2017年03月19日

『マッシブな造りにも程があるやろ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲LCT製AKシリーズ電動ガンの人気ラインナップ『LCK47』(AK47)が、実に4年ぶりの再生産でございまする!




『LCT: 電動ガン本体 lct-lck47 LCK47(AK47)』
現在あるAKシリーズ全ての始祖ともいえる、AK47の後期生産型をモデルアップ!基本的には東京マルイがスタンダード電動ガンとしてモデルアップしているバージョンと同型ですが、質感に関しては雲泥の差がございますねえ。




▲旧ソ連軍が東部戦線で対峙したドイツ軍が投入していた世界最初のアサルトライフルStg44(※ちなみに『アサルトライフル』というカテゴリー名自体、ドイツ語の『シュトゥルムゲヴェーア』の英語訳だったり致します)を参考に開発されたといわれるAK47ですが、最初期型はStg44同様スタンピング(プレス工法)でレシーバーが製造されておりました。
ところが当時のソ連の技術水準では、部品の組み付けに使用されたリベットが緩むなどして十分な耐久性を確保できなかったため、中期型以降は伝統的なミルド(削りだし工法)レシーバーが採用されております。
結局スタンピングレシーバーの全面的な採用は、AKM以降に持ち越されることとなりました。




▲LCT製AK47も実銃同様のミルドレシーバー仕様で、全体に残るツールマークがまた良い味出してます!良い意味でやや汚い感じの仕上がりになっているところも非常にGOOD!
この質感は、樹脂製フレームでは絶対に真似できないでしょう!




▲ストックは旧ソ連お得意の合板製。強化プラスティック製のエクステリアが採用される以前は、単材よりも生産コストが安く強度も稼げるところから、AKMやAK74の初期型あたりまで合板のストックが採用されておりました。
AK47については、生産ロットによっては単材で製作されたストックを組み込んだものもあったようです。
グリップはマルイがモデルアップしたバージョンとは違い、両サイドに滑り止めのチェッカリングが入れられております。




▲AKファンを自認するなら絶対に避けて通れないベーシックなバリアント!数量限定生産品ですので、気になる方は早めに押さえといた方が良いですぜ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!


2017年3月19日(日) 午後6時より、FORTRESS名古屋店 店頭にて大開催の予定です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『アサシンのスペルはASS ASS INと覚えよう』!
『ヴィッカーズおぢさんご愛用のグロック17』!
『デッカイ銃に負けない身体を作ろう』!
『スペックオプスな5-7』入ってマス!
『実銃用グリップ仕様なP226』再入荷!
『ジョン・ウィックなカスタムスライド』発売決定!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『アサシンのスペルはASS ASS INと覚えよう』! (2017-04-26 21:05)
 『ヴィッカーズおぢさんご愛用のグロック17』! (2017-04-26 17:05)
 『デッカイ銃に負けない身体を作ろう』! (2017-04-26 13:05)
 『スペックオプスな5-7』入ってマス! (2017-04-25 21:05)
 『実銃用グリップ仕様なP226』再入荷! (2017-04-25 13:05)
 『ジョン・ウィックなカスタムスライド』発売決定! (2017-04-24 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 15:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。