2018年02月07日

『噂のじーくりキット』新色も入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲各社製フルサイズグロック系トイガンに対応した、噂のベクター風外装ドレスアップキットが再入荷してきておりまする!




『SLONG AIRSOFT: SL-00-87 グロック G-KRISS XIキット』
海外トイガンパーツメーカーSLONG AIRSOFTがリリースするグロック用外装コンバージョンキット!
SLONG AIRSOFTといえば3Dプリンターを駆使して作られた斬新な外装カスタムパーツの数々で知られるところですが、本製品のプロトタイプも3Dプリンターで製作され、先行リリースされておりました。
一方本製品はパーツが金型による成型品となったことで、プロトタイプとは比べものにならないくらい位綺麗な仕上がりとなっております!




▲基本的には東京マルイ製グロックガスブローバックモデル(※上の装着例はマルイ製グロック18C)のフレーム外形寸法に合わせて設計されているとのことで、ご覧のとおり無加工でピッタンコでございます。電動ハンドガンG18CにもバッチリOK!
マルイ製グロック以外だと、個体差に合わせて若干の加工調整が必要な製品もございますね。




▲Gen.3rd以降のモデルのアクセサリーレイルに前からスライドさせてはめ込み、付属のスクリューを締めこむだけで組み立て完了!
マルイ製グロックに装着する場合結構タイト気味なセッティングなので、スクリューを締めこまなくとも簡単に脱落することはなさそうです。
左右のアクセサリーレイルは、お好みに応じて着脱が可能。




▲トリガーガード前面のボックス部分はスペアマガジン用ホルダーとなっています。個別のマガジンキャッチなどは無く、ホルダー下部のネジを締めこんで、保持テンションを調整するスタイル。
きつ過ぎず緩すぎずのちょうど良い保持テンションを見つけるには、少しばかり試行錯誤が必要となりますねえ。




▲やはりこういうケレン味溢れるキットは、ドットサイトやらウェポンライトやらサイレンサーやら色々てんこ盛りにして、更に仰々しくアレンジしてやりたいところですね!
G18Cベースでマシンピストルスタイルに組み上げるのが一番イメージに合ってるかにゃ~?




▲今回は新色のダークアースカラーバージョンも同時入荷!
ダークアースカラーフレームの本体に合わせるなら、やっぱコッチですよね~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年02月07日

『マルイさんちのM45A1』発売日決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『M45A1 CQBピストル』の発売日が、いよいよ決定致しましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 M45A1 CQBピストル 』
シングルスタック1911ファン待望のNEWモデル!実銃はM1911シリーズのオリジナルメーカーであるコルト社が米海兵隊の近接戦闘用拳銃として開発し、見事制式採用に輝いた45口径自動拳銃であります!
かなり以前にパテントが失効している事もあって、現在M1911系ピストルを生産するメーカーは世界中に佃煮にするくらいあまた存在しておりますが、やはりコルト製1911という枕詞には依然として重い響きがございますね!




▲特徴的なタンカラーのカラーリングは実銃の配色に拘って調整され、各部のパーティングラインもきっちり処理されています!
外観に関しても、これまでに無く気合を入れている模様ですね!




▲リアサイトは安心のNOVAK。東京マルイはNOVAKと正式なライセンス契約を締結しているので、刻印の再現もバッチリであります!
そういやウェイン・ノヴァク氏の奥さんって、日本人でしたっけ。




▲グリップは流石に実銃同様のG10素材採用とはいかなかったようで、プリントによるテクスチャーの再現に留まっています。
まあM45A1専用の純正実物グリップはガスブロハンドガンが軽く1丁買えちゃうようなお値段してますから、ここは仕方のないところですね。
グリップスクリューがラージヘッドタイプなので、一般的なM1911用カスタムグリップの装着には対応しません。(※グリップスクリューを交換すればOK。)




▲マガジンも実銃の仕様に合わせてブラックフィニッシュとなっています。昨今ではM1911系のマガジンもフォロアやケースの改良によって装弾数が8発となっている製品が多いですが、意外にも米海兵隊では信頼性を重視してあえて7連マガジンを採用しているとの事。
保守的なUSMCらしいチョイスであります。

それに倣ってというわけでも無いでしょうが、マルイM45A1の装弾数も従来のMEU用より1発少ない27発となっています。(※実際にはマグバンパーがMEUマガジンに比べて薄型となっている事に起因する仕様です。)




▲従来の内部メカを流用しつつ外観の仕様のみ変更した変哲も無いバリエーションかと思いきや、ブローバックエンジンの改良や、アウターバレルを確実にショートリコイルさせる新機構の実装により、作動の安定性やリコイルの強さも大幅に向上しているとの事!
まさに東京マルイさんが作り続けてきたシングルスタックガバ系の集大成といえるでしょう!

2月23日メーカー出荷開始、翌2月24日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介