2014年11月22日

『ウォ~レン・トォ~マスゥ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ご存知の通り(ご存知ねえか?)小生の趣味の一つにナイフの収集があるのですが、久々に小ぶりながら大きな存在感を放つ逸品が手に入りましたので、またしても自慢たらしくご紹介してみたいと思いまする!↓


『Warren Thomas RAPTOR』
唯一無二と言っても良い個性的な作風で知られる米国のタクティカルナイフスミス『ウォーレン・トーマス』氏が製作した、カスタムフォールダーでございます!




▲ウォーレン・トーマス氏と言えば、チタニウムとカーボンファイバーやG10といったシンセティックマテリアルをヘリコプターのローターの製法と同じ手法で接着し、それを削り出してブレードを製作するという独特な手法を確立した、新進気鋭のナイフスミス。
鋼の鍛造でナイフを製造してきた昔気質のナイフスミスとは、その設計理念を全く異にする人物ですね。




▲ブレードを反対側から見るとこんな感じ。ブレード/ハンドル共にG10(キャンバスマイカルタ)とチタニウムの組み合わせで製作されており、見た目以上に軽く仕上がっています。
チタニウムは焼き入れができない為、通常のナイフのように鋼材そのものを研いで刃付けする事ができないのですが、エッジ部分にのみタングステンカーバイトを付着させることで鋭い切れ味を確保しています。
ただし切れ味が落ちてしまった場合は研ぎ直しができないので、ある意味『超高級な使い捨てナイフ』ですね。(ウォーレン氏の元に里帰りさせれば、何とかしてもらえるのかもしれませんが。)




▲G10とチタニウムの使い方が左右で逆転しているため、サイドビューの印象が両サイドでまったく異なるのがチャームポイント!
なんとなくマジンガーZのあしゅら男爵を思い起こさせます。あしゅら男爵なんて例え、おっさんにしか分かんねえか?




▲ブレードバックの背鰭のような突起に親指を掛ける事で、ワンハンドでブレードを起こす事ができます。側面にサムスタッドを備えた一般的なフォールディングナイフに比べ、左右利き手を選ばないというメリットがある一方、スムーズに開閉させられるようになるまでちょこっと慣れが必要ですね。




▲ブレードの鰭の後ろに親指を持ってくることで、セイバーグリップが自然に決まります。ククリ(グルカナイフ)を思わせるやや湾曲したブレードのラインは、スラスト(突き)やスラッシュ(斬り)といったファイティングナイフとして要求される動きに対応させたデザインですね。




▲ハンドルの右側面には定番のベルトクリップを装備。
デザインがデザインなので、普段使い用のユーティリティナイフとしてはほぼ使い物にならないモデルですが、時々コレクションケースから出してはニヤニヤしながら愛でたり舐めまわしたりシャドーボクシングならぬシャドーナイフファイティングするだけだから問題無し!(無いのか?)
何はともあれ、タクティカルナイフが本来の意味で役に立つような国に生まれなくてよかった!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
以上、『小ネタ』でございました。

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:00Comments(0)スタッフ自己満足小ネタ

2014年11月22日

『マルイガバ用イカススレッデッドバレル』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

海外パーツメーカーDETONATOR(デトネーター)がリリースする、東京マルイ製ガスブローバックハンドガンM1911用シリーズ対応のイカススレッデッドバレルが再入荷してきておりまする!↓

DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル SV(OB-TM06SV)
『DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル SV(OB-TM06SV)』
東京マルイ製M1911A/シリーズ70/ナイトウォーリアといったバレルブッシング仕様の5inバレルM1911シリーズに対応した、サイレンサー装着用アウターバレル!(※ハイキャパ等コーンバレル仕様の銃には非対応です。)
ネジの規格は汎用性の高い14mm正ネジを採用しています。



DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル SV(OB-TM06SV)
▲実際に組み込んでみるとこんな感じ。バレル先端のスライドからの突出し部分がやや長く取られており、銃本体にフルレングスタイプのリコイルスプリングを組み込んでいる場合も、装着したサイレンサーに干渉しないよう配慮されています。
サイレンサー非装着時にネジ山をガードするプロテクターも付属。



DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル SV(OB-TM06SV)
▲刻印は米国のカスタムワークショップ『STORM LAKE』(ストームレイク)社の1911用スレッデッドバレルの仕様を再現。
シルバーバージョンはアルミの地肌むき出しではなく、硬質アルマイト仕上げによる着色となっております。



DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル BK(OB-TM06BK)
『DETONATOR: 東京マルイM1911用 STORM LAKEタイプ サイレンサー対応アウターバレル BK(OB-TM06BK)』
カラーバリエーションとしてはミリタリーっぽい雰囲気にピッタンコなブラックバージョンもラインナップされております。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介

2014年11月22日

対ディセプティコン用重火器配備中!!

こんにちは、皆さん!
フォートレスの地球内生命体ことツヨシです!

数日前に買ったゲームが、予想以上に過激で(性的な意味で)ある意味満足しております。
パッケージの見た目はとても真面目なRPGの風体でしたが、なかなかに男心をくすぐるゲームでありました。

外見に騙されましたね~、やはり中身が大事ですよ。
人もゲームも・・・・・えぇ。

ハイ!なんか変な流れになってきた所で!本日のネタ!!



▲コチラは映画「トランスフォーマー」のワンシーン!
使われているのはMGL140 リボルバーグレネードランチャーです!
トランスフォーマー内では、通常の小銃が敵のロボットであるディセプティコンに通用しなかった為、
対抗武器として使われた武器の一つ。それがMGL140グレネードランチャーです。
40mmグレネード弾を6発装填し、ダブルアクション式で発射されます。



▲それをモデルアップしているのが、ICS: MGL140 リボルバーグレネードランチャーです!
40mmガスグレネードカートを6発装填し、しっかりとシリンダーが回りながら次弾が装填されるのは壮観です!



▲ストックは構えた時に銃口が傾斜するように、角度調整が可能です。
これは放物線を描く弾道を考慮した、グレネードランチャー故の特徴ですね!!
リトラクタブルストックで長さも調節が可能!



▲このようにスイングアウトします~まさにリボルバー!!
モスカートなど40mmのガスグレネードカートを6発装填可能。
カート抜きの本体は、なかなか軽量なのですがフル装填するとかなりズッシリします。



▲フロントにはレイルシステムが装備されており、フォアグリップが付属しています!
トップにもレイルがありますので光学機器をのせる事が出来ますネ。

たとえば168発仕様のモスカート×6発装填となると、1008発のBB弾を僅か数秒で撃ち切る事が出来ます・・・・。
ある意味、瞬間火力(ランニングコストも)は最大なヘビーウェポンです。
本体よりも、グレネードカートをそろえるのが大変かも!!な奴ですが、そのインパクトは絶大です。
ディセプティコンと戦いたい、サバゲでBB弾のシャワーを降らせたいという方いかがでしょうか??

そんな訳でICS: MGL140 リボルバーグレネードランチャー少数在庫有ります!!

各画像クリックでICS: MGL140 リボルバーグレネードランチャーご注文ページにジャンプします♪

エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!
  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:00Comments(0)商品紹介