2017年04月17日

『今更?と言うなかれ』PART2!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

実銃メーカーとの正式ライセンス契約に基づいて製作されたCyber Gun(サイバーガン)製リアルトイガンシリーズ!前回ご紹介したFA-MAS F1と同時期に、こんなんも近日新発売となる予定でございまする!↓


『Cyber Gun: 電動ガン本体 FN P90(cyb-aeg-200934)』
ご存知、ベルギーの老舗ガンメーカーFN HERSTAL社が開発した、みんな大好き『P90』であります!
P90にもいくつかのバリアントが存在しますが、今回リリースされるのはレシーバー上部に3面の20mmレイルが設けられたP90 TR(トライレイル)バージョンですね。




▲P90は冷戦時代末期頃、後方支援要員向けのPDW(個人防衛用火器)として開発された小型自動火器。フルサイズのアサルトライフルで武装できない人員の自衛用として設計され、簡単にいえばアサルトカービンとサブマシンガンの中間的な特性を持った銃ですね。
5.7mmx28という独自規格の弾薬の採用により、標準的なアンチフラグメンテーションベスト(軍用の対破片用ボディアーマー)を撃ち抜くだけの威力があり、コンパクトながら在来型のサブマシンガンを凌駕する性能をもっています。

なお、PDWというカテゴリー名があまり浸透しなかったため、現在は単にP90サブマシンガンと呼ばれているようです。




▲マガジンをレシーバー上部に水平に配置するという独特のレイアウトを採用しており、装弾数50発というハイキャパシティ仕様。スペアマガジンの携行を想定しない後方支援要員向けというコンセプトから要求された仕様という側面があるようです。
機関部をストック内に内装したブルパップレイアウトを採用しているので、見かけよりも銃身長は長め。




▲セレクターレバーはトリガーガード内に設けられており、トリガーフィンガー(人差し指)で操作するようになっています。在来型のセレクターレバーに慣れたユーザーだと、最初は戸惑うかも。
グリップやフォアグリップはエルゴノミクスデザイン(人間工学)に基づいて設計されており、コンパクトな構えがしっくり来ます。




▲フラッシュハイダーは同じFN社が生産していたFNCアサルトライフルのものに良く似た印象。消炎効果と反動軽減効果を併せ持ったデザインとなっています。




▲基本的には東京マルイ製スタンダード電動ガンのコピーに近い製品のようですが、実銃の製造元であるFN社との正式ライセンス契約により、レシーバー周りの刻印も実銃準拠のリアル仕様となっています。こだわり派のコレクターには嬉しいところですね!

6月頃発売の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!


FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。





サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(商品紹介)の記事画像
『オメガってるMP5』入ってマス!
『マットシルバーなコンバットマスター』!
『現代サブマシンガンといえばコレ』
『インドアサバゲ用スタングレネード』近日発売!
『プロが認めた共産圏の名銃』!
『ブルパップライフルの金字塔』入ってマス!
同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 『オメガってるMP5』入ってマス! (2017-05-29 13:05)
 『マットシルバーなコンバットマスター』! (2017-05-28 17:05)
 『現代サブマシンガンといえばコレ』 (2017-05-28 13:05)
 『インドアサバゲ用スタングレネード』近日発売! (2017-05-27 17:05)
 『プロが認めた共産圏の名銃』! (2017-05-26 21:05)
 『ブルパップライフルの金字塔』入ってマス! (2017-05-26 13:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。