2016年11月14日

『ブラピも愛用の45ガバの代用品』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲コアな2次戦米軍装備ファンなら知る人ぞ知るあの軍用リボルバーが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『タナカワークス: HG本体 S&W M1917 cal.45 ミリタリー 5.5in HW』
一般にハンドエジェクターと称されるS&W社製オールドファッションリボルバーをベースに、米軍からの要請で開発された準制式拳銃でございます!




▲第1次大戦当時、米軍の制式サイドアームであったM1911自動拳銃の不足を補うべくコルト社とS&W社の2社によって生産されたのが、ともにM1917のモデルナンバーを与えられた軍用リボルバー。
口径/使用弾や銃身長、ランヤードリングの追加といった要求スペックが米軍から提示され、それに合わせて既存の大口径リボルバーを改修する形で開発されました。




▲M1917シリーズの最大の特徴が、M1911とおなじ45ACP弾を使用すること。本来45ACP弾は自動拳銃用のリムレスカートリッジなので、リボルバーのシリンダーにそのまま装填すると深く入り込み過ぎててしまい不発を起こすという問題があるのですが、S&W社は3発の45ACP弾をセットして一まとめに装填できるハーフムーン(半月型)クリップを開発し、これに対応させました。M1917の装弾数は6発なので、装填の際はこのクリップを2個使用するわけですね。
ハーフムーンクリップ自体はS&W社のパテントだったようですが、戦時における必要数を満たすため、コルト社製M1917にも同規格のクリップの使用を許可するよう米政府から命令が下されていたようです。

タナカ製M1917はカートを用いないケースレス式ガスガンですが、シリンダーの後端部にはこのハーフムーンクリップの形状がバッチリ再現されております!




▲軍用拳銃という事で、グリップエンドにはランヤードリングを装備。グリップパネルはシンプルなスムーズタイプですが、民間向けに一度出荷されたハンドエジェクターを回収して生産された固体には、チェッカリング入りのグリップを備えたものもあったようです。




▲オールド系S&Wリボルバーの特徴である、外装に5本のネジが露出した5スクリュー仕様のフレームも本モデルの特徴の一つ。サイドプレートに4箇所、トリガーガード前面に1箇所(※シリンダーストップ用スプリング組み込みのため)ネジが使われています。
現行のモデルはコストダウン/合理化のために3スクリュー仕様となっておりますね。




▲全長が短い45ACP弾に合わせてシリンダーの全長も短縮されており、その分フォーシングコーン(シリンダーとバレルの接点部分)が長くなっているのがM1917のフォルム上の特徴。
なおフレームサイズは現在で言うNフレーム相当なので、サイズは結構大柄です。




▲第2次大戦後再建された日本警察において、警察官に支給する拳銃の不足という問題が持ち上がった際、余剰兵器となっていたM1917系がアメリカ政府から大量に供与されたため、それ以降かなりの期間日本のお巡りさんの腰には本銃がぶら下がっておりました。
当時の日本人の標準的体格からすれば桁外れに大型な拳銃であり、射撃時の反動もきつかったため、現場での評価はあまり芳しいものではなく、これが後の国産拳銃ニューナンブM60の開発につながっているわけですね。

ちなみに一部の都道府県系にはM1911/M1911A1系も供与されており、ルパン3世の銭形警部をはじめ日本のお巡りさんがミリガバ持ってたりするのも、考証的には決してありえない描写ではなかったり致します。閑話休題。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

フォートレス東京池袋店ブログ 『要塞 いけブくログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店は、本年1月より日曜/祝日に加えて土曜日も午前11時よりの開店となります!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
これがミリタリー風アンブレラですってよ!
『KSCの重シブグロック』入りました!
『LCTの削りだしAK47』約4年ぶりの再生産!
『サムライエッジ限定モデル』詳細情報解禁!
『コイツも随分と寿命が長いにゃ~』!
戦闘中のリロードは・・・・・・厳しいかなぁ。
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 これがミリタリー風アンブレラですってよ! (2017-02-28 21:05)
 『KSCの重シブグロック』入りました! (2017-02-28 17:05)
 『LCTの削りだしAK47』約4年ぶりの再生産! (2017-02-28 13:05)
 『サムライエッジ限定モデル』詳細情報解禁! (2017-02-27 17:05)
 『コイツも随分と寿命が長いにゃ~』! (2017-02-27 13:05)
 戦闘中のリロードは・・・・・・厳しいかなぁ。 (2017-02-26 21:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05 │Comments(1)商品紹介

この記事へのコメント
昭和天皇大喪の例の直前期、都内で見たお巡りさんの腰に不釣り合いなほど大きい
黒革のホルスターと、木のグリップのリボルバーを見かけました。
全ての警官の装備を細かく見ているわけではありませんが、個人的にはそのときが
.45口径リボルバーを見た最後です。
このあたりでお役ご免になったのだと思います。
Posted by とーりすがり at 2016年11月14日 21:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。