2017年08月19日

『突入作戦の強~い味方』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲インドア戦やブッシュでの遭遇戦にピッタンコな東京マルイ製ガスショットガンシリーズの人気ラインナップ『M870 ブリーチャー』が再入荷してきておりまする!




▲レミントン社が軍/法執行機関向けに開発したM870 MCS(モジュラーコンバットショットガン)をモチーフとしたバリアント!
M870 MCSはフロント周りやストック周りが簡単に交換できるモジュラー構造の採用により、用途に合わせて様々なスタイルに換装できるようになっていますが、マルイさんがモデルアップしたのは突入作戦などに用いられるブリーチングウェポンバージョンですね。




▲ブリーチングウェポンというのは基本的には武器というより、施錠されたドアの鍵や蝶番などを撃ち飛ばして突入経路を開削する為のツールとして扱われますが、もちろん緊急時にはそのまま近接戦用として使用されることもございます。
背中に背負ったスキャバード(鞘)に突っ込んでいたり、ワンポイントスリングとウェポンキャッチで脇に吊るしたりして携行していることが多いですね。




▲フォアエンドは構えた時にマズル(銃口)より前に手が出ないようストッパーが設けられた独特のデザインを採用。後部にやや膨らみが設けられており、ポンプアクションの際に指が滑りにくくなっています。




▲ピストルグリップは実銃に採用されているパックマイヤー製ラバーグリップのスタイルを忠実に再現。実銃と違って素材はプラ製ですが、表面にラバーコーティングが施されているので、ホールド感も悪くありません。
グリップ内には着脱式のガスタンクが内蔵されており、タンク底部のボタンを押すことでワンタッチ交換が可能。




▲銃本体にサイトは一切ありませんが、レシーバートップにピカティニー規格の20mmレイルが装備され、各種光学照準器の装着に対応します。
グリップ上部にはスイベル用スタッドが設けられており、アンクルマイクス製QDスーパースイベル等のライフル用スイベルを利用してスリングを装着できます。ただフロント側にスイベルが付かないので、必然的にシングルポイントスリング対応という事になりますね。




▲三段方式採用で、ハンドガンより遥かに頼りになるコンパクトウェポン!状況に応じて発射弾数を3発/6発に切り替えられるところも心強いですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!


『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月19日

『マルイSOPMOD M4』近日再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製次世代電動ガンM4シリーズの人気定番モデルが、近日再入荷の予定でございまする!↓


『東京マルイ: 次世代電動ガン 本体セット SOPMOD M4』
M4A1カービンのSOPMOD(特殊作戦対応改修型)バージョンをモデルアップ!
レイルハンドガードはKAC(ナイツ)社のRAS仕様で、世代としてはSOPMODブロック1にあたるスタイルですね。1990年台末頃~現用までの米軍系装備に幅広く合わせられる1丁であります!




▲RAS(レイルアダプターシステム)ハンドガードが標準装備となった事で、通常型のM4と比較して大幅に拡張性が向上!
ハンドガードパネルやフォアグリップ、ウェポンライトやLAMなど、ユーザーの好みに合わせた個性豊かなセットアップが可能となっております!




▲レシーバートップにはキャリングハンドルが付属せず、代わりにLMTタイプのバックアップサイトが装着されております。
スクリューノブはコインなどで回せるので、光学照準器搭載の際に邪魔になるようなら簡単に外してしまえるようになっております。




▲ストックはSOCOM隷下の各特殊部隊での使用例の多いLMTクレーンタイプで、一般的なブッシュマスタータイプに比べて頬付けしたときの安定性が向上しております。
ストック内部には、左右のふくらみに合わせてワンタッチコネクター仕様の専用SOPMODバッテリーを収納。




▲付属のマガジンは82連のノーマルタイプ。全弾撃ち尽くすとボルトストップ機能が作動し、自動的に射撃がストップするリアルファンクションに対応しております。
ケースからインナーを取り出してサイドのレバーを操作すると、装弾数を実銃と同じ30発仕様に切り替える事も可能なので、リアルカウント戦の時にも重宝します。
なお、多弾数マガジン(別売り)を使用した場合はボルトストップ機能が作動しませんのでご注意を!




▲射撃に連動して臨場感あふれるリコイル(反動)が味わえるのが、次世代電動ガンシリーズの最大の魅力!
M4系が何か1丁欲しいという方は、こいつを買っておけば間違いは無いでしょう!

8月23日メーカー出荷開始、翌8月24日頃から順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今再販ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月19日

『テイクダウンは漢(をとこ)の浪漫』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

現在当WEB SHOPにてお取り扱い中の特選中古商品ですが、珍銃好きにはたまらないレア物がひょっこり入荷して参りましてございまする!↓


『【中古商品】タナカワークス ガスガン本体 M700 テイクダウンモデル シルバー』
かつてタナカワークスがリリースしていたペガサスシステム採用のボルトアクションガスライフル、レミントンM700シリーズのバリアントの一つであります!




▲一見するとオーソドックスなバーミントスタイルのボルトアクションライフで、。変わった所といえばバレル/レシーバーを含めたアクション周りがステンレスシルバー仕様となっているのが目に付くぐらい。
しかしストックのバレル付け根あたりに、見慣れない分割線が有るのがお分かり頂けるでしょうか?




▲んでもってストック下部にあるレバーを起こして、バレルを引っつかんでえいや!っと捻ると…




▲フロント周りがほれご覧のとおり、ずっぽしと抜けてしまいよったとですよ奥さん!




▲テイクダウンすることで全長が約半分となり、コンパクトに収納や持ち歩きが可能に!いや~、スパイものの秘密兵器みたいで、変態的なギミックが大好きな小生には堪らんですわ~!

旧大日本帝国陸軍の挺進隊(空挺部隊)に支給された特殊小銃テラ(※鉄砲/落下傘の略)式こと二式小銃もこんな感じで前後に分割できるユニークな構造を有しており、映画『ダーティハリー』でも悪役のスコルピオ(蠍)がスポータースタイルに改造された二式を狙撃に使用しておりました。
『ジョン・ウィック』の1作目でも、ウィレム・デフォー演じる殺し屋マーカスが、テイクダウンタイプのルガーM77カスタムを使っておりましたねえ。




▲まあ、肝心のエアソフトガンとしての性能はどうかというと、テイクダウン機構のおかげでバレルの接合面に結構大きなガタつきがあり、グルーピングへの悪影響はやっぱり無視できないものがあるでしょうねえ。
正直シリアスな的撃ちには向いていないでしょうが、意味もなく分解組み立てを繰り返したくなるような楽しさがございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月18日

『みんな一度はお世話になりますよね~』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲サバゲーマーなら皆一度は手にした事があるであろうM4シリーズの永遠のスタンダードが入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン本体 M4A1カービン』
SOPMOD仕様となる以前のプレーンなM4A1をモデルアップ!基本的な規格は同社のスタンダード電動ガンM16A2と同様で、旧モデルのリリースが1998年の12月頃でしたから、部分的なアップグレードを実施しつつもうかれこれ20年近くも現役を張っている事になりますねえ。




▲旧型では3ピース構造だったアウターバレルは、現行のNEW M4A1ではアルミ削りだしの一体型となり、強度や質感が大きく向上しております。
フロントスイベルはM203グレネードランチャーの装着に対応しやすいサイドマウントタイプを標準装備。




▲アッパーレシーバーはモナカ構造で、一体成型の金属製となった次世代M4シリーズに比べるとやや華奢なつくりですが、反面軽く取り回しやすいのが良いところ!
リアサイトと一体のキャリングハンドルは着脱式なので、スコープやドットサイトなどの光学照準器の搭載にも対応します。




▲旧型ではストックが4ポジションのM16A2カービンタイプでしたが、NEW M4A1では6ポジションのブッシュマスタータイプとなっています。




▲取り回しの良いシンプルなフィーチャーと熟成された信頼性で、ビギナーからベテランまであらゆるユーザーのニーズに応えられる名作電動ガン!
サードパーティ製カスタムパーツの豊富により、自分好みの1丁を組み上げるベースとしてもおススメであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(1)商品紹介

2017年08月18日

『国産アサルトライフル第1号』近日再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲自衛隊ファンにとっては必要欠くべからざるメインアームの一つ、S&T製電動ガン『64式小銃』が、近日再販の予定でございまする!




▲実銃は戦後日本が独自開発した国産アサルトライフルの第1号であり、名称の通り1964年度に制式採用となったモデル。名古屋の豊和工業で開発/生産が行われ、陸/海/空自衛隊をはじめ海上保安庁や警視庁にも配備されました。
設計/構造には非常に独自性が強く、旧ソ連のPTRS1941対戦車ライフルやSKSカービンに良く似たティルティング(落ち込み閉鎖式)ボルト機構やフルオート射撃時のサイクリックレイト(発射速度)を低下させるための直動式ストライカーなど、諸外国のアサルトライフルにはあまり例を見ない特徴的な機構が数多く採用されています。




▲7.62mmx51NATO規格の弾薬を使用する事から、M14やG3、FALなどのいわゆるバトルライフルのカテゴリーに入ると思われがちな64式ですが、その設計に携わった豊和工業の元エンジニアの方が書かれた『幻の自動小銃 64式小銃のすべて』という本によると、スペインのセトメアサルトライフル(H&K G3の設計母体)のような、フルオートでのコントロール性に優れた短小弾使用のアサルトライフルを目指していたとの事。
ヨーロッパのNATO(北大西洋条約機構)加盟諸国同様、アメリカの圧力で7.62mmx51弾のフォーマットを採用せざるを得なかった為、装薬を減装して短小弾に近い特性を持たせたとの記述があり、巷でよく言われている銃本体が強度不足だった為減装弾を使用せざるを得なかったという認識は誤りだとか。

ちなみに当時アメリカ軍ではすでに小口径高速弾を使用するM16の採用が決定しており、それに伴って余剰となるM14を自衛隊に体よく押し付けよう供与しようとしていたそうですが、現場たたき上げの幹部が試射を行った結果、『米国人に比べて体格に劣る自衛官に、こんな長くて重たくて反動もきついライフルは使わせられない!』と猛反発し、その結果国産ライフルの完全新規開発の機運が高まったとか。

その意趣返しかどうかは分かりませんが、開発時のテストに必要不可欠な7.62mmx51弾薬の供与を米軍側がギリギリまで渋るという微妙~ないぢわるもされたそうですwww。




▲マガジンはゼンマイ給弾式の390連多弾数タイプが標準装備となっています。サイドには残弾確認用の穴もバッチリ開けられておりますね!




▲消炎整退器(フラッシュハイダー兼コンペンセーター)はサイドに4つのガスポートが開けられた独特な形状で、後部には着剣装置(バヨネットラグ)が設けられています。
ハンドガードは上面がプラスティック(実銃ではグラスファイバー強化プラスティック)、下部が金属製というパーツ構成。フロントサイトは実銃同様に可倒式となっています。




▲リアサイト側もフロントと同じく可倒式。鉄帽(ヘルメット)のひさしに当たって倒れると評判(?)のフィーチャーですが、近年の加倒式BUIS(バックアップアイアンサイト)も似たようなもんですよねえ。
真上に突き出たコッキングハンドルが特徴のダミーボルトを引くと、エジェクションポートからHOP調整ができるようになっています。




▲自衛隊独特のドクトリンにより、匍匐前進の際に不用意に切り替わってしまう事を防止する為、セレクターはレシーバー右側面にのみ配置されています。
初期ロットの製品では再現されていなかった、レバーを一度引っ張り出してから回すという64式特有のロック機構も、現行ロット分ではちゃんと再現されております。




▲ストックのバットプレート部には折りたたみ式のショルダーレストを装備。標準装備のバイポッドと合わせ、プローンで射撃を行う際に威力を発揮するフィーチャーですね。
低い姿勢で待ち伏せし、フルオートで弾幕を張るというコンセプトは、過去に警察予備隊/自衛隊が分隊支援火器として使用していたB.A.R.(M1918自動小銃)の影響もうかがえます。木製のストックやピストルグリップが標準装備となっている所もポイント高し!

画像は初期ロットの製品のものですが、現行ロット生産分ではダミーの床尾板止めピンが追加され、更なるディテールアップが施されております。




▲銃身長14~16インチクラスのカービンサイズがスタンダードとなった昨今のアサルトライフルと比較すればやはり大柄ですが、実際に構えて見るとフルサイズライフルとしては意外と全長がコンパクトな印象で、日本人の体格に合わせて一から作ったというのも頷けます。

外装周りのコピー元である旧TOP製64式に比べると表面仕上げの粗さがやや目につきますが、貴重な自衛隊用火器をこの時代にモデルアップしてくれたS&Tさんは賞賛に値するでしょう!

8月末ごろ再販の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今再販ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月18日

『炎竜なベレッタ用カスタムバレル』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲NCマシニングによるハイグレードなハンドガン用カスタムパーツでお馴染みのDETONATOR(デトネーター)が製作する、東京マルイ製ガスブローバックハンドガンM9/M9A1用イカスアウターバレルが再入荷してきておりまする!




『DETONATOR (デトネーター): OB-TM19 マルイM9 EFK Fire Dragon アウターバレル 各色』
米国のEFK社が製作するベレッタ92シリーズ用ポーテッドカスタムバレルの仕様をリアルにモデルアップ!
マズル(銃口)近くに3箇所のガスポートが開けられ、大型のコンペンセーターほどではないものの、反動を軽減する効果を持たせたカスタムバレルですね。




▲銃に組み込んだ状態ではほとんど見えなくなる位置にある口径表示やEFK社のトレードマークも、手を抜かずにバッチリ再現!
純正のアウターバレルと交換するだけで簡単に組み込めるので、ワンポイントのドレスアップにもピッタンコなアイテムであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月17日

『ベレッタ印の純正木グリ』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲お手持ちのベレッタ92系トイガンのドレスアップにピッタンコなイカス木製グリップが再入荷してきておりまする!




『ベレッタ (実物パーツ): M92シリーズ用純正木製グリップ (QQ_C76907-879)』
ベレッタ社純正オプションとしてリリースされている、92系ハンドガン用実物木製グリップ!高級家具を思わせる艶やかな仕上がりが魅力です!




▲ベレッタ(※正式にはファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ)社は近世から続く鉄砲鍛冶(ガンスミス)のギルドをその出発点としており、1680年創業と、現存する最古の銃器メーカーの一つとしても知られています。
日本ではハンドガンのメーカーというイメージが強い同社ですが、実は世界各国の上流階級に顧客を持つ高級散弾銃のメーカーとしても高名で、職人の手で1丁づつ丁寧に仕上げられた木製ストックの仕上がりは、ため息が出るほどの美しさ!
流石に本製品は職人さんの手作りというようなレベルではないでしょうが、丁寧な仕上がりという点では相通ずるものがございます。




▲木製グリップというと往々にして厚ぼったい感触になりがちというイメージがございますが、同じベレッタ純正の樹脂製グリップと比べても厚みやデザインはほとんど変わっておらず、グリップしたときの感触が極端に変わってしまうことがありません。
むしろ木製グリップのほうがチェッカリングの立ち方が鋭く、食いつくようなポジティブさがございますねえ。




▲グリップ側面にはメダリオンが埋め込まれており、右側が3本の矢をあしらったベレッタ社のトレードマーク、左側がピエトロ・ベレッタの略称であるPBという図柄となっています。
アンティークコインのような落ち着いた色味がまた渋い!




▲裏面はニスが塗られていないプレーンな仕上げ。92FS以降のラージハンマーピンに対応した形状となっています。
なお装着する銃本体によっては、スクリューホールをリーマーやヤスリを使って若干広げる加工が必要となる場合がございます。
これまでの経験に照らし合わせると、マルシン製モデルガンはほぼ無加工でOK、KSC製ガスガンは気持~ち広げる程度、タナカワークス(※旧MGC含む)製モデルガンやマルイガスブロなんかはスクリュースタッドの位置が若干ずれているので、割りとガッツリ広げる必要があるという感じでございました。
ご参考までに。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月17日

『褐色でタクティコーなMP7』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲軽快なブローバック作動で人気のKSC製ガスブローバックサブマシンガン『MP7A1』褐色肌&タクティコーなバリエーションが、ちょこっと入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): GBB本体 MP7A1 タクティカル TAN』
通常型の折りたたみ式フォアグリップをオミットし、20mmレイルが3面に設けられたアルミ製ハンドガードを装着したタクティカルバージョン!
純正のフォアグリップはコンパクトに折りたためる反面、がさつな兵隊さんがラフに扱うとモゲちゃうことが結構あるらしく、よりタフな仕様とすべくバリアントに加えられたのがこのMP7A1 TACTICALであります。




▲ハンドガードはWILCOXタイプで、フォアグリップの基部を切断した上で、サイドレイル固定用のネジを利用して装着されています。
これならユーザーの好み似合うフォアグリップをセットアップできますし、強度的な不安もなくなりますね!




▲手頃なサイズでサイドアーム的な使い方もメインアーム的な使い方も両方出来るのがMP7系の良い所!
高温多湿で暑っ苦し~いのが悩みどころな日本の夏ですが、ガスブロのフルオートが思う存分ぶっ放せるのは今の季節をおいて他にございませんぜ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月17日

『タクティコー気味なP90』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ: 電動ガン FN P90 TR(トリプルレイル) 本体セット
▲数ある東京マルイ製電動ガンの中でも、そのコンパクトなボディとブルパップならではの銃身長、人間工学的な使い易さで長年人気を博しているP90シリーズの人気バリエーションが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン本体 FN P90 TR トリプルレイル』
TR=TriRailの名称どおりコリメータータイプのドットサイトをオミットし、代わりに3面の20mmレイルシステムを標準装備させた、汎用性の高いバリアントであります!



東京マルイ: 電動ガン FN P90 TR(トリプルレイル) 本体セット
▲サイレンサーは同社製のSOCOM MK23に付属しているのと同型のKAC OHGタイプで、14mm逆ネジ仕様。
ノーマルのフラッシュハイダーも同梱されているので、シチュエーションに合わせてお好みのスタイルにセットアップできます。




▲トップレイルには光学照準器、サイドレイルにはウェポンライトやレーザーサイトといった具合に、コンパクトながら高い拡張性を確保!
サバゲ向けなウェポンが取り敢えず1丁欲しいというゲーマー諸氏におススメです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月16日

『ガスブロなルチノーイ・プリミョート・カラシニココバ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲数あるカラシニコフ・バリアントの中でも、その力強いフォルムで人気の高いRPKのガスブロバージョンが、ちょこっと入荷してきておりまする!




『GHK: GBB本体 ghk-rpk RPK』
実銃はAKMアサルトライフルをベースに銃身周りを強化し、分隊支援火器(軽機関銃)型として開発されたバリアント。RPKとはルチノーイ・プリミョート・カラシニコバの略称で、ロシア語でカラシニコフ軽機関銃みたいな意味になりまする。
ベルト給弾式だったためにAK系アサルトライフルで武装した兵士との弾薬の相互融通がやりにくかったRPDに代わり、1961年に旧ソ連軍に制式採用されました。




▲初速を向上させるべくAKMに比べて銃身が15cmほど延長されており、バレル下部には折りたたみ式の金属製バイポッドが標準装備されております。




▲レシーバーは重量が増加した銃身周りを支えるために強化されており、ハンドガードもRPDに近い形状に変更されています。




▲ストックはバイポッドを用いてのプローン射撃に対応したハンドレスト付き。
ハンドガードやストックは実銃同様単材ではなく合板で製作されており、非常にリアルな仕上がりであります!




▲グリップ内にモーターを内蔵することが必要不可欠な電動ガンと違い、GHK製AKシリーズはガスブローバックタイプなので、グリップの寸法もリアルサイズ!
AKのグリップって、ホントはこんなに細いんだ!と再認識させられまする!




▲冷戦時代のソ連軍兵士や民兵、PMCのオペレーターなど、あらゆる装備にマッチする1丁!
ガスブロの季節真っ盛りな今、イチオシの逸品であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月16日

『ギンギラだけど渋めなガバ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

COLTガバメント マーク4 シリーズ70 ニッケルフィニッシュ
▲東京マルイ製ブローバックガスガン・ガバメントシリーズの人気バリエーション『COLTガバメント マーク4 シリーズ70 ニッケルフィニッシュ』が再入荷してきておりまする!



COLTガバメント マーク4 シリーズ70 ニッケルフィニッシュ
▲まだコルト純正のステンレスモデルが存在しなかった1970年代の製品をイメージしており、現在のシルバーモデルのようなステンレス地のマットなシルバーでは無く、ギラついたニッケルメッキの風合いを再現!プレーンなシリーズ70ガバメントのスタイリングに、ヌメっとした艶やかなシルバーが良くマッチしております!

ちなみにコルト社が1911系のステンレスモデルを生産し始めたのは意外と遅く、1980年代に入りシリーズ80系に生産が切り替わってからの事。実はデトニクスやAMT、ランダルといった他社製の1911クローンモデルの方が、ステンレスモデルのラインナップは早かったりいたします。



COLTガバメント マーク4 シリーズ70 ニッケルフィニッシュ
▲スライド/フレームの素材はABS樹脂製ですが、グリップパネルの裏側にたっぷりと詰め込まれた金属製ウェイトのおかげで重量感も中々のもの!(※マガジン込みの実測で約810g程。)
本体のカラーリングからするとアイボリー(象牙)やスタッグホーン(鹿角)、パール(真珠)等、白系統のカスタムグリップも非常に良く似合うんですが、ウェイトが入らないカスタムグリップに付け替えると重量が軽くなってしまうのが悩みどころですねえ。



COLTガバメント マーク4 シリーズ70 ニッケルフィニッシュ
▲本体のカラーリングに合わせて、マガジンもシルバー仕様となっております。こちらも本体と同じくニッケルフィニッシュを採用。
もちろん他のマルイ製M1911シリーズ用マガジンも、デトニクス用ショートマガジン以外は一通り使用できます。




▲素手で触るとくっきりと指紋が付いてしまうので、いつでもフキフキできるようにハンカチかウェスの持ち歩きは必須かにゃ~?
やっぱりピッカピカに磨き上げられてこそのニッケルシルバーですからね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!


『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月16日

『ルガーがカービンに早変わり』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲タナカワークス製ガスブローバックハンドガン『ルガーP08』シリーズに対応した専用木製ストックが、ちょこっと入荷してきておりまする!




『タナカワークス: HGパーツ ルガー P08 4/6in 木製ストック ショート』
P08のグリップエンドに装着することで簡易カービンとして使用できる純正ショルダーストック!
第1次大戦でP08が塹壕における近接戦闘用火器として投入された際、重量のかさむスネイルマガジン(ドラムマガジン)を使用する際の安定性を高めるために装着されることが多かったみたいですね。




▲グリップエンドのストックマウントに下側からスライドさせるように入れ、ロックレバーを90度倒すだけのワンタッチ装着!
ただし銃本体はあくまで樹脂製なので、装着状態で乱暴に扱うと破損(マウント部ごともげたり)のリスクがございます。くれぐれもご注意下さいまし。




▲今回入荷してきておりますのは、4in/6inバレル用のショートタイプ。8inバレル用はもう少し全長が長めになります。
ちなみに米国ではハンドガンにストックを付けるとショートバレルのライフルと看做され、クラスⅢウェポンとして規制の対象となるのですが、19世紀末~20世紀はじめ頃までの古い拳銃の場合はアンティーク品のような扱いで規制の対象外になるそうな。



『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月15日

『シワちゃん、もといシュワちゃんもご愛用』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製電動ショットガンシリーズ第1弾『AA-12』が再入荷してきておりまする!




▲実銃は米国のMPS(Military Police Systems)社が製造する、12ゲージショットシェルをフルオートマティックで射撃可能な凶悪極まりないアサルトショットガン!
基礎設計はベトナム戦争の頃に試作されたアッチソン・アサルト-12(AA-12)のそれを元にしており、現代の技術でより洗練させて完成にこぎつけたモデルですね。




▲手に取ってみると、思いの他コンパクトな印象。なんとなくものすごくデカイ銃という先入観を抱いておりましたが、身長170cmと取り立ててデカイわけでもない小生でも、無理なくハンドリングできるボリューム感であります。




▲アウターバレルはショートバレルバージョンであるAA-12 CQBの仕様をモデルアップしており、M4カービンあたりとそれほど変わらない取り回し。映画に出てくるモデルはロングバレルバージョンが多いですが、サバゲ用ウェポンとしては少しでも短いに越したことは有りませんね。




▲コッキングハンドルを引くとダミーボルトが後退し、エジェクションポートからホップアップの調整が可能となります。内蔵された3本のインナーバレルを個別に調整できるところが良いですね!
ホップ調整にわざとバラ付きを持たせて弾道を散らしたりするのも、ショットガンらしくていいかも。
ちなみに実銃は古いサブマシンガンのようなオープンボルトファイアリング方式なので、コッキングするとボルトが後退した位置で保持されます。




▲マガジンはトリガーガード前面に設けられたガイドレイルに沿って装着するようになっています。なんだかトンプソンみたいな感じですね。
マガジンキャッチは後方に延長されており、右利きのユーザーならトリガーフィンガーで操作できます。




▲マガジンフォロアーは89式などと同じようにリップから大きく突き出すタイプで、装填されたBB弾を最後の1発まで確実に撃ちきれるようになっています。
装弾数は93発。1ショット3発同時発射なので、丁度31ショット分ということになります。




▲実銃はフルオートオンリーなのでセレクターはセーフとファイアの2ポジションしかありませんが、マルイ製はセミ/フルのセレクティブファイア仕様となっているので、レバーの切り替えポジションは3箇所に増えています。
実銃のそれを意識したのか発射サイクルは割と遅めですが、1ショット3発同時発射の散弾方式でフルオート射撃ができるというのは、やはりインパクト大であります!





▲バットプレート両サイドのレバーを回転させると、プレートが外れてバッテリーの着脱が行えます。固定ストックなので長さの調整はできませんが、程よい長さで構えやすくできています。(※プレキャリやアーマーで着膨れしていると、また感触が違ってくるとは思いますが。)





▲スリングスイベルは上部に設けられており、どちらかというと腰だめ撃ちを重視したデザイン。
元々ショットガンは近距離で散弾をばら撒くための銃なので、わざわざショルダーポジションまで持ち上げて照準する必要もないかも。
ドラムマガジンを付けたら更に重たくなりますし。




▲バリバリ撃ちまくりたい人の必需品、専用ドラムマガジンも同時入荷中!
やっぱAA-12は、これがないと始まりませんよね~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月15日

『コイツの実物は初めて見たわ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲現在お取り扱い中のWEB SHOP中古商品ですが、こんな懐かし系のレア物がひょっこり入荷してきておりまする!




『【中古商品】エーダイグリップ: エアコッキングハンドガン本体 ルガー MK1』
かつて総合玩具メーカーとして活動していたエーダイグリップがリリースしたエアコッキングタイプのハンドガンであります!
東京マルイやヨネザワなんかもそうですが、昔は玩具メーカーが自社ラインナップの一環としてモデルガンやエアガンなどのトイガンを手がけていることが多かったものでした。




▲ご覧のとおり、スタームルガーの傑作22口径自動拳銃MK-1をモデルアップ。若干のアレンジが各所に見られますが、全体的なプロポーションやサイズ感は非常にリアルな印象でございます。
かれこれもう30年以上前の製品ですが、現在流通しているマルシン製MK-1フィクスドガスガンと比べても遜色ない再現性ですね。むしろトリガーがダブルアクション仕様にアレンジされてない分、エーダイ製のほうがパッと見の印象はリアルかも!




▲ライブカート式なので、ボルトが後退するとエジェクションポートがポッカリと口を開けます。タカトクのオートマグのようなプッシュコッキング方式を採用しており、トリガーを引ききるとボルトが擬似ブローバックして発射済みのカートがエジェクトされます。
ちなみに6mmBB弾が普及する前の製品なので、使用弾はビニール樹脂製のツヅミ弾。
グリップのルガーメダリオン(一体成型だけど)が右側面だけというのもさりげなくリアルですねえ。




▲専用カートやツヅミ弾、取扱説明書も全て揃ったミントコンディション!試射してみたところ若干ボルトの動きがやや渋めですが、シリコンオイルをちょっと吹いてやれば簡単に調子が戻りそうであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)フォートレス秘宝館商品紹介

2017年08月15日

『コイツもはやオールドスクール』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲80年台半ば~2000年代初頭あたりまでの米軍装備のメインアームにピッタンコな定番アサルトライフルが再入荷してきておりまする!!




『東京マルイ: 電動ガン コルト M16A2』
実銃はM16A1の後継として、1985年に米4軍に制式採用されたアサルトライフル。
ちなみにA1系からA2系への全面的な更新には結構な時間を要したようで、91年の湾岸戦争の頃まではM16A1系のバリアントも平行して使用されておりました。




▲このクラスのアサルトライフルとしては非常に軽量な反面華奢なところもあったM16A1に比べ、A2系はレシーバー周りが強化されたことでよりマッシブなフォルムとなっています。
弾薬は従来のM193からベルギーFN社が開発した新規格の5.56mmx45ライフル弾であるSS109/M855に変更。それに合わせてライフリングのピッチも変更され、着剣格闘にも配慮して肉厚を増したヘビーバレルを装備しているのが特徴ですね。

SS109弾薬はM16A2に先立って海兵隊に採用されていたM249 SAW(ミニミ分隊支援火器)とともに導入されていたもので、M16A2もそれに合わせて使用弾薬を変更したという側面がございます。




▲レシーバーの右側面、エジェクションポートの後部にはブラス・ディフレクターと呼ばれるピラミッド型の突起が設けられ、左利きの射手が発砲した際に空薬莢が顔に飛んでこないよう配慮されています。




▲フラッシュハイダーはA1の後期型と同様バードケージ(鳥かご)型ですが、反動軽減効果の向上とプローン射撃時の砂埃の巻上げ防止のために下側のスリットが廃止されています。
ちなみにマルイ製M16A2のバヨネットラグは実銃と同規格で製作されているため、モノホンのM7/M9バヨネットが着剣できたり致します。
まあ、国内だとブレードをカットしたヤツしか入手できないんですけどねえ。




▲リアサイトは工具なしでウィンデージ(左右偏差)とエレベーション(上下偏差)の修正が可能。A1系ではリアサイトの調整に最低限5.56mmx45ライフル弾が1発必要でしたから、大きく進化した部分ですね。




▲グリップはフロント側にフィンガーチャンネル、リア側に滑り止めのグルーブが追加され、以降M4カービン系に至るまでこのタイプのグリップが標準となりました。
グリップのデザインについては、人によって好き嫌いが分かれるところで、小生はA1系のシンプルなグリップのほうが好みかにゃ~?




▲ストックもA1系に比べて若干延長され、バットプレートにも滑り止めのチェッカリングが追加されています。
固定ストックだと内部の容積が大きいので、使用できるバッテリーのチョイスの幅が広いのも魅力!




▲この銃を見ると、やはりウッドランドBDUの上下とLC-2系ナイロン装備、PASGTのヘルメットとボディアーマーを揃えたくなります!
チョコチップ(6カラー)かコーヒーステイン(3カラー)のDBDU(砂漠用戦闘服)+初期型レンジャーボディアーマーでも可!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月13日

『年食うと短かくて軽いのがありがたいにゃ~』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

深いブッシュや屋内戦にピッタンコなインファイト用(?)MP5バリアントが再入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: 電動ガン本体 H&K MP5Kurz(クルツ)』
銃身の切り詰め、レシーバーの短縮によって極限まで小型化された、MP5シリーズのマシンピストルバージョン!名称の末尾に付くKはドイツ語で短いを意味するKurzの略ですね。

元は要人警護任務の際、私服で任務に就く護衛官が目立たずに携行できる小型SMGというコンセプトで開発されたバリアントですが、そのコンパクトさから車輛や航空機の搭乗員の護身用としても人気があったそうで、米陸軍第160特殊作戦航空連隊、通称ナイトストーカーズのパイロット達の多くも私物として購入して装備していたとか。




▲フロント周りが大幅に切り詰められているため、保持性を高めるためのバーティカルグリップが標準装備されています。グリップ前の突出しは保持した手の指が銃口より前に出ないようにするためのフィンガーストップ。
付属のマガジンはジャケットの下にショルダーリグ等で秘匿携帯する際、邪魔にならないよう製作された15連ショートタイプをモデルアップしていますが、もちろんMP5シリーズ共通の各種マガジンは全て使用可能です!




▲リアサイトは通常のピープタイプでは無く、ハンドガンのようなスクエアノッチ型を装備。使用目的から言って、精密射撃よりもクイックサイティングに重きを置いている感じですね。
ストックが無いため照準時の安定性にやや難がありますが、エンドキャップのスイベルにワンポイントスリングを装着して、テンションを掛けながら銃を突き出すように構えるとエエ具合に安定いたしまする。




▲しかしいくら小型化されたとはいえ、このサイズの銃をスーツのジャケットの下に隠してしまえるドイツ人って、やっぱ良いガタイしてんだねえ。幼少のころからジャガイモとソーセージとビールをず~っと喰い続けると、ああなるんやろか?(←失敬だな君は!)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月12日

『5.56mmの416とは一味違うぢぇい』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲BB弾の発射に連動して臨場感あふれるリコイル(反動)を堪能できる、東京マルイ製次世代電動ガンシリーズラインナップの中でも、そのいかにもバトルライフル然とした重厚なフォルムで人気を博しているHK417が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 次世代電動ガン HK417 EARLY VARIANT 純正本体セット』
ドイツの名門銃器メーカーH&K(ヘックラー・ウント・コッホ)社が製造する7.62mmx51NATO口径のバトルライフル!
同社のHK416シリーズの基本設計をそのまま一回り拡大したようなモデルで、AR-15とAR-10、あるいはKAC社のSR-16とSR-25の関係に良く似ておりますね。




▲コントロール系はHK416系、ひいてはM16/M4系と同デザインで、M4系の扱いに慣れたシューターなら扱いに戸惑う事はないでしょう。
レシーバー周りやストックのバッファチューブ、マガジンは5.56mmx45口径のHK416系に比べ一回りスケールアップされており、迫力あるフォルムを作り出しております!
本体重量約4.5kgという、実銃同様の重量はサバゲフィールドで振り回すにはちょこっ~とつらいムッチリさ加減ですが、そこは本職の兵隊さん方を見習って、体を鍛えて対応してやっておくんなまし!




▲フラッシュハイダーは同じH&K製バトルライフルであるG3シリーズのものとよく似たスタイルで、ワイヤーカッター用のスリットも備えられております。(ハイダーのスリットをワイヤーにかませ、ねじりながら発砲すると切断できるというもの。)
銃身長は7.62mmx51弾のポテンシャルを十分引き出しつつ、取り回しにも優れた16in仕様。ハンドガードもそれに合わせたロングレイルとなっています。




▲ストックは大型のラバー製バットプレートを備えたH&K独特のスタイリング。HK416用とよく似ていますが、バッファチューブの直径が一回り大きいので互換性はございません。
ストック内部にはワンタッチで着脱の可能なニッケル水素SOPMODバッテリーを収納。




▲付属のマガジンは70連タイプのノーマルマガジンで、全弾発射後に発射サイクルが停止するオートストップ機能を完備!マグチェンジ後にボルトストップを操作する事で発射可能な状態に復帰するようになっており、操作性という点でもリアルな感覚を楽しめます!
ゼンマイ給弾式の600連多弾数マガジンも用意されているので、お好みに応じてお選び頂けます。

米陸軍もM110(ナイツSR-25の発展型)の後継機種として、HK417の狙撃用ライフルバージョンであるG28をベースとしたM110Aの採用を決定しており、近年ますます注目度が上がってきているモデルといえるでしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月12日

『FORTRESS 夏の秘法館フェア』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲FORTRESS WEBLOGのおっさんホイホイこと秘法館コーナーに心ときめかせてしまうような業の深いベテラントイガンファン諸氏(特にMGC好きの方!)なら見逃せないであろう中古トイガンの数々が入荷してきておりまする!




▲一世を風靡したレースガンの傑作『ウィルソンLE シルバーモデル』!フィクスドガスガンながら、シングルアクションのハンマーの動きを擬似的に再現した意欲作であります!




▲現在の基準で見てもため息が出るくらい見事な仕上がりの『S&W M645 シルバーモデル』
往年の人気海外TVドラマ『マイアミバイス』で主人公ソニー・クロケットの愛銃として登場したモデルですね。
MGC製ガスハンドガンとしては、ライフリング入りサイクロンバレルを採用した最初の機種としても有名です!




▲サバゲやシューティングマッチにおける実用に耐えるだけの性能を持つブローバックハンドガンとしては初の製品と言っても良い傑作『グロック17』
ブローバック作動の絶好調っぷりは今尚健在であります!




▲ひも付きの外部ソース式が当たり前だった時代に颯爽と登場したホースレス式フルオートガスガン『MP5KA』
同社のフィクスドガスガンの基本メカをベースに、電動で給弾とバルブの解放を行う機構を追加した、ハイブリッドな電動式ガスフルオートというユニークなメカが特徴です!




▲ウェスタンアームズがリリースしたワルサー系トイガンとしては希少な存在である『ワルサー P38』
戦後生産型のコマーシャルモデルのモデルアップという点でも貴重な製品であります。
フィクスドガスガンの癖にディスアッセンブリーラッチの操作によるバレルユニットの分解機構やデコッキング機構まで再現されており、リアルさへのこだわりが感じられますね!
もっとも構造上デコッキングすると、次に撃つ時にチャンバーにBB弾が2重給弾されてしまうところが、少々トホホでございました。




▲MGC製MP5KAと同じく、電動フルオートシステムを採用したフルオートガスガン『ヤティマチック』
実銃はフィンランド製のどマイナーな9mm口径サブマシンガンですが、シルベスター・スタローン主演の微妙~な(?)アクション映画『コブラ』に登場していたのを覚えておられるおっさんも多いことでしょう。
バレルがレシーバーに対してひん曲がって付いているように見えるのは目の錯覚ではなく、バレルに対して5度の角度を付けてボルトが配置(※KRISS VECTORみたいに反動のベクトルを変えるため)されているヤティマチック独自のデザインに起因します。
不良品じゃないですからね!

話は変わりますが、当時パチモンのレイバンサングラスにマッチ棒咥えてマリオン・コブレッティ警部の物まねした経験のある方は、怒らないから手を挙げなさい。

他にも色々と秘法クラスの中古品が入荷してきておりますので、掲載商品ももう少しばかり増やせると思います!
乞うご期待!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)トピックスフォートレス秘宝館

2017年08月12日

『真夏に撃たずして何のためのガスブロか』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

今の季節、お外でぶっ放すのにピッタンコなKSC製ガスブローバックサブマシンガンシリーズの人気機種が再入荷してきておりまする!↓


『KSC (ケーエスシー): GBB本体 MP7A1-II』
今やMP5に替わる特殊部隊用サブマシンガンの新たなスタンダードとなりつつある、ドイツH&K社製4.6mm口径小型自動火器!
登場当初は新時代の兵器であることを喧伝すべくPDW(Personal Defense Weapon/個人防衛用火器)と呼称されていましたが、結局この呼び方はあまり定着していないようで、昨今は単純にサブマシンガンに分類されることが多いみたいですねえ。




PDWとは大雑把に言えばSMGとアサルトカービンの中間的な性能を持った小火器で、車輌や航空機の搭乗員、後方支援要員の自衛用というのが開発のスタート地点。
拳銃弾を使用する在来型のサブマシンガンと変わらないサイズながら、軍用のアンチフラグメンテーションベスト(対破片用ボディアーマー)を容易に貫通する威力を持ち、昨今では対テロ部隊などのメインアームとしても活用されるようになりました。

MP7A1の4.6mmx30小口径高速弾は、かつてH&K社が長きに渡って開発を続けていた幻のケースレスライフルG11に採用されていた4.73x33mmライフル弾の弾道力学データを流用して開発されたといわれ、ソリッドブラス(無垢の真鍮)製コアに厚めの銅メッキを施した弾頭を備えた、実質的にアーマーピアシング弾と呼べる弾薬となっています。
その昔Cop Killer(警官殺し)という剣呑なニックネームをマスメディアから賜り、民間における所持が禁止されたKTW弾(※真鍮弾頭にテフロンコーティング)に、ちょっと似ているでしょうか。




▲大柄な拳銃といったボリューム感ながら、ストックやフォアグリップを展開するとコントロール性に優れたショルダーウェポンに早変わり!
マグキャッチは同社のUSP系ハンドガンと同じフィンガーレバー式で、グリップを握ったままスムーズに弾倉の交換が行えます。

トップおよびハンドガード両側面の計3面に20mmレイルシステムが標準装備されているので、ウェポンライトやドットサイトなどのオプションも幅広くセットアップ可能。
同じPDWにカテゴライズされる銃器にFN P90がありますが、MP7A1はより小型で使用感が在来型の銃器に近い所が好まれているのか、ドイツ陸軍KSK/英陸軍SAS/米陸軍デルタフォース/米海軍DEVGRU/陸上自衛隊SFGp(特殊作戦群、噂の域を出ませんが)といった、世界中の名だたる特殊部隊で広く採用が進んでいます。




▲KSC製MP7A1はどっしりとした重たいリコイルこそないものの、軽量なマグネシウム製ボルトの採用によるハイサイクルで軽快な撃ち味が特徴。装弾数は実銃と同じ40+1発で、操作系も実銃に忠実に再現されており、タクトレユースにもピッタンコであります!
スペアマガジンが最初から1本(※本体のマガジンと合わせて計2本)付属するところも魅力ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2017年08月11日

『KSCさんちの30口径バトルライフル』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックアサルトライフルシリーズ最新作『Mega MML MATEN』が、ちょこっと再入荷してきておりまする!




▲実銃は米国のライフルメーカーMega Arms社が製造する、AR-10スタイルのオートマティックライフル。
AR-15系よりプラットフォームが一回り大きく、口径も5.56mmから30口径に拡大されております。
コントロール系はAR-15と完全に共通化されているので、M4シリーズの扱いに慣れたシューターなら違和感なく使いこなすことが可能でしょう!




▲Mega Arms製ライフル特有のマッシブなレシーバーが、大口径化に伴ってさらにエライ事に!なんかメチャクチャ頑丈そう!
AR-15系のようなボルトフォアードアシストがないのも特徴の一つですね。




▲ハンドガードは細身で十郎の増加が最低限に抑えられており、同時に構えやすく出来ています。M-LOKシステムを採用しているので、こう見えて拡張性も上々!




▲バットプレートを外すとストック内のストレージにアクセスできます。光学照準器やウェポンライトなどのスペアバッテリー(単3乾電池やSF123A 3V リチウムバッテリーetc)を収納しておくのに便利です。




▲サイトはフロント/リアともに折りたたみ式のBUISを装備。リアサイトは前面のプレートをスライドさせることで、ピープ(覗き穴)の直径を切り替えることができ、精密射撃にも近距離におけるクイックサイティングにも対応できます!




▲セレクターは一般的なセミ/フルオートではなく、M16A2と同じようなセミオート/3点バースト仕様となっています。
実銃の場合、7.62mmx51NATO弾のフルオート射撃はコントロールが極めて困難なので、バーストモードを選択するのは理に適っておりますね。
トイガンの場合は無駄弾を抑え、かつマガジンの過冷却を防ぐという利点がございます。




▲アサルトライフルの軽快さとバトルライフルの頼もしさを良いとこ取りしたような味付けが魅力の1丁!
アンノウンオペレーター装備にもよく似合いそうであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介