2015年08月17日

『GMG-42 詳細画像来ました~』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲近日発売予定のG&G製電動マシンガン『GMG-42』ですが、代理店様より商品の細部画像をご提供頂けましたため、とりあえずズラズラと貼っ付けてみようかと思いまする!





























































































▲いや~なんというか、画像を見ているだけでお腹一杯を通り越して胸焼けしてしまいそうな、圧倒的なディテールですねえ。
過去にリリースされた先行他社製品と比べても、造りの良さには雲泥の違いが感じられます!

思わずBGMに川井憲次氏作曲の『Red Spectacles』(※紅い眼鏡のメインテーマ曲/レッドブル軍団の入場テーマ曲と言った方が分かりやすいか?)を流したくなりますねえ。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)商品紹介

2015年08月17日

『モノホンXC1』遂に出るぞ!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

先のU.S.SHOTSHOWで発表され、注目を集めていたSUREFIRE製ハンドガン用ウェポンライト『XC1』の国内販売が、遂に決定致しましてございます!↓


『SUREFIRE (シュアファイア): XC1 ULTRA-COMPACT LED ピストルライト 200LU』
X300系以上のウルトラコンパクトボディが特徴のハンドガン用ウェポンライト!フレームのダストカバー部にピカティニーあるいはユニバーサル規格のアクセサリーレイルを備えたピストルの多くに装着が可能であります。




▲徹底した小型化により、グロック19のようなセミコンパクト系のモデルにもすっきりと装着できます。この手の銃にX300系を装着すると、いかにも不恰好だったもんねえ。
小型化の為に使用バッテリーはAAA(単3)乾電池1本となっておりますが、200ルーメンというX300の初期モデルを凌ぐパワーを実現しており、タクティカルランタイムも約1.5時間と、必定十分なレベルを維持しています。

このモデル、実物が市場に出る以前からレプリカが出回るという不可解な現象が発生しておりましたが、外観をいくら真似てみたところで、耐久性や透過性といった実用面では、凡百なレプリカがいくら束になっても敵わないでしょう。
かなりいいお値段してますが、ハードコアな実用派ユーザーには、ぜひともホンモノを使い倒して頂きたいものであります!

9月末頃~10月上旬頃発売の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただご予約受付中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 16:00Comments(0)商品紹介

2015年08月17日

『ソ連空挺部隊の相棒』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AKS-74N
▲一度完売すると中々次が無い東京マルイ次世代電動ガンシリーズの通好みラインナップ『AKS-74N』が、ちょこっとばかし再入荷してきておりまする!



東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AKS-74N
▲70年代後半から90年代のソ連軍特殊部隊装備に欠かせない、AK74のフォールディングストックバージョン!俗に『スペツナズ』と呼称される各特殊部隊や、空挺/自動車化部隊用として配備されたバリアントですね。
レシーバーの形状は開発のベースとなったAKM系とほぼ同じですが、5.45mmx39弾薬の採用によってほぼストレート形状となったマガジンや、反動軽減の為に追加されたマズルブレーキで、7.62mmx39口径のAKシリーズと容易に識別できます。



東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AKS-74N
▲空挺作戦時や狭い装甲車両/ヘリコプターのキャビン内での取り回しを向上させるため、ストックを畳んでコンパクトに携行できるのが特徴。AKS47やAKMSではMP40のそれとよく似た下方回転収納式のフォールディングストックが装備されていましたが、AKS-74系はレシーバーの左側面に折りたたむサイドフォールディングストックを採用したことで左右の厚みを抑え、固定型ストックとほぼ同じ感覚で構える事が出来ます。

レシーバーの左側面にはサイドマウントレイルも装備されており、ロシア共通規格の各種光学照準器の装着に対応。ちなみにサイドマウントに光学照準器を乗っけている時はストックが畳めなくなるのでご注意下さいまし。
こういう『不親切設計』がいかにも共産圏の銃っぽくてエエよね!(エエのか?)



東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AKS-74N
▲フォアエンドはプラ製ですが、木目調の塗装が施されており、パッと見の印象は中々にリアルであります!昨今流行のSOPMOD系カスタムAKも良いですが、原点回帰のプレーンなAKもまた魅力的ですね!
次世代電動ガンなので、射撃に連動して臨場感あふれるリコイル(反動)を味わえるところも大いに魅力であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:00Comments(0)商品紹介