2017年01月10日

『小さな反逆者』近日新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

近日発売の予定となっておりまするBOLT Airsoftの新作電動ガンでございますが、国内代理店様のご厚意によりサンプル品をお借りすることができましたので、ぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思います!↓


『BOLT Airsoft: 電動ガン本体 B4 KEYMOD REBEL BRSS』
BB弾の発射に伴って臨場感溢れるリコイル(反動)を味わえるBRSS電動ガンシリーズの最新作!
バレルを切り詰め、取り回しの良さを向上させたB4 KEYMOD REBELでございます!




▲名称につくREBELとは反逆あるいは反抗を意味しており、さしづめ『小さな反逆者』みたいなニュアンスでつけられたニックネームでしょうか?




▲高い拡張性と軽量化を両立させたKEYMODハンドガードを標準装備しており、フラッシュハイダーはクッキーカッタースタイルを採用。
フロントサイトはKACスタイルのフォールディングフロントサイトが搭載されております。




▲グリップはコンパクトさを強調したようなショートタイプピストルグリップ。滑り止めのモールドがフロント側にしか施されていないので、半田ごてなどでスティップリング加工してやるとより使いやすくなりそうです。




▲ストックもグリップ同様BOLTのオリジナルデザインで、スリムなデザインながらバッテリーの収納にバッチリ対応します。
仕様バッテリーは7.4V~11.1VのLiPoを推奨とのこと。




▲リアサイトもKACスタイルの600mフリップアップタイプ。この手のBUIS(バックアップアイアンサイト)は光学照準器搭載の際にも邪魔にならないところが良いですね!
フロントが短くなった分リコイルの感触もやや変化しているそうで、実際に撃ってみるのが楽しみなところであります!

2月上旬頃新発売の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)トピックス

2016年12月24日

『オークション出品商品・ちょこっと補足』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲来る12月30日に名古屋店で開催予定の店頭ミニオークションにて出品予定のタニオコバ製ガスブローバックハンドガン『VP-70M』でございますが、商品のコンディションについて若干のお問い合わせがございましたので、ちょいと補足を入れさせて頂きまする!




▲製品そのものが既に絶版になっているうえ、決して知名度が高い部類の銃では無いということも有って、若いガンファン諸氏の中にはそもそもVP-70とはなんぞや?という方も多いかもしれませんが、1970年代にドイツの名門銃器メーカーH&K社がリリースしたローコストな軍用自動拳銃でございまする。
VPとはVolks Pistole(フォルクス・ピストーレ)の略称で、ドイツ語で国民拳銃みたいな意味。最近ではVP9にその名が継承されております。




▲源流をたどっていくと、第2次世界大戦の末期頃にドイツで計画されたフォルクス・シュトゥルム・トルッペ(国民突撃隊)、要するに女子供や老人といった本来徴兵の対象ではない銃後の国民を総動員して本土決戦を遂行しようという悲壮感溢れる作戦に行き当たります。…まあ、国民に竹槍持たせて本土決戦に臨もうとしていた日本も、あんまし偉そうなことは言えませんけどね~。
前線の兵士ですら装備が充足していなかった状況下で、民兵組織にまともな兵器など支給できるはずもなく、逼迫した戦時の生産体制でもなんとか量産が可能な省力化/簡易兵器が数多く立案されました。
国民拳銃の開発もその一環。




▲一連のフォルクスバッフェンの開発にはマウザー(モーゼル)やヴァルター(ワルサー)等、名立たる銃器メーカーが参加しておりますが、幸いなことに(?)ドイツが割と早々に連合軍に降伏してしまった為、国民突撃隊計画自体が実施されずに終わりました。
まあ、この計画で企画された国民拳銃のコンセプトを受け継ぎ、その現代版(※70年代当時)という意図して開発されたのがVP-70という訳ですね。




『予算の乏しい途上国の軍/警察向けに安価で大量に供給できるサイドアーム』というのがセールスポイントで、自動拳銃としては徹底的に簡略化された設計と生産コストの削減が特徴。スライドは鉄板のプレス加工に別体のブリーチを溶接、フレームは金型で大量生産できる強化プラスティック製、撃発機構はストライカー方式でトリガーメカはダブルアクションオンリー、9mmパラ口径のくせに作動はロッキングシステムを持たないストレートブローバックという徹底ぶりであります!
その一方性能面での評価はあまり芳しいものでは無く、セフティが要らないくらい重たいトリガープルや、ストレートブローバックで作動させるために、バレルのライフリングの谷部を異常に深くして燃焼ガスを前方に抜いて腔圧を落とすという強引な設計のために、命中精度も劣悪だったとか。

さすがにそれでは売りもんにならんやんけとH&Kも考えたのか、軍用バージョンであるVP-70Mは専用のホルスターストックと組み合わせる事でセミオートと3点バーストの切り替えが可能なマシンピストルというセールスポイントが与えられました。作動方式からくるエネルギーのロスで9mmショート弾並みに低下してしまった威力を補うという目論見もあったとかなかったとか。
結局正式採用はアフリカや南米の一部国家のみに留まりましたが、外観がそこそこ未来ちっくだったので、SFジャンルの映画でちょこちょこ出てますねえ。有名どころだとエイリアン2で植民地海兵隊の制式サイドアームとして、民間型のVP-70Zが登場しておりました。




▲日本では人気ホラーゲームバイオハザードシリーズの2作目で、主人公の一人レオン・S・ケネディの愛銃として登場しており、当時ガンマニア達の間で大きな話題となりました。強化パーツのストックを入手して組み合わせる事で、3点バースト射撃が可能となる所もちゃんと再現されておりましたねえ。
もっとも弾薬の消費量が3倍になるので、小生調子こいて撃ちまくった挙句弾切れを起こし、しまいにはワンちゃん(ゾンビ犬)の晩御飯になってしまいましたが。




▲んでもって話をタニコバ製VP-70Mに戻しますが、小林太三氏が手がけたVP-70トイガンとしてはMGC時代にリリースされたモデルガンに続く2度目のモデルアップとなります。モデルガンバージョンの方は80年代当時の技術的限界からブローバックの調子も今ひとつだったようで、そのリベンジという側面もあったとか。
タニコバ製VP-70Mは今時のガスブロハンドガンと比べるとリコイル自体はややマイルドですが、確実に作動する3点バースト機構は今見ても良く出来ていると思います。




▲ストックを装着し、その付け根に設けられたセレクターレバーを3にあわせると3点バーストモードに切り替わります。上部に露出したレバーが発射弾数のカウンターで、後退するスライドにレバーが押し込まれる事で発射弾数がカウントされ、3発まで発射されたところでサイクルが強制停止されるようになっています。
タニコバ製VP-70Mは、スライドが前期型を、フレームが後期型をそれぞれモデルアップしており、エイリアン2やバイオ2に登場した前期型とは仕様が異なります。(一応実銃も過渡期にはこのようなモデルがあったそうです。)
反響があれば前期/後期両バージョンもそれぞれモデルアップするつもりだったそうですが、残念ながら立ち消えになっちゃいました。




▲極端なUの字型をしたトリガーは、他の銃では見られないデザインですね。実銃はダブルアクションオンリーですが、タニコバ製は作動性を重視してシングルアクションにアレンジされています。
ただしトリガープルが異様に粘っこく、かつストロークも長めに設定されており、ある意味VP-70のトリガーフィーリングがリアルに再現されているのかも知れませんねえ。

ちなみに初期のタニコバ製ピストンカップ(通称コバカップ)を採用している各社製ガスブローバックトイガンには、経年劣化に伴うカップの崩壊で作動不能に陥ってしまうという共通の弱点があり、本製品も入荷時は作動不能の状態でございましたが、幸い交換用のピストンカップが今でも入手可能だったため、修理済/完動品コンディションでの出品となりまする!
ピストンカップ自体も素材が改良され耐久性が向上した新型になっているので、末永くご愛用いただけると思いますよ~!気になる方はぜひとも店頭ミニオークションに足をお運び下さいまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)トピックスお知らせ♪

2016年11月26日

『東京マルイ新製品』ぷちレポート!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

現在開催中の『東京マルイフェスティバル 3rd』でございますが、秋葉原店スタッフのフルコフがお邪魔して新製品のラインナップを一通り撮影して参りましたので、サラッとご紹介してみたいと思いまする!↓


『HK416 デルタカスタム』
次世代電動ガンHK416シリーズの最新作!DEVGRUカスタムに続き、米陸軍特殊部隊デルタフォースの使用銃をイメージして製作されたものですね。




▲ダークアースカラーのボディが目を引きますが、それ以上に本製品の売りとなっているのがこのガイズリータイプハンドガード。
HK純正よりも軽量かつスリムなデザインが特徴で、取り回しの良さがいっそう向上しております!




▲フラッシュハイダーはSUREFIREタイプでフロントサイトも新規製作のKAC フォールディングフロントサイトがモデルアップされております。
サイトが前後逆についているのは、ハンドガード上にレーザーディジグネーターなどのオプションを装着する際のスペースを確保するためでしょう。
その内別売りも出てくるかにゃ~?




▲電動ショットガンシリーズ第2弾となる『SGR-12』AA-12と同じメカボックスを採用し、外装周りはマルイオリジナルとなっております。
モデルアップ元の実銃が存在しない架空銃ですが、中々にまとまりのあるデザインですねえ。




▲ハンドガードも含めたアッパーレシーバーはアルミ製との事。サイトはKSGからの流用かな?




▲バッテリーはストックのバットプレート部分にミニSを収納。デザインから見るに、チークパッドは上下の高さを調整できるようになっているっぽい感じです。




▲マガジンは後部がシースルー仕様で、ダミーのショットシェルのリム部分が覗いております。装弾数は90発との事。
マガジンの規格自体はAA-12と共通との事で、AA-12用ノーマルマガジンやドラムマガジンも使用できるそうです。




▲ハンドガンの新製品として、P226E2のシルバーモデルが発表されました。そういや、E2はまだシルバーモデルだラインナップされてなかったんですねえ。




▲同じくシルバーモデルのラインナップとして、デトニクス45 コンバットマスターも展示。デトニクスはこれまでにもシルバーモデルが存在しておりましたが、どこか仕様が変更されているのでしょうか?




▲まだモックアップの段階ですが、今後の新リリースラインナップとして4機種が発表されております。




▲まずM1911シリーズの新製品として、米海兵隊MARSOCに正式採用された『コルト M45A1』が発表されました!
展示品は無刻印仕様ですが、ここはぜひコルトの実銃に準拠したリアル刻印仕様にしてもらいたいところであります。




▲トリガーやハンマー、サムセフティ、グリップセフティといったコントロール系のパーツは全て新造品となっているようです。
グリップスクリューもラージヘッドタイプになってますね。中々期待が持てそう!




▲M1911系コンパクトモデルとして、デトニクスコンバットマスターに次ぐ第2弾となる『V10 ウルトラコンパクト』
実銃はスプリングフィールドアーモリー製ファクトリーカスタムモデルで、同じコンパクトモデルでもデトニクスとは若干ボリューム感が異なります。(※コルトのオフィサーズ系と同サイズ。)




▲V10のモデル名の由来となっている、バレルに開けられた反動軽減用の10個のガスポートと、それに合わせてスリットが切られたスライドが特徴。
コルトスキーな小生としては、シリーズ80オフィサーズACPとかディフェンダーあたりもモデルアップして欲しいところであります。マガジンとか流用できるし。




▲グロックファンの多くが待ち望んでいたであろう『グロック19』も遂にラインナップに加わることと相成りました!
これでマルイグロックシリーズもサブコンパクト(G26)/セミコンパクト(G19)/フルサイズ(G17)/ロングスライド(G34)と、基本バリエーション4サイズが全て揃うこととなりましたねえ。
グリーンベレーや海兵隊の一部でも採用されたモデルなので、米軍現用装備のサイドアームとしてもなにかと潰しの利くモデルです。




▲こちらは以前から告知されていた『USP』フルサイズ。モックアップは無刻印なので、現時点では口径がどのバージョン(9mm/40S&W/45ACP)になるのかはまだ分かりません。
内部メカはUSPコンパクトと同系列になるでしょうから、性能面での不安はないですね。




▲銃本体以外の新製品としては、P226シリーズ対応の37連ロングマガジンや…




▲HK45用40連ロングマガジン




▲ハリススタイルのミリタリーバイポッド…




▲タンゴダウンスタイルのバーティカルフォアグリップ…




▲大口径スコープにピッタンコなハイマウントリングといったオプションパーツ類が発表されておりました。

今回発表された各製品の発売時期や価格についてはまだ未定となっておりますが、続報が入り次第当ブログにて順次お知らせしていきたいと思います!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:30Comments(0)トピックス

2016年09月19日

KRYTAC人気、潜在?

手前味噌で恐縮ですが…
先日クライタックのカスタムをお知らせしてからというもの、
スゴい勢いでオーダーが入っております!!!


▲やっぱりみなさん気になってたみたいですね。ありがとうございます!


おかげさまでありがとうございます! ってなお話なんですが
もっとこう、じわじわ~っとウワサが広がるものと思っていただけに
正直、もうこんなに反響が!?という驚きのほうが大きいです。

そんな、実はみんな気にしてた?的なKRYTAC電動ガン人気にあやかって
今日もせっせとカスタム製作部はがんばっております!
どしどしご注文お待ちしてま~す!!


  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 15:08Comments(0)トピックスWEBネタ

2016年08月26日

『マルイKSG』発売日決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲皆様お待ちかねの東京マルイ製ガスショットガンシリーズ最新作『KSG』の発売日が遂に決定いたしました!




▲実銃は米国KEL-TEC社がリリースした最新ブルパップショットガン!作動方式自体はオーソドックスなポンプアクションですが、バレル下部に2本のチューブラーマガジンを備え、コンパクトな全長ながら高火力なところが特徴ですね。
最初から光学照準器の搭載に対応しているところもポイント高しです!

気になる発売日は9月14日!当店入荷は翌15日あたりからになりますね。

ご予約受付価格が決定次第、改めてお知らせ致しますので、乞うご期待!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:12Comments(0)トピックス

2016年08月21日

『涙のお別れ』PART3 !?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

本日18時より名古屋店店頭にて開催予定の『店頭ミニオークション』ですが、出品商品のタマ数を稼ぐべく、例によってスタッフの私物をいくつか出品する事に。
小生の愛銃もまたまた大放出(と言うほどのモンではないか)でございまする!↓


『マッドマックス 無駄にタクティコースペシャル』
丁度自宅にジャンクと化して転がっていたハドソン製マッドマックスショットガン(ガスガンバージョン)を、レストアがてらカスタマイズしたものでございます!
あ、上に乗っかってるT-1は参考品ですからね!




▲一応コレ、モチーフになった銃がございまして、米国のガンメーカーストーガー社が製造している無駄にタクティコーなサイドバイサイド・ショットガン『ダブルディフェンス』というヤツ。
水平2連で2発しか撃てないくせに、20mmピカティニーレイル&ファイバーオプティクスサイトを装備。一体どういうユーザー層を想定してるんだろうと一抹の疑問を感じてしまいますが、こういう変なコンセプトの銃は小生大好物でございます。




▲んでもって、このダブルディフェンスのソウドオフ仕様を想定して作っちゃったのがコイツというわけでございますよ!




▲製作途中の姿がコレ。手元にあったプラ製ストックはグリップ部分がモゲていた為、どうせならと思いピストルグリップ仕様に改造。




▲一度ストック下部を平らに削り落とし、欠損部分にエポキシパテを盛り付けて成型。パテが硬化する前にハンズで買ってきたステンレスのアングル材を適当に整形して作った固定用ステーを埋め込んで、グリップを接続しております。
グリップはこれまたジャンクボックスから漁ってきたマルイAK47用を黒く塗装して再利用。そのまんまだと滑りやすいので、ホーグのグリップスリーブも装着してみました。




▲加工箇所は各種ヤスリやハンディサンダーで納得いく形状になるまで削り倒し、最終的にこんな形に。金属補修用のパテを使ったからそれなりに強度は稼げてると思うけど、乱暴に扱ったら多分モゲるだろうな~。
このあとさらに木目調のモールドを削り落とし、サーフェイサーを吹いて仕上げ。




▲トップレイルはLAYLAX・ファーストファクトリー製のM4A1/M16A2用ボトムレイル。バレルのセンターリブに穴あけ&タッピングし、レイルそのものは無加工で装着しております。




▲レイルを付けただけだとそれらしさが薄いかにゃ~?と思い、フロントサイトも付けてみました。ジャンクボックスから漁ってきたVSR-10用サイトを現物あわせで削り倒し、タッピングビスで固定しております。
はっきり言って実用性は皆無だけど、コレで結構シルエットが変わるんですよねえ。




▲レシーバーやバレル周りはヒケが波打ってエライことになっていたので、やはりサンダーと各種ペーパーでハゲあがるような思いをしながら平面出しを行い、塗装に入ります。レシーバー/バレル周りはキャロムのブラックスチール、ストック/フォアエンド周りはインディのダークパーカーを使用し、コントラストを出してみました。




▲もともとのパーツの配置上、前寄りになってる方のトリガーに指をかけた時のリーチがめちゃくちゃ遠いのがちょいと難かにゃ~?
ダブルディフェンス実銃は1本のトリガーで左右のバレルを撃ち分けるトリガーシステムなので、こういう不具合も無いんでしょうけどねえ。




▲実を申し上げますと、純正カートを紛失してしまったため(※画像のカートは別個体のもの)このままでは実射できないのですが、元々マルイの銀ダンと撃ちあうと軽く負けるくらいのパワーしかない代物なので無問題!(?)

例によって良いお値段で落札頂けると、その分小生の貧しい生活が少し楽になりますので、本日は皆さまお誘いあわせの上、ぜひともFORTRESS名古屋店にお越しくださいまし!
他にもいろいろ掘り出し物の出品がありますよ~!塾長の愛銃とか!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)トピックスお知らせ♪

2016年07月16日

『BOLT MK12 Mod.1』サンプルぷちレビュー!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲射撃に伴って臨場感あふれるリコイル(反動)を楽しめるBOLT製BRSS電動ガンシリーズ最新作『MK12 Mod1』ですが、国内代理店様よりサンプルをお借りすることが出来ましたので、ちょいとぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思いまする!




▲実銃は米陸軍第五特殊部隊群(グリーンベレー 5th SFG)とUSAMU(米陸軍射手育成部隊)により共同開発された、通称SPR(特殊用途ライフル)と呼ばれる中距離支援用ライフルのバリエーションの一つ。SOCOM(合衆国特殊作戦軍)での制式採用に当たって名称に『MK12』という海軍系のコードが採用されておりますが、開発を主導したのは陸軍ですね。

当初はモスボールされていたM16A1を改造して製造されており、M4用のレイルドアッパーレシーバーとA1のロアレシーバーをガンスミスがタイトフィットさせ、高精度のマッチグレードバレルとフリーフローティングRASハンドガードを組み合わせることで命中精度を飛躍的に向上させ、中距離用狙撃銃として使用できるようアキュライズされています。
使用弾薬も従来のM855グリーンチップではなく、弾頭重量をより増加させたMK262に合わせて最適化されており、有効射程距離は600m超。(※M4系だと300~400m前後。)
もちろん緊急時は本来のアサルトライフルとして使用できるよう、フルオート射撃機能はそのまま残されています。




▲BOLT製はレシーバー周りの共通化の都合で、ロアレシーバーはM4仕様となっています。A1ロアレシーバーのイメージが強いSPRですが、実銃も初期生産型以降はM4ベースの固体も存在するみたいです。




▲SPR系の外観的特徴の一つである専用フラッシュハイダー。PRI社製でM16やM4のバードケージタイプとは形状が大きく異なり、消炎効果よりもグルーピング精度を優先したデザインとなっています。
ハイダー根元のプロテクターを外せば、専用サプレッサーの装着も可能なデザインですが、BOLT純正のサプレッサーのリリースの予定は今のところ未定との事。
VFC製等他社製のSPRサプレッサーは残念ながら装着できないそうです。




▲実銃の仕様に則り、フロントサイトはKAC(ナイツ)タイプのフォールディングフロントサイトが装備されます。軍用銃にBUIS(バックアップアイアンサイト)は必需品だもんね。
ハンドガードもKACタイプのミドルサイズ・フリーフローティングRASを採用。




▲リアサイト側もKACタイプで、600mタイプのフリップアップリアサイトが装備されています。M4よりも交戦距離が長いので、BUISも長射程に合わせた仕様になっているわけですね。
そうそう、スコープは参考品で実際の製品には付属しませんので、ユーザーのお好みに合わせて光学照準器をチョイスして頂くことになります。




▲ストックはSOCOM系M4の標準仕様ともいえるクレーンタイプ。バッテリーはストック内に収納されるので、外装バッテリーケースなどは必要ありません。

今回撮影したサンプルは試作品ということで、実際の製品とは若干仕様が変更される可能性もありますが、大まかなスタイリングはこれで決まりとの事。
発売日や価格が決定次第、ご予約の受付を開始致しますので、乞うご期待!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・ラスト

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、いよいよ最後の締めでという事で、細々としたオプションパーツ類をご紹介!まずはかねてから発売が告知されておりました、電動ショットガンAA-12用『ドラムマガジン』であります。
ようやく量産体勢も整ってきたということで、今回は製品版パッケージも合わせて展示されていたとのこと。具体的な日付まではまだ未定ですが、発売まではもう秒読み段階といって良いでしょう!




▲コチラは先ごろ新発売となったツインドラムマガジン用の各種電動ガン用変換アダプター。




▲スタンダード電動ガンG3/G36/MP5/AK各シリーズ用と、次世代電動ガンM4(SCAR-LやHK416兼用)/AK各シリー用がラインナップされるようです。





▲あわせてサムライエッジのスタンダード・ハイグレードバージョンも新発売扱いで展示されておりましたが、これは第2ロット以降の通常版パッケージの発売に合わせた告知だったようですね。
コイツの出荷時期は6月下旬~7月ごろを予定しているとの事です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

以上、ホビーショー新製品レポートでございました。



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その7

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、お次もまたまたまた現行製品のバリエーション展開となる『MP7A1 タンカラーバージョン』!ガスブローバックバージョンの方は結構前にリリースされておりましたが、今回は電動ガンバージョンの方ですね。




▲まあ、カラーリング以外は従来の電動MP7A1と特に代わり映えなしですね。画像を見て気になるところといえば、マズルに見慣れない形状のサプレッサーが装着されているところでしょうか。
どうもプロサイレンサーではなさそうだし、これも新製品なのかな?




▲ストックはガスブローバックバージョン以降標準装備となった3ポジションタイプ。シャフトをあえてブラックカラーのままとしているところがエエ感じです。

コチラもマイナーチェンジ製品ということで、グロック22同様6月ごろ発売の予定とのことであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 15:41Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その6

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

FORTRESS WEB SHOP
▲第55回ホビーショー新製品レポート、お次もまたまた現行製品のバリエーション展開となる『グロック22』
グロックピストルシリーズの基幹モデルであるグロック17の40S&W口径バージョンですね。
40S&W弾は9mmパラと45ACPの中間的な性能を持つカートリッジで、FBIがテスト採用していた10mmショート弾をベースにS&W社が開発した弾薬。
ブレンテンやコルト・デルタエリートの使用弾として注目された10mmオート弾は357マグナム並みのパワーをオートで撃てる反面、反動が強烈で銃にかかる負担も大きかったため、その薬莢を切り詰めてマイルドにしたのが40S&Wであります。




▲外装周りはグロック17と同サイズ/同形状なので、サイドビューの違いは刻印だけですねえ。アウターバレルを作り直しているとしたら、マズルも40口径(10mm)仕様になっていると思います。
口径の表示や残弾確認用のインジケーターホールの数も違うので、マガジンは一応専用品となりますが、従来のグロック17用マガジンもそのまま使用できるそうです。
マガジンバンパーは+2タイプですが、これも現行のフィンガーチャンネル形状のものがモデルアップされております。




▲グロック22といえば、近年デルタフォースのサイドアームとして採用されたことで、ミリタリー業界で大きな話題となりました。
海兵隊や陸軍グリーンベレーにおけるグロック19/グロック17の採用といい、米軍におけるグロックシリーズの使用率はこのところ右肩上がりですねえ。




▲マイナーチェンジ的な製品ということでリリース時期は思いの他早く、6月ごろ発売となる見込みとの事であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 14:33Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その5

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、お次もまた現行製品のバリエーション展開となる『HK45 タクティカル』
HK45をベースに、タンカラーのグリップフレームとサイレンサーの装着に対応したスレッデッドバレル、サイレンサー装着時にも支障なく照準可能な大型サイトを装備させたバリエーションであります!




▲サイレンサーは別売りではなく、標準で付属してくるようです。ブローバック作動を妨げないサイズ/重量に抑えられるとの事。



FORTRESS WEB SHOP
▲コントロールレバー(セフティ兼デコッキングレバー)はスタンダードタイプと異なり、左右どちらの手でも同じように操作できるアンビデクストラス仕様。
マグキャッチやスライドストップは元々アンビ仕様でしたから、これで完全に左利きユーザーに対応したフィーチャーとなりました。



FORTRESS WEB SHOP
▲画像がぼやけちゃってるので詳細が分かりにくいのですが、リアサイトはどうもメプロライトタイプみたい。H&K社の純正オプション指定となっているカスタムサイトですね。
ちなみにH&K社のサイトを見る限り、サイトがノーマル仕様なままのHK45Tも存在してるみたいです。

発売時期は今年の秋ごろを予定しているとの事。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:53Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その4

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、お次は現行製品のバリエーション展開となる『CQB-R ブロック1』
ガスブローバックライフルであるM4A1 MWSをベースとした短銃身タイプです。



FORTRESS WEB SHOP
▲バレルは14.5inから10.3inに切り詰められ、取り回しの良さが格段に向上!フラッシュハイダーはSOCOM(合衆国特殊作戦軍)隷下の各特殊部隊に配備されているM4シリーズの定番装備ともいえるKACタイプで、電動ガンのSR-16 M4に装備されていたものとは異なり、アルミの削りだしで製作されているとの事。
ひょっとすると、対応のQDSS NT-4サプレッサーも出してくるかも?



FORTRESS WEB SHOP
▲ストック基部にCQDタイプのワンポイントスリング用スイベルも標準装備される模様。



FORTRESS WEB SHOP
▲RASハンドガードもアルミの削りだし。外装のメインコンポーネントはセラコート仕上げで、このあたりはM4A1 MWSと同じ仕様ですね。
バーティカルグリップはCQB-Rブロック1の仕様に合わせたKACタイプが付属するようです。



FORTRESS WEB SHOP
▲発売時期は今年の初冬ごろになる見込みとの事。ガスブロにはちょこっと厳しい季節かにゃ~?
真夏だったら良かったんですけどねえ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:25Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その3

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、お次の完全新製品はコチラ!米海兵隊の現用スナイパーライフルとして知られる『M40A5』であります!
レミントンM700系をベースに海兵隊が独自に開発したM40狙撃用ライフルシリーズの最新バージョンで、近代戦に対応させるために様々なフィーチャーが盛り込まれたモデルですね。
カラーリングはブラックとODの2系統をラインナップ。




▲機構的にはVSR-10やL96 AWS同様のエアコッキング式ボルトアクション。レミントン系のデザインということでVSR-10の発展型的なメカなのかな?とも思いましたが、どうやら完全新規設計のようであります。




▲ちょっと見切れちゃってますが、ストックのフロント側にはアッドオン式ナイトビジョンを装着するためのフロントレイルが装備されております。




▲ストックのチークピースはもちろん上下調整式。バットプレート部のスペーサーの増減と合わせて、射手の体格に合わせた細やかなセットアップが可能となっています。

そういえば昔当店でもVSR-10とサンプロM40シリーズに対応したM40A3タイプのカスタムストックを製作しておりました(※現在絶版)が、入社当時クソ暑い真夏のバックヤードで汗水たらしながら大量のパーツの袋詰め&梱包をしまくったつらい日々がPTSD的な感じで思い起こされますねえ。(←知らんがな!)




▲ボルトにはコッキングインジケーター機能も搭載されるようです。コッキング時にストライカーの後部がボルトエンドから突き出して、射撃可能な状態になっていることを射手に知らせる機能ですね。




▲トリガーにもなにやら新機構が採用されているようであります!スムースなトリガープルはスナイパーライフルの要といえる要素ですので、ここは期待したいところ!


コチラも発売は今年の夏ごろになる予定だそうでございます。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:59Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その2

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲第55回ホビーショー新製品レポート、まず今回一番の注目筋といえるのがコイツでしょう!KEL-TEC社製ブルパップ式ポンプアクションショットガン『KSG』が遂にトイガン化でございます!
昨年公開の映画『ジョン・ウィック』にも登場しておりましたね。




▲同社のM870系と同じくガス式のポンプアクションで、デタッチャブルタイプのガスタンクを採用しています。
ご覧の通りタンクがかなり大きめなので、いっぱい撃ちまくれそうですねえ。




▲マガジンは従来のマルイ製ショットガンシリーズ同様、ショットシェル型を採用。レバーの切り替えにより、発射弾数を3発または6発に切り替えるメカニズムも健在です。




▲チューブマガジンそのものはダミーですが、予備のシェル型マガジンを本体に2個収納しておくことができるようです。




▲レイルシステムが最初から標準装備されているので、光学照準器の搭載も容易に行えますね。フォアエンド下部にもレイルが装備されているのでバーティカルグリップやSUREFIREなどのウェポンライトグリップの装着にも対応!

発売は今年の夏ごろになる予定だそうでございます。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

まだまだ続くぢぇい!



フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:08Comments(0)トピックス

2016年05月12日

【速報】第55回ホビーショーレポート・その1

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲今年もやって参りました静岡ホビーショー!今回で第55回目だそうでございますね。
本日はFORTRESS塾長ことドラゴンヘッド伊藤が現地にも赴いておりますので、主だった東京マルイさんの新製品を順次ご紹介していきたいと思いまする!

乞うご期待!


エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!



  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 11:35Comments(0)トピックス

2015年11月24日

『マルイグロック34』発売日&予約価格決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製ガスブローバックハンドガン最新作『グロック34』の発売日およびご予約受付価格が決定致しましたので、この場をお借りして告知させて頂きたいと思いまする!↓


『東京マルイ: HG本体 グロック34』
12月4日メーカー出荷開始、翌12月5日より順次当店入荷の予定となっております!

グロック34といえばIDPAマッチのレギュレーションに合わせたコンペティションモデルとして米国内では人気の高いモデルで、国内メーカー製品としてはKSCやタナカワークスが過去にモデルアップしておりますが、信頼性や命中精度、サードパーティ製カスタムパーツの豊富さで人気の高い東京マルイ製グロックベースでのリリースは嬉しい所!
シューティングマッチの相棒として、またインドア戦のメインアームとして大活躍してくれそうであります!

気になるご予約価格は上の画像をクリックしてお確かめ下さいまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:03Comments(0)トピックス

2015年11月04日

『ついに発売日が決定致しました』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ長物ガスブローバック期待の新製品『M4A1 MWS』の発売日がついに決定致しました!↓


11月13日メーカー出荷開始、翌11月14日あたりから順次当店入荷の予定となっております!
メーカー希望小売価格も¥59,800(税込¥64,584)に決定致しましたので、当店ご予約受付価格が決まり次第、改めて告知させて頂きたいと思います!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 15:02Comments(0)トピックス

2015年10月23日

『KSCベレッタシリーズ用の長~いマガジン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC (ケーエスシー): M93RII用 49連ロングマガジン07 (07ハードキック用)
▲近日再販予定のKSC製ガスブローバックマシンピストル『M93R II』ですが、オプションの長~いマガジンも、同時に再販される事が決定致しました!



KSC (ケーエスシー): M93RII用 49連ロングマガジン07 (07ハードキック用)
『KSC (ケーエスシー): M93RII用 49連ロングマガジン07 (07ハードキック用)』
実銃でいうところの30連サイズに相当する長さを持つ、49連タイプのロングマガジン!M93R IIを近接戦用のメインアームとして思う存分活用したいというゲーマー諸氏の必需品であります!




▲装弾数とガス容量、熱保持性が飛躍的に向上するだけでなく、露出した下部を握る事で冷えたマガジンを直接温める事も可能。
上の画像のように、マガジンの規格が共通となっている同社製のM9/M92シリーズ(※SYSTEM 7バージョンのみ)にも使用できます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今再販ご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)トピックス

2015年10月22日

『重シブ系M93R』近日再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC (ケーエスシー): M93R II 1st BK HW 07ハードキック
▲KSC製ブローバックハンドガンのラインナップの中でも、そのメカニカルなスタイリングとマシンピストルならではのプレイバリューの高さで人気を博している『M93R II 』のHWバージョンが、近々再販の予定でございます!



KSC (ケーエスシー): M93R II 1st BK HW 07ハードキック
▲実銃はイタリアのピエトロ・ベレッタ社が同社の9mm×19口径セミオートピストル『M92』系をベースに、要人警護部隊用等での使用を目的として開発したマシンピストルバージョン。
グロック18スチェッキンといったモデルと並ぶ、ハンドガンをベースとしたマシンピストルの代表的機種の一つであります。



KSC (ケーエスシー): M93R II 1st BK HW 07ハードキック
▲KSCのM93R IIシリーズは、 同社のM9シリーズが設計母体となっており、リアルなメカニズムとSYSTEM 7ブローバックエンジンならではの快調な作動が魅力の1丁!
セミオート/3点バーストモードに加え、セレクターレバーをセミとバーストの中間位置にセットする事で、実銃にはないフルオートモードでの射撃も可能となっております!鋭く手に跳ね返るようなシャープなリコイルが病み付きになるぢぇい!



KSC (ケーエスシー): M93R II 1st BK HW 07ハードキック
▲マガジンは実銃同様M9シリーズと互換性があり、M93R用のロングマガジンをM9に使用する事も可能。
逆にM9用のショートマガジンをM93Rに装填すれば、サイドアームとして携帯する場合の携帯性も向上します。



KSC (ケーエスシー): M93R II 1st BK HW 07ハードキック
▲毎度毎度再入荷分があっちゅう間に完売となってしまう人気商品ですので、気になる方はお早めにどうぞ!



10月29日よりメーカー出荷、翌10月30日あたりから順次当店入荷の予定。
エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)トピックス

2015年10月19日

『東京マルイM9』発売日決定しました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『U.S.M9 PISTOL』の発売日が、いよいよ正式に告知されて参りました!↓


▲米4軍のサイドアームとして1985年に制式採用されて以来、実に30年にわたって使用されて続けている軍用拳銃の傑作!世界最古のガンメーカーの一つと言われるイタリア・ピエトロベレッタ社が生産する、M92シリーズの米軍向けバージョンですね。
東京マルイでもM92Fミリタリーの名でモデルアップされ、長年にわたって親しまれてきた機種ですが、マルイ製ガスブローバックハンドガンとしては最初期の頃の製品と言う事もあり、性能面や再現性に多くの妥協があったのもまた事実。
その点今回リリースされるM9は先行リリースされたM9A1をベースとしており、実銃準拠の外形寸法/グリップ規格の採用、可変ホップアップ機構の実装、連射時の冷えに一層強くなった最新グレードのブローバックエンジンの搭載、デコッキングシステム実装など、現行の基準に合わせたフルリメイクが行われております!




▲外観はオールドファッションながら中身は最新グレードにアップデートされたこのM9。1980年代中期から現用までの米陸軍/空軍系装備ゲーマーのサイドアームにピッタンコですね!

10月30日メーカー出荷開始、翌10月31日頃から順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:00Comments(2)トピックス