2016年05月13日

心頭滅却しても暑いものは暑い。

こんにちは、皆さん!
フォートレスの8耐のプレッシャーに呑まれかける男ことツヨシです!

今日、あっつい。
まだ5月なのに、まるで夏。

コレが7月8月になったらどうなるんでしょう?
BB弾とか溶けるんじゃないでしょうか、外気温で。

8耐も近づいてきてるので、体調管理だけは万全にしたい所ですね!
サバゲに勤しむ際は、水分補給等はしっかりしましょう。
熱中症とか怖いですからねぇ・・・・。

       
ハイ!
今日は真面目です。
それでは本日のネタ!!
IN COMMING!


▲ロシアン特殊部隊装備ファン感涙のLCT製電動ガンシリーズ『SR-3M』が極少数ですが入荷!!

では!セガール氏!レビューお願いします!


実銃はAS-VALやVSSヴィントレスといった消音型スナイパーライフル/アサルトライフルと共通のメインコンポーネントを使用し、非消音型アサルトカービンとして開発されたモデル。レシーバー上部にストックを回転させて収納する形式を取っていた初期型SR-3に対し、改良型のSR-3Mはサイドフォールディングストックを採用する事でより扱いやすくなっております。

AS-VALやVSSヴィントレス同様に9mmx39亜音速ライフル弾を使用し、サブマシンガン並みのコンパクトサイズながら標準的なボディアーマを撃ち抜く威力を持つ、パワフルな小型火器でございます。
特殊規格だった9mmx39弾の生産コストを下げるために、それを使用する銃そのものを増やしてしまおうという発想で開発されたようですね。




▲LCT製SR-3Mも実銃同様、先行リリースされたVSS/AS-VALのメインコンポーネントを流用しており、多くのパーツに互換性がございます。
特にストックやグリップ周りはAS-VALと同じものですね。




▲VSS/AS-VALでは長いサプレッサーの上にサイトが配置されていましたが、SR-3Mはサプレッサーのオミットに伴い、AKS-74U系と似たようなサイト配置となっています。
照準線が極端に短いので、基本的に近接戦闘用ですね。精度を求めるなら、サイドマウントを利用して光学照準器を搭載した方が良さそう。




▲フラッシュハイダーの後部にはネジが切られており、専用サプレッサーの装着に対応。西側の銃に様にQD(クイックデタッチャブル)システムで瞬時に着脱ができないロシア銃特有の不親切設計は相変わらず。『だがそこが良い!』




ストックとフォアグリップをたたむと、ここまでコンパクトになります。実際ロシアでは私服で警備任務に就くセキュリティ要員が、コートの下にぶら下げて携行しているケースも多いとか。
クマさんみたいなガタイの良いロシア人にこんなん突きつけられたら、小生軽く尿をちびりそうであります。
サイドマウントを装着しているとストックが折りたためない、これまたロシア銃特有の不親切設計も相変わらず。『だがそこが以下同文!』




▲バッテリーコンパートメントはハンドガード内で、フロントサイトの基部にあるボタンを押しながらハンドガードを少し前にずらすと着脱できるようになっております。
内部容積の関係で収納できるバッテリーのサイズにはやはり制約があり、75mmx25mmx15mm(縦/横/厚み)までのサイズが対応します。




『LCT: PK-257 SR-3M サイレンサー』
フラッシュハイダーの上から直接装の着可能な専用サプレッサーも合わせて入荷中!

以上!
セガール氏の事細かなレビューでした。
もちろん、セガール氏から転載の許可は得ていません。
でも大丈夫!多分!

そんな感じで!
LCT: 電動ガン本体 No.45 SR-3M VIKHR!!
少数ですが入荷しております!

今なら専用サプレッサーもあるよ!
LCT: サイレンサー PK-257 SR-3M サイレンサー
ロシア好きの皆様いかがでしょうか??
ウーラー!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!

【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2016年05月13日

『イカスロシアンモダナイズドAK』近日発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲西側とはまた違った味付けが魅力のロシアンモダナイズドAKが、近々新発売の予定でございまする!




『LCT: 電動ガン本体 STK-74 』
AKシリーズの5.45mmx39口径バージョンであるAK-74Mをベースに、カスタムハンドガードとSTKBRストックを盛り込んだ近代化モデル!
ロシア系の特殊部隊装備等で、近年よく見られるようになって来たセットアップですね。




▲これは実銃の画像ですが、STKBRストックのディテールはこんな感じ。従来の折りたたみ機能に加えて、6段階の長さ調整が可能となっておりまする。
しかしまあ、いかにもロシアン!(?)という感じの無骨なデザインですねえ。西側のカスタムストックと違って、変に洗練されていないところが個性的であります!




▲ロア・ハンドガードはTDIタイプで、3箇所に設けられた20mmレイルにより十分な拡張性が確保されています。
レシーバーの左側面にもロシア標準規格のマウントレイルが設けられているので、各種光学照準器やマウントベースの装着にも対応!
マウントを装着するとストックが畳めなくなるロシアン不親切設計も、例によって例の如しですが!

ちなみに発売時期は6月下旬頃の予定となっております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2016年05月13日

『グロック用長~いマガジン』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガン・グロックシリーズ全機種に対応したロングマガジンが、久々の再入荷でございまする!




『東京マルイ: HG-Mg GLOCK 50rd ロングマガジン』
実銃における9mmパラ用33連マガジンをモデルアップしたロングマガジン!元々は弾薬消費の激しいマシンピストルバージョングロック18シリーズ用に開発されたエクストラキャパシティマガジンですね。




▲ノーマルマガジンの25発に対し、ロングマガジンは50発と、装弾数が大幅に倍増!ガス容量や気化スペースも増加し、ガスの気化効率にも優れているため、G18Cをフルオートで思う存分撃ちまくりたい時の必需品といえます!




▲なんせ亜鉛合金の塊なので、たくさん本数を持つと重量が辛いことになりますが、マルイグロック系をインドア戦などでメインアームとして用いる際に威力を発揮するアイテム!

お家で習字を嗜む際には、文鎮としてもご活用頂けます!多分な!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介