2014年11月07日

はぢめての挑戦




どうも、通販部の将軍さまです。
最近ネタが無いこと著しい為、今回も戦車なアレに逃げます。


今回の奴はSchneider CA1
一般的にはシュナイダー突撃戦車などと呼ばれている車両です!
こいつはフランス初の近代戦車として開発されました。(近代と付けないと表紙のケルト人のチャリオットになってしまう)
開発に至った経緯としてはWW1の双方が塹壕を掘りあって膠着した戦線を突破する為の新兵器として
アメリカのホルト社製トラクターを多分に参考にしながら開発されました。(英国も同時期に全く同じことを考えて菱形の物体を開発している)


何分手探りの状態で開発された為、性能は怪しい面が多くなっております。

武装としては両側面の銃座にホチキス重機関銃が一丁ずつと右側面の何とも言い難い位置に取り付けられている75mm砲一門となっており、正面を攻撃出来る物が何も無いという楽しい状態になっています。
機銃はともかく砲がこの様な配置になったのは構造上、車体前部にギチギチになるまで物が詰まっている為の妥協の産物とのことです。

足回りはホルトトラクターを参考(というかパクッた)構造をしており、菱形の物体とは異なりサスペンションを装備しているあたりに先進性を感じなくも無い様な気がします。
機動性としては76馬力のエンジンで最高速度が時速8kmとかろうじて歩くよりは早いという程度となっていますが、それでも6kmしかでない菱形のアレよりましとなっております。

装甲については一応機関銃に耐えるように設計されております。
また↑の様に一部が空間装甲になっておりますが、理由としてはドイツ軍が菱形の物体対策に開発したSmK弾という小銃及び機関銃用の徹甲弾を撃ち込まれた場合、耐えることが出来ない事が判明したために装着されました。

機械的な信頼性及び居住性については非常に劣悪となっており、
エンジンは非常に不安定で専属の機関士が常に睨めっこしているにも関わらず突然止まったり、燃料から出火したりするなど酷い有様で、
居住性についてもエンジンが隔壁も無く剥き出しで搭載されており通気性も悪い為、車内は焦熱地獄と化しており、しかも運転手以外座席がなく、さらに言えば乗員は貫通弾及び隙間から入り込んだ弾丸への対策で甲冑的な物を着込んでいた為、何かの拷問の様な状況で有ったとの事です。

全体的に言えばいくら初めての戦車とはいえこれはひどいといった感じの車両となっており、次に開発したサンシャモン戦車もなかなかアレだったことも有り、最初の戦車はイギリスに後れを取った形となりました。(実際のところ後発組のドイツにすら劣った)


エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪


フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!
  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)スタッフ自己満足

2014年11月07日

『黒いミツアナグマ』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲初回入荷分があっという間に完売となっておりましたARES製電動ガンの人気モデル『Honey Badger』(ハニーバジャー)のブラックバージョンが再入荷して参りました!




『ARES: 電動ガン AMOEBA AM-013 Honey Badger(ハニーバジャー) BK (AR-049-BK)』
実銃は米国のAAC社が製造するAR-15ベースのPDWバージョンで、300AAC Blackoutという独自規格の弾薬を使用します。人気FPS『コールオブデューティ』シリーズにも登場しているみたいですね。
ハニーバジャーというニックネームはラーテルの名でも知られるアフリカ原産の獰猛な小動物ミツアナグマに由来します。




▲ストックはHK416Cの物に良く似た形式のデュアルシャフト(というのか?)式リトラクタブルタイプ。格納状態と伸長状態の2ポジションで使用でき、短縮されたバッファチューブ部分がバッテリー収納用コンパートメントとなっています。




▲マガジンキャッチは御覧の通り通常型の倍以上のサイズに大型化されており、素早いリロードをサポート!レシーバー周りはプラ製で、取り回しも軽々です!




▲独特なデザインのマガジンは、口径の表示がちゃんと300AAC仕様となっています。マガジンのベースプレートには折りたたみ式のフィンガータブが標準装備されており、マグプル付きマガジンと同じような感覚で使用可能。
もちろん規格はスタンダード電動ガンM16/M4シリーズ用と共通で、相互の互換性がございます。




▲フリップアップタイプのBUIS(バックアップアイアンサイト)はTROYタイプをモデルアップ。材質はプラ製でサイトのアジャスト機能が再現されていない為、機能的にはちょっと残念な感じですね。
レイルを介して装着されているので、ここは好みにサイトに取り換えちゃうのも手ですね。




▲ハンドガードのレイルは着脱式となっており、必要な場所にだけ任意にレイルを装着する形式。銃本体の重量増加を抑えるため、最近ではこういうモジュラーレイルスタイルのハンドガードが増えましたねえ。
なんにせよ、ゲームウェポンとしては軽い銃は大歓迎であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:00Comments(0)商品紹介