2016年05月15日

『二人三脚でエッサホイサ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

『二人三脚でエッサホイサ』!
▲第2次大戦からベトナム戦争初期まで米軍の火力を支えた名作重機関銃が、ちょこっと再入荷してきておりまする!



『二人三脚でエッサホイサ』!
『VIVA ARMS: 電動LMG本体 ブローニングM1919A4』
天才銃器デザイナージョン・ブラウニングが手がけた、口径30-06のベルト給弾式重機関銃!拠点防衛用や車載機銃、航空機用機銃として広く使用されたモデルであります。
米軍からの供与兵器として戦後わが国の自衛隊にも採用されており、61式戦車にも車載機銃として乗っけられておりました。
口径を7.62mmx51NATOに換装したバージョンも存在し、第3世界諸国では現在に至るまで使用され続けています。



『二人三脚でエッサホイサ』!
▲第1次大戦の頃までの機関銃は銃身の冷却を水冷で行っていたためサイズや重量がかさみ、運用上様々な難点を抱えておりましたが、M1919系は銃身にバレルジャケットのみを装備した空冷式となっており、大幅な軽量化が図られています。(といっても軽く10kgを超える重量ですが。)
手持ちでの運用は基本的に考慮されておらず、トライポッドや各種マウントと組み合わせて射撃を行うようになっています。ちなみに分隊支援火器としてはもっぱらBARことM1918自動小銃が使用されておりました。



『二人三脚でエッサホイサ』!
▲こうやってトライポッドにドカッと設えると、いかにも重機関銃!といった風情がありますねえ。サバゲで自陣地のフラッグ前にセットアップして、5,000発の装弾数に物を言わせつつひたすら撃ちまくりたくなります!



『二人三脚でエッサホイサ』!
自重6kgを超える重量を支えられる腕力の持ち主なら、トライポッドなしの抱え撃ちで運用する事も不可能でございません!まあ、マガジン(アモボックス)が銃本体に固定されていないので、画像のおっさん2人のようなカッコいいのか悪いのか良く分からん二人三脚撃ちになっちゃいますが。
昔日曜洋画劇場で観た『スーパーマグナム』(原題 Death Wish 3)、懐かしいなあ…。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら



同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『マルイV10用イカスカスタムスライド』新発売!
『Cz75 ホーグカスタム』入りました!
『CAR製ガスブロXM177E2』入りました!
『ベクターにまたまた新色が仲間入り致しますぜ』!
『薄くてちっこいセルフディフェンス用グロック』入りました!
『近接打撃系CQB-R』!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『マルイV10用イカスカスタムスライド』新発売! (2020-03-29 13:05)
 『Cz75 ホーグカスタム』入りました! (2020-03-28 21:05)
 『CAR製ガスブロXM177E2』入りました! (2020-03-26 21:05)
 『ベクターにまたまた新色が仲間入り致しますぜ』! (2020-03-25 21:05)
 『薄くてちっこいセルフディフェンス用グロック』入りました! (2020-03-24 17:05)
 『近接打撃系CQB-R』! (2020-03-23 21:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。