2018年08月09日

『バーバ・ヤガーの愛銃を完全再現できるキット』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲キアヌ・リーブス主演のアクションノワール映画『ジョン・ウィック』シリーズのファン必携なコンバージョンキットが、めっちゃんこ久しぶりに極少数再入荷でございまする!




『MWC: マルイグロック TTI G34 ジョン・ウィック コンバットマスター キット』
東京マルイ製ガスブローバックハンドガングロック17/グロック34に対応した、TTI(Taran Tactical Innovations)GLOCK34 COMBAT MASTERスタイルのフルコンバージョンキット!
映画『ジョン・ウィック チャプター2』で使用された、所謂ジョンウィックモデルのフィーチャーが忠実に再現されておりまする!




▲スライド/フレーム/アウターバレル/サイトセット/マグウェルなど、外装周りのパーツが一通りセットとなっており、マルイグロックの内部コンポーネントを組み込むだけでジョン・ウィックの愛銃の出来上がり!
細かい事言うとTTI ファイアパワータイプのマガジンベースパッドがセットに含まれていないので、これだけは別途揃えて頂く必要がございますね。




▲スライドはNCマシニングによるシャープな仕上がりが魅力!
セット付属のフロント/リアサイトは、当然TTI アルティミットファイバーオプティクスサイトをモデルアップしております。




▲アウターバレルはシャンパンゴールドっぽい色合いのアルマイトフィニッシュ。
劇中使用されたプロップガンのバレルは一般にシルバーフィニッシュだったといわれておりますが、ゴールドっぽい色合いにも見えるシーンも少なからずあるので、複数用意されたプロップガンの外観に若干の個体差があった可能性もございます。(※撮影時のトラブルに備えて、主役用のプロップガンは最低2丁用意されるのが映画界の常識ですから。)




▲フレームはスティップリング済みで、トリガーガード付け根にはハイグリップ加工も施されております。グリップの前面にフィンガーチャンネルが残されているのは、劇中の仕様に倣ったフィーチャーですね。
手作業によるスティップリング加工はきめ細かく見事な出来栄えで、これだけでも相当な価値があると小生思っちゃったり致します!

例によって今回も極少数の限定生産ですので、気になる方はお早めにどうぞ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月09日

『陸特風味なHK416カスタム』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製次世代電動ガンシリーズ『HK416 デルタカスタム』が、久々の再入荷でございまする!




『東京マルイ: 次世代電動ガン本体 HK416 デルタカスタム』
米陸軍第1特殊作戦分遣隊、通称デルタフォースのオペレーター(作戦要員)が使用するH&K HK416のカスタムモデルをイメージして製作されたバリアントであります!




▲HK416シリーズとデルタフォースの関係は深く、試作モデルであったHKM4の開発に当たってアドバイザーを勤めたのが、当時現役のデルタフォースオペレーターにして部隊のガンスミス(銃器職人)でもあったラリー・ヴィッカーズ氏でした。
その繋がりからか、米軍において最初にHK416系を支給されたのがデルタフォースだったといわれ、当初はCQB-Rのように既存のM4カービンのロアレシーバーと組み合わせて使用するアッパーレシーバーキットという形を取っていました。
その後も現場運用で得られた教訓を元に改良が継続され、徐々に現在知られるHK416の形になっていった訳ですね。




▲HK416系の欠点としてしばしば取り上げられるのが、極端にフロントヘビー気味な重量バランス。作動方式をM16/M4系のダイレクトガスインピンジメント(俗に言うリュングマン)システムから、信頼性を重視して部品点数の多いショートストロークピストンに変更したことによるもので、バレルの軽量化などである程度対処されたものの、現場サイドからの不満の声は依然として残っており、それに応える形で出てきたのがガイズリーSMR(Super Moduler Rail)ハンドガードでした。
H&K製純正ハンドガードに比べて全体的にスリムなデザインとなっており、トップ以外のレイルをM-LOK規格のモジュラーレイルとしたことで、大幅な軽量化を実現しています。
実際マルイ製デルタカスタムをハンドリングしてみると、従来のバリエーションに比べて重量バランスが格段に改善されているのが分かります!




▲アクセサリーレイルはロングサイズx1とショートサイズx2が付属。任意の位置に必要なオプションのみを装着することでデッドウェイトを切り捨てるというコンセプトは、今や当たり前となりつつありますね。
ハンドガードの両サイドにはQDスイベル装着用のスタッドも標準装備されています。




▲サイトシステムもHKオリジナルではなく、米軍系M4カービンの標準装備ともいえるKAC(ナイツ・アーマメント・カンパニー)タイプのフォールディングフロントサイトと600mタイプフリップアップサイトの組み合わせとなっています。
折りたたみ式なので光学照準器使用時にも邪魔にならず、オープンサイト射撃時のサイトピクチャーも良好。
ちなみにフロントサイトが前後逆に付いているのは、ATPIAL(Advanced Target Pointer/Illuminator/Aiming Laser)ことAN/PEQ-15レーザーポインター/イルミネーターを装着する際のスペースを十分に確保するため。




米軍用臭さを強調するためなのか、付属のマガジンはあえてCOLT製STANAGマガジン仕様となっております。もちろん従来のHK416シリーズ用マガジンも使用可能。
その内マルイ純正のP-MAGタイプマガジンも出てこないかにゃ~?最近陸軍でも本格的に使用が承認されたみたいだし。




▲各パーツごとに少しづつ色味を変えたダークアース/タンカラー系のエクステリアが独特の雰囲気を醸し出しております!これが全身同じ色味だったら、さぞかしのっぺりとした外観になっていたのではないでしょうか?

FORTRESSカスタムメニューにも幅広く対応しておりますので、ゲーム用ウェポンとしても力いっぱいおススメしたい逸品であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介