2018年07月12日

『グロック用フルハウスカスタムフレーム』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガングロック17/グロック18Cシリーズのユーザビリティを大幅に向上させるイカスカスタムフレームが再入荷してきておりまする!




『honeyBee(ハニービー): HW-172 マルイG17/18C STRIKERグリップ 各色』
かゆいところに手の届くカスタムパーツのラインナップでお馴染みのhoneyBee(ハニービー)がリリースする、東京マルイ製フルサイズグロックシリーズ対応のカスタムフレームであります!




▲ノーマルフレーム(※画像上)と見比べてみると、各部の形状の違いが良く分かると思います。
ただ単にグリップをスリム化したというだけでなく、バックストラップの角度修正や、ユーザーによっては手に合わないことが多いフロントストラップのフィンガーチャンネルの削除など、実際に射撃をするシューターの意見を取り入れてデザインされた事がはっきりと分かります!




▲マグキャッチはボタン部分を後部に大きく延長したGen.4系に近い形状で、グリッピングを大きく変えることなく操作できます。
純正と違って金属製なので、強度面も心配なし!




▲スライドストップの前方にはフィンガーレストが設けられており、2ハンドホールドの際にサポートハンドの親指をここに乗せることで、リコイルのコントロールがやり易くなります。
こういう盛り上げる工作は、個人カスタムでやろうと思うとパテ盛りやらなんやらで中々面倒なんですよねえ。削るのは簡単なんだけど。




▲グリップ上部後端にはビーバーテイルが追加されているので、いくらハイグリップしても後退するスライドで怪我をするようなことはありません。
この部分はちょっぴりS&W M&Pに似てるかにゃ~?




▲ダストカバー部の形状は大きく変わっておらず、オリジナルと同じようにウェポンライトの装着に対応します。(※若干タイト気味ではありますが。)




▲マルイグロック特有の、シリアルナンバープレート部のスライド式セフティもご覧のとおりバッチリ機能します。サードパーティ製のリアルタイプ・シリアルナンバープレートとの組み合わせも問題なし。




▲トリガーガードもオリジナルに近い形状なので、トリガーガードでロックするタイプのグロック専用ホルスター(※BHI CQCやサファリランド製カイデックスホルスターなど)も問題なく使用できます!




▲発売当時小生も実際に組んでみましたが、未加工ポン組みの状態でもほぼ問題のない精度の良さ!細かい事言うと、トリガーピンの入る穴が気持~ちきつめかにゃ~?という程度でございました。
グロックシリーズの分解組み立てに慣れた方なら、10分もかからずに組み込めるでしょう。

カラーはブラックフラットダークアースライトグレイの3色がラインナップされております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!






サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら



同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『マルイさんちのガスブロCQB-R』入ってマス!
『真っ黒けな陸特風味HK416』入りました!
『グロック用ベクター風味キット』入ってマス!
『マルイグロック用 イカスTTIサイトセット』久々に再入荷!
『LCT AKシリーズ用電ブロユニット』近日発売!
『元祖ミリガバ』入ってマス!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『マルイさんちのガスブロCQB-R』入ってマス! (2018-11-16 21:27)
 『真っ黒けな陸特風味HK416』入りました! (2018-11-16 17:05)
 『グロック用ベクター風味キット』入ってマス! (2018-11-15 21:05)
 『マルイグロック用 イカスTTIサイトセット』久々に再入荷! (2018-11-14 17:05)
 『LCT AKシリーズ用電ブロユニット』近日発売! (2018-11-13 21:05)
 『元祖ミリガバ』入ってマス! (2018-11-13 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。