2010年01月31日

フォートレス秘宝館その4

『FORTRESS フォートレス』

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのドナルド・アンダーソン(意味不明)こと、タナ・セガールでございます。
何だかんだでこの所連日アップが続いている秘宝館シリーズ…。好評なんだか無視されているのか良く分かりませんが、とりあえず第4回となる今回のお題はこちら!↓


『マルゼン KG9』
秘宝館のネタもとの宝庫とも言える当店スタッフ『たなっち二曹』の持ち物でございます。

秘宝館の題材としてはいささか新し過ぎる感も無きにしもあらずですが、この銃自体にノスタルジーを感じてしまうアナタは、間違いなくおっさんです…。


▲マルゼンのKG9シリーズは初代のカート式コッキングエアガンを皮切りに、フィクスドタイプ・セミオートガスガン、ブローバックガスガンと世代交代を重ねて参りましたが、コイツはブローバックモデル。


金属製のバレルジャケットとグラスファイバー樹脂製のグリップフレームの組み合わせが今見ても中々リアルです。
ちなみに実銃とマルゼン製を見分けるポイントが一つ。マルゼン製はバレルジャケットが少し長く、クーリングホール(冷却孔)が1列分多いんです。

若い方にはKG9と言われても『何やそれ?』ってなもんでしょうが、実銃はスェーデン製のセミオートピストルで、SMGのフィーリングを手軽に味わえる製品として販売されました。
セミオートオンリーながら作動システムは多くのSMGが採用するのと同様のオープンボルト方式。簡単にフルオート仕様に改造出来ることからストリートギャングのお兄様方に大好評を博してしまい、あえなく生産中止に追いやられました。

後継機としてクローズドボルト方式に改修されたTEC9も登場しましたが、こちらも犯罪事件に使用されることが多く、悪名高いコロンバイン高校無差別乱射事件でも犯人の手に握られてたりします。

とまあ、非常にでんぢゃらすな雰囲気の漂うKG9ですが、まかり間違ってもトイガンで人が死ぬようなことはありませんので、使い方を誤らなければ平和的に遊んで頂けます。

ブローバックガスガンとしてのKG9は、実銃と違ってフルオートオンリー仕様。しかもメチャクチャ調子がよく、片手撃ちするとマジでリコイルに振り回されます


全弾発射後はボルトにストップが掛かり、射手に弾切れを知らせる機能も完備。面白いのは空撃ちも楽しめるよう、ボルトストップ機能をキャンセルするためのキャンセラー(というのかな?)が付属している事。
弾が無くとも、ゲップが出るくらいリコイルを堪能できます!

おもちゃとしては非常に面白い製品で、生産中止となったのが勿体無いくらい。今出しても充分売れるのではないでせうか…。
少なくとも小生は一丁ホスイです。

それではまた、秘宝館でお会いしましょう!

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら




同じカテゴリー(フォートレス秘宝館)の記事画像
『今見ても問答無用でカッコエエよね』!
『ある意味S&W M945のご先祖様』?
『幻の45口径ハイパワー発見!』(嘘です!)
『忘れた頃の秘法館』ちょこっと復活!
『コイツの実物は初めて見たわ』!
『FORTRESS 夏の秘法館フェア』?
同じカテゴリー(フォートレス秘宝館)の記事
 『今見ても問答無用でカッコエエよね』! (2018-01-26 21:05)
 『ある意味S&W M945のご先祖様』? (2018-01-20 21:05)
 『幻の45口径ハイパワー発見!』(嘘です!) (2018-01-14 21:05)
 『忘れた頃の秘法館』ちょこっと復活! (2018-01-03 21:10)
 『コイツの実物は初めて見たわ』! (2017-08-15 17:05)
 『FORTRESS 夏の秘法館フェア』? (2017-08-12 17:05)

Posted by フォートレスWEBショップ  at 23:41 │Comments(0)フォートレス秘宝館

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。