2018年08月18日

『夏が終わる前にガスブロ楽しんどけ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ブローバックマシンガンガンシリーズの人気ラインナップ『M4A1 MWS』が、ちょこっと再入荷してきておりまする!




▲外観はいつもの見慣れたSOPMOD仕様のM4A1カービンそのものですが、中身は最新のブローバックエンジンが内蔵され、リアルで臨場感あふれるオペレーションが体感できます!




▲サイドビューも電動ガンバージョンとさして代わり映えしない印象ですが、レシーバー周りは完全新規製作のリアルサイズとなっており、実際に手に取った時の感触はやはりスリムな印象です。
モーターを内蔵する必要が無いので、グリップも当然リアルサイズ!




▲リアサイトはHK416D DEVGRUに採用されていたものと同型のKACタイプ600mフリップアップリアサイトが標準装備となっています。
小生的にはより簡素な300mタイプをチョイスした方が、よりM4らしかったかにゃ~?とも思いますねえ。(←独断と偏見。)




▲テイクダウン状態にすると、やっぱりコイツはガスブロなんだと、あらためて実感させられます!
ボルトキャリアの形状を見ると、後部下面に作動時の摩擦抵抗を軽減するためのローラーが設けられるなど、内部についてはモデルガン的な再現性よりもトイガン用としての実用性を重視したアレンジが見て取れます。




▲ハンマーの前面にもローラーが装備されてますね。内部パーツの多くはクロームメッキされており、耐久性の向上とパーツ間の摩擦抵抗の軽減が徹底されているのが分かります。

海外メーカー製ガスブロM4だとテイクダウンピンやピボットピンが異様にタイトで、フィールドストリッピングの度にポンチとハンマーが必要になるような製品もありますが、その点マルイ製はスムーズです。
もちろん実銃同様スプリングプランジャーによる抜け落ち防止も施されているので、ピンそのものを紛失してしまうリスクも限りなく低いですね。




▲ストックはオーソドックスなブッシュマスタースタイルで、6段階の長さ調整が可能。ストックそのものは電動ガンからの流用っぽい感じですねえ。




▲レシーバーなどの主要パーツには流行のセラコート仕上げが施されており、従来の塗装よりも耐久性が格段に向上しています。これまでのマルイ製品は金属パーツの塗装の食い付きがいまいち弱かったので、セラコートの採用は有り難いところですね!
なお、細かいパーツ類は従来と同じ黒染めとなっています。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月18日

『M4用サプレッサーならこれで決まり』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲SOPMOD仕様のミリ系M4のセットアップに欠かせないイカスサプレッサーが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『VFC: サイレンサー SS-M4KAC-01 M4 KAC NT-4 QDサプレッサー ハイダーSET』
米国のKAC(ナイツ・アーマメント・カンパニー)が製造するM4カービン用サプレッサーQDSS NT-4の仕様をリアルに再現したサイレンサーセットでございます!




▲ヒートシンク状の放熱カバーが、いかにもミリタリー向けというイメージを醸し出しておりますねえ。
実銃の場合減音器(サウンドサプレッサー)というよりは、M4系特有の問題の一つである銃身の短縮化に伴って増大したマズルフラッシュを低減させるための外付け式消炎器(フラッシュハイダー)として利用されることが多いようです。




▲銃本体のフラッシュハイダーを付属のものと交換することで、ハイダーの上からサプレッサーをワンタッチで着脱することが可能!
スライド式のロッキングピースを操作するだけで、瞬時にセットアップできます!




▲付属のKAC QDタイプフラッシュハイダーは、スチールの削りだしで製作されています。
ハイダーの下部が斜めに切り欠かれているのは、発射ガスや火薬の燃えカスが隙間に入り込んで固着してしまった時に、ロックを解除してサプレッサーを反時計回りに回転させることで強制的に除装できるよう設計されているため。
決して不良品ではございませんよ~?




▲ハイダーは汎用性の高い14mm逆ネジ規格なので、M4系以外のトイガンにも幅広く装着可能!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月17日

『ギリギリの弾数で戦うのが醍醐味な銃です』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲カプコンx東京マルイのコラボレーションモデルサムライエッジハイグレードバージョンが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 サムライエッジ・スタンダード HG』
大ヒットサバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する、ラクーン市警察特殊部隊STARS(Special Tactics And Rescue Service/特殊戦術および救助部隊)の制式拳銃を、劇中のイメージに忠実にモデルアップ!
バイオハザード3以降のシリーズ各作品に幾度と無く登場している、ベレッタ92ベースのカスタムハンドガンであります!




▲外観の印象こそ旧バージョンとあまり変わっておりませんが、HG(ハイグレード)バージョンは現行のM9/M9A1と同系列のメカを採用しており、操作性やリアルさ、実射性能によりいっそう磨きが掛かっております。




▲旧バージョンでは塗装だったアウターバレルも、HG版ではクローム系のメッキ仕上げに。この艶やかさは、塗装では中々出せないですよねえ。




▲現行のM9/M9A1系がベースなので、旧バージョンでは省略されていたデコッキングシステムもバッチリ実装!セフティをかけるとハンマーが安全にニュートラル位置まで戻るので、初弾をダブルアクションで撃ちたい時に便利であります。




▲スライドの右側面にはサムライエッジのモデル名が大きく刻印されています。もちろんブリガディーアスタイルの強化スライドも新規製作品。
できればフレーム側の刻印も修正、百点満点だったかにゃ~?




▲ホップチャンバーも当然現行型の可変ホップ仕様!これで使用する弾の重さに気を使う必要も無くなりました。
マガジンはあえて旧バージョンと互換性を持たせているので、これまでにリリースされたマルイ製M92/M9系をお持ちのユーザーであれば、スペアマガジンに困ることもありません。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月17日

『発火モデルガンはやっぱ楽しいにゃ~』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ブローバック発火を楽しむためのモデルガン、タニオコバ製GM-7.5シリーズの最新作『コルトXSEショートモデル』が入荷して参りましてございまする!




『TANIO-KOBA (タニオコバ): ブローバックモデルガン GM-7.5 コルトXSEショートモデル』
コルト製M1911シリーズの現行モデルであるXSEのショートスライドバージョンをモデルアップ!
スライド側面の刻印もGVERNMENT MODELではなく、COMMANDER MODELに変更されております。




▲ダストカバーのサイズがフルサイズ仕様のままなので、実銃のコマンダータイプとは若干フォルムが異なるのですが、ブローバックモデルガンとしての実用性を重視して、あえてこのようなスタイリングを採用したようですね。




▲スライド/フレーム周りはHW樹脂のプレーン仕上げ。塗装やブルーイングを楽しみたいユーザー向けの仕様ですね。
使用カートリッジはダブルヘッドデトネーター仕様のオープンカートで、キャップ火薬のセットやメンテナンスも楽チンです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年08月17日

『信頼性のみを突き詰めたらこうなりました』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


ロシアンスキーウラ~!(?)なサバゲーマー同士諸君の必携サイドアーム、KSC製ガスブローバックハンドガン『トカレフ TT33』が、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 TT33 HW トカレフ』
実銃は第2次大戦当時にソ連軍制式拳銃として運用されていたロシア製自動拳銃。名称のTT-33トゥルスキー・トカレバ 1930/33の略称で、ツーラ造兵廠製トカレフ自動拳銃 1933年型みたいな意味合いとなります。
カラシニコフとかデグチャレフとかマカロフとか、名称に設計者の名前(フョードル・バシーレヴィチ・トカレフ)が入るのは、ロシア製兵器の命名規則のお約束ですね。




▲帝政ロシア時代にアメリカから輸入されたコルトM1911の基本設計を元に、徹底的な構造の簡略化を実施しており、部品点数の少なさとパーツ間のクリアランスを大きく取った設計により、あらゆる環境下で確実に作動する信頼性を実現。
特に厳冬期のロシアでは、外国製拳銃の多くが潤滑油の凍結や金属パーツの収縮などが原因で作動不良を起こすなかで、トカレフはなんら問題なく射撃を行う事ができました。
弾薬はこれまた帝政ロシア時代に数多く使用されていたマウザーC96(モーゼル ミリタリー)の7.62mmx25弾の規格を流用しており、ボトルネックケースと中口径弾の組み合わせから来る初速(貫通力)の高さから、分厚い防寒衣を着た敵兵を倒すのにも都合がよかったといわれます。




▲丸っこい形が特徴のハンマー。トカレフの設計上の特徴として有名なのが、部品点数を減らすために安全装置すら省略したという事実ですが、当時のソ連軍における拳銃の取り扱い規定では、携行時はチャンバー(薬室)を空にし、ハンマーを下ろした状態でホルスターに入れることとなっていましたから、実用上あまり問題は無かったようです。
日本軍を始め同時代の諸外国の軍隊でもそのあたりの規定はほぼ同じで、チャンバーに初弾を装填しセフティを掛けて持ち歩くコンバットロードという考え方は、1970年代後半あたりになって普及してきたメソッドですね。

ちなみにトカレフの中国製コピー品の中には、米国への輸出を目的にマニュアルセフティを追加したモデルも存在していましたが、パーツの組みつけがいい加減だったため、射撃中にパーツが吹っ飛んでしまうことが多かったとか。




▲フィールドストリッピング(夜戦簡易分解)の際にスライドストップを抜くのは原型となったM1911系と同じですが、M1911がプランジャーによって部品の抜け落ちを防止しているのに対し、トカレフは単純なスライド式クリップで固定する方式に改められています。
これも部品点数の削減と、組み立ての簡易化を狙ったフィーチャーですね。
分解/組み立て時にクリップをスライドさせる際は、マガジンのボトムプレートを突起部に引っ掛けて行うようになっており、長年使用された実銃を見ると大抵この部分に大きな擦り傷が残っています。




▲原型となったM1911より一回りサイズが小さめなためグリップ回りも細身で、分厚い防寒手袋を着用した状態でも扱いやすく出来ています。
グリップパネルは裏面に配置された回転式レバーによってフレームに固定されており、ネジを使っていないのが特徴。
KSC製もこのあたりの構造がバッチリ再現されています!




▲細身なシングルカーラムマガジンに重たいHW樹脂製のスライドという、ガスブローバックハンドガンとしては条件の悪いフィーチャーであるにもかかわらず、SYSTEM 7ブローバックエンジンの搭載により作動も快調!

ちなみに大ヒットスパイアクションムービー『キングスマン』の劇中、主人公達が使用するハンドガンキングスマン・ピストルのベースとなったのもこのトカレフで、フレームに単発のアンダーバレルショットガンを組み込んだカスタムモデルが欲しくなりますねえ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月16日

『ショットガン版デリンジャー』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲インドア戦の最後の切り札にピッタンコな手の平サイズの超小型ショットガンが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『SHOW GUNS: ESC エマージェンシーショットシェルキャリア 各色』
タナカワークスやPPSのライブカートショットガンと同規格のガス式ショットシェルを使用する、超小型単発式ランチャー!
ショットガンの弾が撃てるシングルショット・デリンジャーみたいな銃だと言えば、その性質が分かりやすいでしょうか?




▲バレルをポップアップさせてシェルの装填/排莢を行うトップブレイクデザインを採用。
グリップに相当する部分がほぼ無きに等しいので、ハイスタンダードD100デリンジャーみたいに人差し指をバレルに添え、中指でトリガーを引くようにした方がしっくり来るかも。




▲ナイロン製の専用ケースも付属。MOLLE/PALSウェビングへの装着に対応するので、プレートキャリアの空いたスペースなんかにセットするのも良いでせう。
ケースのフラップにはベルクロのパイル生地が縫い付けられているので、パッチなどでカスタマイズすることも可能です。




▲銃本体にセフティは装備されていませんが、ケース側に手榴弾のようなセフティクリップが設けられており、携行時の暴発を防止することができます。
ケースから抜き出せばクリップが勝手に外れてくれるので、即応性もまずまず良好!




バレル上の2本のリブとバレルロックレバーが簡易サイトの役割を果たしておりますが、デザインや使い道から言って狙いを付けて撃つような銃ではございませんので、気休めみたいなモンですねえ。
40mmカートを使用するフルサイズのグレネードランチャーに比べて、1ショットで撃てる弾数は6発と少な目ではありますが、ポケットに放り込んでおけるコンパクトサイズは大きなメリットであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月16日

『対BOW用ハンドガン』発売部決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイxカプコンのコラボレーションによるバイオハザード・トイガンシリーズ最新作『アルバート.W.モデル01P』の発売日が決定致しましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 バイオハザード アルバート.W.モデル01P 』
大ヒットホラーゲーム『バイオハザード』シリーズの世界観に存在する火器をモデルアップするこのシリーズ。本モデルは対バイオテロ専門のPMC(民間軍事会社)として再建された新生アンブレラ社に所属するオペレーター(軍事契約要員)のサイドアームとして開発されたハンドガンという設定だそうでございます。




▲本体は限定品として先行リリースされたサムライエッジ アルバート.W.モデル01と良く似た外観ですが、スライドの形状がノーマル92F型に変更され、アウターバレルも短く切り詰められています。
一方フレーム回りはサムライエッジバージョンとほぼ同じ構成のようで、発砲時のハンマーバイトを防ぐビーバーテイルや、アンダーマウントレイルが標準装備となっています。
俯瞰してみると、新生アンブレラ社にアドバイザーとして迎えられたクリス・レッドフィールドに与えられたサムライエッジバージョンをベースに、各部を整理した量産型みたいな感じでしょうか?




▲グリップフレーム前後の滑り止めも、より効果の高いチェッカリング仕様。グリップに埋め込まれたメダリオンはサムライエッジバージョンではSTARSのエンブレムでしたが、01Pではブルーを基調とした新生アンブレラ社のロゴマークとなっています。




▲内部メカはM9/M9A1/サムライエッジHGと同じ現行バージョンなので、可変ホップ仕様のチャンバーやデコッキングシステムも標準装備となっています。
本製品は限定モデルではなく、マルイガスブローバックハンドガンの通常ラインナップとしてリリースされるので、『限定モデルはもったいなくてサバゲやマッチに使えない!』というバイオファンにも思う存分撃ちまくって頂けますね!

8月30日メーカー出荷開始、翌8月31日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月15日

『M&P9L PC Ported用リアル刻印フレーム』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンM&P9シリーズ、特にM&P9L PC Portedにピッタンコなパフォーマンスセンタータイプのリアル刻印カスタムフレームが入荷してきておりまする!




『Nebula (ネビュラ): マルイ M&P9 PCタイプリアル刻印フレーム 各色』
海外カスタムパーツメーカーNebula(ネビュラ)がリリースするポリマー製カスタムフレーム!
カラーはブラックタンの2色がラインナップされています!




▲S&W社内のセミカスタム部門パフォーマンスセンターで生産されるM&Pのファクトリーカスタムモデルの仕様を再現したタイプということで、トリガーガード内側後部にトリガーストップが追加されております!トリガーを引く際の遊びをギリギリまで調整できるので、素早いトリガーリセットが可能!
なおトリガーストップはシルバーとブラックの2種類が各1個付属します。




▲マルイ純正フレームは右側面にトイガンオリジナルの刻印が追加されていることもあって、リアル派にはやや興醒めな外観となっていますが、Nebula製フレームは実銃準拠の無刻印仕様!
テクスチャー(表面仕上げ)もやや荒めでザラついた肌触りで、より滑りにくくなっています。




▲もちろんパームスウェルは純正のものが無加工で装着可能。グリップエンドのS&Wトレードマークも、純正フレームに比べてくっきりとした印象です。




▲組み込みそのものは比較的容易ですが、個体差によってはスライドの動きが渋くなる事がございますので、その場合はポリマーフレーム上部のスライドと接触している部分を軽くヤスリ掛けしてやると良いでしょう。
M&P系を分解する際はフレームにインナーシャーシを固定する3本のピンが結構硬いので、サイズの合うピンポンチも用意しておいた方が良いかにゃ~?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月15日

『FNさんちのポリマーフレーム9mmオート』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


CyberGun(サイバーガン)ブランドガスブローバックハンドガン『FNS-9』が再入荷してきておりまする!




『Cyber Gun: ガスブローバック ハンドガン cg-fns9-bk FNS-9 BK』
実銃はベルギーの老舗ガンメーカーFN-HERSTAL社がリリースする、9mmx19パラベラム口径の最新ポリマーフレームオートピストル!ちなみに同型で40S&W弾を使用するFNS40も存在しております。
全体的なデザインは45口径のFNX-45系と良く似た印象ですが、コチラは9mm口径という事でサイズが一回り小さく、また昨今流行のストライカーファイアリング方式を採用しているため、ハンマーも存在しません。




▲この銃の登場で、かつてのFN製軍用ハンドガンの主力商品であったブラウニング・ハイパワーの存在も、完全に過去のものとなった感がございますねえ。ついこの間、とうとうハイパワーの生産も終了してしまいましたし。

ここ最近のFN製ハンドガンのデザインラインを引き継いだ、無骨で四角張ったデザインラインが特徴で、グリップラインやチェッカリングのパターンなどに、そこはかとなくFive seveNを連想させる部分もございます。




▲セフティ/デコッキングレバーがオミットされていることを除けば、コントロール系もFNX-45とほぼ同じ。
マガジンキャッチやスライドストップは完全なアンビ仕様で、左利きのシューターにも特別な訓練の必要なく使用できます。特にマグキャッチは左右どちらからボタンを押し込んでもマガジンをリリースできる設計となっています。




▲ダストカバー部のアクセサリーレイルは汎用性の高い20mmのピカティニー仕様。レイル中央には同クラスの他社製オートピストルと同じようにシリアルナンバータグが埋め込まれています。




▲グリップはFNX-45同様バックストラップ側にやや角が立った形状で、ユーザーによっては好き嫌いが分かれるかも。もっともサイズが一回り小さい分、FNX-45のようにもてあますような感触はありません。
例によってバックストラップは大小2サイズが付属するので、お好みに応じて組み換えが可能です。




▲外観を崩さないよう、注入バルブも放出バルブと並んでマガジンの背面に設けられています。FNX-45でも同じようなレイアウトが採用されておりました。
マガジン全体の仕上げはザラっとした艶消し塗装。




▲ヨーロピアンオートらしからぬ無骨なフォルムが魅力の1丁!新し物好きなシューターのサイドアームとしてもおススメの逸品であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月14日

『アーバングレイなコンパクト45』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲リアルな外観と快調な作動で人気を博しているUMAREXブランド・ガスブローバックハンドガン『HK45CT』シリーズのカラーバリエーションが再入荷してきておりまする!




『UMAREX (ウマレックス): HG本体 sa3-hk45c-gy01 HK45 コンパクト タクティカル GREY』
実銃はH&K社製45口径自動拳銃HK45をベースに、スライドとフレーム周りを切り詰めて開発されたセミ・コンパクトモデル!
TACTICALモデルはバレルを延長してネジを切り、サプレッサー(サイレンサー)などのマズルデバイスの装着に対応させたスレッデッドバレル仕様となっています。




▲フレームの成型色がアーバングレイに変更され、市街地での対テロ作戦に対応させたようなロービジリティカラーに仕上げられています。
ポリマーフレームのオートは、フレーム周りの成型色が変わるだけで全体の印象も大きく変わりますね!




▲マズル(銃口部)のスレッド(※ネジ山)は実銃同様16mmの正ネジ仕様で、KSCや東京マルイのMK23 SOCOMなんかと同じ規格となっております。
マルイ製SOCOMピストルやHK45 タクティカルに付属しているサイレンサーも無加工で装着可能!




▲ブラック系やTYPHON系の市街地戦闘用装備に良く合うサイドアーム!フルサイズ系オートに比べてサイズがコンパクトなので、行動時に邪魔になり難いところもGOODですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月14日

『ハイサイクルなトM4ショーティ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


箱出しで使えるサバゲウェポンとして人気を博している東京マルイハイサイクル電動ガンシリーズの人気ラインナップが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガンHC本体 M4 CRW HC』
数ある電動ガンの中でも一番人気のM4カービン系をベースとした、取り回しの良いショートバレル/サブカービンバージョン!
名称のCRWとはClose range Weaponの略称で、近接戦用火器みたいな意味合いになりまする。
ちなみに英陸軍の特殊部隊SAS(※正確には第22SAS連隊)にもCRWと呼ばれる対テロ部隊が存在しますが、コチラはCounter-Revolutionary Wing(対革命ウイング)の略。
…あんまし関係なかったか。(※全然関係ありません。)




▲ハンドガードはKACタイプのRIS(レイル・インターフェイス・システム)。4面に20mmレイルが配され、バーティカルグリップやウェポンライトなど、あらゆるオプションパーツの装着に対応します。




▲リアサイトは折りたたみ式のBUIS(バックアップアイアンサイト)が標準装備となっており、光学照準器搭載時にも邪魔にならないよう配慮されています。
サイトのブレードそのものが細身なので、リアサイトを起こしたままの状態でもドットサイトのチューブを素通ししてそのまま照準することが可能。




▲ストックはかつて限定カスタムとしてリリースされた『M4 PMC』と同タイプのショートタイプ・フィクスドストックを採用。
リトラクタブルストックのような伸縮機能はありませんが、程よい長さでガタツキも無く、プレートキャリアなどの装備で着ぶくれした際も構えやすく出来ております。
バットプレート上下のダミースクリュー(上側)がロックボタンとなっており、ボタンを押しながらプレートをスライドさせるとプレートが外れてバッテリーがセットできます。




▲マガジンもゼンマイ給弾式の300連多弾数タイプが標準装備となっており、あとはバッテリー(※ミニSサイズ対応)さえ繋げば即サバゲに投入可能!
インドアやブッシュでの遭遇戦に威力を発揮します!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年08月14日

『マスターファイアホルスター用ポリマーウェポンライト』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲SUREFIRE製MASTERFIRE Rapid Deployホルスターに対応したエコノミー仕様なハンドガン用ウェポンライトが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『SUREFIRE (シュアファイア): 本体 XH15 ポリマー LED ウェポンライト 350ルーメン』
MASTERFIREホルスター独自のロッキングインターフェイスであるホルスターマウントシステムを標準装備した、システマティックなウェポンライトであります!




▲ボディは繊維強化ポリマー樹脂製で、重量約120gと軽量ながら非常に頑丈!基本的な操作系は同社のX300系に準じていますが、レイルキャップは着脱/交換式となっておらず、あくまでハンドガン専用と割り切った設計になっております。




▲装着用のインターフェイスはオーソドックスなスクリュークランプ式。レイルの幅や形状の個体差に関係なく、確実な固定が可能です。




▲バッテリーの交換はベゼル部分を外して前方から行います。使用バッテリーはお馴染みのCR123/SF123A系3Vリチウムバッテリーですが、X300系と違って使用本数は1本となっています。
輝度という点ではX300/XH35系と比べて一段落ちるものの、それでも350ルーメンという必要にして十分すぎるほどの高輝度を備えております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月13日

『色んな銃をラバグリ化してしまうアイテム』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲各種ハンドガンのグリップに被せるだけでフィンガーチャンネル仕様のラバーグリップに早変わりする、汎用性高めなグリップスリーブが入荷してきておりまする!




『HOGUE (ホーグ): #17000 HANDALL ユニバーサル グリップ スリーブ BK』
あらゆる種類の銃器のカスタムグリップやストックをラインナップしていることで知られる、米国『HOGUE』(ホーグ)社が製造するスリーブ型汎用ラバーグリップ!
元々は独立したグリップパネルを持たないグロックシリーズなどのポリマーフレームオートピストル用としてリリースされたアイテムですが、標準的なサイズの自動拳銃(M1911系やH&K USP系、SIG P220/226系、ベレッタ92系、Px4 Storm etc)であれば、大抵の銃に装着可能となっています。




▲専用のラバーグリップがラインナップされていない機種でも、元のグリップの上から被せるだけでフィンガーチャンネル仕様のラバーグリップに大変身!
グリップのサイズ自体は若干太くなりますが、ホーグならではのエルゴノミクスデザイン(人間工学的設計)と素材配合によるしっとりとしたフィット感は特筆ものです!
ハンドガンのみならず、B&T MP9やH&K MP5、MP7A1といったサブマシンガン等のショルダーウェポンのグリップのカスタマイズにもピッタンコ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月13日

『リコイルアリアリなMP5SD6』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲射撃に伴って臨場感溢れるリコイル(反動)を体感できるBOLT AIRSOFT製BRSS電動ガンシリーズのラインナップの一つMP5SD6 クラシックが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『BOLT Airsoft: 電動ガン本体 MP5SD6 クラシック』
世界各国の軍/法執行機関系特殊部隊に採用されているH&K MP5サブマシンガンシリーズの消音バージョン!バレル周りにビルトインされたインテグラルサプレッサー(内蔵式減音器)が、いかにも特殊作戦用といった風情を醸し出しておりますねえ!




▲バッテリーの交換はサプレッサーを外して前から行います。ハンドガード内のバッテリーコンパートメントは意外とスペースに余裕があり、ミニSサイズのバッテリーもすっきり収納可能。
サプレッサーの先端部には吸音用のスポンジが内蔵されているので、限定的ながら減音効果もあり。




▲レシーバー回りは実銃同様にシートメタルのスタンピング(※鉄板のプレス加工)で製作されており、リアルな質感と剛性の高さを両立させています!このガッチリとした剛性感は、プラ製&モナカ構造のマ〇ルイ製MP5シリーズにはちょっと真似できませんねえ。

コッキングハンドルを引くとダミーボルトが後退し、エジェクションポートからホップアップの調整が行えます。またレバーをスロットに引っ掛けてホールドオープン状態にするとリコイルショックがキャンセルされ、スタンダード電動ガンと同じような感覚で射撃を行うこともできます。




▲リトラクタブルストックはこれまでのBOLT製MP5シリーズと同じく、バットプレートが大型化されたF(フレンチ)タイプ。
肩当部分の面積が大きく、伸縮式ながら構えた時の安定感も非常に優れております。




▲軍対テロ特殊部隊系からLE(法執行機関)系まで、幅広い装備にマッチするメインアームであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年08月13日

『ロボコップファン必携のマシンピストル』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲今尚根強い人気を誇るムービープロップハンドガン『AUTO9』(オートナイン)が再入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): HG本体 M93R AUTO 9C』
1987年に公開されたポール・バーホーベン監督による傑作SFバイオレンスアクション映画『ロボコップ』(原題 RoboCop)に登場し、一躍有名となったベレッタ93Rベースのロボコップ専用マシンピストル!
93R本来のデザインラインを活かしつつ、巨大なスタビライザーや大型化されたサイト、専用グリップの追加によってシルエットを大きく変化させた好デザインが光る1丁であります!

当初このプロップガンには名前が付けられていませんでしたが、エド・ナーハ氏が執筆したロボコップの小説版において9mm口径の自動拳銃というようなニュアンスでオート9と記述されたため、それが本銃を表す名称として定着したとか。
ブレードランナーのブラスターなんかも似たような経緯で付けられたニックネームですね。




▲本製品のベースとなっているのはハイエンドバージョンであるM93R II系では無く、廉価版のM93R AGの方。
メカニズムのリアルさではM93R II系に一歩譲りますが、構造が簡略化されている分作動は非常に快調で、価格がお値ごろなのも嬉しいところ!セレクターの切り替えにより、セミ/フルオートでの射撃が可能です。

ベレッタ93Rは本来セミオート/3点バーストのセレクティブファイア仕様ですが、ロボコップで使用されたプロップガンは空砲で確実にバースト機能を作動させるのが難しかったらしく、本体をフルオート仕様に改造した上で指きりでバースト射撃を行っているようでございます。
オールド・デトロイト市警のシューティングレンジで射撃能力のデモンストレーションを行っているシーンが一番顕著で、4~5発のバーストになっているカットが多いですね。




▲特徴的なスタビライザーをはじめ主要な外装パーツはABS樹脂製なので、見た目に反して非常に軽量。おかげでロボコップのようにサイボーグ化してなくても、片手で楽々射撃が行えます!
なお、劇中でロボが事あるごとに披露するガンスピンですが、失敗して足の上に落としたりすると悶絶級に痛いので(※経験者談、俺だよ俺!)、なるべく真似しないほうが賢明かと思います。




▲グリップは大型化され、一見握りにくいんじゃないの?という印象ですが、実際に指が掛かる部分のサイズはノーマルグリップとさほど変っておりません。

ちなみにシリーズを通して使用されたプロップガンの中には、93Rでは無くより調達の容易な92Fをベースに製作された個体も存在しており、鋼の錬金術師、もとい鋼鉄の魔術師と呼ばれた往年の名ガンスミスジム・ボウランド氏がその製作に携わったとか。92Fベースのプロップはスライド上にセフティが有るので見分けやすいです。
クラスⅢウェポン(マシンガン)に分類される93R自体、米国内では非常に希少なモデルである為、オート9のベースになった銃も撮影終了後は追加したパーツを取り外してノーマルな外観に戻されたみたいです。
他にもかつて販売されていた日本製トイガン(旧MGC製のフィクスドスライドガスガン)も外観がよく出来ていたため、2作目以降非発砲シーンの撮影で使用されておりました。




▲2014年にリメイク版も製作されたロボコップですが、現在オリジナルシリーズの正当続編の企画も進行中とのことで、第1作目のファンである小生としても期待したいところ!(リメイク版もわりかし好きだったりしますが。)
流石にオリジナルでロボを演じたピーター・ウェラーの出演は無理かにゃ~?なんせ今年で御歳70歳ですし、ロボコップじゃなくてヨボコップになっちゃいそう!(それはそれで観てみたい気も致しますが。)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月12日

『AK47!リコイルマシマシで』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製次世代電動ガンAKシリーズのラインナップの一つ『AK47 TYPE3』>が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AK47 TYPE3』
旧ソ連が生んだ傑作アサルトライフル『AK47』の中でも、最も多く生産されたといわれる最後期型、通称タイプ3をモデルアップ!
このタイプ自体はスタンダード電動ガンでもモデルアップされておりますが、外観に関しては明らかにディテールの精密感が向上しております!




▲樹脂製レシーバー仕様だったスタンダードバージョンに対し、次世代バージョンは金属製(※アルミダイキャスト)レシーバーを標準装備しており、剛性感が大幅に向上しております!
使い込んでエッジ部分などの表面仕上げが褪せてくると、エエ感じな雰囲気になりそう!




▲固定ストック仕様ですが、バッテリーはストック内ではなく、他の次世代AKシリーズ同様ハンドガード内に収納するようになっています。
ロックレバーを操作するだけで、素早くアッパーハンドガード(ガスブロック)を着脱することが可能!




▲付属のマガジンは次世代AK47専用の90連タイプで、スタンダードAK47用や他の次世代AKシリーズ用とは互換性がありません。
次世代AKシリーズとしては初搭載となるオートストップ機能に対応しており、全弾撃ちつくすと実銃同様自動的に発射サイクルが停止します。
マガジンチェンジ後、ボルトをコッキングすることで射撃可能な状態に復帰するようになっており、実銃同様のリアルな操作感を実現!




▲一方付属のマガジンアダプターをマガジンハウジング内にセットすると、スタンダード電動ガンAKシリーズ用マガジンを使用できるようになります。
もちろんオートストップ機能は使用できなくなりますが、このセットアップならスタンダードAK47用の600連多弾数タイプマガジンも使用できます!
なお、アダプターはスペアも含めて2個付属。




▲実際に600連マガジンを装填するとこんな感じ。マガジンの抜き差しもスムーズで、外観上も全く違和感がありません。
さすが純正ですね!



▲ストックやハンドガード、グリップは樹脂製ですが、スタンダードバージョンに比べて色味がやや暗く渋めな仕上がりとなっており、中々に悪く無い雰囲気です。
MULEから木製ストックセットもリリースされているので、拘る方は交換してしまうのも手ですね。




▲スタンダードタイプのAK47と形そのものは変わらないように見えても、実際に手にとって撃ってみると認識が完全に変わります!
東京マルイ製AKシリーズ電動ガンの集大成といえる、見事な出来栄えといえるでしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月11日

『SCAR用イカスレシーバーエクステンション』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲各社製SCARシリーズ電動ガン/ブローバックガスガンに対応したイカスレシーバーエクステンションが入荷してきておりまする!




『Kinetic SCAR MREX M-Lok 4.9in Rail 』
米国のガンアクセサリーメーカーKinetic Development GroupがリリースするSCAR MREX M-LOKレイルの4.9インチバージョンをモデルアップ!
PTSブランドのラインナップということで、KINETIC社正式ライセンス商品となっております。




▲東京マルイ製次世代電動ガンをはじめ、VFC/CyberGun/WE-TECHなど、各社がリリースするSCARL/SCAR-Hトイガンに対応するとのこと。上の画像はマルイ製次世代電動ガンSCAR-Hですが、無加工でポン付け可能でございました。
ちなみにMREXとはModular Receiver Extensionの略称で、ロアハンドガードとフロントエクステンションが一体となったデザインが特徴。




▲細身で無駄のないフォルムが必要な箇所に必要なオプションのみをセットアップできるM-LOKシステムと相まって、高い拡張性と軽快さを両立させております!
エクステンションの固定用スクリューは装着する銃本体のネジ規格に合わせて複数が同梱されており、規格の合うものを選んで使用するようになっています。




▲SCAR特有のフロントヘビーさが解消され、スリムなデザインのおかげでホールド感も上々!
カラーはブラックダークアースの2色がラインナップされています!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月11日

『HK45CT用イカスカスタムスライド』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲UMAREXブランドからリリースされているガスブローバックハンドガンHK45コンパクトタクティカルに対応したイカスカスタムスライドが、めっちゃんこ久しぶりに再入荷と相成りましてございまする!




『NOVA(ノヴァ): H&K HK45CT カスタムスライド(VFC-010-BK)』
海外カスタムパーツメーカーNOVA(ノヴァ)がリリースする、アルミ削りだしのカスタムスライドセット!
スライド/アウターバレル/フロント&リアサイトのセットとなっております!




▲UMAREX製HK45CTは元々メタルスライド仕様ですが、金型による鋳造で製作された純正スライドはややモールドの甘さや下地の荒さが目立つ部分があり、塗装もあまり綺麗とはいえないのが実情。
その点NOVA製スライドセットはNCマシニング(※コンピューター制御削り出し工法)によるエッジの立ったシャープな仕上がりと、アルマイト仕上げによる均質なマットブラックフィニッシュが魅力です!




▲アウターバレルもアルミ製でマズル(銃口部)のネジ規格は純正と同じ16mm正ネジ仕様。チャンバー部の刻印もレーザー彫刻により綺麗に入れられております。




▲付属のサイトセットはHEINIE(ヘイニー)xトリジコンスタイルのハイプロファイルサイト。純正よりも背が高く、サプレッサー(サイレンサー)を装着した状態でも支障なく照準が行えます!




▲フロントサイトもこのとおりハイプロファイルタイプ。極小サイズのトリジコン刻印もしっかり入れられております!
惜しむらくは発光カプセルが入れられていないため、実際にナイトサイトとして使用することが出来ないという点ですね。
他のサイトセットから蓄光素材を取り外して移植するのも、一つの手かも。

今回も入荷数は極少数に留まっておりますので、気になる方はお早めにどうぞ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年08月11日

『見た目は散弾銃、実態は狙撃銃』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲マルゼン製エアコッキングショットガンCA870 ソウドオフが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『マルゼン: ショットガン本体 CA870 SAWED OFF』
レミントン社製ポンプアクションショットガンM870をモチーフに、同社の競技用エアソフトガンAPSシリーズのノウハウを投入して開発されたエアコッキングガン!
姿かたちこそショットガンですが、性能的にはスナイパーライフルに近い製品であります!

ソウドオフバージョンはその名の通り、銃身とストックをノコギリで切り詰めて小型化された銀行強盗用改造型をモチーフとしており、ちょっぴりバイオレントでイリーガルな雰囲気に仕上がっております。




▲十分なパワーが出ているにもかかわらずコッキングは非常に軽く、ポンプアクション方式により連射もスムーズに行えます!ボルトアクション式スナイパーライフルに劣らない命中精度を備えながら射撃姿勢を崩すことなく連射が行えるCA870シリーズの特性は、ポンプ式ショットガンのデザインをベースとしたことによる強みですね!
マガジンはゲーム用としては扱いにくいチューブ式ではなく、敢えて着脱式のボックスマガジンを採用しているので、ゲーム中のリロードも容易に行えます!




▲やや大柄ながら、ハンドガンよりも実射性能面で頼りになるサイドアームとしても大活躍してくれます!
携帯の際はグリップエンドのスイベルにワンポイントスリングを装着し、ベルトにウェポンキャッチを付けて固定してやると、行動の際も邪魔になりにくいです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年08月10日

『ポンコツじゃないもん』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ETU(電子トリガーシステム)搭載で生まれ変わった(と言うほどでもないか?)G&G製ハイエンド電動ガン『L85A1』が、ちょこっと入荷してきておりまする!




『G&G: 電動ガン TGL-L85-A1E-BBB L85A1 ETU』
実銃は1980年代半ば~90年代初頭にかけて英軍の制式ライフルとして運用された、ロイヤル・オードナンス製アサルトライフル。
無骨さと近未来感が入り混じった独特なフォルムが、登場当時話題となったものでございました。

前制式ライフルであったL1A1 バトルライフル(※英軍版FAL)と大して変わらない過大な重量や、頻発するジャミング、行軍中に脱落するマガジン、左利き射手を想定していないユーザーインターフェイスなど、現場の英軍兵士達からも結構ボロクソ言われている曰く付きのライフルですが、そういうポンコツさ加減も含めて、根強いファンの多いモデルですね。
別名『大英帝国の構ってちゃん』




▲SA80/L85系の設計母体となったのは、スターリング社で企画されていたアーマライト AR-18のブルパップバージョンだと言われています。
わが国の豊和工業によるAR-18系の生産が政治的理由から中止された後、製造ライセンスを取得したスターリング社が独自に計画したバリアントでしたが、結局実機が製造されることはなかったみたいですね。
スタンピング(鉄板のプレス工法)で製作されたレシーバーや、角型のボルト、ガスシステム、ボルトに直付けされたコッキングハンドルなど、言われてみれば確かにAR-18の面影みたいなものが見て取れますねえ。




▲改良型であるL85A2とL85A1を見分けるポイントの一つがマガジンキャッチ。A1にはボタン部分にガードがないため、行軍中にマグキャッチが誤作動し、弾倉の脱落が多発しました。
A2以降のモデルはボタンの周囲にガードが設けられ、不具合が改善されています。
マガジンハウジングの後ろにあるレバーは、セミ/フルオートを切り替えるセレクター。




▲もう一つの判別ポイントがコッキングハンドル。スターリング製AR-18のような小ぶりな円柱状ハンドルが装着されています。
A1では排莢される空薬莢がハンドルに当たってエジェクションポートに出戻ってしまい、ジャミングを起こすことが判明したため、A2以降のモデルはブラスディフレクター(排出される空薬莢が飛んで行く方向を制御する装置)を兼ねた大型のコッキングハンドルが装備されるようになりました。
ダミーボルトはライブで可動し、コッキングハンドルを引くと連動してダストカバーが開きます。




▲セフティはボタン式で、トリガーフィンガーで押し込んで操作するようデザインされています。
レシーバー後部のセレクターレバーを予めセミオートかフルオートのポジションにセットしておき、トリガーガード上部に設けられたボタンでセフティのON/OFFを行うというシステムで、同じブルパップレイアウトのFA-MASなんかも似たような操作性となっています。




▲ハンドガード上部を開くと、内部にはガスブロックやヒートシールドも再現されております!う~んリアル!
駆動用のバッテリーはハンドガードの下部に収納。




▲色々と曰く付きな実銃に対して、電動ガンバージョンの方はすこぶる快調!(※ちょっぴり重たいけど。)これなら戦場のモンティパイソンの不名誉な二つ名も返上できるでしょう!

あとは最新バージョンであるL85A3あたりも、その内ラインナップに加えていただきたい所であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介