2018年11月13日

『元祖ミリガバ』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガン1911ガバメントシリーズの永遠の定番モデルが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ガスブローバック ハンドガン COLT GOVERNMENT (コルトガバメント) M1911A1』
1985年にベレッタM9に更新されるまで、実に70年以上(M1911の時代含む)に渡って米軍のサイドアームとして使用され続けた、軍用自動拳銃の至高のマスターピースであります!




▲昨今主流のタクティカル系1911とはエクステリアのフィーチャーがかなり異なりますが、現在生産されているモデルも基本設計そのものは誕生以来100年近くもの間変わっておらず、設計を手掛けたジョン・ブラウニングの天才っぷりを改めて思い知らされます。
なんせ同じような時期に世界各国で開発された拳銃は、現在では尽く現役引退ですから。




▲実銃は軍用として生産されたモデルという事で、表面仕上げはブルーイングでは無く錆に強く光を反射しにくいパーカライジングを採用。マルイ製品はグレー系の素材にサンドブラストを施すことでパーカライジングの風合いを再現しております。
マルイ製品としては珍しく(と言ったら失礼か?)トリガーガードの内側を除いてパーティングラインも綺麗に処理されており、中々に高級感がございます!




▲昨今のモダナイズド1911ではリングハンマーあるいはスケルトナイズドハンマーを採用している機種が主流ですが、M1911A1がスパーハンマー、それも指掛けの部分が広く取られたワイドスパータイプのハンマーを装備。
各部の滑り止めがセレーションではなくチェッカリングになっているところに、古き良き時代の贅沢さが伺えます!




▲グリップはブラウンのベークライトタイプ。M1911A1実銃も製造ロットや製造メーカーによってグリップの材質に違いがありますが、ミリガバといえばやっぱりベークライトグリップというイメージが強いですよねえ。
メインスプリングハウジングにはこれまた軍用拳銃の必需品であるランヤードリングも装備されています。




▲マガジンがシングルスタックサイズな分、同系統のブローバックエンジンを採用したハイキャパ系と比べて冷えやすいのがやや難点ではありますが、事前にマガジンをしっかりと温めていれば作動は至極快調!
何よりシングルスタックならではのグリップの握りやすさは、小生のように手の小さいシューターにとっては何物にも代えがたいものがございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!






サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら



同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『コンバットショットガンはやっぱこのスタイルですよね~』
『火力高めなガスブロマシンピストル』入ってマス!
『ベクター用ちょこっとみぢかいアウターバレル』!
『ロボコップファン必携のマシンピストル』入ってマス!
『MP5もリコイルアリアリで撃ちたいよね~』!
『KSCさんちのガスブロHK417』発売決定!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『コンバットショットガンはやっぱこのスタイルですよね~』 (2018-12-13 21:05)
 『火力高めなガスブロマシンピストル』入ってマス! (2018-12-13 17:05)
 『ベクター用ちょこっとみぢかいアウターバレル』! (2018-12-12 21:05)
 『ロボコップファン必携のマシンピストル』入ってマス! (2018-12-12 17:05)
 『MP5もリコイルアリアリで撃ちたいよね~』! (2018-12-11 21:05)
 『KSCさんちのガスブロHK417』発売決定! (2018-12-11 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。