2018年01月10日

『今度のKRYTACはAK口径』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ベクターでお馴染みKRISS社のエアソフトガン部門KRYTAC(クライタック)がリリースするTRIDENT電動ガンシリーズの日本国内向け限定モデルが、近々新発売の予定でございまする!↓


『KRYTAC(クライタック): 電動ガン本体 電動ガン本体 TR47 CRB BK』
かつてKAC(ナイツ)社がU.S.SOCOM(米特殊作戦軍)の要請で開発した7.62mmx39口径特殊作戦用アサルトライフルSR-47をモチーフとしたモデルでございます!




▲SR-47といえば、AK47/AKMの弾薬およびマガジンをそのまま使用できるイケナイicon06作戦用ライフルとして知られるところでございますね。
聞く所によりますと、銃身のライフリングピッチやエキストラクター/エジェクターのシステムまでAKと同規格で製作されており、発射済みの弾頭や空薬莢を調べても、AKで撃ったものとほとんど区別が付かないとか。

最終的にはSOCOMには不採用に終わり、トライアルに使用された固体の製造数も10丁に満たないと言います。(後にコマーシャルモデルが若干数生産されたようですが。)
トイガンの方が実銃よりも大量に製造されているパターンの代表格ですねえ。MAGPULのPDR-Cなんかもそうか。




▲KRYTACのTR47は、オリジナルのSR-47を現在のエクステリア系パーツで近代化改修したような感じにデザインされております。
ハンドガードは軽量でホールドしやすく、なおかつ拡張性にも優れたKeyMod(キーモッド)タイプを採用し、BUIS(バックアップアイアンサイト)はKRISSの系列会社であるアクセサリーメーカーディファイアンス社のものが標準装備されています。




▲レシーバー周りのデザインはもろにSR-47タイプで、当然スタンダード電動ガンAK47シリーズ用マガジンがそのまま使用できます!
セレクターレバーは左右利き手を選ばないアンビデクストラス仕様で、トリガーはストレートタイプ。共にCMC社正式ライセンスに基づく実在のデザインを採用しています。
パドルタイプのマガジンキャッチを採用しているAKシリーズと違い、SR-47はM16/M4譲りのボタン式マグキャッチなので、マガジンチェンジのしやすさは比べ物になりません!




▲実のところTR47系はKRYTAC製電動ガンシリーズの日本国内リリースがアナウンスされた当時、ラインナップの一つとして発表されていたのですが、諸般の事情で発売が見送られておりました。日本国内限定という形ですが、この度めでたく日の目を見たわけでございますね。

人とは一味違った銃をメインアームにしたい個性派ゲーマーや、アンノウンオペレーター系装備ゲーマー諸氏におススメの1丁です!

1月20日頃入荷の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!






サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『フィールドスナイパーの必需品』再入荷!
『フルサイズ気味な方のUSP』入りました!
『エルゴノミってるラバーグリップ』!
『ごんぶと系ハンドキャノン』やってます!
『お値ごろなグロック用ファイバーオプティクスサイト』!
『ドイツが育てたM4カービンバリアント』入ってマス!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『フィールドスナイパーの必需品』再入荷! (2018-01-18 17:05)
 『フルサイズ気味な方のUSP』入りました! (2018-01-18 14:11)
 『エルゴノミってるラバーグリップ』! (2018-01-17 21:05)
 『ごんぶと系ハンドキャノン』やってます! (2018-01-17 17:05)
 『お値ごろなグロック用ファイバーオプティクスサイト』! (2018-01-17 13:05)
 『ドイツが育てたM4カービンバリアント』入ってマス! (2018-01-16 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。