2011年10月30日

フォートレス秘宝館その93

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのコンバットキャリバー(意味不明)こと、タナ・セガールでございます。

今週もまたMr.Gコレクションより1発ご紹介したく存じ上げるところの今週のお題はコチラ!↓

『コクサイ コルトガバメント コッキングエアガン』
80年代の初頭ごろ、今は亡きコクサイがリリースしていたコッキング式エアガンであります!当時としては結構パワーがあると評判の機種でありました。(弾速計も無かったような時代だったので、あんましアテになりませんが。)




▲外観はガバメントバリエーションの定番の一つ、MK IVシリーズ70の仕様を再現。画像の製品はシルバーモデルですが、当然ブラックモデルも同時期に発売されておりました。
一体成型のフレームにフルサイズ(でもないけど)マガジンと、可能な限り高級路線を狙ってリリースされていた製品でしたね。




▲バレルブッシングはやたら丸っこく、やや大味な造形。とはいえ、同じような時期にLSその他がリリースしていたエアコキガバも似たようなスタイルでした。
Mr.Gが遊び倒したおかげか経年劣化か、メッキが大変なことになってますねえ。




▲上から見ると、スライドの幅がややポッテリしているのが分かります。当時の技術では、十分な強度と実射性能を確保しつつ、スリムなスタイルに仕上げるのは困難だったのでしょうね。ブッシングの形状については、ポッテリスライドに合わせてディフォルメせざるを得なかった部分もあるのでしょう。
これでも発売当時は、『スゲ~、リアルでカッコええ!』という評価だったんですよ~!




▲サムセフティはライブで、スライドを引くとハンマーもコッキングされるようになっております。グリップセフティは残念ながらダミー。
スライド後端に見えるピンはブリーチエンドにあるフタ状のパーツを固定するための物ですが、コッキングや発射の際に結構な衝撃がかかるので、肉厚の薄い部分が割れたりすることもありました。(ていうか、コイツも反対側が割れてるし。)




▲グリップはパックマイヤー風のラバーグリップが標準装備。シルバーメッキのボディには良く合っておりますね。
フレームサイズの関係で、残念ながら実銃用グリップの装着には対応していません。




▲マガジンはコクサイ特有の2重構造タイプで、アウターケース内に給弾用インナーチューブ状が収められております。
既定の弾数をマガジンケース下部から落とし込み、チューブを挿入してロックする訳ですが、あんまし使い勝手が良いとは言えません。
同社の後発機種であるP220ラーマオムニなども同様のシステムを採用しておりました。




▲現在の目で見ると色々とアラも目立ちますが、モナカフレームでない高級路線コッキングエアガンの走りとして評価できる製品でしょう。小生も昔欲しかったんだけど、豊かさが著しく不足していたおかげ(貧乏ともいう)で入手がかなわなかった覚えがございます。

東京マルイのエアコキM1911A1ハイグレードを見ると、つくづく20年の技術の進歩を痛感致しますねえ。



それではまた、『秘宝館』にてお会いしましょう!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)フォートレス秘宝館

2011年10月30日

『ガスブロG36用オプションパーツ』新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

リアルなオペレーションと周辺オプションの豊富さで人気を博しているVFC製(UMAREXブランド)ブローバックガスガン『G36C GBBR』に対応した外装オプションパーツが、数点入荷して参りました。↓

『VFC: G36GBBR用 G36KSK QDフラッシュハイダー(VF9-FHR-G36KSK-ST01)』
ドイツ陸軍の特殊部隊KSKで使用されるG36シリーズに採用されている、QDサプレッサー対応型フラッシュハイダーであります!なんかすげ~通好みなパーツですねえ。
VFCさんのことですから、対応の専用サプレッサーもおそらく近いうちに出してくるのではないでしょうか。




『VFC: G36 シングルオプティック/キャリングハンドルサイドレイル(VF9-MWS-G36R-BK04)』
キャリングハンドルや専用スコープのサイドに装着して使用する、ショートサイズのオプションレイル!こちらもKSKがらみの画像で結構目にしますね。
PEQ-15なんかくっ付けてやるとらしさがでてエエ感じになるかもしれません。




G36C GBBR本体も合わせて再入荷中!

『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2011年10月30日

『いまコレセール』本日の特選品!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ただ今好評開催中のWEB限定『いまコレセール』!本日の特選品はコチラでございます!↓

『VFC: 電動ガン SCAR-H DX』




『VFC: 電動ガン SCAR-L DX』




『VFC: 電動ガン SCAR-L CQC FDE』
とまあ、VFC SCARシリーズが揃い踏みであります!東京マルイの次世代電動ガンSCARシリーズのおかげで、やや影が薄くなりましたが、外観のディテールの緻密さは流石VFC!
当店の各種カスタムメニューにも幅広く対応致します!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:09Comments(0)商品紹介

2011年10月29日

『MP5GBBR』用イカスパーツ!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

リアルなファンクションと外観で人気を博しているVFC製ブローバックガスガン『MP5GBBR』をよりイカス外観にドレスアップする、小粒ながら存在感のあるオプションパーツが新発売と相成りました!↓

『VFC: MP5GBBR用 NAVYフラッシュハイダー(VF9-FHR-MP5-BK01) 』
米軍で使用されるMP5シリーズには必ずといっていいほど装着されている、アッドオンタイプのフラッシュハイダーであります!
SEALなんかの写真を見ると、少なくとも湾岸戦争の頃から使われているのが分かります。




▲MP5のマズル部分に設けられたトライラグ(3か所の突起)を利用して装着する形式で、ハイダーをマズルに差し込んで少し捻り、ロックレバーを定位置にセットするだけで瞬時に装着可能です!




▲小さなパーツではありますが、装着するだけでグッとアグレッシブなスタイルに仕上がります!同型の電動ガン用ハイダーは微妙な寸法の差で装着できませんでしたが、ブローバックガスガン用にコイツを待っていたという方は多いのではないでしょうか?



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)商品紹介

2011年10月29日

『女王陛下のP99』入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

独逸の名門銃器メーカーワルサー社とマルゼンのコラボにより製作された『ワルサー125周年記念モデル』!第2弾となる『P99』が本日入荷して参りました!↓

▲スライドはマルゼンお得意のブラックメタルメッキで仕上げられ、プラ製スライドとは思えないような深みのある艶やかな黒色が魅力!
どちらかというと無機質な現代的フォルムを持つP99ですが、この仕上げのおかげでかなり印象が変わっております!




▲レーザー彫刻による限定刻印が、ブラックメッキのスライド表面に鮮やかな色どりを加えています!
アウターバレルも、シルバーメッキのメタル製が標準装備となっています。




▲スライドの左側面には、『HER MAJESTY'S SECRET INTELLIGENCE SERVICE』(女王陛下の)秘密諜報部みたいな意味かいな?)の刻印と、『001007 JB』のナンバーが。なお、『JB』ジェームス・ブラウンのイニシャルでないことは言うまでも無いでしょう。
人気映画が恰好のCMになるというのは、銃器業界でも共通のようです!




▲今回限りの完全限定生産商品!この機会を逃したら、後がありませんよ~!
『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2011年10月29日

『ベレッタM92F用』やっとこさ入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

▲リーズナブルな価格と高いユーザビリティーで人気となっている、『UNCLE MIKE'S (アンクルマイクス): カイデックスホルスター』シリーズですが、定番中の定番ともいえる『ベレッタM92F/M96』用がやっとこさ入荷して参りました!




▲上の画像は東京マルイ製ブローバックガスガンM92Fクロームステンレスを入れたところ。妙なガタツキやゆるみも無く、ピッタンコと収まっております!
リアルサイズで製作されているM92/M9系のトイガンなら、大体問題無く収納できるでしょう。ただしM92エリートなど、ブリガディーアタイプのスライドを持つバリエーションは、スライド自体の幅が少し厚めなので、残念ながら対応しておりません。




▲トリガーガード部分を左右から挟み込むように保持するスタイルが特徴で、抜き差しのテンションはサイドのアジャストスクリューで調整できるようになっております。
面倒なロック機構が無いので、グリップをつかんで引っ張るだけでスムーズなドローが可能。




▲装着用プラットフォーム2種と、ホルスターの取り付け角度を微調整するためのアジャスターも付属。BHIのCQC系ホルスターよりも低価格な点も魅力です!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:17Comments(0)商品紹介

2011年10月28日

『M1カービンCDX』サンプルぷちレビュー!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

▲昨日ご紹介したCDX304に引き続き、マルシン製CO2(炭酸ガス)ブローバックガスガン『M1カービンCDX』のサンプルが入って参りましたので、今回もまたぷちレビューをば1発!




▲まあ、外観はこれまでのM1カービンガスガンとほとんど変わりありませんね。もともと外観の再現度はハイレベルなので、まったく不満はございません。




▲従来品との最大の相違点が、このマガジン。長さはさほど変わっていないようですが、左右の厚みは1.5倍ほどに増えております。まあ、内部に共通規格の小型CO2ボンベを納める必要がありますので、ここは致し方無いという感じです。
装弾数は実銃同様15発となっていますが、下からロッドのようなものをセットして、意図的に装弾数を少なめにしているようにも見えますので、加工次第ではもっと増やせる可能性もございます。




専用のCDXカートリッジはマガジン底部のキャップを付属のレンチで外して交換するようになっています。
キャップには丁度コインが入るくらいの溝が切られていますが、メーカー曰く、着脱には必ず専用レンチをお使いくださいとの事。




▲実際に撃ってみると、想像していたよりリコイルは軽めでした。しかしながらブローバックのスピードは非常に早く、しかもフルストロークで軽快に作動してくれます!
失礼を承知であえて言わせて頂ければ『なんかマルシンのブローバックガスガンじゃないみたい!』(あんたホンマに失礼やな!)
トリガープルはやや重めですが、もともとM1カービンは軍用火器なので、これぐらいがさつな感触(褒め言葉)の方が実感が湧きます!

初速は平均して約70m/secの半ばあたりの数値が出ており、十分サバゲに投入できるレベルかと思います。




▲これだけ快調に動いてくれるとなると、これからのバリエーション展開が楽しみになって参ります!この際だから、懐かしのスーパーエンフォーサーレインジャーカービンの復活を激望みであります!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:10Comments(0)小ネタ

2011年10月28日

『ぶらすたー』続報!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

先のブログでご紹介しましたVFC製電動ガンの新製品『SR-15 E3 BLASTER 』ですが、代理店様より詳細な製品画像が送られて参りましたので、改めてご紹介したいと思いまする!↓

▲やっぱしどう見てもゴッツイですね~!武骨な本体に負けないよう、オプションパーツをゴテゴテくっ付けて、ハッタリの利いたスタイルにドレスアップしてやりたい所であります!




▲フロントサイトはURVハンドガードの先端に埋め込まれるようにレイアウトされており、畳んだ時にツライチになるようデザインされております。
機能的にはフィクスドサイトと何ら変わりなく、エレベーションの調整も可能。




▲リトラクタブルストックはクレーンタイプで、左右の膨らみに合わせてセパレートバッテリーを収納可能。
ストックパイプがブラック仕上げになっている所が、引き締まった印象でエエ感じ。




▲パッケージングはこんな感じ。レイルパネルやバーティカルグリップ、URXハンドガードのロアデッキも付属しているので、EGLMの重量がしんどいという時はノーマルのSR-15 E3スタイルにもセットアップできます!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:21Comments(0)商品紹介

2011年10月28日

『XDM用カイデックスホルスター』近日入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイブローバックガスガンシリーズ期待の新製品『XDM-40』ですが、対応のカイデックスホルスターが近日入荷の予定でございます!↓

『UNCLE MIKE'S (アンクルマイクス): カイデックスホルスター(各種ハンドガン用)』
とりあえず現物が入ってきていないので、従来品の画像でお茶濁し。カイデックス樹脂を熱成形して製作されたデューティホルスターであります!もちろん実銃用!




英世さん4人分弱というリーズナブルな価格ながら、機能性はばっちり!
銃本体の形状に合わせて成形されたシェル部分のテンションで保持するスタイルなので、面倒なロック解除の必要も無くスムーズに抜き差しできます!
装着用プラットフォームも、ベルトループタイプとパドルタイプの2種が標準で付属しているので、お好みに応じて使い分けられます。



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:56Comments(0)商品紹介

2011年10月27日

『ドットサイトなP90』再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

長らく流通在庫が途絶えておりました東京マルイ製電動ガン『FN P90(ドットサイト)』ですが、本日やっとこさ再販と相成りました!↓

ブルパップデザインによるコンパクトボディのおかげで、狭い場所における取り回しの良さも抜群!一見奇抜に見えるデザインも、実は人間工学を上手く取り入れた秀逸な設計となっており、操作性も良好です!
マガジンの装着位置をレシーバー上部にレイアウトしているので、M4系と同じ装弾数ながら下側への突出しが少なく、プローン(伏せ撃ち)の際により低い姿勢が取れるというのも利点の一つです!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)商品紹介

2011年10月27日

『マルシンCDX304』サンプルぷちレビュー

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

▲11月発売の予定となっているマルシンのCO2(炭酸ガス)ガスガン『CDX304』のサンプルが入って参りましたので、今回はぷちレビューをば1発。




外観はオリジナルデザインで、ハイキャップ系の1911をモチーフとしております。外装に見えるスライドストップやセフティなどはすべてモールドで、実際には機能しません。フレームもモナカ構造で、低コストガスガンとして大胆に割り切った設計ですね。
フレームのレイルには実際にウェポンライトなどを装着可能。ただしライトのモデルによってはロック位置が合わないので、場合によってはレイルを削る必要がございます。




▲一見アジャスタブルに見えるリアサイトも、実は固定式。しかしながらサイトピクチャーはクッキリしていて、結構狙いやすいです。
フレームの右サイド、トリガーの上にスライド式のセフティスイッチがあり、少し押し込みながら動かすことでON/OFFとなります。
トリガーシステムはダブルアクションのみ。ストロークはやや長めですが、プル自体は非常にスムーズで、慣れればダブルタップをキメるのも難しくありません。




▲マガジンは割り箸式で、装弾数は15発。フォロアーを一番下まで下げるとロックが掛り、楽に装弾できます。
ただしロックの解除は自動では無く、銃本体にセットした後、底部のボタンを押して手動解除する必要があります。




▲グリップパネルを後ろにスライドさせると、CO2ボンベが装填できます。ボンベをグリップ内にセットした後、下からロックネジをグリグリと回す事でボンベの口に穴が開き、使用準備が整います。構造上、中身を使い切らないとボンベの交換ができません。
ミニボンベは非常に軽量で、ポケットなどに入れて持ち歩いても苦にならない重さとなっています。1本で400~500発程度は撃てるとの事なので、装弾数を増加させたロングマガジンなんかも欲しい所ですね。

気になる初速は、室温でおよそ80m/sec前後といった所。ハンドガンとしてはかなり優秀な部類に入るでしょう。
寒さにも強く、価格もお値ごろなので、外観をあまり気にされない方なら必ずやお気に入りの一丁となるでしょう!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:07Comments(0)小ネタ

2011年10月27日

『幻SCAR』入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

▲VFC電動ガン冬の新製品として告知されておりました『XCR-L Mini』が、本日めでたく入荷して参りました!




▲Miniというだけあって、非常にコンパクトなサイズにまとめられております。サブマシンガン並みの全長なので、濃いブッシュの中や屋内での取り回しも抜群!
フォールディングストックのチークパッド部分にはウレタンスポンジが巻かれているので、構えた時の感触もマイルドです。




▲機関部を見ると、AR-15系というよりFALあたりに近い印象。コッキングハンドルの位置もFALと同じですね。
ダミーボルトのホールドオープンギミックも装備され、ホップ調整も楽に行えます。ボルトリリースはMASADAなんかと同じレイアウトで、トリガーフィンガーを使って解除するようになっています。




▲レシーバー上面のロングレイルを利用して、各社製の20mmレイル対応バックアップサイトや光学照準器を自由に装着可能!
なお、バッテリーが外装式なので、バッテリーボックスやバッテリースリングを利用してパワーソースを確保する必要がございます。




▲どちらかというとマイナーな部類に入る銃ですが、操作性も良好で、個性派のゲーマーにおススメの1丁!
『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:44Comments(0)商品紹介

2011年10月26日

『タナカワークス』11月の再販商品!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

毎月新製品のリリースと同じタイミングで発表されるタナカワークス再販商品!来月11月の再販ラインナップはコチラ!↓

『タナカワークス: ブローニングハイパワーM1935 HW (ヘビーウエイト)』
通好みな雰囲気の漂う、オールドスタイル9mmオートの傑作!いわゆるビジランティと呼ばれるバリエーションですね。
ブローバックのスピードはややモッタリした感じですが、マガジンセフティも含めたメカニズムのリアルさは格別です!




『タナカワークス: P220 陸上自衛隊HW エボリューションモデルガン』
いまや貴重なオートマ系モデルガン『P220』シリーズ!ミネベアでライセンス生産されている、陸上自衛隊向け9mm拳銃の仕様を再現しています。
新型のエボリューションカートの採用により、銃本体に大きな負担をかけることなく、快調な発火/作動を楽しむことが出来るようになりました!これさえあれば小っちゃいレギオンとか倒せます。多分な…。




『タナカワークス: S&W M37 2in J-Police スチールジュピターフィニッシュ』
日本のお巡りさんの鉄砲といえばコレ!ニューナンブM60に代わって制式採用となったチーフスペシャルのエアウェイトモデルであります!
ヘビーウェイト製のンメインフレームのおかげで、小粒ながらも結構ズッシリとした手ごたえ。アルミフレーム採用で軽量化を図った実銃とは真逆な発想ですが、おかげで実銃に迫る重量を達成しております!



各商品とも、11月15日当店入荷の予定!『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今再販ご予約受付中です!



  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)商品紹介

2011年10月26日

寒さに備えろ!いや、備えて下さい!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

10月もはや下旬に差しかかり、朝晩の冷え込みがめっきり強くなって参りました。皆様健やかにお過ごしでしょうか?
ただ今FORTRESS WEB SHOPでは、これからの季節の野外サバゲに欠かせない『冬物装備特集』ページを特設中でございます!↓

▲こんなんとか…




▲こんなん…




▲もちろんボトムだって、色々と取り揃えております!少なくとも、ラクダのシャツやモモヒキをゴテゴテ着込むより、ずっと動きやすいですし、スタイリッシュに決まりますよ~!



『冬物装備特集』コーナー!ただいま好評開催中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2011年10月26日

『ボンドな125周年記念モデル』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

実銃同様の特別仕様刻印とブラックメタルフィニッシュによる美しい仕上がりで好評の、マルゼンワルサー125周年記念限定モデルですが、第1弾のPPK/Sに引き続き、第2弾のリリースが決定致しました!↓

『マルゼン: ワルサーP99 125周年記念モデル』
よ~く見ると、スライド左側面に打たれたシリアルナンバーらしい数字が、『001007JB』となっております!
大英帝国が誇るスケコマシ、もといMI-6所属の凄腕スパイに因んだモデルだという事がわかりますね。




▲スライド部分はメッキによるブラックメタルフィニッシュとなっており、硬質な質感が目を引きます。その上からレーザー彫刻による記念刻印が施されており、どちらかというとのっぺりした印象のP99に、華やかな色どりを加えていますね!

今ロットのみの完全限定生産品という事で、ワルサーファンには見逃せない1丁です!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 11:59Comments(0)商品紹介

2011年10月25日

『お手軽簡単』バースト回路!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

電動ガン本体とバッテリーの間に接続するだけで、お手軽簡単に組み込める外付け式バースト回路が、この度UFC様より新発売と相成りました!↓

『UFC: バーストコントロールユニット(UFC-GB-091)』
ミニコネクター仕様の各種電動ガンに幅広く対応!ユニットを装着してセレクターをフルオートの位置に合わせるだけで、バースト射撃が可能となります!弾の浪費を抑えたり、サイレンサー装着時の効果を高めるのに役立ちますね!
なお、発射弾数は1~12発の間で任意に設定できます。




▲こんな感じで、コネクターとバッテリーをバイパスするように接続します。銃本体への加工は一切必要なく、元に戻すのも簡単!
なお、最初から機械式バースト機構を備えたマルイ製89式シリーズや、発射モードがセミオートのみPSG-1には効果がありませんのでご注意を!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(1)商品紹介

2011年10月25日

SFっぽいの好き?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ハイクオリティな各種電動ガンをリリースしているVFCより、ものゴッツイ限定カスタムがリリースされる事と相成りました!↓

『VFC: 電動ガン SR-15 E3 BLASTER 』
SR-15 E3カービンをベースに、本来はSCAR用であるEGLMグレネードランチャーモジュールを装備させたグレネーダー仕様バージョンであります!
なんかもう、人間相手じゃなくて地球外なヤツらとでも戦えそうな面構えですね!




▲安直にURXの下部レイルにEGLMをくっ付けたわけでは無く、わざわざ取り付けステーを新造しているようですね。おかげで外観もすっきりとまとまっております。
中距離では電動ガンとして、至近距離では40mmでBB弾をぶちまけるなど、戦術の幅が広がる1丁であります!



近日発売の予定。『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2011年10月25日

『カートぽこぽこ楽しいな!』

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

▲長らく流通在庫切れとなっておりましたマルシン製ライブカート式ブローバックガスガン『M1911-A1 DUAL MAXI』ですが、この度マイナーチェンジにより一層快調になったVer2となって復活であります!




▲ブローバックエンジンのファインチューンとプラ製カートの採用により、カートのエジェクトがスピードアップ!
ハンマースプリングやリコイルスプリングのテンションも、旧型に比べ心持ち高くなっているようで、スライドのリカバリーも早くなっています。




▲本体の仕様変更に合わせて、スペアマガジンもVer2となっております。
従来のアルミ製カートは使用できないとの事ですのでご注意を!




▲専用のプラ製スペアカートは24発入りで、1発当たり70円ちょっと(実販価格ベース)。アルミカートと比べれば、なくした時の精神的/経済的ダメージも少なめです!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 12:54Comments(0)商品紹介

2011年10月24日

『MK46』カスタム色々始めました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

先ごろ発売となったA&K製電動マシンガンMINIMIシリーズの最新作『MK46』ですが、箱出しそのままでは実射性能に一抹の不安があるのも事実。
そこで用途に応じた各種カスタムをご用意いたしました!↓

『FORTRESS(フォートレス): 電動ガン ライトチューンカスタム A&K MK46 タイプSTD』
コストを抑えつつ、最低限サバゲに投入したいという方にはコチラ!ライトチューンにより信頼性を向上させたタイプスタンダード




『FORTRESS(フォートレス): 電動ガン コンプリートチューン A&K MK46 タイプFカスタム』
メカボックスの耐久性アップと、発射サイクルの向上による中距離制圧能力を併せ持つタイプフォーミュラ




『FORTRESS(フォートレス): 電動ガン ロングレンジカスタムガン A&K MK46 「LR-std」』
有効射程距離55メートルオーバー!アウトレンジから敵プレーヤーを一方的に攻撃できることで好評のタイプロングレンジスタンダード




『FORTRESS(フォートレス): 電動ガン ロングレンジカスタムガン A&K MK46 「LR-Extra」』
タイプLRの上位機種!メカボックスの耐久性アップと、トリガー連動自動給弾マガジンによる確実なファイアパワーの投射が魅力のタイプロングレンジエクストラ

以上4系統のカスタムをラインナップしております!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今受注受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2011年10月23日

フォートレス秘宝館その92

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPの量産型キャリバー(意味不明)こと、タナ・セガールでございます。

今回もまたMr.Gのコレクションより提供頂いた懐かしの名銃(迷銃?)をご紹介致したく存じ上げますところの今週のお題はコチラ!

『マルシン UZIサブマシンガン ライブカート式ブローバックガスガン』
80年代(だったっけ?)の後半あたりにマルシンがリリースしていた、一連のライブカート式長物ブローバックガスガンの一つであります。同シリーズにはM1カービンもラインナップされておりました。
現在のDUAL MAXIシリーズのご先祖様のような製品であります。




▲この時期のマルシンは、ハンドガン(M1911A1やベレッタM92F等)も含めて、ライブカート式ブローバックにヤケにこだわっておりましたねえ。
外装パーツは基本的にモデルガン版UZI(ABSバージョン)からの流用で、グリップ回りがややポッテリしてはいるものの、総じて非常にリアルなフォルムに仕上がっております。




▲今見ると古めかしさを隠しきれなくなってきているUZIですが、80年代の中ごろまでは、『SMGといえばUZI』という時代でありました。映画などでの露出度も今より格段に高く、ざっと挙げただけでも『ターミネーター』『コマンドー』といったシュワちゃん主演作や、『戦争の犬たち』『レンタコップ』『死霊のえじき』『悪魔のサバイバル』といった、ちょっとアレな作品に至るまで、枚挙にいとまがございません。

その後、85年に『プレデター』『ダイハード』といった作品が公開されたあたりから、MP5系がだんだんとポピュラーになっていきましたね。




▲ブローバックモデルという事で、発射サイクルも実銃同様オープンボルトポジションから始まります。その点電動ガンUZIだと、射撃の際もボルトが閉鎖したままなので、やっぱり実感に欠けるところがございます。
ブローバック機構は現在の製品ほど洗練されていないので、いろいろと余計な具がチラリと見えております。




▲マガジンボディはプラ製。実銃でいう40連ぐらいの長さですが、シングルカーラム方式なので、実際の装弾数はわずか18発だったり致します。
当時の技術では、実銃どおりダブルカーラム/ダブルフィードにしてしまうと、おそらくジャムが多発して使い物にならなかったのでしょう。
残念ながら例によってカートはMR.Gが遠い昔に紛失してしまいましたが、小生の記憶に間違いが無ければ、確か弾頭部分が赤色、ケース部分がゴールド風に成形されたプラ製だったと思います。




▲この銃のユニークな点が、パワーソースがBB弾発射用と作動用の2系統に分かれている所。ガスタンクがフォアエンドとレシーバー後部の2か所に設けられています。
まずフロント側のタンクがボルトの作動用ですね。




▲そして後部タンクがBB弾の発射用として用いられます。このシステムのおかげで、ボルトを手動でコッキングして単発でBB弾を発射したり、逆にBB弾を撃たずにボルトの作動と排莢のみを楽しむ事も可能です。
カートが無いので実射は出来ませんでしたが、ろくすっぽメンテナンスもしてないくせに、未だ結構快調に作動しております!




▲マルシンさんは今後小型CO2(炭酸ガス)ボンベをパワーソースとしたエアガンの普及に取り組んで行くとの事ですが、出来ればこのUZIもCO2パワーでリメイクして欲しいものであります!
小型タンクをレシーバー内部に収納できれば、ライブカート&32連マガジンフルロードでフルオート一気撃ちなんてことも可能になるかもしれません!
こんなん期待しちゃダメかしら?



それではまた、『秘宝館』にてお会いしましょう!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)フォートレス秘宝館