2017年05月31日

『クロアチア生まれのアメリカ育ち』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズのラインナップの一つ『XDM-40』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 XDM-40』
実銃は米国の大手ガンメーカースプリングフィールド・アーモリー社が販売するポリマーフレームハンドガンの基幹モデル『XD』シリーズのバリエーションの一つ。
原型となったのはクロアチアのH-Sアラン社がグロックシリーズを元に開発したHS2000で、当初ポリマーフレームオートのラインナップを持たなかったSFA社が単なるグロックコピーにとどまらないその完成度に惚れ込み、自社ブランドで改良型をリリースしたのがXDシリーズの始まりですね。




▲どっからどう見てもグロックのパチモンにしか見えなかったHS2000オリジナルと比べ、アメリカナイズされたXDMは格段に洗練された外観となっております。ちなみに内部メカもグロック系のセイフアクショントリガーではなく、シンプルなストライカー式シングルアクション機構を採用。

ガスガンでは構造上ストライカー方式を再現すること自体が不可能なので、マルイ製XDMは同社のグロックシリーズ同様にハンマー内蔵式にアレンジされております。




▲原型となったグロックシリーズとの大きな違いのひとつが、グリップセフティの採用。M1911系と同じく、グリップをしっかり握りこんでいないと発砲できないようになっています。
シンプルなシングルアクション方式を採用したことに伴って、安全対策を強化しているわけですね。
グリップのバックストラップはS/M/Lの3サイズが付属しており、ユーザーの好みに応じて組み替えることができます。(箱出しの状態ではMサイズを装着。)




▲スライドを引いてコッキングすると、ブリーチエンドからダミーストライカーが飛び出し、発砲可能な状態となっていることが一目で判別できます。暗闇でもブリーチエンドを触ればコッキングの有無を確認でき、エキストラクターをコッキングインジケーターに利用した本家グロックよりもユーザビリティは高いかも。(XDMのエキストラクターにもインジケーター機能はありますが。)




▲マガジンキャッチはアンビタイプで、左右どちらからボタンを押し込んでもマガジンをリリースできます。パーツの組み換えなどの必要も無く、サウスポーのユーザーに優しい設計ですねえ。
ワルサーP88が似たようなデザインを採用していたので、どうも丸パクリベンチマークしたみたい。




▲フレームのダストカバー部には定番のアクセサリーレイルを標準装備しており、ウェポンライト等の装着に対応しております。
スライド下部にデカデカと残った横向きのパーティングラインは、インベストメントキャスティング(精密鋳造)で製造されている実銃にも存在するもので、これをちゃんと再現しているところが芸コマですねえ。




▲直径15mmの大口径ピストンを採用したことにより、射撃時のリコイルもかなり強め!40S&W弾を使用する実銃のパワフルなイメージにピッタンコなフィーリングが味わえます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年05月31日

『拡張性アリアリなMK-1』ご予約受付開始!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲先のブログでご紹介いたしましたKJワークス製フィクスドスライドガスガンMK-1 22ターゲットピストルの新バージョンのご予約受付を開始いたしました!




『KJ WORKS: ハンドガン本体 KJ10 MK-1 22ターゲットピストル SILENT EVO』
とりあえず、正式な製品名は『SILENT EVO』に決定致しましてございまする。




▲レシーバー上部、リアサイトの位置に20mmレイル仕様のマウントベースを追加!これによりドットサイトなどの光学照準器が搭載できるようになっております!
マウント後部はそのままリアサイトになっており、光学照準器を搭載していない状態でもオープンサイトでエイミングできます。




▲マズル(銃口)部分のプロテクターを外すとネジが切られており、サイレンサーやフラッシュハイダーなどのマズルデバイスの装着に幅広く対応!
ネジの規格は電動ガンなどで主流となっている14mm逆ネジを採用しております。




▲22口径自動拳銃といえばやはりサプレッサー付きのイメージが強いですから、本体無改造で幅広いセットアップが可能なフィーチャーはやはり嬉しいところ!
夏ごろ新発売との事ですので、発売時期に関する続報が入り次第、改めて告知させていただきたいと思います!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年05月31日

『対テロ部隊のために作られた半自動狙撃銃』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

セミオート式狙撃銃のトイガンとしては貴重なモデルアップとなる東京マルイ製『PSG-1』が再入荷してきておりまする!↓

東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1
▲実銃はドイツの名門銃器メーカーH&K(ヘッケラー&コック/ヘックラー&コッホ)社が、GSG9SEKといった国内の対テロ部隊の要請に基づいて開発した半自動式狙撃銃。
軍用ライフルとしては非常に高い精度を誇るG3シリーズのメインコンポーネントをベースに、銃身のブルバレル(肉厚銃身)化/レシーバーの補強/光学照準器の標準装備/トリガーシステムの改良/人間工学に基づいた調整式ストックとグリップの採用といったフィーチャーが盛り込まれており、競技用ライフルに近い仕様にまとめられています。

その高性能ぶりから、ドイツのみならず世界各国の軍/法執行機関に採用された実績を持ち、わが国でも警視庁のSATや海上保安庁のSSTに少数が納入されたという話もございますね。

ちなみに製造工程は限りなく職人さんの手作業に近いらしく、システム一式のお値段は約15,000ドルほどだとか。(※米国内における民間向け販売の場合。)
そこそこ良い車が新車で1台買えちゃうようなお値段が少なからず問題視されたため、後に性能を可能な限り維持したまま大幅なコストダウンを図った廉価版であるMSG-90も開発されており、こちらはSR-25系の採用以前にデルタフォースやSEALで使用されています。



東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1
▲マルイのPSG-1も実銃同様セミオートオンリー仕様で、トリガーを引いてから実際に発射されるまでのロックタイムを短縮する為、メカボックスも専用のVer.4が採用されています。
標準装備のスコープは4倍x40mmのスペックで、外装は実銃に採用されているヘンゾルト製6倍x42mmイルミネートスコープの外観が再現されています。



東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1
▲ストックは射手の体格に合わせてチークパッドとバットプレートの長さ/高さ調整が可能。ミニSタイプ及びAK用スティックタイプバッテリーの収納に対応します。
グリップのパームレストやトリガーシューも上下可動式で、ユーザーの好みに合わせて最適なポジションにセッティング可能!



東京マルイ: 電動ガン 本体セット H&K PSG-1
▲付属のマガジンは実銃でいう5連タイプの外観を再現したショートタイプで、装弾数は15発。また実銃同様G3シリーズとマガジンの規格が共通なので、映画やミリフォトでよくみられるようなG3用20連タイプマガジンも使用できます。
ハンドガード下部のスロット型アクセサリーレイル(※20mmレイルではありません)にはバイポッドやトライポッドなどのアクセサリーも装着可能!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介