそのものは従来のEVOカート対応各モデル(グロックシリーズ/SIGシリーズ/USPシリーズ/M92F等)にも使用できるとのことですので、カートを買い足す際に順次入れ替えていくのも良いかもしれません。




『タナカワークス: HG本体 コルト SAA45 5 1/2in アーティラリー ニッケル』
ガスガンの新製品としては、コルトSAAのアーティラリーモデル・ニッケルフィニッシュバージョンが登場!
BB弾の装填やガスの注入が容易に行えるデタッチャブルシリンダー仕様で、ガンプレイ映えする艶やかなニッケルシルバーが魅力の1丁であります!
近日公開予定の映画『マグニフィセント・セブン』(荒野の七人のリメイク)にも多種多様なSAAバリエーションが登場しており、久々にウェスタンが盛り上がりそうな予感!この機会に1丁手に入れてみるのも良いのではないでしょうか?

そのほかコルトパイソン2.5inのニッケルフィニッシュバージョンガスガンバージョン(画像が間に合わなかった!)も新発売の予定でございます!
この分だと、モデルガンバージョンの方のリリースも近いかにゃ~?

各製品とも2月1日メーカー出荷開始、翌2月16日頃から順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月20日

『気分だけでも大口径で行こう』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガン『グロック』シリーズラインナップの一つ『グロック22』が、再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 グロック22』
パッと見これまでのグロック17と代わり映えしない印象ですが、実銃はG17と同サイズのプラットフォームをベースとした大口径バージョン。
G17が9mmx19パラベラム弾を使用するのに対し、G22はより強力な40S&W弾を使用します。




▲口径の違いはマズル(銃口部)を覗き込めば一目瞭然!(※覗く前に弾は抜いてくださいましね!)40口径はメートル法に直すと直径10mmなので、ボアサイズが約1mm大きくなっているということですね。

40S&W弾は90年代初頭頃に米国のS&W社が開発した比較的新しい世代のカートリッジで、FBIでテストされた10mmFBIスペシャル弾をベースとしています。
当初FBIはブレンテンやコルト・デルタエリートの使用弾である10mmx25弾を有望視しており、S&Wの3rd Gen系オートをベースにテストを重ねていましたが、357マグ並みのパワーに銃本体が耐えられず故障や破損が続出。また女性エージェントから強烈な反動に関して苦情が舞い込んだため、ケースサイズを切り詰めた弱装弾である10mmFBIスペシャルが製作されました。
最終的に製品化された40S&Wではケース長が10mmオート弾より3mm短い22mmとなり、9mmパラ口径のハンドガンと同サイズのプラットフォームから射撃できるようになっています。

これが10mmAUTO口径のG20や45ACP口径のG21だと、フレームやスライドが一回り大きくなっちゃうんですねえ。まあ、マルイ製グロックシリーズは実銃よりちょっとおデブなので、むしろG21等に近いサイズなんですが。




▲G17と口径が異なる実銃の仕様に合わせて、マガジン背面の口径/装弾数の表示も40S&W/15発仕様に変更されております。芸が細かいですね~。
エアガンとしての装弾数はG17シリーズ同じ25発で、もちろん従来のG17系とのマガジンの互換性もバッチリ確保されています!




▲マガジンボトムには+2タイプの大型マグバンパーを標準装備。実銃の場合このバンパーを装着することでマガジンフォロアーがより深く下がるようになり、装弾数が2発増えるという代物ですね。(※トイガンの場合は外観のみの再現です。)
形状は前面がフィンガーレスト状になった現行型がモデルアップされています。オーソドックスなフラット形状のフロアプレートも付属するので、お好みのスタイルでお使いいただけます。




▲米陸軍の特殊部隊として有名なデルタフォースでも、装弾数と威力のバランスが取れたサイドアームとしてグロック22が使用されていたとか(※現在は弾薬の補給の都合で9mm口径のG17に更新されたという話も有り)。
G22採用以前はSTI 2011 TACTICAL系の40S&W口径バージョンが使われていたそうですが、ストレスコンディション下における信頼性の高さという点では、やはりグロックに軍配が上がったようです。
どうも中東やアフガンなど砂塵の多い環境下だと、砂の影響でハンマー外装式の拳銃の不発率が高くなるというデータもあるみたい。

ガスブローバックハンドガンとしての信頼性/基本性能は十分にプルーフ済みで、これまでのG17シリーズの順当なグレードアップバージョンといえるでしょう!
昨今盛り上がりを見せているLE(法執行機関)系装備のサイドアームとしてもおススメの1丁であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月19日

『タクティコーなHK45』新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンHK45タクティコーなバージョンが新発売と相成りましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 H&K HK45 TACTICAL』
実銃は元デルタフォースのオペレーターであり、卓越した技術を持つガンスミスとしても知られるラリー・ヴィッカーズ氏のアドバイスを元に、ドイツの名門銃器メーカーH&K社が開発した45口径自動拳銃!
MK23 Mod.0、通称SOCOMピストルの、実質後継機のような位置付けのモデルですね。




タクティカルモデルはサプレッサー(サイレンサー)の装着に対応したスレッデッド(ネジ切り)バレル仕様で、それ以外にも特殊部隊用ハンドガンとして求められるフィーチャーの数々が盛り込まれております。
マルイ製HK45-Tのアウターバレルは、サイレンサー装着時の強度を考慮した金属製(※チャンバー部は樹脂製)となっており、ネジ山を保護するためのプロテクターも付属。




▲リアサイトはH&K社の純正オプションにも指定されているメプロライトタイプの形状をモデルアップ。
ちなみにこのサイトは必ずしもHK45-Tの標準装備となっているわけではないらしく、H&K社のカタログを見るとノーマルタイプのサイトを装着したモデルも存在するようです。




▲コントロールレバー(セフティ兼デコッキングレバー)はアンビデクストラス仕様で、左右利き手を選ばずに操作できます。スライドストップやマガジンキャッチは元々アンビ設計なので、これでコントロール系は完全に左右対称となりました。
M1911ガバメントと同じようにコック&ロックが可能なところも、いかにもプロユースという感じで良いですね!




▲付属のサイレンサーは小型軽量で、ブローバック作動の妨げになりにくいようデザインされております。
ネジの規格は16mmの正ネジとなっており、同じマルイ製のSOCOMピストルに付属するサプレッサーも無加工で装着できました。
まあ、その状態で正常に動くかどうかまでは今のところ検証できておりませんが、ディスプレイ用には良いかも!カッコエエし!




▲サイレンサーが付属する分、パッケージも従来品に比べて一回り大きくなっております。
それにしてもポリマーフレームのハンドガンは、フレームのカラーが変わるだけで全体の印象もガラッと変わりますねえ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月19日

『みぢかいMEGA』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC製ガスブローバックアサルトライフルM4シリーズの最新作が入荷してきておりまする!↓


『KSC (ケーエスシー): GBB本体 Mega MKM CQB』
米国のMEGA ARMS(メガアームズ)社が製造するAR-15カスタム『MKM』のフィーチャーをモデルアップした製品!
航空機のパーツの製造も手がける同社の個性が光る、マッシブなデザインのレシーバーが目を引きます




▲レシーバー周りのフィーチャーは先にリリースされたMKMライフルとほぼ同様ですが、バレルが10.5inまで短縮され、室内戦などのCQBシチュエーションにより強い仕様となっております。
ストックやグリップもよりユーザビリティに優れたEPSストック/EPGグリップとなり、フォルムもいっそうスタイリッシュになりました!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月18日

『スネークと呼びな』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲元祖スネークことS.D.プリスキンさんもご愛用の『イングラム Mac10』が入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動SMG本体 イングラムMac10 本体のみ 【新型】』
第2次大戦に従軍した経験を持つ銃器デザイナーゴードン・B・イングラム氏がデザインを手掛けた、俗にイングラムSMGと呼ばれる一連の小型サブマシンガンの代表機種!
そのコンパクトさと信頼性の高さから、ベトナム戦争中陸軍グリーンベレーや海軍SEALといった米軍特殊部隊によって使用された実績を持ち、特にSEALでは91年の湾岸戦争中にも運用されたという記録が残ってたり致します。




▲銃本体は大柄なマシンピストルといった風情で、同時代のサブマシンガンに比べて非常に小型化されております。このサイズでも実銃は重量が3kg近くあるので、小型ではあっても決して軽量ではありませんね。(過去に月刊Gun誌でタークさんも指摘しておられました。)
その点マルイ製は全プラ製で軽量なので、フルサイズ電動ガンに比べて取り回しが非常に楽チンであります!




▲Mac10シリーズの口径は9mmパラと45ACPの2系統が存在しておりますが、マルイ製は45ACP口径バージョンの方をモデルアップしており、付属のマガジンもM3グリースガン用を流用していた実銃の仕様がリアルに再現されています。
ちなみにグリースガンのマガジンを流用できるよう設計したのは、朝鮮戦争以降モスボールされていたM3のマガジンを当時米軍が大量に保有していたからだそうで、初めっから米軍に売り込む気満々だったんですねえ。
なお、ぶっとい45口径用ダブルカーラムマガジンを収める都合上、グリップサイズはかなり大きめです。




▲リアサイトは至極単純なピープサイトで、精密射撃?なにそれ美味しいの?ってな感じ。サイト側でゼロインができないので、銃の個体差による弾道の癖を把握する事が必須なのも実銃同様であります。
ピラミッド状に3つの穴が開いてますが、下側の2つはサイティング用ではなくスリング装着用のスイベルホールとなっています。




▲バレル下部に装着されているのは、銃単体だと小型過ぎて構えにくいMac10のハンドリング性を少しでも改善するために考案されたハンドストラップ。今時のバーティカルグリップに比べればやや頼りない感触ですが、腰だめ撃ちで弾をばら撒く分にはこれで十分といったところ。
基本的にはサプレッサーを装着し、それをフォアグリップとして利用するのが一番構えやすいですねえ。




▲バレル下部のロックレバーをスライドさせながらテイクダウンピンを押すと、フロント周りが外れてバッテリーの交換が可能となります。
マズル(銃口部)はカバーをはずすと14mm逆ネジ規格のスレッドが切られており、専用品以外の各種サイレンサー/マズルオプションの装着にも対応します!




▲ボルトハンドルを引くとそれに連動してダミーボルトカバーが後退し、HOP調整が行えます。
ちなみに実銃はオープンボルトファイアリングなので、コッキングするとボルトは後退したままシアで保持されます。




▲メカボックスの作動音が反響しにくい本体構造と、付属の大型サプレッサーのおかげで発射音が非常に小さく抑えられており、そのコンパクトなサイズと相まってサバゲにおける隠密行動にもってこいの逸品です!
命中精度も上々なので、スネーク仕様のように(実銃ではありえませんが)スコープを乗っけてやるのもありかも!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年01月18日

『マリオの奴、今度は本気でクッパを殺りに行くってよ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

『リボルバーの神様』、あるいは『史上最強のコスプレジイさん』の異名を持つ米国の名シュータージェリー・ミチュレック氏もご愛用のVORTEX製ミニドットサイトが入荷してきております!




『VORTEX (ボルテックス): RZR-2001 RAZOR RED DOT ドットサイト』
スコープ搭載時の近接用バックアップサイトやハンドガンのスライドライドに向いた超小型オープンドットサイト!もちろん実銃規格で製造されたモデルで、射撃時の強烈なリコイルにも余裕をもって耐えられまする!




▲ミチュレック氏がS&W M929リボルバーで1,000ヤード(約940m)先の風船を撃ち抜くというとんでもない偉業を成し遂げた際も、彼の銃にはこのRAZORが乗っけられておりました。
普通の発想ならピストルスコープを使うところなんでしょうが、それを等倍のドットサイトでやっちゃうところが凄え!




▲バッテリーはCR2032 3Vリチウムコイン電池を1個使用。防水仕様なので降水時の野外でも安心してご使用いただけます。




▲アイアンサイトだとサイトレディアス(照準線)が短くなってしまうコンパクト系の銃も、ドットサイトを使用することでその銃が持っている本来の命中精度を引き出すことができます。
今回入荷分はドットのサイズが小さめな3MOAバージョンなので、どちらかというと精密射撃向けかにゃ~?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年01月17日

『ラウンドバットなKフレ用パックマイヤー』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

各社製モデルガンやタナカワークス製ペガサスガスガンなど、リアルサイズのグリップフレームを持つにS&W Kフレームリボルバートイガンに対応した実物カスタムグリップが入荷してきておりまする!↓

Pachmayr (パックマイヤー): S&W Kフレーム (ラウンドフレーム) 用Compacスタイルラバーグリップ (SK-C)
『Pachmayr (パックマイヤー): S&W Kフレーム(ラウンドフレーム)用Compacスタイルラバーグリップ (SK-C) 』
S&W製Kフレームリボルバーのラウンドバットフレーム採用モデルに対応した、ラップアラウンドタイプのラバーグリップ!
フィンガーチャンネルを持たず、シンプルなスタイルにまとめられたCompac(コンパック)タイプであります。



Pachmayr (パックマイヤー): S&W Kフレーム (ラウンドフレーム) 用Compacスタイルラバーグリップ (SK-C)
▲画像はタナカワークス製M66ペガサスガスガンへの装着例。タナカ製Kフレーム系なら基本的に無加工で装着可能です!
やっぱりスナブノーズ(短銃身リボルバー)には、少しコンパクトよりなデザインのグリップが良く似合いますねえ!



Pachmayr (パックマイヤー): S&W Kフレーム (ラウンドフレーム) 用Compacスタイルラバーグリップ (SK-C)
▲M19やM10、M13、M15といったモデルに対応。(※スクエアバットグリップのモデル除く。)実銃の場合LフレームのM586なんかにも対応するのですが、モデルガンだとラウンドバットフレーム仕様のM586系が出てないんですよねえ。
MGCから昔出てたM586の2.5inや3inは、スクエアのフレームに外見だけラウンド形状のグリップを付けてただけだったし…。

なお、フレーム内にガスタンクを持つマルシン製などのリボルバータイプガスガンには装着できませんのでご注意下さいまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 19:06Comments(0)商品紹介

2017年01月17日

『ウィルソンコンバットなスペアマグ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガバメント系ガスブローバックハンドガン各機種に対応したスペアマガジンが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: HG-Mg MEU 28rd マガジン』
高い信頼性で知られ、多くのM1911ユーザーに支持されているウィルソン製ステンレスマガジンのスタイルをモデルアップした、28連タイプのスペアマガジン!
シングルスタック系の1911シリーズのマガジンはそのサイズ上冷えるのも早いので、リフレッシュのためにも数を用意しておきたいアイテムですね。




▲マガジンボディ両サイドの残弾確認孔も、モールドで再現されています。45ACPのダミーカートを並べて撮影し、実物大に印刷して確認孔のサイズに合わせて貼り込んでやると、結構本物っぽい雰囲気になるので、ディテールアップに拘る方は一度お試しあれ。




▲マガジンボトムには樹脂製のバンパーがセットされており、これだけでもなんだか特別っぽい雰囲気が漂いますねえ。
MEUピストル/M1911A1/シリーズ70/ウォーリアシリーズ/デトニクス.45など、マルイ製シングルスタックガバメントシリーズ全機種に使用可能です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 14:06Comments(0)商品紹介