2017年03月03日

ブルパップなガシガシ動くやつ再入荷!

こんにちは、皆さん!
フォートレスの歯のピンチ再びな男ことツヨシ

先月、歯を抜いた部分の検査の為に、歯医者に行ったら、
「歯抜きましょう」って、また言われました。

どうやら、右下奥の親知らずに目を付けた様です。
何でも、親知らずを残しておくと、虫歯になり易く、他の歯に悪影響が出るそうです。
虫歯でもないので、別に抜かなくてもいい気がするんですが。

何かどんどん、歯無くなっていくなぁ。
ちょっと、寂しい気分です。


それでは!本日のネタ!!
英国紳士の相棒が再入荷しております。


WE(ウェイテック)製長物ガスブローバックシリーズの人気ラインナップが久々に再入荷してきておりまする!




『WE-TECH (ウェイテック): GBB本体 WE-RL001 L85A2 BK』
実銃は『銃器業界のモンティパイソン』または『口径5.56mmの鈍器』あるいは『大英帝国のかまってちゃん』の愛称で親しまれる(?)、英国ローヤルオードナンス製アサルトライフル『L85』シリーズの最新バージョン。
一時期ローヤルオードナンスの傘下に入っていたドイツH&K社による、一から作り直した方が早くて安上がりとまで言われた大改修作業を経て配備されたというエピソードはとみに知られるところであります。




▲機関部をストック内部に内装したブルパップレイアウトの採用により、M4カービンクラスの全長ながらフルサイズアサルトライフル同様の銃身長を確保。
エジェクションポートは右側のみで、同じブルパップタイプのスタイヤーAUGやGIAT FA-MASと違って排莢方向を変更できないため、必然的に右利き射手専用設計となっていますが、英軍では左利きの兵士でも射撃は右手で行うよう矯正されるそうで(※昔MASTERキートンで読みました!)、道具に身体の方を合わせるという発想は旧日本軍を思い起こさせますねえ。
同じ島国かつ元帝国同士、考え方が似てくるのでしょうか?なんだか親近感湧くわぁ。




▲L85A1までのモデルと違ってコッキングハンドルが大型化されており、排莢された空薬莢を弾き飛ばすブラスディフレクターとしての機能を付与。ハンドルはボルトキャリアに直付けされているので、射撃の際は前後に動きます。
防塵用のダストカバーも当然ライブで、M16/M4系同様コッキング動作に連動して開くようになっています。




▲A1までのモデルではよくモゲるため針金などで無造作に縛り付けられることが多かったハンドガードも、A2ではめったにモゲなくなりました!アッパーハンドガードを開くと内部のガスピストンもバッチリ再現されております。


はい、ありがとうございます。
ちなみに、このレビューは、前回、セガール氏の記事からマルコピした文章を張り付けたツヨシの記事から、マルコピした物です。
この場合は、セーフですかね?
あ。ダメですか。そうですか……。

そんな感じで!!
WE-TECH (ウェイテック): GBB本体 WE-RL001 L85A2!!
再入荷してきておりますよ!



『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!

【告知】!

FORTRESS名古屋店は、2017年2月より水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日は変更御座いません。  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年03月03日

『時を超えてめぐり合った1丁』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

定休日でお休みを頂いておりました先日、大須界隈にふらりと遊びに行ったのですが、おもちゃ関連のショップを何件か冷やかして(←買い物してやれよ!)おりましたところ、その昔買い逃して以来ずっと心残りとなっておりました希少なモデルガンをショーケースの中に運悪く(?)見つけてしまい、ついつい衝動買いしてしまいましてございまする!↓


『MGC S&W M459 HWモデルガン』
今は亡き大手モデルガンメーカーMGCが、その業務を停止する少し前にリリースしたブローバックモデルガンであります!




▲M459はM39系を始祖とするS&W社製9mm口径ダブルアクションオートの流れを汲むセカンドジェネレーションシリーズのラインナップの一つで、具体的にはダブルカーラムマガジン仕様のM59の改良型。
1980年代初頭に行われた米軍の新制式拳銃トライアルにも参加していましたが、基礎設計の古臭さは否めなかったらしく、あえなく落選しております。
法執行機関向けとしてはそれなりに採用されていたようで、FBIのSWATでもSIG P226に切り替わるまでこのM459が使われていたと記憶しております。




▲M59からの改良点は、エキストラクターの強化やサイトシステムの改良、フレームの強度アップ、オートマティックファイアリングピンブロックセフティの追加などで、実質的にはマイナーチェンジの域を出ておりません。
とはいえ、ベースガンであるM59(※画像下。同じMGC製モデルガン)と並べて見ると、やけに四角張ったフォルムに見えますねえ。




▲リアサイトはウィンデージ/エレベーションの調整が可能なフルアジャスタブルサイトが標準装備され、フロントサイトもそれに合わせて大型化されています。スライドマウントのセフティ兼デコッキングレバーもアンビ仕様。
軽量化のためにアルミフレームを採用していたM59(※実銃の話ね)は、強装弾の使用などが原因でフレームのスライドストップ軸の入る穴の周辺に亀裂が入る事例があったため、M459ではこの部分に肉厚を持たせており、以降の改良型(M5904等)ではこの形状がスタンダードとなっています。




▲無骨な印象をいっそう強調しているのが、フィンガーレスト付きのスクエアトリガーガード。80年代に大流行したデザインですが、今時の銃ではあまり見られなくなったような気がします。
スクエアトリガーガードは実銃でもオプション扱いだったらしく、MGCがM93Rに続いてリリースしたM459フィクスドスライドガスガンの方は、M59と同じラウンド形状のトリガーガードがデフォルトとなっておりました。でも、やっぱりこっちの方がカッコエエよね!




▲小生の大好きな80年代B級SFアクション映画に『ヒドゥン』(原題 The Hidden)という作品があるのですが、主人公の一人である自称FBI捜査官ロイド・ギャラガー(演 ツインピークスのクーパー捜査官でお馴染みのカイル・マクラクラン)がM459のステンレスバージョンであるM659を使ってまして、こいつがスクエアトリガーガード仕様なんですよねえ。
MGCからもM459モデルガンのバリエーションとしてM659がリリースされておりましたが、HW樹脂に蒸着メッキという無理のある仕様ゆえに表面強度が極めて低く、下手すると触っているだけでポロポロと剥がれてくるような代物でございました。(←同じ仕様のガバで経験済み。)




▲基本的な内部メカは同社のM39/M59系と全く同じで、ストレートブローバック&サイド発火式の撃発機構、マガジンセフティの再現なしという仕様も共通。スライドやフレーム回りはフィクスドガスガンの金型を弄って作った可能性もありますね。
ちなみにM459のスライドをM39のシングルカーラムフレームと組み合わせ、M39の2ndジェネレーションバージョンであるM439も製品化されておりました。

カートは7mmキャップを使用するM39/M59用のCPカートではなく、イングラムM11と共通の5mmキャップ使用9mmショートタイプCP-HWカートを採用。元々MGC製M39/M59系は実銃に比べてマガジンが若干小さく作られていたため、残念ながら現在のモデルガンでは当たり前のフルサイズ9mmパラベラムタイプのカートは使用できなのでございまするよ。




▲MGC最末期の極短期間しか流通しなかったため、気がつけば買い逃していたという感じの本製品でございますが、実に20年近くの時を経て我が手に納まったことに運命的なものを感じまするねえ。(←それは大袈裟だよおまいさん。)
滅茶苦茶久しぶりに足を運んだ中古ホビーショップ(フィギュアやオモチャがメインのお店)に、たまたまこの子が入荷していて、小生に買われるのを健気にじっと待っていたなんて、それこそ天文学的な確率でしょう!(←別におまいさんに買われるためにぢっとしてた訳じゃないと思うよ?)

さ~て、また火薬つめてぶっ放して、全国の未発火コレクターさんたちの顰蹙を買ってみようかにゃ~?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
それではまた、『秘法館』にてお会いしましょう!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)フォートレス秘宝館

2017年03月03日

『93Rをメインアームに』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

KSC (ケーエスシー): HGパーツ M93Rフォールディングストック
▲大人気のKSC製ガスブローバックマシンピストルM93R IIに対応した純正フォールディングストックが再入荷してきておりまする!



KSC (ケーエスシー): M93Rフォールディングストック
『KSC (ケーエスシー): HGパーツ M93Rフォールディングストック』
M93Rのグリップエンドにワンタッチで装着できる金属製フォールディングストック!3点バーストやフルオートでの射撃の際のコントロール性を格段に向上させるアイテムです!
スパイ映画に出てくる秘密兵器ちっくな雰囲気で、なんとなくワクワクさせられますね!



KSC (ケーエスシー): M93Rフォールディングストック
▲未使用時は折りたたんでコンパクトに携帯可能。ちなみにベレッタ社純正のM93R用ショルダーホルスターには、このタイプのストックを収納するためのポーチが設けられていたり致します。
なお実銃同様、銃に装着したまま折りたたむことは出来ません。



KSC (ケーエスシー): M93Rフォールディングストック
▲M93Rをメインアームとして活用したい時の必需品!93R使いなら必ず手元においておきたいアイテムといえるでしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介