2012年09月16日

『2次戦分隊支援火器』新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

2次戦米軍ファン待望のお値ごろ分隊支援火器が、満を持して新発売と相成りました!↓

『ARROW DYNAMIC(アローダイナミック): 電動ガン BAR M1918A2 (AD-AEG-004) 』
実銃はM1ガーランドと同じ30-06ライフル弾を使用する、強力なオートマティックライフル!M1911と同じく、銃器設計の天才『ジョン・M・ブラウニング』(ブローニング)の手による設計で、通称のBARはBrowning Automatic Rifleを意味しておりまする。
基本型は第1次大戦の頃には既に完成していたものの、本格的に実戦投入されるようになったのは第2次大戦時からですね。




▲名前こそライフルですが、その重厚なボリューム感はまさにマシンガンそのもの!小生のような貧弱ボディでは、到底フィールドでぶん回すなんぞ出来そうにありません!
コストダウンの為か、ストックやフォアエンドといったパーツはプラ製となっていますが、色合いが渋めなのでモノホン木製ストックに比べてもそれ程遜色ありません。




▲バットプレート部のショルダーレストやアジャスタブルサイトもライブで再現され、ディテールもバッチリ。付属のバイポッドはフラッシュハイダーをいったん外して、ハイダーの基部にセットするようになっていますが、モノごっつい重量があるので、サバゲに投入する場合は(多くの米兵がそうしたように)外しておいた方が良さそうです。
ちなみにネジの規格は14mmの逆ネジなので、付けようと思えば各社製フラッシュハイダーやサイレンサーの類も装着できます。




▲キャリングハンドルを装着する際は、ネジを外してここまで分解し、アウターバレルの付け根近くにある突起に左右のプレートを合わせてネジを締めた後、ハンドルを元通り差し込んで下さいまし。
コイツは運搬の際の必需品ですね!




▲ダミーボルトカバーはコッキングハンドルの操作と連動して動くようになっており、エジェクションポートからホップ調整用のスライド式アジャスターにアクセスできます。
マガジン未装着の状態でコッキングハンドルを操作すると破損の恐れがあるとの事なので、くれぐれもご注意下さいまし!




▲多弾数タイプのスペアマガジンも合わせて入荷中!今回入荷分は極少量ですので、気になる方はお早めにどうぞ!



『FORTRESS WEB SHOP』にて、ただ今好評お取り扱い中です!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:00Comments(0)商品紹介