2017年03月20日

『MP9ってエエよね』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

マシンピストル好きに大人気のKSC製ガスブローバックサブマシンガンシリーズ『MP9』が、久々に再入荷してきておりまする!↓


『KSC (ケーエスシー): ガスブローバック サブマシンガン B&T MP9』
実銃はステアー(シュタイヤー・マンリッヒャー)社が90年代初頭に開発した小型汎用サブマシンガン、あぐちゃんの妹 たまぴー(←すんません、『うぽって!!』の原作好きなんです)ことTMP(Tactical Machine Pistol)をベースに、製造ライセンスを譲渡されたスイスの銃器/アクセサリーメーカーB&T(ブルガー&トーメ)社が独自の改良を加えて生産している改良型!
MP5シリーズに比肩しうる性能を持ちながら、より小型/軽量で汎用性にも優れ、製造コストも安価なサブマシンガンとして、近年一定の成功を収めています。




▲ベースとなったTMPと大まかなシルエットは変わりませんが、レイルシステムが標準装備されたことで拡張性が格段に向上!TMPではセレクターと一体だったセフティも、グロックのような即応性の高いトリガーセフティのみとなり、ボタンの機能はセミ/フルの切り替えのみとなりました。
バレルシュラウド(銃身カバー)へのサプレッサーの装着方法も着脱に時間が掛かるネジ式から、MP5のようにトライラグによるクイックデタッチャブル方式に改められ、専用サプレッサーを瞬時にセットできるようになっています。こういうところは、元々ガンアクセサリー/サプレッサーメーカーであるB&T社の面目躍如という感じですね。
どうせなら凄く出来の良いKSC純正の専用サプレッサーも再販してくれないかにゃ~?




▲TMPではハンドガンのようなスクエアノッチタイプだったリアサイトも、MP9ではゴーストリングタイプのピープサイトとなり、より照準しやすくなっています。
一見簡単なつくりですが、サイトはウィンデージ(左右偏差)/エレベーション(上下偏差)ともに調整が可能なフルアジャスタブル仕様。




▲TMPのストックは着脱式のオプション扱いでしたが、MP9ではフォールディングストックが標準装備となっています。たたんだ時に銃のシルエットにピッタリ収まるようにデザインされており、コンパクトさが損なわれることもありません。
長さはやや短めですが、実際に構えた時の安定感も中々良好。
ちなみにトップカバーのサイドレイルにSUREFIREのX300やITIのM3等のハンドガン用ウェポンライトを装着した状態でも、問題なくストックをたたむことが出来ます。




▲大型ハンドガンに毛の生えた程度のサイズ(とまで言ったら大袈裟かにゃ~?)で、実銃同様携帯性も抜群!小型ダットサイトやハンドガン用ウェポンライトをセットアップしてやれば、立派な近接戦用メインアームに早変わりです!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『ブッシュスナイパーなVSR』入ってマス!
【速報】東京マルイ製品再生産情報(11月中旬まで)
『マルイさんちのアサルトショットガン』入ってマス!
『ドクロが睨みを利かせるM4カスタム』新登場!
『ブルパップは取り回しが楽で良いやね』!
『リコイルアリアリな次世代417』入ってマス!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『ブッシュスナイパーなVSR』入ってマス! (2017-09-20 17:05)
 【速報】東京マルイ製品再生産情報(11月中旬まで) (2017-09-20 13:05)
 『マルイさんちのアサルトショットガン』入ってマス! (2017-09-19 17:05)
 『ドクロが睨みを利かせるM4カスタム』新登場! (2017-09-19 13:05)
 『ブルパップは取り回しが楽で良いやね』! (2017-09-18 17:05)
 『リコイルアリアリな次世代417』入ってマス! (2017-09-18 13:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。