2018年06月08日

『カリスマ系マグナムリボルバー』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲長らく流通在庫切れとなっておりました東京マルイ製ガスリボルバーシリーズの人気ラインナップ『コルト パイソン 4in』が、再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 コルトパイソン 357 BK 4in』
実銃はその美しいコルト・ロイヤルブルーフィニッシュと力強いシルエット、優れた命中精度で一時代を築いた、コルト社製高級357マグナムリボルバーであります!




▲パイソンの外観を特徴付ける最大のファクターといえば、なんといってもそのバレル周り!
ホールド時の安定性を高め、マグナム弾特有の強烈な反動を和らげることを意図したカウンターウェイトと、高級散弾銃に良く見られるベンチレーテッド・リブ(発砲に伴って加熱した銃身から立ち昇る陽炎を抑えるための放熱用リブ)を備えたブルバレルが、比肩するもののないキャラクター性を演出しております。
まあ、実際のところベンチリブの効果は眉唾物だったようですが、問答無用でカッコエエから許す!




▲ハンマーのスパー(指掛け)は見てのとおり大型で、シングルアクションで撃ちたい時にも素早くハンマーをコッキングすることが出来ます。
シリンダーをスイングアウトするためのラッチは手前に引いて解除するシステムで、S&W製リボルバーとは逆ですね。
ちなみにコルト製リボルバーはライフリングのピッチやシリンダーの回転方向もS&Wとは逆になっており、なんか意地でもライバルメーカーとは逆を行ってやる!みたいな対抗心が見え隠れして微笑ましいですねえ。




▲グリップはパックマイヤー製ラウンドバット・ラバーグリップの形状をモデルアップしたオーバーサイズグリップを装備。
材質はプラ製ながら表面にラバーコーティングが施され、グリップ感は中々にポジティブです。




▲東京マルイ独自のケースレスシステムにより、シリンダー内の6箇所のチャンバーに各4発(※発射弾数は1ショットにつき1発)の6mmBB弾を装填することで24連発という、リボルバータイプのトイガンとしては驚異的なハイキャパシティを実現!
カート式に比べてリアルさという点では一歩譲りますが、オート系ガスガンにも十分対抗できる装弾数と優れた命中精度を備え、ゲーム用ウェポンとしての実用性は各社製リボルバータイプトイガンの中でも群を抜いております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年06月08日

『電動トミーガン』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲2次戦連合軍ファン必携の東京マルイ製スタンダード電動ガン『トンプソンM1A1』が再入荷してきておりまする!




▲M1A1はトンプソンサブマシンガンシリーズの最後期生産型に当たり、生産工程が徹底的に簡略化されているのが特徴。
初期モデルであるM1921/1928系の特徴であったブリッシュロック(ディレードブローバック機構)システムやカッツコンペンセーター(反動制退器)、ドラムマガジン用スロットの廃止、サイトシステムの簡略化など、徹底的な製造工程の簡略化がすすめられておりまする。

ちなみに今日用いられているサブマシンガン(短機関銃)というカテゴリー名はトンプソンサブマシンガンとともに生まれたもので、Sub Caliber Machine Gunを略したもの。
話がちょっと横道に逸れますが、トンプソンの試作モデルには軽機関銃のようなベルト給弾方式を採用した『Persuader』(パースエイダー/説得者もしくは脅迫者)とボックスマガジン給弾式の『Annihilator』(アナイアレイター/殲滅者)の2種類が存在しており、なんとも中二心をくすぐるネーミングだにゃ~とか思ったり致します。




シカゴタイプライターとも呼ばれたM1921系はバレル周りに放熱用フィン、マズル(銃口部)に発射時の燃焼ガスを上部に噴射することで反動によるマズルジャンプを低減するカッツコンペンセーターが装備されておりましたが、M1系はそれらが省略された極々シンプルなスタイルとなっています。
実銃はコンパクトながら結構重たい(約5kg弱)銃ですから、コンペンセーターが無くともリコイルのコントロールは十分に可能だったようです。




▲コントロール系はレシーバーの左側面に集約されており、基本的に左利きの兵士の使用を考慮していない設計。セレクターとセフティがそれぞれ別個に設けられている所に時代を感じます。(※まあ、現代のKRISS VECTORも似たようなもんですが。)
レシーバーやアウターバレル周りは金属製で、剛性はガッチガチです!




▲リアサイトはシンプルな固定式ピープサイト。初期のM1921系は豪華なフルアジャスタブルサイト仕様でしたが、考えてみれば有効射程がせいぜい50~100m程度でしかないサブマシンガンにはオーバークオリティな代物だったので、これで正解ですね!




▲これまた時代を感じさせる大柄なストック。少々オーバーサイズの気味があり、肩付けで射撃する際はちょっとしんどいサイズですね。一方脇に挟んで腰だめで射撃する際は非常にしっくりくるデザインです!
収納可能なバッテリーはラージサイズまで対応。




▲2次戦時の米軍やイギリス軍装備、はたまた鹵獲兵器という設定で旧日本軍装備にも合わせられる逸品であります!(※実際旧日本軍では『トムソン短機関銃』と呼ばれ、鹵獲兵器として取り扱う際の操作手引書なんかも発行されてたり致します。)
砂ぼ〇うずみたいな怪しげで小汚~い系の未来装備にもエエかも!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年06月08日

『未来から来た強面のおっさんもご愛用!』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲未来から来た強面半機械系おっさんソルジャーもご愛用(改造しすぎて原型留めてないけど)のVECTORが再入荷してきておりまする!




『KRYTAC(クライタック): 電動ガン本体 KRISS VECTOR Gen2』
反動のベクトル(Vector)を変える事でマズルジャンプを抑制するKRISS SUPER-Vシステムを採用した異形の45口径サブマシンガン『KRISS VECTOR』の第2世代(Gen2)バージョンを、KRYTACが電動ガンとしてモデルアップ!
基本的なシルエットは過去に他社からガスブローバックモデルとして発売されたGen 1stと大きく変わってはいないものの、細部を見ていくとそこかしこに改良点が見て取れます。




▲マズルにはアサルトライフルのような仰々しいフラッシュハイダーを装備。
ハイダーは14mm逆ネジ規格を採用しており、各社製サイレンサーなどのマズルデバイスの装着に幅広く対応します。




▲セフティレバーはグリップを握ったまま自然なスタンスで操作できる角度でマウントされています。
機構上の制約から、セフティとセレクターの機能が分離されているのも特徴の一つ。大昔のトンプソンみたいですねえ。




▲エジェクションポートは通常ダストカバーで閉じられていますが、チャージングハンドルを引くカバーが跳ね上がり、ホップ調整ダイアルにアクセスできるようになっています。
埃などの侵入を防ぐために、普段は閉じておいたほうが良いでしょう。




▲バッテリーはグリップのストレージコンパートメント内に収納。基本的に7.4V LipoのミニSタイプ対応ですが、グリップ内にあまりスペース的な余裕がないので、コードやコネクターを丁寧にたたんで入れる必要がございます。
バッテリーはLAYLAXさんのバッテリー関連ブランドGIGATEC(ギガテック)からリリースされているPSE LiPo 7.4V 800mAh スティックバッテリー ショート(ベクター対応)がおススメ!




▲ストックをたたむとこんなにコンパクトに。ただし重量バランスがフロントヘビーなので、この状態で片手撃ちというのはちょっとしんどいかも。




▲マガジンを抜くとこんな感じ。メカボックスへの干渉を防ぐために、上部がスラントカットされています。スプリング給弾式で、装弾数は170発
45口径という事でマガジンのサイズが9mm口径のサブマシンガンに比べて一回り太く、マガジンポーチはUMP用やP90用を選ぶ必要がございます。

専用スペアマガジンは単品販売の他、お買い得な3本セットもラインナップされています。




▲実際に射撃してみると短いバレル長から受ける印象に反して非常に素直な弾道を描いており、セレクターのセミ/2点バースト/フルの切り替えも確実!FET搭載機種なので、トリガーレスポンスも上々!
FORTRESSオリジナルのKRYTAC電動ガン専用ロングレンジチューンである『タイプLR-K』カスタムにもバッチリ対応しておりまする!




▲ちなみにDP2強面半機械系おっさんソルジャー(ケー〇ブルっていえよ!)の愛銃はこんな感じ。60年代に流行った子供の玩具(7つの機能を備えたスーパーガン!みたいなヤツ)がデザインのモチーフだそうで、『僕の考えた最強の武器』みたいなバカっぽさがええ感じ!
基本どこかで見た事のあるパーツの集合体という感じなので、気合と経済力さえあれば、似たようなカスタムガンは作れそうですね!

ちなみに実際のプロップガンは、重量がおよそ28ポンド(約12.7kg)ほどあったそうでございます。ジョシュ・ブローリン、エエ歳こいて(※50歳)しんどかっただろうにゃ~。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介