2012年09月19日

『HK417ぷちインプレッション!』その2!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

10月上旬頃に発売を控えているVFC製電動ガン新製品『H&K HK417 12"Assaulter』ですが、代理店様にサンプル品をお返しする前に細部の追加撮影をさせて頂きましたので、今回もぷちインプレッションをば一発こいてみたいと思いまする。↓

▲アッパーレシーバーとロアレシーバーは、ピボットピンを1本抜く事で簡単にテイクダウンできるようになっております。(テイクダウンピンの方はダミー。)




▲チャンバー周りに素早くアクセスできるので、万が一フィールドで弾詰まりなどが発生した時も安心!配線が後回しになっている強みですね。




▲メカボックスの配置はHK416と基本的に同じなので、その分チャンバーの位置が後方にオフセットされております。
SR-25系電動ガンに見られるような、レシーバーの全長に合わせたロングメカボックスだったら、製作部お得意のタイプLS(ロングストローク)チューンに対応できたんですけどねえ。




▲チャンバー周りは同社のHK416と同タイプの改良型となっており、ホップ調整は後部のダイアルを回して行います。
インナーバレル一式はテイクダウンした状態から、工具を使わずに後方にスルッと抜き出すことが可能。




▲流石に今回は完全分解までは出来ませんでしたので、細かい部分までは検証できませんでしたが、メカボックスにも通常とは異なった部分が見受けられ、いわばVer.2改とでも言うべき仕様となっているようです。
こうした仕様変更が性能にどのような影響を与えているのか、本格的な実射テストが楽しみなところですねえ!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今ご予約受付中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)小ネタ