2018年08月06日

『ストライクガン』現行フォーマットで待望の復活!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC製ガスブローバックハンドガンSTI 2011シリーズの最新作が、近々新発売の予定でございまする!↓


『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 ストライクガン HW』
実銃は鬼才とも呼ばれる米国のガンスミス、Z-MANことアラン・ズィッタ氏が製作したカスタムガン。
ズィッタ氏はM4系をベースとしたLR-300カービンのデザインを手がけたことでも知られる人物で、他にもマスターブラスターと名付けられたAR-15ベースのピストルバージョンやLAR グリズリーウィンマグ(※45ウィンチェスターマグナム弾を使用する1911スタイルのマグナムオート)をベースに洒落でIPSC用レースガンを作っちゃったりと、ユニークな作風と高度な技術を併せ持つガンスミスとして知られております。

昔はArmsマガジンのレポーター、ヨーイチ氏の友人として、海外レポートコーナーにも良く登場しておりました。




▲ストライクガンのコンセプトは近接戦闘用、特に銃を構えたまま格闘戦を行うことまでも想定した、言うなれば元祖ガンカタ銃。
銃口を相手の体に押し付けたまま発砲可能なマズルガードや、ハンマーを押さえられて発砲を阻止されることを防ぐためのハンマーシュラウド兼サイトガード、直接打撃用や間接を極めるためのストライクデバイスとして、またプローン射撃時の安定性を高めるモノポッド(単脚)として使用できるグリップエンドのスパイクなど、非常にアグレッシブなフィーチャーの数々が特徴です。
まあ実際のところ実用品というよりは、ズィッタ氏がお遊びで造った洒落系カスタムに分類される銃なのでしょうが、昨今の銃器のハンドリングそのものを格闘のメソッドに組み込むCQCのテクニックを予見したような先進性も伺えます。




▲ストライクガン自体はもうかれこれ20年近く前に発表されたもので、KSCさんも早くからSTI 2011シリーズのラインナップの一つとしてモデルアップしておりました。ただ、旧型のブローバックエンジンはSYSTEM 7が世に出る以前のレースメカバージョン仕様だったため、正直作動は今ひとつ。
そこで小生、旧型ストライクガンのエクステリア系パーツをSYSTEM 7バージョンのエッジに移植してSYSTEM 7版ストライクガン(※上の画像の銃)を製作したことがあったのですが、メーカー純正が出ちゃうとコイツもお払い箱かにゃ~?

ちなみにストライクガンは初めからSTI エッジがベースだったわけではなく、最初期型はパラ・オードナンス製P12、第2期プロトはコルトシリーズ80のスライドとチップ・マコーミックブランドだった頃のハイキャップフレームを組み合わせたものが、それぞれベースとなっておりました。
ハイキャップ1911系ベースというフォーマットは一貫しておりますねえ。




▲内部メカは現行のエッジと同じ仕様だと思われるので、ブローバック作動や命中精度に関してはなんら不安はないでしょう。
スライド周りがHW(ヘビーウェイト)樹脂製となったことで重量は1kgの大台を超えて(公称値1,085g)おり、ズッシリとした手応えが味わえそうであります!

8月29日メーカー出荷開始、翌8月30日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年08月06日

『スーツの下に忍ばせたくなるグロック』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲コンパクトなボディと高い実射性能でロングセラーとなっている東京マルイ製ガスブローバックハンドガン『グロック26』が再入荷してきておりまする!




▲実銃は9mmx19口径グロックシリーズ最小のサブコンパクトバージョン。スライド/バレル/フレーム周りを切り詰めて、極限まで小型化されております。
ワルサーPPKみたいな小型護身用拳銃と大差ないサイズ(左右幅は太いけど)でありながらフルロードの9mmパラべラム弾を使用でき、なおかつ10+1発(※ガスガンでは15+1発)というファイアパワーを備えた、プリティかつスパイシーな奴でございます!




▲大ヒットしたキアヌ・リーブス主演のガンアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズでも、主人公ジョン・ウィックのバックアップガンとして登場。左腰の後ろにIWB(インサイドウェストバンド)ホルスターを装着して携行し、プライマリが弾切れを起こした際に左手でドローして射撃しておりました。
ちなみにキアヌ・リーブス自身は本来左利き(※JW劇中でも宅配の受け取り伝票に左手でサインしてるシーン有り)なんだそうで、銃を扱う際のストロングハンドはあえて右利きに矯正しているようです。

第2作目の『ジョン・ウィック チャプター2』ではプライマリーのG34同様TTI(Taran Tactical Innovations)製のカスタムモデル『コンバットキャリー』が使用されておりました。贅沢な殺し屋やな~。
上の画像は実際に撮影で使用されたプロップガンのうち1丁で、TTIがU.S.SHOT SHOW 2017で公開していたもの。よく見るとバレル内部にブランク(空砲)作動用のチョークを組み込む為のネジが切られているのが分かります。




▲マガジンのベースプレートはフィンガーレストタイプ(※上の画像のヤツ)とフラットタイプの2種が付属し、お好みに応じて交換が可能。
携帯性を重視するならフラットタイプ、握りやすさを優先するならフィンガーレストタイプをチョイスされるがよろしかろう!(←なんで上から目線?)




▲マガジンは同社製グロック17用と互換性があり、17用のフルサイズマガジンを使用すればより多くの装弾数とガス容量(熱量)を確保する事が出来まする!
フルサイズマガジンだと、グリップからはみ出した部分がフィンガーレストの役割もはたして一石二鳥!ちょこっとブサイクだけど。




▲短い後退ストロークで十分なテンションを稼ぐため、リコイルスプリングは実銃同様同軸上に太さの異なる2本のスプリングを配したデュアルタイプを採用しています。




▲マガジンの互換性(※G26のマガジンをフルサイズに使うことは出来ませんが)やフルサイズと同じ操作性から、マルイグロック17/18系をサイドアームとして愛用するゲーマーのバックアップガンとしてもピッタンコな1丁!
ちっこくても性能はお墨付きですよ~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年08月06日

『スーツの懐に忍ばせたい』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

数少ない小型オート系ガスブローバックハンドガンとして長年愛され続けているマルゼン製『ワルサーPPK/S』のスタンダードバージョンが再入荷してきておりまする!↓


『マルゼン: ハンドガン本体 ワルサーPPK/S BK』
実銃はワルサーPPKの米国向け輸出向けバージョンとして、コンパクトモデルであるPPKのスライド周りとフルサイズモデルであるPPのフレームを組み合わせて開発されたモデル。モデル名末尾に付くSSpecial(特別仕様)を意味します。

米国ではケネディ大統領暗殺事件をきっかけとして、1968年に全長4インチx全高4インチを下回るサイズの外国製小型拳銃の輸入を規制する法律が施行されたため、世界最大の銃器市場であった米国向けの輸出で利益を上げていたガンメーカーの多くが大きな打撃を受けることとなりました。

その法規制を回避すべくワルサー社が開発したのがPPKで、ベースとなったPPKに比べてサイズは若干大きくなりましたが、グリップが長くなった分手の大きなユーザーにも扱いやすくなったため、実用銃としては原型であるPPKよりも実用派には人気が出たとか。




▲マルゼンがリリースしている一連のワルサーブランドトイガンは、本家ワルサー社との正式ライセンス契約により同社製ハンドガンの日本向けバージョンと位置付けられています。当然各部の刻印も実銃準拠のリアル仕様!
ワルサートレードマークのバナーも、グリップにしっかりと入れられております。




▲小型でスナッグフリー(引っかかりの少ない)なフォルムがPP系の特徴。ジャケットの下から、あるいはポケットからの抜き撃ちもスムーズに行えます!
ハンドガン主体のインドアゲームなら十分にメインアームとして使用できる実射性能の高さも魅力!




▲サイズの制約上マガジンのサイズがかなり小さめなため、ブローバックタイプのガスガンとしてはあまり条件が良くないのですが、作動は非常にキビキビとした印象で全く危なげなところがありません。
ストレートブローバック式自動拳銃らしい、ビシビシと掌の中に確かな手ごたえを残すリコイルが、撃っていて楽しい1丁です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介