2017年08月05日

『SAIのイカスAR-15カスタム』近日リリース予定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲機能性とスタイリッシュさを兼ね備えたカスタムガンの数々をリリースするSAI(Salient Arms International)社が製造するAR-15プラットフォームのカスタムライフル『GRY』が、近々海外トイガンメーカーEMGよりガスブローバックモデルとしてリリースされる予定でございまする!




『EMG: SAI GRY AR-15 トレーニングライフル BK GBBR(woc48l)』
電動ガンバージョンが過去にリリースされたGRYですが、今回はG&Pタイプのブローバックエンジンを採用したガスブローバックモデルとしてのリリース。電動ガンバージョンよりもリアルなオペレーションが堪能できますね!
ちなみにコチラは14.5inバレル仕様のフルサイズバージョンをモデルアップしています。

小生はまだ未見ですが、現在公開中の映画『トランスフォーマー 最後の騎士王』の劇中、久々のシリーズ出演となるレノックス大佐(演 ジョシュア・デュアメル 出世したなあ、おい)の使用銃として登場しているのだとか。
そういや前作『ロストエイジ』にも、セイリエント製のカスタムガンがいっぱい出てきてましたね。




▲GRYの外観上の最大の特徴が、マズル(銃口部)に装着されたジェイルブレイクマズルブレーキJailBrake(監獄破り/脱獄)とは不穏当なネーミングですねえ。(ホントはJailbreakというスペルになりますが。)
フラッシュハイダーの上に被せるように装着されるデバイスで、マズルフラッシュとリコイルを大幅に低減させてくれるのだとか。
ハンドガードもこのJBマズルブレーキとのコンビネーションを前提としたデザインで、ハンドガードそのものもSAI独自の設計によりツールレスで着脱できるようになっています。




▲マッシブなフォルムのレシーバー回りはダイキャスト(鋳造)ではなくアルミ材のCNCマシニング(削りだし)で製作されており、SAIとの正式ライセンス契約により、刻印も実銃準拠のリアル仕様となっております。
実銃の口径は5.56mmx45と300AACブラックアウトの2種類がラインナップされているため、口径はMULTI表示。




▲ボルトキャリアはSAIカスタムのトレードマークともいえるゴールドフィニッシュ!実銃同様にSAI窒化タンコーティングによるカラーリングなのだそうで、リアルさへのこだわりが半端ではありませんねえ。
まあ、その辺のこだわりが漢前なお値段に大分反映されちゃってる感もございますが。




『EMG: SAI GRY AR-15 トレーニングライフル SBR BK GBBR(woc48s)』
フルサイズバージョンに加えて、12inバレル仕様のSBR(Short Barreled Rifle)バージョンも同時リリースの予定!
両バージョンとも9月ごろ発売の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年08月05日

『ゴッツイショットガンはお好き』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲数あるショットガンタイプトイガンの中でも、とびっきり攻撃的なルックスで根強い人気を誇る『SPAS 12』が再入荷してきておりまする!



東京マルイ: エアーショットガン SPAS12(スパス12)
▲実銃はイタリアのルイジ・フランキ社がNOCSやカラビニエリといったイタリア軍/警察の対テロ部隊からの要請に基づいて開発した多用途コンバットショットガン。名称のSPAS-12とは『Special Purpose Automatic Shotgun-12Gauge/特殊用途自動式散弾銃 12番口径』の略称ですね。
ゴム弾や催涙弾などのレス・リーサル(低殺傷性)弾から、バックショットやスラッグなどの実弾まで多様な弾薬を使用できるよう設計されており、装薬量の少ない低殺傷性弾薬を使用する際は、基本モードであるセミオートからポンプアクションによるマニュアル操作モードに切り替える事ができます。

なお、マルイ製品はスプリング式のコッキングエアガンなので、必然的に発射モードはポンプアクションのみとなります。



東京マルイ: エアーショットガン SPAS12(スパス12)
▲短時間に多弾数を撃ちまくる事を想定し、バレル回りには銃身の過熱による火傷を防止するためのヒートシールド(バレルジャケット)が標準装備されており、重機関銃のようなものゴッツイ外観となっております。またショットガンとしては珍しく、スラッグ弾使用時を想定した本格的なサイトシステムが備わっているのも特徴の一つ。

ちなみにフランキ社はSPASシリーズの売り込みのため、弾薬メーカーのフィオッキと組んで様々な特殊弾を開発しており、GP9/GP18(対人用バックショット弾)やMPS(対軽装甲車両用徹甲弾)、暴徒鎮圧用ラバー製スラッグ弾といった弾薬を専用弾として販売しておりました。(※いや、他の銃でも撃てるんですけどね。)
またマズル部のプロテクターを外すとネジが切られており、NATO標準規格の22mmライフルグレネードを発射するためのランチングチューブやキャニスター型催涙弾を発射するためのカップ、ロープを投射するためのラインスロウワー、散弾の拡散パターンを広げるためのディバーダーといったオプションの装着が可能となっていました。
なんだか『万能銃』と言うより『器用貧乏』と言う気も致しますねえ。



東京マルイ: エアーショットガン SPAS12(スパス12)
▲インパクトの強い外観から映画やドラマに登場する機会も多いモデルですが、いかにも凶悪そうなイメージがガンコントロール推進派の目の敵にされたのか、90年代米国で施行されたアサルトウェポンバンでは新規の輸入販売が禁止されるという憂き目にも会いました。
アサルトウェポンバンの対象になった銃のリストを改めて見返してみると、実際の性能よりも外観が派手な銃が狙い撃ちされたという感じで、ちょっとばかしヒステリックな気も致しますねえ。

東京マルイ製エアガンは、丁度映画『ターミネーター』に出てきたようなストックレス/ピストルグリップ仕様となっており、取り回しも上々なのですが、出来ればSPAS特有のアームレスト付きフォールディング・メタルショルダーストックも再販してもらいたいにゃ~。
あれがあるとコッキングが凄く楽になるんですけどねえ。



東京マルイ: エアーショットガン SPAS12(スパス12)
▲このシリーズ、チューブラーマガジン自体は外観のみのダミーとなっているものの、使用マガジンがショットシェル型になっている所が心憎いところ!シェル型マガジンの装弾数は30発ですが、1ショットで3発を同時発射するので、実質10射分となります。
コッキングには少々力が要りますが、インドアやブッシュでの近接戦闘では大いに威力を発揮してくれますよ~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年08月05日

『実用性が格段にUPした電動ショットガン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製電動ショットガンシリーズ第2弾『SGR-12』が新発売と相成りましてございまする!




『東京マルイ: 電動ショットガン SGR-12(エスジーアール)』
先行リリースされたAA-12のメカボックスを流用する形で開発された、東京マルイオリジナルデザインの電動ショットガンであります!




▲モチーフとなった実銃の存在しない、完全オリジナルデザインですが、コントロール系の配置や各部のディテールに、あたかも実在する銃器であるかのような説得力を持たせたフォルムが秀逸であります!




▲アッパーレシーバーはハンドガードと一体で製作されたモノリスティック構造で、拡張性がほぼ皆無だったAA-12とは異なり、20mmレイルシステムとM-LOKシステムが採用されたことで、ウェポンライトやフォアグリップ、光学照準器などあらゆるオプションパーツのセットアップに対応します!




▲M-LOK対応のオプションレイルも、S/M/Lの3サイズが各1枚付属しており、ユーザーのお好みに合わせて好きな位置に装着できます。
その他M-LOK規格の各種オプションパーツ(※別売り)の装着にも対応。




▲レシーバー上部側面には折りたたみ式のコッキングハンドルを装備。ハンドルを引くとダミーボルトが後退し、エジェクションポート側からホップダイアルの調整を行うことが出来ます。




▲マガジンキャッチもAA-12より大型化されており、トリガーフィンガーで前に押し出すようにして操作するようデザインされています。
パドルが左右両方に設けられており、利き手を選ばずに操作できるところが良いですね。
ちなみにグリップはM16/M4系電動ガンと同規格となっており、各種カスタムグリップへの交換も容易に行えます。




▲マガジンはフォロアが大きく突き出すタイプなので、装填したBB弾を全弾完全に撃ち尽くすことができます。
後部がクリア成型され、12ゲージのダミーカートが覗いている所が臨場感たっぷりで良いですね!




▲マグキャッチ周りの規格が共通化されているので、AA-12用マガジンもそのまま装填できます。SGR-12用マガジンよりも全長が短めなので、少しでもコンパクトさを求めるのならコチラを使うのも一つの手であります。
もちろんバリバリ撃ちまくりたい時は電動ドラムマガジン(※別売り)も使用可能!




▲バッテリーはバットプレート部に収納。バッテリーコンパートメント内にはインジケーターランプが設けられており、電圧が適合しないバッテリーを接続すると警告灯が点灯して警告する機能が搭載されています。
なお、赤ランプが点灯しているときはトリガーを引いても発砲できないのでご注意を。




▲実銃のデザインに引っ張られてサバゲ用ウェポンとしての実用性が犠牲になっていたAA-12に対し、SGR-12はオリジナルデザインの強みを活かしてユーザビリティを大幅に向上させております!
一般的な電動ガンに比べて重量はややかさみますが、そこは勇気と努力と根性で補ってやっておくんなまし!(←どこぞのGGGか!)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:06Comments(0)商品紹介