2017年04月13日

『実物HOGUEグリップ仕様なP226』近日再販!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ファーストロットが瞬く間に完売と相成りましたKSC製ガスブローバックハンドガン『P226R HW 07 実物グリップ仕様』が、近日再販されることと相成りましてございまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 P226R HW 07 実物グリップ仕様』
実銃はその高い信頼性と命中精度で世界各国の軍/法執行機関に愛される高性能自動拳銃!米海軍SEALSや英軍SASで採用されていることでも有名でございますね。




▲HW(ヘビーウェイト)樹脂をスライド/フレーム周りに採用したことで、重量感が大幅にアップ!
つやの消えた渋めな質感も、無骨なP226のイメージに良く合っていてエエ感じですね!




▲本製品の最大の売りは、フレーム周りの改修により実銃用カスタムグリップが装着可能となったこと!米国のカスタムグリップメーカーHOGUE(ホーグ)社製の実物ラバーグリップが標準装備となっています!
通常のプラ製グリップに比べるとややぽってりした握り心地ですが、グリッピングの感触のポジティブさはラバー製ならではといえるでしょう。
ちなみにSIG純正の実銃用プラグリップや、クリムゾントレース製レーザーグリップなんかも無加工で装着できたり致します。




▲ブローバックエンジン周りのクリアランスの見直しやチャンバーの改良により、命中精度やブローバック作動の切れの良さにもいっそう磨きがかかっております!
KSC製品らしい外観の造形の良さも、ハイエンド系ユーザーにとっては嬉しいところでしょう!

4月24日メーカー出荷、翌4月25日頃から順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!



【告知】!

FORTRESS名古屋店では、9月17日/18日/19日の3日間にわたって『創業際』を開催いたします!
皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております!




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年04月13日

『ナム戦SOGのメインアーム』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ナム戦SOG装備ファンなら見逃せないメインアームが、ちょこっと入荷してきておりまする!↓


『G&P: 電動ガン GP287 XM177E1』

ヴェトナム戦争中特殊作戦に従事したグリーンベレーやSEAL等の特殊部隊のために開発された、M16/CAR-15ウェポンシステムのサブマシンガンバージョンでございます!




▲フルサイズM16では20インチあった銃身長を半分の10インチまで切り詰め、ストックをリトラクタブルタイプに換装。見通しの悪いジャングルでの遭遇戦に適した、取り回しの良いサイズとなっています。
ちなみに5.56mmx45ライフル弾を使用する、現在で言えばサブカービンに分類される火器ではありますが、銃身長が10~11.5インチくらいまでの短銃身型は、当時の米軍においてはサブマシンガンに分類されておりました。




▲短銃身化された事で増大した発射音とマズルフラッシュを抑制するために、マズルにはフラッシュ&ノイズサプレッサーと呼ばれるデバイスが装着されています。
構造的には小型のサウンドサプレッサー(サイレンサー)に近いものでしたが、フルサイズM16に比べれば発射音はかなりうるさかったとか。




▲試作モデルに当たるCAR-15 GX5857(コルト M607)では、フルサイズM16のものをそのまま切り詰めたようなハンドガードが装備されていましたが、XM177系以降のショートバレルAR-15バリアントには滑り止め用のリブが設けられた円柱状のハンドガードが採用されています。
現在のM4用ハンドガードは内蔵されたアルミ製ヒートシンクが2重になっているので一回り太目ですが、この頃のモデルはご覧の通りスリムなスタイルですね。




▲ストックは3段階伸縮式のリトラクタブルストックを採用。M16ウェポンシステムのバリアントの一つとして試作されたCAR-15 サバイバルライフル(※戦闘機パイロット用の自衛用火器として開発された小型バージョン)の金属製パイプストック(※非伸縮型)を参考に開発されたもので、GX5857の伸縮式ストックよりも構造が単純化され、強度が向上しています。
現在のM4にも、マイナーチェンジを重ねながら採用されているフィーチャーですね。
この頃のストックは現在と違って樹脂製ではなくアルミ合金製なので、金属っぽくウェザリングしてやるとエエ感じになるかも。




▲10インチバレルで夜間戦闘の際にトレーサー(曳光弾)を射撃すると発光不良が起き易く、またフルオート射撃の際の作動が不安定になることが判明したため、銃身長が11.5インチに延長されたXM177E2が後に開発されました。その後もXM177E1の一部はフラッシュ&ノイズサプレッサーの全長を延長するなどの改修を受けて、使用が続けられていたようです。




▲XM177系はほぼ特殊部隊専用火器として扱われたため最後まで制式採用されず(※試作モデルを表すXナンバーが取れなかったのはそのため)、その生産数も極少数に留まったため、一部ではステータスシンボルのように扱われていたとか。
無線手などの自衛用火器として、一般部隊にも極少数が供給されましたが、往々にして部隊の指揮官が特権を振りかざして自分用にガメちゃう事が多かったそうです。
うん、その気持ちはなんとなく分からんでもないよ?カッコエエもんね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!



FORTRESS名古屋店では来る4月16日(日)、『店頭ミニオークション』を大開催!
他にもお買い得商品を一杯取り揃えて、皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしておりまするよ~!



FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年04月13日

『今時はMP5もリコイルありでしょ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲射撃に伴って臨場感溢れるリコイル(反動)を味わえるBOLT AIRSOFT製BRSS電動ガンシリーズ最新作『MP5J』が再入荷してきておりまする!




▲レシーバー周りは実銃同様シートメタルからのスタンピング(鉄板のプレス)で製作されており、非常にリアルな仕上がり。
フロント回りも一体成型なので、セパレート構造かつプラ製ボディのマルイ製MP5のような軋みやガタつきもなく、剛性感も抜群であります!




▲マズル(銃口)部はネジが切られたN型仕様で、14mm逆ネジ規格の各社製サイレンサー/マズルデバイスが幅広く装着可能。




▲フランス仕様のF型をモデルアップしたストックもリトラクタブルタイプながらガタつきの少ない造りで、実銃同様収納状態でロックレバーを操作するとバットプレートがプランジャーで数cm押し出されるようになっています。




▲バッテリーはハンドガード内に収納。推奨は7.4VのLiPoバッテリーで、ミニSタイプのものが収納可能です。




▲マガジンについては基本的に東京マルイ規格で、マルイ製ノーマルマガジンおよび200連多弾数マガジンもそのまま使用可能。マガジンハウジングがタイトなので、装着の際は若干固めですね。
ただ、マガジン上部がプラ製のMP5K用ショートマガジンや220連ダブルショートマガジンは少々相性が悪く、若干加工してやらないとロックしません。




▲実際に射撃してみると、コンパクトなボディに似合わないシャープなリコイルが新鮮!
なお、コッキングハンドルを引いてダミーボルトをホールドオープン状態にすると、リコイルをキャンセルできるようになっています。

射撃時の動画も撮影致しましたので、どうぞご覧下さいまし!↓





エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!



FORTRESS名古屋店では来る4月16日(日)、『店頭ミニオークション』を大開催!
他にもお買い得商品を一杯取り揃えて、皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしておりまするよ~!



FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介