2018年02月28日

『救援は俺達だけだ!とか言ってみたいアナタに』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

採用からわずかな年数でM16シリーズに米軍制式小銃の座を取って代わられながらも、その比類なき信頼性とストッピングパワーから現在も尚第一線で運用が続けられている傑作バトルライフルが再入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: 電動ガン本体 U.S.Rifle M14 WD』
実銃は1950年代末ごろに米軍の制式ライフルとして採用されたバトルライフル。第2次大戦/朝鮮戦争で活躍したM1ガーランドの基本設計を元に、セレクティブファイア機能の追加、着脱式20連マガジンの採用、弾薬の小型化(30-06弾から7.62mmx51弾に変更)、全体的な軽量化といった改良を加えて開発されたもので、この銃とともに開発された7.62mmx51弾薬がNATO標準規格の小銃用弾薬として採用されています。




▲それまで米軍で運用されていた各種小火器(M1ガーランド/M1カービン/M3サブマシンガン/BAR分隊支援火器etc)を統合するという目的をもって採用されたM14でしたが、生産設備の構築に手間取ったこともあり、実際に部隊配備が始まったのは1960年代初頭に入ってから。
1964年から本格化した米国のヴェトナムへの軍事介入に伴ってM14の実戦投入が開始されますが、過去の戦訓から長射程/大威力に固執した米軍上層部の目論見に反して、ジャングルでの遭遇戦が主体となったヴェトナムの戦場ではM14の性能的特性は活かしにくく、長大な全長から来る取り回しの悪さも問題視されるようになりました。
対する北ヴェトナム正規軍やヴェトコンは全長が短く取り回しの良いAK47アサルトライフルやSKSカービンをメインアームとしていたため機動力が高く、米兵を苦しめました。




▲ジャングル戦でのM14の使い勝手の悪さを問題視した米国防総省は、それまでグリーンベレー等の特殊部隊や空軍に限定的に採用されていたAR-15/M16系の制式採用を急遽決定。ソ連軍が第2次大戦時の対独戦の教訓からいち早く取り入れていたアサルトライフルというカテゴリーの導入に、米軍もようやく踏み切る事となりました。




▲主力小銃としての採用期間が異例とも言えるほど短いものとなったM14でしたが、導入当時のM16ライフルの信頼性の低さ(※弾薬に使用された装薬の不適合や高温多湿なヴェトナムの環境の影響、クリーニング不足などが原因)から、海兵隊の一部などではM14を頑固に使い続けた例もありました。7.62mmという大口径弾ならではの打撃力の高さにも、大きな信頼が寄せられていたようです。

またジャングル戦には向かなかったとはいえ、砂漠や平原といったオープンフィールドにおけるM14の有効性は非常に高く、アフガン戦争やイラク戦争において露呈したM16/M4系の有効射程の短さから、急遽モスボールされていたM14が近代化改修を受けて戦線復帰を果たすなど、近年における評価はヴェトナム戦争の頃とは真逆になっておりますねえ。




▲設計の大元が第2次大戦時のM1ガーランドなので、M16/M4系に比べればユーザーインターフェイスは未成熟ですが、がっしりした安心感みたいなものがそのフォルムから感じられますね!
セフティはセレクターとは独立しており、トリガーガードの前方に設けられています。人差し指でレバーを前方に押し出してセフティを解除した後、そのまま引き金に指を掛けることができるという、実戦的なレイアウトを採用。




▲セレクターレバーはレシーバー後端の右側面に設けられています。M1ガーランド本来のトリガーメカに後付で無理やりセレクターを追加したような設計なので、正直操作性はあまり良くありません。
実銃の場合フルロードの大口径弾と曲銃庄の組み合わせから来るコントロール性の悪さから、セミオートで運用されることがメインとなっているM14ですが、スタンダード電動ガンの場合は反動がないので、フルオートでも遠慮なくバリバリ撃ちまくれます!




▲バットプレートには折りたたみ式のショルダーレストを装備。BAR M1918のように分隊支援火器として運用することを想定した装備で、バイポッドをつけて伏せ撃ちする時に便利かにゃ~?
クリーニングキット収納用のトラップドアを開けると、バッテリーにアクセスできるようになっており、ストック内の容積が大きく取られていることもあって、大容量バッテリーの使用にも余裕をもって対応できます。

全長こそ長いものの、金属パーツの多用によって十分な剛性を確保しており、命中精度の高さも特筆もの!実銃同様取り回しは良くありませんが、開けたフィールドにおけるメインアームにおススメの1丁であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月28日

『ユーザビリティ抜群な電動アサルトショットガン』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製電動ショットガンシリーズのラインナップの一つ『SGR-12』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ショットガン SGR-12(エスジーアール)』
先行リリースされたAA-12のメカボックスを流用する形で開発された、東京マルイオリジナルデザインの電動ショットガンであります!




▲モチーフとなった実銃の存在しない、完全オリジナルデザインですが、コントロール系の配置や各部のディテールに、あたかも実在する銃器であるかのような説得力を持たせたフォルムが秀逸です!




▲アッパーレシーバーはハンドガードと一体で製作されたモノリスティック構造で、拡張性がほぼ皆無だったAA-12とは異なり、20mmレイルシステムとM-LOKシステムによりウェポンライトやフォアグリップ、光学照準器などあらゆるオプションパーツのセットアップに対応します!




▲M-LOK規格のオプションレイルもS/M/Lの3サイズが各1枚付属しており、ユーザーのお好みに合わせて好きな位置に装着できます。
その他M-LOK規格の各種オプションパーツ(※別売り)の装着にも対応。




▲レシーバー上部側面には折りたたみ式のコッキングハンドルを装備。ハンドルを引くとダミーボルトが後退し、エジェクションポート側からホップダイアルの調整を行うことが出来ます。




▲マガジンキャッチもAA-12より大型化されており、トリガーフィンガーで前に押し出すようにして操作するようデザインされています。
パドルが左右両方に設けられており、利き手を選ばずに操作できるところが良いですね。
ちなみにグリップはM16/M4系電動ガンと同規格となっており、各種カスタムグリップへの交換も容易に行えます。




▲マガジンはフォロアが大きく突き出すタイプなので、装填したBB弾を全弾完全に撃ち尽くすことができます。
後部がクリア成型され、12ゲージのダミーカートが覗いている所が臨場感たっぷりで良いですね!




▲マグキャッチ周りの規格が共通化されているので、AA-12用マガジンもそのまま装填できます。SGR-12用マガジンよりも全長が短めなので、少しでもコンパクトさを求めるのならコチラを使うのも一つの手であります。
もちろんバリバリ撃ちまくりたい時は電動ドラムマガジン(※別売り)や600連多弾数マガジンも使用可能!




▲バッテリーはバットプレート部に収納。バッテリーコンパートメント内にはインジケーターランプが設けられており、電圧が適合しないバッテリーを接続すると警告灯が点灯して警告する機能が搭載されています。
なお、赤ランプが点灯しているときはトリガーを引いても発砲できないのでご注意を。




▲実銃のデザインに引っ張られてサバゲ用ウェポンとしての実用性が若干犠牲になっていたAA-12に対し、SGR-12はオリジナルデザインの強みを活かしてユーザビリティを大幅に向上させております!
一般的な電動ガンに比べて重量はややかさみますが、そこは勇気と努力とド根性でガガガっ!と補ってやっておくんなまし!(←どこぞのGGGか!)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月28日

『STARSの制式拳銃』久々に入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲カプコンx東京マルイのコラボレーションモデルサムライエッジハイグレードバージョンが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 サムライエッジ・スタンダード HG』
大ヒットサバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する、ラクーン市警察特殊部隊STARS(Special Tactics And Rescue Service/特殊戦術および救助部隊)の制式拳銃を、劇中のイメージに忠実にモデルアップ!
バイオハザード3以降のシリーズ各作品に幾度と無く登場している、ベレッタ92ベースのカスタムハンドガンであります!




▲外観の印象こそ旧バージョンとあまり変わっておりませんが、HG(ハイグレード)バージョンは現行のM9/M9A1と同系列のメカを採用しており、操作性やリアルさ、実射性能によりいっそう磨きが掛かっております。




▲旧バージョンでは塗装だったアウターバレルも、HG版ではクローム系のメッキ仕上げに。この艶やかさは、塗装では中々出せないですよねえ。




▲現行のM9/M9A1系がベースなので、旧バージョンでは省略されていたデコッキングシステムもバッチリ実装!セフティをかけるとハンマーが安全にニュートラル位置まで戻るので、初弾をダブルアクションで撃ちたい時に便利であります。




▲スライドの右側面にはサムライエッジのモデル名が大きく刻印されています。もちろんブリガディーアスタイルの強化スライドも新規製作品。
できればフレーム側の刻印も修正、百点満点だったかにゃ~?




▲ホップチャンバーも当然現行型の可変ホップ仕様!これで使用する弾の重さに気を使う必要も無くなりました。
マガジンはあえて旧バージョンと互換性を持たせているので、これまでにリリースされたマルイ製M92/M9系をお持ちのユーザーであれば、スペアマガジンに困ることもありません。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月27日

『オールドスクールな次世代M4』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ次世代電動ガンM4シリーズラインナップの中で最もシンプルなフィーチャーを持つ『M4A1 SOCOMカービン』が再入荷してきておりまする!




▲外観はいわゆるSOPMOD(特殊作戦対応改修型)仕様でない、最もプレーンな外観の初期型M4A1の仕様をモデルアップ。レイルなしのシンプルなハンドガードが、今見るとかえって新鮮に映ります。
BB弾の発射に連動させてストックのバッファーチューブ内に内装されたカウンターウェイトを動かすことで臨場感あふれるハードリコイルを生み出す次世代電動ガンシリーズは、撃ち応えも爽快の一言!




▲リアサイトと一体になったキャリングハンドルを外すと、レシーバートップにはピカティニー規格の20mmレイルが装備されており、各種光学照準器の搭載に幅広く対応します。




▲フロントスイベルはアダプターを介してサイドにオフセットされており、M203グレネードランチャーの装着に配慮したレイアウトとなっています。
2本のロールピンを抜いて左右向きを入れ替えれば、左利き対応にセットアップすることも可能。




▲バッテリー配線はフロント出しで接点はミニコネクター仕様。ワンタッチコネクター仕様のSOPMODバッテリーを使用する機種に比べて接続時の通電ロスも低減されており、若干ながらトリガーのレスポンスも改善されております!
使用できるバッテリーの選択の幅が広いところも魅力ですね!




▲バッテリーがフロント配線になったことに伴い、ストックもオーソドックスなブッシュマスタースタイルに差し戻されています。
SOPMODバッテリー使用機種と違ってお好みのストックへの交換も自由自在!




▲プレーンな外装かつお値段も次世代M4シリーズとしてはお手頃な方なので、自分好みの1丁を組み上げるためのベースガンとしてもオススメ!
90年代中ごろの米軍系オールドスクール装備のメインアームにもピッタンコであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月27日

『マスターファイアホルスター用イカスカスタムパーツ』新登場!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲SUREFIRE製MASTERFIRE ラピッドディプロイホルスターの操作性を格段に向上させるサードパーティ製オプションパーツが、近々当店入荷の予定でございまする!




『HOPE: MF-EXT SUREFIRE マスターファイアホルスター エクステンション』
新鋭タクティカルギアブランドHOPE(HARD OPERATION EQUIPMENT)がリリースする、マスターファイアホルスター用エクステンションピースでございます!




▲純正のリリースボタンに対して高さが1cm、後部が1.5cm延長されており、女性や手の小さなシューターがマスターファイアホルスターを使用する場合の操作性を大きく改善しております。
MK23 SOCOMピストルなど規格外に大型なハンドガンを収納して、リリースボタンの位置がグリップから遠くなってしまった場合にもオススメですね!




▲実際にホルスターに組み込んだ状態がコチラ。純正(※画像左側)とのサイズの違いがお分かり頂けると思います。
これだけ露骨にサイズが大型化されていれば、そりゃあ使い勝手も良くなるってもんですぜ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月27日

『マルイM45A1 おかわり分入ってマス』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『M45A1』のおかわり分が入荷してしてきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 M45A1 CQBピストル』
実銃はM1911シリーズのオリジナルマニュファクチャラーであるコルト社が、同社のコルト・レイルガン(電磁レイルガンではなく、フレームにアクセサリーレイルが付いてるというニュアンスですよ!)をベースに、米海兵隊からの各種要求を盛り込んで開発した45口径自動拳銃であります!




▲1世紀近くにわたってM1911系に絶大な信頼を寄せてきた米海兵隊ですが、近年ではスプリングフィールド・アーモリーやキンバーなど、本家コルト社製以外の製品が採用されることが多く、コルト社は雌伏の時を強いられておりました。
しかし民間市場における同社製品の高評価を足がかりに厳しいトライアルを乗り越え、結果海兵隊の制式採用を勝ち取ることに成功。ここに堂々とコルト45が復活を果たしたわけでございます!
スライド側面のCOLT USMCの刻印が誇らしげですね!




▲大まかなパーツ構成はコマーシャルモデルであるコルト・レイルガンに準じていますが、より過酷な環境下で運用される軍用モデルということで、スライド周りのフィッティングは民間向け製品に比べて意図的にルーズに調整されているそうです。
各パーツがあまりにタイトにフィッティングされていると、泥や砂の侵入によって容易に作動不良を起こすので、要求される精度をクリアしつつ、武人の蛮用に耐えうるよう組み上げられているわけでございますね。
サムセフティはアンビデクストラス(左右両利き)仕様で、サウスポーのシューターにも扱いやすく出来ています。




▲フレームのダストカバー部には20mmピカティニー規格のアクセサリーレイルが標準装備され、ロウライトコンディションでの戦闘の際の必需品であるウェポンライトの装着に対応します。ライトのチョイスは、やはりSUREFIREのX300で決まりでしょう!
デザートタンカラーのスライド/フレーム周りに、ダークグレイのバレルブッシングが良く映えます。実戦使用されている実銃の画像を見ると、大抵火薬カスでスライド先端部が黒く煤けているので、ウェザリングでそれらしく仕上げてやるとエエ感じになるかも。




▲グリップは実銃のようなG10(※ガラス繊維にエポキシ樹脂を浸透させて積層し、高温化で高い圧力を掛けて成型したもの)の削りだしで製作されたものではありませんが、プリントによって実物の風合いを頑張って再現しております。
もっとも実物グリップの、素手で強く握りしめるとちょっぴりチクチクするようなザラついた感触までは流石に再現しきれておりませんねえ。
当店塾長が所有する実物グリップを合わせてみたところ、マルイ製M45A1はスクリューヘッドがやや大き目らしく、残念ながらそのままポン付けとは行きませんでした。

軍用拳銃なので、メインスプリングハウジングにはランヤードリングが標準装備されています。




▲リアサイトはキャリーガン用サイトの定番NOVAK(ノヴァク)タイプで、海兵隊で採用されたM1911系は大抵このサイトが採用されております。
実物を製造しているNOVAK Desighsとの正式ライセンス契約により、刻印もリアルに再現されています。




▲マガジンも実銃の仕様に合わせたブラックフィニッシュの7連マガジンのスタイルを再現。もちろん従来のマルイ製シングルスタックガバ系と互換性がございます。
内部メカも従来型から改良されており、ダブルカーラムマガジンに比べてガス容量や熱保持製でどうしても劣るシングルスタックタイプながら、中々に元気なブローバック作動を見せております!
室内とはいえこの時期に軽くマガジンを暖めただけでバシバシ動いておりますので、やはりポテンシャルが底上げされた感じはありますね!

名古屋店店頭にて試射機もご用意しておりますので、ご来店の折にぜひお試し下さいませ!
スペアマガジンも同時入荷中ですよ~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月26日

『片手で振り回せるハイサイサブマシンガン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲箱出し状態でサバゲに即投入できる東京マルイ製ハイサイクル電動ガンシリーズの人気機種が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン 本体セット MP5K HC (ハイサイクルカスタム) 』
東京マルイ製ハイサイクル電動ガンシリーズの中でも、一際コンパクトなボディを持つアタッカー向けモデル!大柄なハンドガン感覚で使用できます!




▲サバゲ用ウェポンとしての用途を主目的としているだけあって、光学照準器装着用のマウントベースが標準装備となり、お好みに応じて各種光学照準器のセットアップが可能!
マウント自体はプラ製なので、銃本体の軽快さを損なう事もありません。




▲ノーマルタイプのクルツでは外観のリアルさを重視して前出し配線となっているため、バッテリーの交換がやり難いのが珠に傷でしたが、HCはコネクターが後部に移設されており、バッテリーのセットが格段にやり易くなっております!




▲HCならではの高速連射を支える240連多弾数マガジンも標準装備!上下の長さが抑えられているので、プローン(伏せ撃ち)の時に邪魔になり難いのも嬉しいところですね!
もちろんMP5シリーズ用各種マガジンは全て使用可能です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月26日

『ベネりまくりなエアコキショットガン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

1回のコッキングで3発のBB弾を同時に発射する独特のシステムを搭載した接近戦の強~い味方が再入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: エアーショットガンシリーズ M3ショーティ』
実銃はイタリアの大手銃器メーカーであり、ベレッタグループの傘下企業としても知られるベネリ社が製造するセミオートマティックショットガン。同じイタリア製のフランキ・SPAS-12と同じく、セレクターを操作することでポンプアクションによるマニュアルオペレーションでも使用できるというユニークな特徴を備えています。
マルイ製はエアコキ方式なので、射撃モードはポンプアクションオンリーですね。




ショーティはバレルを含めたフロント回りが切り詰められ、ストックレスのピストルグリップ仕様となっております。
マルイ製エアコッキングショットガンシリーズ随一のコンパクトボディで、インドア戦や深いブッシュでの遭遇戦における取り回しの良さが魅力!




▲ピストルグリップは実銃におけるフォールディングストックバージョンに採用されているスタイルをモチーフとしたデザインで、グリップ全体に施されたラバーコーティングにより非常に滑りにくくなっております。
ちなみに実銃の場合、レミントンM870のローエンフォースメントストックと同じようにレシーバー上部に折りたたむ形式の、鉄パイプを成型したフォールディングストックが装備されます。




▲アウターバレル周りがバッサリと短縮されていますが、実はインナーバレル自体の長さはフルサイズバージョンと変わっていないので、実射性能はまったく低下してなかったり致します。なんだかお得感がございますねえ。
機能的にはダミーながら、オートマティックモードで使用するためのフォアエンドロックも可動。実銃の場合、フォアエンドを少し前方にスライドさせてロックすることで、セミオートモードに切り替わるようになっています。




▲使用マガジンはショットシェル型で、ケースレス方式ながらショットガンを使っているという独特の醍醐味もバッチリ味わえます!
1マガジンあたりの装弾数は30発なので、ちょうど3発x10ショット分ですね。




▲3本のインナーバレルと3つのシリンダーを持つ独特のメカニズムにより、3発のBB弾をパワーロスなしに発射でき、エアコキ方式なのでガスやバッテリーも必要なし!体力の続く限り思う存分撃ちまくれます!
ガスタイプのM870シリーズもコッキングが軽くて良いのですが、まだまだ肌寒い今の季節の屋外でも安定した初速で射撃できるエアコキショットガンは、やはり頼りになります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月26日

『チェコ生まれの伝説的名銃』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『Cz75 1stバージョン』が再入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 Cz75 1stバージョン HW』
旧チェコ・スロバキア時代に生産されたCz75の最初期バージョンをモデルアップ!生産性向上の観点から合理化が進められた2ndバージョン以降のモデルよりも、手間隙掛けて作られていた時代の製品でございます。
スライドやフレームには2ndジェネレーション以降のモデルより高品位/高硬度の鋼材が使用されており、量産品としてはいささかオーバークオリティといえるレベルの完成度を誇っていました。




▲1stバージョンと2nd以降の製品を見分ける最大のポイントが、スライドとフレームのかみ合うレイル部分の長さ。1stはこのレイル部分が短く、それに合わせてスライド/フレームも大きく削り込まれたスタイリングとなっています。
1stがショートレイルと呼ばれる所以ですね。
2nd以降のモデルは鋼材の品質を落とした分、レイルを延長してスライド/フレームのフィッティング精度を高めています。




▲ダブルアクションオートながらM1911系と同じくコック&ロックの可能なサムセフティ。ハンマーをコックした状態で銃を携帯でき、初弾からスムーズでトラベルの短いシングルアクションで撃つことが出来ます。
モダンコンバットシューティングテクニックの始祖として知られるジェフ・クーパー氏がCz75に高い評価を与えたのも、この仕様による所が大きかったといわれており、クーパーいわく『この銃について気に食わない点は2つだけ。共産圏製(アカの銃)だという点と、45口径でない点だけだ。』とか。

後にクーパーはドーナウス&ディクソン・エンタープライズ社と組んで、米国版Cz75ともいえるブレン・テンと、その使用弾である10mmx25オート弾の開発に関わっております。




▲ブローバックエンジンは信頼のSYSTEM 7!チャンバー周りの仕様も現行のフォーマットにアップデートされているので、実射性能にもいっそう磨きがかかっております!




▲深みのあるブルーフィニッシュのイメージが強い1stですが、生産ロットによって仕上げは様々だったようで、中にはパーカライジングによるマットフィニッシュや、エナメル仕上げと呼ばれるブルーフィニッシュ風の光沢塗装が施されたものもあったそうです。
HW樹脂の採用でマットブラックになっているKSC製は、さしずめパーカーモデルといった所でしょうか?

HW樹脂はブルーイングが可能なので、手間と暇と根性を惜しまなければ実銃のようなディープブルー仕上げも夢ではありません!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月25日

『価格破壊系タクティカルグローブ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲サバゲフィールドで惜しみなく使い倒せる、これまでに無くお値ごろ価格なタクティカルグローブが入荷してきておりまする!




『NB (ノーブランド/無印): タクティカルグローブ 各色/各サイズ』
フィールドにおける手の保護に必要不可欠なアイテムであるグローブですが、基本的に消耗品であるグローブは頻繁に野外フィールドに出かけるゲーマーだと、下手すると半年持たなかったり致します。
その点本製品は英世さん1.6人分と非常にリーズナブルで、買い替えの際もお財布に優しい製品となっております!




▲掌部分は薄手のスエードのような生地が使用されており、繊細な作業の際もあまり違和感がありません。力の掛かる部分には補強も施されているので、耐久性にも不安が少ないですね。




▲カラーはブラック/カーキ/マルチカムの3色をラインナップ。各カラーともS/M/Lの3サイズが用意されています!
なお若干タイト気味なサイズを選んだ方が、フィット感が増して作業性が良いと思います!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月24日

『ショットガンといえばやっぱレミントンでしょ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイの新機軸ガスショットガンシリーズのラインアップの一つ『M870タクティカル』が再入荷して的ておりまする!




▲外観は無数に存在するレミントン870バリアントの中から、主に軍/法執行機関関係向けに製造されている『エクスプレス・タクティカル』をモデルアップ!
狩猟用/スポーツ用の場合フロントに簡単なビードサイトが装備されているだけですが、タクティカルユース向けの本銃にはスラッグ弾の使用を想定した本格的なフロント/リアサイトが標準装備されています。




▲リアサイトはタクティカル系ショットガン用サイトの定番の一つXSゴーストリングサイトを搭載。ピープサイトの1種ですが、ライフル用サイトに比べてピープ(覗き穴)径が大きめなのが特徴で、散弾/スラッグ弾両方の射撃に対応しております。
ベース部分は20mmピカティニー規格のレイルとなっているので、ドットサイトなどの光学照準器も搭載可能。




▲シェル型マガジンは同社製エアコッキングショットガンシリーズと同規格で、レシーバー下のダミーシェルキャリアを開いて装填します。
スペアのシェル型マガジン(※別売り)は2発入りで、カラーはレッド/ホワイト/グリーンの3色がラインナップされております!




ガスタンクはストック内に内蔵。ワンタッチで着脱出来るので、あらかじめスペアを用意(※暖めておくとなお良し!)しておけば、連射で冷えてしまったり残り容量が少なくなった際に交換して素早くリフレッシュを図る事も可能です。




▲シェルを排莢する必要のないケースレスタイプなので、フォアエンドの後退ストロークは実銃の2/3程度に短縮されています。マルゼンさんなんかのライブシェル式M870系の扱いに慣れたユーザーだと最初は戸惑うかも。
余り素早くスライドさせると装填不良の原因になるとの事なので、1ショットづつ確実な操作を心掛けてやっておくんなまし。(実銃でも変な使い方するとジャムるらしいし。)




▲エアコキ式ショットガンに比べてコッキングが格段に軽いので、長時間の使用でも疲労が少ないのが大きな利点!SPAS12やベネリM3系を気合入れて1日中撃ちまくると、結構しんどいですからねえ。(普段使ってない所が筋肉痛になるし。)
チャンバー部分のスライド式レバーを操作するだけで発射弾数を3発→6発に切り替える事も出来、発射弾数の増減にかかわらず綺麗にホップがかかってくれる所も魅力です!

一口にショットガンタイプのトイガンといっても色々ありますが、実用性という点では本製品が間違いなくピカイチでしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月24日

『紳士の国が生んだ変態銃』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

世界最強のサブマシンガンの通称を持つH&K G3ベースのショートバレル/サブカービンバージョン『MC51』が入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: 電動ガン本体 H&K MC51』
実銃は著名なガンスミスビル・フレミング氏がデザインし、英国のF.R.オーディナンス社によって製造されたH&K G3バトルライフルベースのカスタムモデル。MCは英国でサブマシンガンを意味する言葉として用いられるマシンカービンを意味しており、51というモデルナンバーはH&K社におけるカテゴライズコードナンバーに基づいた命名ですね。
ちなみに5が短銃身/サブマシンガンタイプを、1が口径7.62mmx51を表しております。




▲陸軍SASや海兵隊SBSといった英軍特殊部隊からの要望で開発されたMC51でしたが、トライアルの結果過大な発射音やファイヤボールのごときマズルフラッシュ、射撃時の反動の強さなどが敬遠されてしまい、最終的にはH&K社純正の5.56mmx45口径サブカービンであるHK53が採用されることとなりました。
やっぱフルロードの7.62mmx51ライフル弾を短銃身から撃つというコンセプト自体に無理があったみたいですね。

米国のクラスⅢウェポン市場(※実用でなく趣味の世界)ではG3系のショートバージョンには一定の人気があるようで、HK51と呼ばれるカスタムモデルが複数のカスタムショップで製作されていたりします。中にはMP5Kクラスまで切り詰められたHK51Kなんてゲテモノも…。
作ったヤツ、馬鹿だろ!(←最上級の褒め言葉です。)




▲実銃はあくまでスキモノ向けの域を出なかったMC51ですが、反動やマズルフラッシュの発生しない電動ガンなら実銃の持つネガティブな部分も全く問題になりません!
サブマシンガンの取り回しの良さとベースガン譲りの装弾数(多弾マグで約500発)の多さで、ゲームウェポンとして大活躍してくれます!




▲ストックはリトラクタブルタイプを標準装備。収納状態なら深いブッシュやインドアフィールドでも取り回しに困りませんねえ。
安定感を求めるなら、純正オプションとしてリリースされている固定ストックに交換してしまうという手もございます。




▲コッキングハンドルを引くと連動してダミーボルトが後退し、エジェクションポート側からホップアップの調整がおこなえます。ハンドルを引いてスロットに引っかけておけばホールドオープンの状態を維持できるので、撃ちながらホップ調整をする際に便利です。
プラ製のレシーバーはやや剛性感に欠ける所もございますが、この軽さはゲームウェポンとしては何物にも替えがたいメリットですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:08Comments(0)商品紹介

2018年02月24日

『軍制式にカムバックしたコルト45』新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『M45A1』が、本日当店にも入荷して参りましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 M45A1 CQBピストル』
実銃はM1911シリーズのオリジナルマニュファクチャラーであるコルト社が、同社のコルト・レイルガン(電磁レイルガンではなく、フレームにアクセサリーレイルが付いてるというニュアンスですよ)をベースに、米海兵隊からの各種要求を盛り込んで開発した45口径自動拳銃であります!




▲M1911系に絶大な信頼を寄せてきた米海兵隊ですが、スプリングフィールド・アーモリーやキンバーなど、近年ではコルト社製以外の製品が採用されることが多く、コルト社は雌伏の時を強いられておりました。
しかし民間市場における同社製品の高評価を足がかりに厳しいトライアルを乗り越え、結果海兵隊の制式採用を勝ち取ることに成功。ここに堂々とコルト45が復活を果たしたわけでございます!
スライド側面のCOLT USMCの刻印が誇らしげですね!




▲大まかなパーツ構成はコルト・レイルガンに準じていますが、より過酷な環境下で運用される軍用モデルということで、スライド周りのフィッティングは民間向け製品に比べて意図的にルーズに調整されているそうです。
各パーツがあまりにタイトにフィッティングされていると、泥や砂の侵入によって容易に作動不良を起こすので、要求される精度をクリアしつつ、武人の蛮用に耐えうるよう組み上げられているわけでございます。
サムセフティはアンビデクストラス(左右両利き)仕様で、サウスポーのシューターにも扱いやすく出来ています。




▲フレームのダストカバー部には20mmピカティニー規格のアクセサリーレイルが標準装備され、ロウライトコンディションでの戦闘の際の必需品であるウェポンライトの装着に対応します。ライトのチョイスは、やはりSUREFIREのX300で決まりでしょう!
デザートタンカラーのスライド/フレーム周りに、ダークグレイのバレルブッシングが良く映えます。実戦使用されている実銃の画像を見ると、大抵火薬カスでスライド先端部が煤けているので、ウェザリングでそれらしく仕上げてやるとエエ感じになるかも。




▲グリップは実銃のようなG10(※ガラス繊維にエポキシ樹脂を浸透させて積層し、高温化で高い圧力を掛けて成型したもの)の削りだしで製作されたものではありませんが、プリントによって実物の風合いを頑張って再現しております。
もっとも実物グリップの、素手で強く握りしめるとちょっぴりチクチクするようなザラついた感触までは流石に再現しきれておりませんねえ。
当店塾長が所有する実物グリップを合わせてみたところ、マルイ製M45A1はスクリューヘッドがやや大き目らしく、残念ながらそのままポン付けとは行きませんでした。

軍用拳銃なので、メインスプリングハウジングにはランヤードリングが標準装備されています。




▲リアサイトはNOVAKタイプで、海兵隊で採用されたM1911系は大抵このサイトが採用されております。
実物を製造しているNOVAK Desighsとの正式ライセンス契約により、刻印もリアルに再現されています。




▲マガジンも実銃の仕様に合わせたブラックフィニッシュの7連マガジンのスタイルを再現。もちろん従来のマルイ製シングルスタックガバ系と互換性がございます。
内部メカも従来型から改良されており、ダブルカーラムマガジンに比べてガス容量や熱保持製でどうしても劣るシングルスタックタイプながら、中々に元気なブローバック作動を見せております!
室内とはいえこの時期に軽くマガジンを暖めただけでバシバシ動いておりますので、やはりポテンシャルが底上げされた感じはありますね!

ご予約受付分を除いた本日入荷分はやや少量に留まっておりますが、週明けに第二陣が追加入荷してくる予定!名古屋店店頭に試射用サンプルも展示しておりますので、ご来店に折にでもいぢくり回してやっておくんなまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月23日

『〇イとは違うのだよ、〇イとは』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲射撃に伴って臨場感溢れるリコイル(反動)を味わえるBOLT製BRSS電動ガンMP5シリーズの定番ラインナップ『MP5J』が再入荷してきておりまする!




『BOLT Airsoft: 電動ガン本体 MP5J BRSS』
レシーバー周りは実銃同様シートメタルからのスタンピング(鉄板のプレス)で製作されており、非常にリアルな仕上がり。
フロント回りも一体で成型されているので、セパレート構造かつプラ製ボディのマルイ製MP5のような軋みやガタつきもなく、剛性も抜群であります!




▲マズル(銃口)部はネジが切られたN型仕様で、14mm逆ネジ規格の各社製サイレンサー/マズルデバイスが幅広く装着可能。




▲F型をモデルアップしたストックもリトラクタブルタイプながら安定感に優れたデザイン。スタンダード電動ガンと違ってリコイルのあるBRSSシリーズでは、ストックの造りが射撃時の感覚に大きく影響を与えるので、F型ストックの採用は大歓迎なフィーチャーであります!
実銃同様ストック基部にスプリング式プランジャーが内蔵されており、収納状態でロックレバーを操作するとバットプレートが数cm押し出されるようになっています。





▲バッテリーはハンドガード内に収納。推奨は7.4VのLiPoバッテリーで、ミニSタイプのものが収納可能です。




▲マガジンについては基本的に東京マルイ規格互換で、マルイ製ノーマルマガジンおよび200連多弾数マガジンもそのまま使用可能!ただしマガジンハウジングがタイトなので、マガジンの着脱の感触は若干固めです。
なお、マガジン上部がプラ製のMP5K用ショートマガジンや220連ダブルショートマガジンはちょっと相性が悪いようで、若干加工してやらないとロックしません。




▲実際に射撃してみると、コンパクトなボディに似合わないシャープなリコイルが新鮮!考えてみれば、マルイの次世代シリーズは今のところアサルトライフルばかりで、このクラスの銃はまだラインナップされてないんですよねえ。
なお、コッキングハンドルを引いてダミーボルトをホールドオープン状態にすると、リコイルをキャンセルできるようになっています。

ちょいと古い動画ですが、実機の射撃の様子も撮影致しましたので、どうぞご参照下さいまし!↓





エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月23日

『一層ポテンシャルが引き出されたハイキャパ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンハイキャパシリーズの一番人気商品『Hi-CAPA5.1 GOLD Match』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: HG本体 Hi-CAPA5.1 GOLD Match』
ハイキャパ5.1をベースにレースガン(競技銃)としてのポテンシャルをよりいっそう引き出したファクトリーカスタムバージョン!各所に配置されたゴールドフィニッシュのパーツが、オサレかつクールなイメージを演出しておりますね。
気化効率に優れたダイキャスト一体成型による大型マガジンを採用したハイキャパシリーズのブローバックの元気の良さは、今更説明するまでもないでしょう!




▲軽量化の為に各所に肉抜き加工が施されたスライド周りが最大のチャームポイント!肉抜き穴から覗くマットなゴールドのアウターバレルやリコイルプラグが、どことなくセイリエントアームズ製カスタムガンを思わせます。
フロントサイトは集光材入りのファイバーオプティクス仕様となっており、クイックサイティングの際に威力を発揮します。




▲フレームのダストカバー部にはダグラスカットと呼ばれる、特徴的なスラントカットが施されています。これアメリカの俳優マイケル・ダグラスさんの顎の形に因んだネーミングだとか。ダグラスはん、そんなにしゃくれてはりましたっけ?
ダストカバー下部にはウェポンライト等のオプションの装着に対応したアクセサリーレイルを標準装備。




▲基本的にはハイキャパ5.1のマイナーチェンジバージョンという位置付けですが、フルアジャスタブルリアサイト/アンビセフティ/エクステンデッド・スライドストップといったレースガンに不可欠とされるフィーチャーがしっかり盛り込まれており、実用性は抜群!
サードパーティ製カスタムパーツも豊富なので、自分だけの1丁を組み上げるためのベースガンとしてもおススメです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月23日

『通好みなフィクスドストックタクティカル』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲BOLT AIRSOFT製BRSS電動ガンMP5シリーズのラインナップの中でも特に通好みな1丁といえる『MP5A4 TACTICAL』が再入荷してきておりまする!




▲外観は実銃同様シートメタル(鉄板)からのスタンピング(プレス工法)で製作されており、非常にリアルな質感!プラ製のモナカボディでは中々こうはいきません!
カラーリングはややグレーがかったマットブラック仕上げ。




▲ハンドガードは左右および下面の計3面に20mmレイルを配したRAS(レイルアダプターシステム)を標準装備。レシーバートップにもドットサイト用ショートレイルマウントが装備され、非常に高い拡張性を備えております。
なお、バーティカルグリップは参考品(※別売り)となります。




▲ストックは安定感に優れたフィクスドタイプ。先行リリースされたMP5Jと違って後方配線となっており、バッテリーはストック内に収納します。




▲QDフラッシュハイダーを外すとマズル(銃口部)には14mm逆ネジ規格のスレッドが切られており、各社製サイレンサーやトレーサー等のマズルオプションを装着可能。
オプション未装着時にネジ山を保護するためのプロテクターも付属します。




▲ストックが固定式になった分全長は長くなりましたが、リトラクタブルストックに比べて構えたときの安定感が大きく向上しており、BRSS電動ガンならではのリコイルショックもコントロールしやすくなっています!
箱出しの状態で直ぐにサプレッサーや光学照準器、ウェポンライト、フォアグリップなどのオプションパーツのセットアップに対応できるのが、やはり魅力的ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月22日

『SIGさんちの高級アサルトカービン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製スタンダード電動ガンシリーズの人気ラインナップの一つ『SIG552』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン SG552 SEALS』
実銃はアサルトライフル界のロールスロイスの異名を持つ、SWISS ARMS(旧SIGブランド)の傑作突撃銃『SG550』をベースに、全長をSMG並みに切り詰めたマイクロコンパクトカービンバージョン。米海軍のSEALや陸軍のデルタなど、SOCOM(特殊作戦軍)隷下の特殊部隊にも一時期使用されていたといわれ、命中精度や信頼性の高さにも定評がございます。
唯一の欠点はM4系の数倍といわれるお値段くらいでしょうか?




▲ハンドガードの下面と右側面には20mmレイルが装備されており、バーティカルグリップやウェポンライトといったオプションパーツの装着にも対応。
レシーバートップに別売りのローマウントベースを装着すれば、ドットサイトやスコープなどの各種光学照準器の搭載も可能です。




▲本体付属のマガジンは実銃でいう20連タイプをモデルアップしており、スモーククリア成型のボディから覗く5.56mmx45ダミーカートがなんともエエ感じ!
サイドには接続用のカプラーが設けられており、マガジン同士を左右並列で組み合わせる、いわゆるジャングルスタイルで使用することができます。このフィーチャーはH&K社のG36シリーズも模倣しておりますね。




▲リアサイトはH&K G3のものと良く似たロータリータイプで、ドラムを回転させることでピープ(覗き穴)のサイズを変えることができます。
近接戦時のクイックサイティングから中距離における精密照準まで、あらゆるシチュエーションに対応可能!




▲ストックはサイドフォールディングタイプで、短めなマガジンと相まって折りたたんだ状態だと3DAYパックに収まるくらいコンパクトになりまする。
伸ばした時のガタつきもほとんど無く、固定ストックと変わらないフィーリングで使用できるので、本来の命中精度をしっかりと引き出せます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年02月22日

『まさに狙撃専用マシンの佇まい』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

S&Tブランドのイカスエアコッキングスナイパーライフルが、ちょこっと再入荷してきておりまする!↓


『S&T: DSR-1 エアコッキングライフル』
実銃はドイツの対テロ部隊GSG-9に制式採用されたことでも知られる、ブルパップ型ボルトアクションスナイパーライフル!
外観は基本的には先行リリースされていたガスガンバージョンと基本的に同じですが、細かい部分の仕上げはエアコキバージョンの方がなんとなく良くなっているかにゃ~?という気が致します。




▲各部のギミックもガスガンバージョンのそれを継承。バイポッドはハンドガードの上部レイルに固定されており、ドイツ製狙撃用ライフルに良く観られる吊り下げ式を採用しています。
バイポッドはガッチリ固定されているわけではなく、展開時もある程度フレキシブルに動くようになっています。
ハンドガード下部のスタビライザーはロックボタンを押しながら前後にスライドさせることで、お好みの位置にセットすることが可能。




▲マズル(銃口部)には無骨なマズルブレーキを装備。刻印からも分かるとおり、338ラプアマグナム弾を使用するバージョンがモデルアップされています。




▲セフティは大型のアンビタイプ。サポートハンドで操作することを前提とした設計なので、グリップを握ったまま利き手で操作することは、余程手の大きなユーザーで無いとまず無理でしょう。
ガスガンバージョンもそうでしたが、トリガープルは重く粘るような感触で、ストロークもかなり長く、えいやっ!と気合を入れないと引ききれません。仮にもスナイパーライフルなんだから、ここん所はもうちょこっと頑張って欲しかったにゃ~。

レシーバーの刻印を見ると、オリジナルの製造元であったAMPテクニカルサービス社ではなく、現在の製造元であるDSRプレシジョン社で製造された製品をモデルアップしているようです。




▲メカニズム的にはSILVERBACK製SRS-A1同様、プッシュコック方式を採用。ボルトを引くときよりも前進させるときに力が要るタイプですね。
出来ればSRS-A1のように、プルコッキング式に改修するキットもリリースしてもらいたいところ。




▲ストックは射手の体格に合わせ、長さやバットプレートの上下位置、チークパッドの上下位置をそれぞれ調整でき、モノポッドの展開ギミックもバッチリ再現されております。




▲少々難物なのがこのマガジン。どうもガスガンバージョンからガスの注入/放出バルブ関係をオミットしただけのようで、単体でもかなりの重量がございます。これが前後合わせて2個銃にセットされているわけですから、重量的な負担もかなりのものであります。
まあ銃本体も、貧弱な小生が付属のハードガンケースごと持ち上げようとしたら、うっかり腰をいわしそうになってしまったぐらい重たいんですけどね~!

ちなみにDSR-1はブルパップレイアウトなので、前後2個のマガジンの内給弾に使用されるのはグリップ後方にセットされた方で、前にささってる方はスペアとなります。




▲色々と厳しいことも書きましたが、DSR-1ならではのメカニカルで無骨なスタイリングはやっぱ問答無用でカッコエエですなあ。
ガスガンバージョンよりは実射性能に安定感がございますし、手の入れ方次第で化けるかも!
まあ、フィールドに持ち出そうと思ったら、それこそGSG-9の隊員並みに身体を鍛えてないと厳しいかもしれませんが。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月22日

『砂漠戦用スパルタン』残りわずかデス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックハンドガン限定品『M93R デザートスパルタン』!残りわずかとなっておりまするよ~!




『KSC (ケーエスシー): HG本体 M93R デザートスパルタン』
KSC製M93RガスガンシリーズのロープライスラインであるM93R-AGをベースとして製作された限定カスタムモデル!
初代スパルタンはブラックカラー一色でしたが、2代目はデザートの名の通りスライドやフレームがデザートタンカラーとなっております!




▲M93R独特のフィーチャーであるマズルブレーキと折りたたみ式フォアグリップがオミットされ、一般的なハンドガンに近いスタイル/サイズとなっております。
ちなみにデザートタンのカラーリングは塗装によるものではなく、樹脂製パーツの成型色なので、傷ついたりしても塗装が剥がれて下地が露出するようなことはありません。




▲アウターバレルの長さはM92FとM93Rの中間的サイズ。アウターバレルやエクステリア系のパーツをあえてブラックのままとして2トーンカラーに仕上げているところがオサレですね!




▲セレクターは3ポジション仕様となっており、実銃のセミオート/3点バーストに加えてフルオートでの射撃も可能となっております。




▲セレクティブファイア仕様の頼りになるサイドアーム!専用ストック光学照準器用マウントベースの装着にも対応し、お好みに合わせてより実戦的なスタイルにセットアップすることも可能です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年02月21日

『タナカワークス 2018年3月の新製品』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

タナカワークス様より2018年3月度新製品のご案内を頂きましたので、ちょいとご紹介したいと思いまする!↓


『タナカワークス: モデルガン本体 U.S. M1カービン Ver2』
長物モデルガンとしては久々の再販となるM1カービン!金属モデルガンながら観賞用のダミーカート仕様ではなく、キャップ火薬を使用してブローバック作動を楽しめる発火モデルであります!
今回生産されるのは内部機構や使用カートの設計を見直したVer.2で、作動の安定性やリコイルも大幅に向上しているとの事!
小生も一度くらい撃ってみたいにゃ~!買えないけど!




『タナカワークス: ハンドガン本体 コルトパイソン 6in Rモデル ジュピター』
リニューアルバージョンであるRモデルとなってますます好評のコルトパイソン・ガスガンシリーズ最新作!HW樹脂に特殊メッキを施し、ズッシリとした重量感と艶やかな仕上がりを両立させたスチールジュピターフィニッシュの6インチモデルであります!
やっぱ艶やかなブルーフィニッシュの肌あってのパイソンですよね~!




『タナカワークス: モデルガン本体 S&W M629 6.5in ジュピター Ver2』
S&W M29 44マグナムのステンレスバージョンであるM629を、これまたジュピターフィニッシュ(ステンレス・ジュピター)にてモデルアップ!
スレッジハンマーの彫刻入りアイボリー風『俺がハマーだ!』カスタムグリップとか、ぜひともオプションパーツで出して欲しいところであります!




『タナカワークス: モデルガン本体 M629 PC Flat Side 3in Ver2』
コチラもM629のバリエーションですが、ぐっとモダナイズされたスタイリングのパフォーマンスセンター フラットサイド 3インチモデル
一応スナブノーズ(短銃身)の範疇に入る3インチバレルから44マグナムを撃つことを考えると、ちょっと尻込みしてしまいそうであります!(モデルガンには反動無いけど。)
発火式モデルガンとしては短銃身のほうが音やマズルフラッシュの抜けが良くなるので、ガンガン撃ちまくる派のモデルガンファンにとっては大歓迎なフィーチャーであります!

以下、再販製品。↓


『タナカワークス: ハンドガン本体 S&W M327 M&P R8 5in HW Ver2』
異色の8連発リボルバーM327 M&P R8のVer.2/ヘビーウェイトモデルが再販決定!
リボルバーらしからぬタクティコーなスタイリングと、ペガサス系ガスリボルバーの中でも特に優れた実射性能で人気を博している製品であります!




『タナカワークス: MG本体 H&K USP EVO HP』
しばらくの間流通在庫が途絶えておりましたUSPモデルガンのハイパフォーマンス・エボリューションバージョンも久々の再販!
例によってある時にしかない製品でございますので、発火派のモデルガンファン諸氏はぜひとも確保に動いておくんなまし!

各製品とも3月13日メーカー出荷開始、翌3月14日頃から順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介