2017年12月14日

『コマンドーなG36』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製スタンダード電動ガンシリーズの人気ラインナップ『G36C』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン本体 H&K G36C』
ドイツ連邦軍がG3シリーズに変わる新制式アサルトライフルとして採用したG36シリーズのコンパクトカービンバージョン!
モデル名末尾のCのコードは当初コマンドーの意味で付けられましたが、『コマンドー』という名称をコルト社が登録商標していたため、公式には『コンパクト』の略称ということになっております。
ちなみにコマンドーをドイツ語で綴るとKommandoになるので、こっちのスペルだったら問題なかったのでは?とも思いますが、それだとG36Kと被っちゃってマズイか。




▲実銃同様、エクステリア(外装パーツ)系に樹脂を多用しており、レイルシステムが設計段階からインテグレートされているため、M4系に比べて重量バランスも軽快!
実銃では中東などの高温環境下で連続射撃を行うと命中精度の低下が発生するという欠陥が近年明らかになりましたが、樹脂製のレシーバーにバレルを組み付けるためのトラニオンというパーツが断熱対策なしに直接セットされていたのが原因のようですね。
1年を通して比較的気温の低いヨーロッパの環境では想定しにくかった不具合だったのでしょうか?

まあ電動ガンではそのような心配など気にする必要は無いわけで、安心して思う存分撃ちまくっていただけまする。




▲G36シリーズのトップレイルは何種類もの仕様が存在しますが、マルイ製STD電動ガンは20mmレイルとアイアンサイトを組み合わせたスタイルとなっています。
光学照準器が故障や電池切れを起こした時のバックアップとして心強いフィーチャーですね。




▲付属のマガジンは50連のノーマルタイプ。スモーククリアーのボディから覗くダミーカートがリアルな雰囲気でなんともええ感じ!
サイドに設けられたコネクターを使用して複数のマガジンを並列に連結することもでき、素早いマガジンチェンジに役立ちます。




▲セレクターの表示にはイラストレーションが採用され、セットされたモードが直感的に判断しやすくなっています。
SEMI/AUTOとか、SEFとか表示されているより遥かに分かりやすくてGOOD!




▲ストックをサイドに折りたたむと、ここまでコンパクトに!深いブッシュを抜ける際や、インドア戦で銃を少しでもコンパクトにハンドリングしたい時に便利です。
ストック自体はG36フルサイズやG36Kのものに比べて若干短く、アーマーなどの装備で着膨れしている時も構えやすくなっております。



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年12月14日

『米4軍サイドアームの一時代を築いた傑作』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズの人気ラインナップの一つ『U.S.M9 PISTOL』が再入荷してきておりまする!




▲実銃は1985年の正式採用以来、既に30年以上にわたって米4軍のオフィシャルサイドアームを勤めているベレッタ92Fの軍用バージョン!つい最近後継機としてSIG P320がM17(※コンパクトモデルはM18)として米陸軍に制式採用されましたが、総数としてはまだまだM9が主流といえます。

本製品は10年以上にわたってロングセラーとなっているM92Fミリタリー系のリメイクに当たりますが、旧M92Fシリーズと比べて各部の造形もそこはかとなくシャープになった印象がございます。
スライドやアウターバレル、フレームといった外装パーツはサンドブラスト加工によって艶消しに仕上げられており、マルイ製品にありがちなオモチャっぽさ(←失敬だな君は!)も随分と改善されております。




▲旧M92Fシリーズではフレームにパーティングライン(金型の合わせ目にできる筋)がくっきりと残っておりましたが、M9シリーズではそれが綺麗に処理されており、KSC製等のハイエンド系他社製品と比較しても遜色ない仕上がり。
実用派はあまり気にしない所かもしれませんが、鑑賞派からしてみればフレームのパーティングラインは大きな萎えポイント(※実銃にもパーティングラインが存在するポリマーフレームピストルを除く)でしたから、こういう仕上げのグレードアップは嬉しいですね!




▲先行リリースされたM9A1同様、旧M92Fミリタリーではオミットされていたセフティのデコッキング機能もバッチリ実装されております!
グリップスクリューは最近のロットの実銃で採用されているヘキサゴンタイプがモデルアップされていますが、ここは旧型のマイナスヘッドスクリューの方がより馴染み深かったかも。まあ、小生の独断と偏見ですが。




▲マガジンはM9A1と同じく従来のM92Fシリーズと同規格なので、旧製品を愛用しているユーザーならマガジンを新たに買い足す必要もございません。まあ、ショップのスタッフという立場からすれば、いっぱいスペアマガジン買ってくれると嬉しいんですけどね~♥
そうそう、内部ユニットがM9A1と同系という事で、チャンバー周りも最新グレードの可変ホップ仕様となっており、BB弾の重量や外気温等のコンディションに合わせた最適なHOP調整が可能となっております。




▲外観は見慣れたM9仕様ながら、内部ユニットは最新の設計でフルモデルチェンジされており、まさに東京マルイ製M9系ブローバックガスガンの決定版といった出来栄え!
取り敢えず手頃な価格で使えるベレッタ92系のブローバックガスガンが1丁欲しいという方には、コイツがおススメですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介