2017年08月30日

『HK45CT用イカスマガジンエクステンション』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲UMAREXブランド・ガスブローバックハンドガンHK45 コンパクト タクティカルに対応した、通好みなイカス外装カスタムパーツが新発売と相成りましてございまする!




『FANS GEAR: UMAREX HK45CT用 マガジンバンパー(fanmag-mab-0001)』
純正マガジンのバンパーと交換して使用するエクステンションタイプの樹脂製マガジンバンパーでございます!




▲実際に装着してみるとこんな感じ。見た目はちょっぴり微妙~な感じがしないでもありませんが、グリップの長さが3cm弱延長されることで、射撃の際の安定性が大きく向上いたしまする!
特に手の大きなシューターにおススメ!




▲本来はHK45用のフルサイズマガジンをHK45CTに使用するためのアダプターとしてデザインされており、実際にUMAREX/KSC製HK45用マガジンに装着してエクステンションマガジンとして使用することも可能。
ただしHK45用マガジンはHK45CT用マガジンとリップのデザインが若干異なるため、マガジンリップをHK45CT用に交換するか、加工が必要となります。




▲HK45CT用マガジンに装着する際は、構造上固定がかなり甘いので、両面テープなどを併用した方が良さそう。
ともあれ組み込みそのものは非常に簡単なので、ドレスアップやグリッピングの改善におススメであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月30日

『噂のマイクロガン』再入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

そのインパクト強すぎな外観で見るものを圧倒する、クラシックアーミー製電動ガス式ガトリングガン『M-132 マイクロガン』のおかわり分が、待望の再入荷でございまする!↓


▲実際に手にとってみての印象は『思ったよりちっちゃ~い!』。機関部回りはそれなりにボリュームがあるのですが、全長そのものはカービンクラスの電動ガンとそんなに変わりません。
重量も約4kg(※本体のみ/公称)という事で、ハンドリングが苦になるほどの重さではないですねえ。




▲外装周りは樹脂パーツを多用しており、重量の増加を少しでも抑えようという配慮が見られます。バレルの本数を4本に抑えているのも、やはり軽量化のためでしょう。
名古屋店の店頭に旧トイテック製のミニガンがディスプレイされているのをご存知の方も多いでしょうが、あれクッソ重たいんですよね~。




▲バレル後部にはチェーンソーのようなハンドルバーが設けられております。ちなみにこれも樹脂製。
基本的にはサイトレスの腰だめ撃ち専用となりますが、弾をバラ撒いてなんぼのガトリングガンですから、これで正解でしょう!




▲レシーバー後部にはピストルグリップを装備。グリップ後部にはグリップセフティが設けられており、これをしっかりと握りこんでいないと発砲できないようになっています。
パッケージの状態ではフロントグリップとピストルグリップは分解状態で梱包されており、ユーザーサイドで配線/エアホースの接続とグリップのネジ止めといった簡単な組立作業が必要となります。組み立て用のレンチが付属するので、説明書を見ながら作業時間10分といったところでしょうか?
コードの取り回し/収納だけは少しばかり気を使う必要がございますねえ。




▲給弾はフロント側から。バレルクランプの中心部分の蓋を外し、BB弾をジャラジャラと流しこんだ(※装弾数約2,200発)あと、給弾用フォロアと蓋を元通りにセットすれば装填完了です!
この方式だと、装弾数を増やそうと思ったらバレル周りを延長するしかないかにゃ~?




▲レシーバー下部右側の円筒状のパーツに駆動用のバッテリー(11.1V LiPo)を収納。ミニコネクター対応なので、外装式で良いなら画像のものより大容量のバッテリーも使用できます。




▲バッテリーコンパートメントの反対側には、パワーソースとなるガス缶をセット。東京マルイ製のガンパワーガスが丁度ピッタンコなサイズです。
残念ながらより大容量なLAYLAX製ハイバレットガスは収納できませんでした。
銃本体に気化スペースが設けられてはおりますが、パワーダウンを避けるため、あまり長時間の連射は避けたほうが良いでしょう。




▲ホース周りの取り回しを見るに、工夫すればエアタンクやグリーンガスなどの外部パワーソースにも対応できそう!
エアタンク(※もちろんレギュレーター付きの法規制対応品!)が使えれば、ランニングコストもより低く抑えられますし、安定したパワーで連射し続けられますからね。




▲これまでにリリースされたガトリングガンタイプのトイガンに比べて、射撃前のセットアップや取り回しが格段に向上!
パワーソースがガス式なので、初速の安定性という点では電動ガンに一歩譲りますが、これまで高嶺の花だったガトリングガンがこの価格帯で手に入るというのは、つくづく良い時代になったにゃ~と思います!

わき腹に括りつけてレッドショルダーカスタム!(※ターボカスタムでも可)とか言ってみるもよし、両腕に2丁づつ括りつけてヘビーアームズ!とか言ってみるもよし、大火力で思う存分フィールドを蹂躙してやっておくんなまし!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月30日

『P-MAGってるモバイルバッテリーユニット』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲出先でスマホやタブレットなどのモバイル機器を充電したい時に便利なイカスモバイルバッテリーモジュールが、久々の再入荷してきておりまする!




『EmersonGear: PMAG-30スタイル モバイルバッテリーモジュール JE023 各色』
MAGPUL社のポリマー製STANAGマガジンPMAG-30の外観をリアルにモデルアップしたバッテリーモジュール!
木製の弾薬箱を小型化したようなパッケージもオサレですね!




▲ボトムプレートをスライドさせて内部ユニットを取り出し、18650型(※別売り)充電式バッテリーを3本セットすれば使用準備完了!
セットするバッテリーはできるだけ信頼の置けるメーカー製を使用しませう。ドコとは申しませんが、某大陸製や某半島製の粗悪品だと最悪爆発する恐れもございますから。




▲USB接続端子はマガジンボトム側に設けられ、モバイル機器への充電やモジュール本体への充電もコチラから行うようになっています。




▲外形寸法がリアルサイズなので、当然M16/M4用マガジンポーチにピッタリと収納可能!これなら一般的なモバイルバッテリーと比べて、持ち歩きにも困りませんね!




▲ケースのカラーはブラックフラットダークアースの2色をラインナップされております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介