2017年05月19日

『ドイツ連邦軍ファン必携のモデルガン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲現用ドイツ軍装備ファン必携の発火式モデルガンが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『タナカワークス: モデルガン本体 H&K P8 EVO HP』
モデルガンとしては初のモデルアップとなるH&K P8!USPシリーズのバリアントの一つである、ドイツ連邦軍の制式採用バージョンをモデルアップしております。




▲スライド/フレーム周りの材質が従来のHW樹脂から新開発のHP(ハイパフォーマンス)樹脂に変更され、耐久性が大幅に向上。スライドのエッジもくっきりと立っており、重量感も従来のHW樹脂と遜色ない感触です!
側面の刻印もP8独自の仕様をリアルに再現。




▲一見すると刻印以外USPと変わっていない様に見えるP8ですが、スタンダードなUSPと大きく仕様が異なるのがコントロールレバー。
通常のバリアント1系と違い、水平位置でセフティ解除、少し下げた位置でセフティON、そこから更に押し下げるとデコッキングという操作となっております。
これはP8以前に制式拳銃として採用されていたP1(ワルサーP38の戦後生産モデル)に準じた仕様で、機種転換訓練の際に兵士が戸惑うことの無いよう採用されたフィーチャーですね。
レバーを押し上げてセフティOFFなので、慣れていないとちょっと戸惑います。




▲もう一つの顕著な特徴がホワイトカラーの樹脂で成型されたマガジン。なぜドイツ連邦軍がこの仕様を指定したのか良く分かりませんが、見た目のインパクトは強いですねえ。
パッと見練乳アイスっぽい感じ。




▲カートも新型のエボリューション2タイプが付属。ケースの材質が軽量なアルミ製となったことでブローバック発火時に銃本体に掛かる衝撃が緩和され、耐久性の向上に貢献しております!
アルマイト仕上げなので発火後の火薬汚れも落ちやすくなっており、従来のEVOカート採用機種にもそのまま使用可能です。




▲この勢いのまま、タナカワークスさんにはモデルガン道をひた走ってもらいたいものですねえ。お次はS&W M&P9あたりどうでしょうか?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!






サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
【速報】東京マルイ製品再生産情報(11月中旬まで)
『サイレンサー屋さんの角柱型サプレッサー』入りました!
『HK45タクティコー』入ってマス!
『ポケットサイズの45(フォーティファイブ)』入ってマス!
『ロマン溢れるコンバージョンリボルバー』!
『スタンダードな方のAK47』入りました!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 【速報】東京マルイ製品再生産情報(11月中旬まで) (2017-10-19 21:06)
 『サイレンサー屋さんの角柱型サプレッサー』入りました! (2017-10-19 17:05)
 『HK45タクティコー』入ってマス! (2017-10-19 13:05)
 『ポケットサイズの45(フォーティファイブ)』入ってマス! (2017-10-18 21:05)
 『ロマン溢れるコンバージョンリボルバー』! (2017-10-18 17:05)
 『スタンダードな方のAK47』入りました! (2017-10-18 13:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。