2018年01月10日

『今度のKRYTACはAK口径』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ベクターでお馴染みKRISS社のエアソフトガン部門KRYTAC(クライタック)がリリースするTRIDENT電動ガンシリーズの日本国内向け限定モデルが、近々新発売の予定でございまする!↓


『KRYTAC(クライタック): 電動ガン本体 電動ガン本体 TR47 CRB BK』
かつてKAC(ナイツ)社がU.S.SOCOM(米特殊作戦軍)の要請で開発した7.62mmx39口径特殊作戦用アサルトライフルSR-47をモチーフとしたモデルでございます!




▲SR-47といえば、AK47/AKMの弾薬およびマガジンをそのまま使用できるイケナイicon06作戦用ライフルとして知られるところでございますね。
聞く所によりますと、銃身のライフリングピッチやエキストラクター/エジェクターのシステムまでAKと同規格で製作されており、発射済みの弾頭や空薬莢を調べても、AKで撃ったものとほとんど区別が付かないとか。

最終的にはSOCOMには不採用に終わり、トライアルに使用された固体の製造数も10丁に満たないと言います。(後にコマーシャルモデルが若干数生産されたようですが。)
トイガンの方が実銃よりも大量に製造されているパターンの代表格ですねえ。MAGPULのPDR-Cなんかもそうか。




▲KRYTACのTR47は、オリジナルのSR-47を現在のエクステリア系パーツで近代化改修したような感じにデザインされております。
ハンドガードは軽量でホールドしやすく、なおかつ拡張性にも優れたKeyMod(キーモッド)タイプを採用し、BUIS(バックアップアイアンサイト)はKRISSの系列会社であるアクセサリーメーカーディファイアンス社のものが標準装備されています。




▲レシーバー周りのデザインはもろにSR-47タイプで、当然スタンダード電動ガンAK47シリーズ用マガジンがそのまま使用できます!
セレクターレバーは左右利き手を選ばないアンビデクストラス仕様で、トリガーはストレートタイプ。共にCMC社正式ライセンスに基づく実在のデザインを採用しています。
パドルタイプのマガジンキャッチを採用しているAKシリーズと違い、SR-47はM16/M4譲りのボタン式マグキャッチなので、マガジンチェンジのしやすさは比べ物になりません!




▲実のところTR47系はKRYTAC製電動ガンシリーズの日本国内リリースがアナウンスされた当時、ラインナップの一つとして発表されていたのですが、諸般の事情で発売が見送られておりました。日本国内限定という形ですが、この度めでたく日の目を見たわけでございますね。

人とは一味違った銃をメインアームにしたい個性派ゲーマーや、アンノウンオペレーター系装備ゲーマー諸氏におススメの1丁です!

1月20日頃入荷の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年01月10日

『今度は40口径だ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

海外カスタムパーツメーカーDETONATORがリリースする、UMAREX製ガスブローバックハンドガン『H&K VP9』用カスタムスライドシリーズですが、今度は40口径バージョンがラインナップに仲間入りでございまする!↓


『DETONATOR (デトネーター): SL-UMX04BK UMAREX H&K VP9用 VP40 カスタムスライド BK』
実銃はVP9とほぼ同型の40S&W口径バージョン!小生この銃の外観に関して、VP9との違いは刻印とマズルの直径ぐらいのもんだろうと思っていたのですが、実際にはスライド周りが分厚くよりマッシブになっており、断面の形状も台形から四角形に近い物となっております。
おそらくリコイル対策と強度アップの兼ね合いなんでしょうねえ。

更にスライド後部側面のチャージングサポートもVP9に比べて大型化されており、こうした細かいフィーチャーもバッチリと再現されております!
気分だけでも大口径のフィーリングを味わいたいという方におススメかも!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年01月10日

『45(フォーティファイブ)は永遠の輝き』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製ガスブローバックハンドガン1911ガバメントシリーズの永遠の定番モデルが再入荷してきておりまする!↓


『東京マルイ: ガスブローバック ハンドガン COLT GOVERNMENT (コルトガバメント) M1911A1』
1985年にベレッタM9に更新されるまで、実に70年以上(M1911の時代含む)に渡って米軍のサイドアームとして使用され続けた、軍用自動拳銃の至高のマスターピースであります!




▲昨今主流のタクティカル系1911とはエクステリアのフィーチャーがかなり異なりますが、現在生産されているモデルも基本設計そのものは誕生以来100年近くもの間変わっておらず、設計を手掛けたジョン・ブラウニングの天才っぷりを改めて思い知らされます。
なんせ同じような時期に世界各国で開発された拳銃は、現在では尽く現役引退だもんねえ。




▲実銃は軍用として生産されたモデルという事で、表面仕上げはブルーイングでは無く錆に強く光を反射しにくいパーカライジングを採用。マルイ製品はグレー系の素材にサンドブラストを施すことでパーカライジングの風合いを再現しております。
マルイ製品としては珍しく(と言ったら失礼か?)トリガーガードの内側を除いてパーティングラインも綺麗に処理されており、中々に高級感がございます!




▲マガジンがシングルスタックサイズな分、同系統のブローバックエンジンを採用したハイキャパ系と比べて冷えやすいのがやや難点ではありますが、事前にマガジンをしっかりと温めていれば作動は至極快調!
何よりシングルスタックならではのグリップの握りやすさは、小生のように手の小さいシューターにとっては何物にも代えがたいものがございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介