2018年06月06日

『エッジが重シブ仕様で帰ってきましたぜ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックハンドガンSTI 2011シリーズの基幹モデルであるEDGE(エッジ)5.1が、重シブ仕様となって近日カムバックの予定でございまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 STI エッジ5.1 HW』
実銃はM1911ガバメントの100年目の進化形(1911+100=2011)を目指て開発されたシングルアクション・ハイキャップオート。基本構造はM1911のそれを踏襲しており、スライド周りをはじめある程度のパーツの互換性も維持されていますが、1911系最大の弱点である装弾数の少なさを、ダブルカーラムマガジンの採用によって解消しております!
ちなみにロアフレームをポリマー製の一体成型とすることでグリップの大型化を抑えており、前後左右の寸法はシングルスタックM1911と実はほとんど変わらない寸法だったり致します。(多少角張ったシェイプではありますが。)




▲元々STI 2011系は、マッチシューターとして知られたチップ・マコーミックが経営するCMC社のブランドで販売されたフレームのみのコンバージョンキットから始まり、デザイナーのトリップ兄弟サンディ・ストレイヤーがCMCとの提携を解消してSTI社を立ち上げた時点で、完全自社製コンプリートガンの製造が開始されています。
M1911系をベースとしたハイキャップオートはキャスピアンやパラオーディナンスを始め様々なメーカーからリリースされていますが、STI 2011系はアッパーフレームとグリップ周りを分割式としたことでシアやディスコネクター周りの組み立て(※ガバのモデルガンを弄ったことのある方なら、その面倒臭さがよく分かるはず!)が容易に行えるよう設計されており、トリガーチューンのために頻繁に分解/組み立てを繰り返すマッチシューターやガンスミスにも歓迎されました。

超高級レースガンのブランドとして知られるSVI社もSTIの兄弟みたいなガンメーカーで、同社のインフィニティシリーズもSTIからパーツの供給を受けて製作されております。




エッジ5.1はフルサイズガバメントに相当するバリアントで、KSCが現在モデルアップしているのはフレームのダストカバー部がスライド前端と同じ長さまで延長されたLDC(ロング・ダスト・カバー)バージョン。
重量バランスをマズル(銃口部)よりとすることでマズルジャンプを抑制し、連射時の照準のリカバリーをし易くしたデザインですね。
リアサイトはBO-MARスタイルのフルアジャスタブルサイトが標準装備となっており、使用弾ごとの弾道の変化に合わせた細やかな照準調整が可能。
全体的なフィーチャーを見渡すと、発砲時のハンマーバイト(※ハンマーがコッキングされる際に手のお肉を挟んでとても痛い思いをすること)を防止するためのビーバーテイル・グリップセフティやアンビセフティ、フレアードタイプのマグウェルなど、コンペンセーター(反動制退器)こそないもののマッチ用レースガンとしての用途を重視したデザインと言えますが、5.1インチバレルなら辛うじてコンシールドキャリーにも対応できそうですねえ。




▲スライド周りがHW(ヘビーウェイト)樹脂製となったことで、約1,045gと実銃に迫る重量感を実現!射撃時のリコイルアップにも貢献しそうであります!
もちろんブローバックエンジンは信頼のSYSTEM 7、チャンバー回りも最新グレードのセットアップとなっております!

6月15日メーカー出荷開始、翌6月16日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年06月06日

『ポリマーフレームな毒サソリ』久々に入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ヨーロッパを拠点とする新興エアソフトガンメーカーASG社がリリースする電動サブマシンガン『Cz スコーピオン EVO3』が、久々に再入荷してきておりまする!↓


▲実銃はチェコの老舗ガンメーカーCz(チェスカ・ズブロヨフカ)社を代表する名機Vz61スコーピオンの名を継承した、軍/警察特殊部隊向け9mm口径サブマシンガン!
2009年に発表されたばかりの、このカテゴリーの銃としては出来たてほやほや最新モデルですね!




▲昨今のトレンドの合わせて外装周りにはポリマー樹脂が多用されており、H&K社のG36/UMP系を思わせるフォルム。サイズに関してはMP5系とほぼ同じようなボリューム感ですね。
レシーバートップ及びハンドガード4面には、公用向け銃器には今や当たり前となったピカティニー規格の20mmレイルが標準装備され、優れた拡張性を確保しております。




▲フロント/リアサイトはトップレイルを介して装着。フロントサイト側には競技用カスタムガンのような集光ファイバーが埋め込まれ、オープンサイトで照準する際もより素早くターゲットをとらえる事ができます。




▲ストックには長さの調整機能が備わっており、射手の体格や好みにわせて3段階の調整が可能。ボディアーマーなどの装備で着膨れした時も、最短ポジションにセットすれば違和感なく銃をホールドできます。




▲フォールディングストックをたためばここまでコンパクトに。ポリマー樹脂の多用によって重量も約2.4kgと軽量で、サバゲ用ウェポンとしての取り回しの良さも良好です!




▲コッキングハンドルを引くとダミーボルトが後退し、エジェクションポートからホップチャンバーにアクセスできます。後退したダミーボルトはボルトストップでホールドオープン状態になるので、ホップ調整も楽チン!




▲フラッシュハイダーとバレルナットを外すとハンドガードが外れ、バッテリーコンパートメントにアクセスできます。この状態からフロントスイベルやコッキングハンドルの左右を入れ替えることも可能。
セレクターレバーやマガジンキャッチは最初からアンビ仕様となっています。




▲マガジンはスプリング給弾式で、装弾数は75発。全弾撃ち尽くすと強制的に発射サイクルが停止するようになっており、マガジン交換後ボルトストップを操作する事で射撃可能な状態に復帰するという、実銃同様のリアルオペレーションも魅力!




▲電子制御式トリガーのおかげでトリガーのレスポンスも良く、セミオート/3点バースト/フルオートの切り替えも確実!
ただセミオート及び3点バーストの際は、意識的にトリガーをしっかり引き切るようにしないと、稀にバースト気味になったりすることがありますので、キビキビとしたトリガーワークが肝要でございますね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年06月06日

『対BOWオペレーターのサイドアーム』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイxカプコンのコラボレーションによるバイオハザード・トイガンシリーズ最新作『アルバート.W.モデル01P』のご予約受付を開始致しましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 バイオハザード アルバート.W.モデル01P 』
大ヒットホラーゲーム『バイオハザード』シリーズの世界観に存在する火器をモデルアップするこのシリーズ。本モデルは対バイオテロ専門のPMC(民間軍事会社)として再建された新生アンブレラ社に所属するオペレーター(軍事契約要員)のサイドアームとして開発されたハンドガンという設定だそうでございます。




▲本体は限定品として先行リリースされたサムライエッジ アルバート.W.モデル01と良く似た外観ですが、スライドの形状がノーマル92F型に変更され、アウターバレルも短く切り詰められています。
一方フレーム回りはサムライエッジバージョンとほぼ同じ構成のようで、発砲時のハンマーバイトを防ぐビーバーテイルや、アンダーマウントレイルが標準装備となっています。
俯瞰してみると、新生アンブレラ社にアドバイザーとして迎えられたクリス・レッドフィールドに与えられたサムライエッジバージョンをベースに、各部を整理した量産型みたいな感じでしょうか?




▲グリップフレーム前後の滑り止めも、より効果の高いチェッカリング仕様。グリップに埋め込まれたメダリオンはサムライエッジバージョンではSTARSのエンブレムでしたが、01Pではブルーを基調とした新生アンブレラ社のロゴマークとなっています。




▲内部メカはM9/M9A1/サムライエッジHGと同じ現行バージョンなので、可変ホップ仕様のチャンバーやデコッキングシステムも標準装備となっています。
本製品は限定モデルではなく、マルイガスブローバックハンドガンの通常ラインナップとしてリリースされるので、『限定モデルはもったいなくてサバゲやマッチに使えない!』というバイオファンにも思う存分撃ちまくって頂けますね!

発売時期に関しては今のところ未定ですが、とりあえず見切り発車でご予約受付開始!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介