2017年02月27日

『サムライエッジ限定モデル』詳細情報解禁!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイxカプコンのコラボレーションによるバイオハザード限定カスタムガンシリーズ最新作『サムライエッジ アルバート.W.モデル01』ですが、製品に関する詳細情報が解禁と相成りましたので、ちょいとご紹介したいと思いまする!




▲まずパッケージは、これまでの限定モデル同様のハードタイプガンケース仕様。
ビジュアルの派手めなフル装備バージョンがこれまで公開されておりましたが、特徴的なスタビライザーユニット(A.W.S/Albert.W.Systemと呼称)は着脱可能な仕様であることが判明致しました。




▲サムライエッジ本体はてっきり従来型の流用に毛の生えた程度なんだろうなと思っておりましたが、実はフレーム周りは新規金型による新造品!
延長されたビーバーテイルや、アクセサリーレイルと一体のエクステンデッドタイプ・ダストカバー、ワイドマガジンキャッチ、スクエアトリガーガード、フロント/バックストラップにチェッカリングが施されたグリップフレームなど、これまで立体化されたことがなかったアルバート・ウェスカーバージョンのフィーチャーがほぼ完全に再現されております!これは凄い!




▲BH5劇中のCGモデルと比較しても、ウェスカーバージョン独自のフィーチャーが忠実にモデルアップされていることが分かります。
フレームが超硬ジュラルミンからの削りだしで製作されているというウェスカーバージョンの設定に合わせ、本製品のフレームもブラストフィニッシュを施した上からシルバーメッキを掛け、マットシルバーに仕上げられているとの事。
そうそう、もちろん内部ユニットは現行のM9/M9A1系を採用しております!




▲SilencerCo OSPREYっぽい雰囲気のヘキサゴンサプレッサーは14mm逆ネジ仕様で着脱が可能。内部には吸音材としてスポンジがインサートされており、スタビライザーを介して装着されているので、ブローバック作動に悪影響を与えることもないでしょう。
L.A.M(ライトユニット)のマウント部は20mmレイル仕様なので、スタビライザー下部のみならず、サムライエッジ本体のアクセサリーレイルに直接装着することも出来ます。

バイオハザード7の追加ダウンロードコンテンツ『Not A Hero』で、クリス・レッドフィールドの使用銃として本銃が実際に登場するとの事ですが、かつての宿敵の愛銃がどのような経緯でクリスの手に渡ったのか、バイオファンとしては気になるところですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年02月27日

『コイツも随分と寿命が長いにゃ~』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製スタンダード電動ガンの中でも、AKシリーズと並んで長年にわたってロングセラー商品となっている『MP5A5』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン本体 H&K MP5A5』
実銃は言わずと知れたドイツH&K社製9mm口径高性能サブマシンガン!同社のG3ウェポンシステムのサブマシンガンバージョンとして開発されたため、G3ライフルのクローズドボルト/ローラーロッキングシステムをそのまま受け継いでおり、このクラスの銃器としては驚異的ともいえる命中精度を実現していました。
『サブマシンガンは弾をバラ撒くための銃』というそれまでの固定観念を覆した名銃であります。




▲一般的なサブマシンガンの数倍という価格から、当初はあまり普及が進んでいなかったMP5シリーズですが、1977年に起きたルフトハンザ航空181便ハイジャック事件において救出作戦を成功させた西ドイツ(※当時)特殊部隊GSG-9(国境警備隊第9グループ)が本銃を使用していたことから注目が集まり、以降世界各国の対テロ特殊部隊に採用されることとなりました。
その優れた命中精度で、付随的な被害を出さずテロリストのみを外科手術的な精確さで排除可能な小型火器として、デファクトスタンダードになったわけですね。




A5は引き込み式のリトラクタブルストックを採用しており、固定ストックタイプのA4に比べて安定性という点では一歩譲りますが、反面コンパクトに携行できるのが利点。ちょっとしたバックパックにも収納できるので、サバゲフィールドに出かけるときも楽チンです!
ちなみにマルイの商品名ではMP5A5となっていますが、H&K社内の区分ではA4/A5系は2点もしくは3点バーストモードを含めた4ポジションセレクター仕様のトリガーグループが組み込まれたバリアントを指すので、厳密なことを言うとネイビー(※米海軍向け)トリガーグループを組み込んだMP5A3という事になります。




▲コッキングハンドルは実銃同様に可動し、シャフトをスロットに入れればホールドオープン状態にすることも可能。(※ボルトは連動しません。)
実銃の場合マガジンの装着はこのポジションで行い、ハンドルにチョップを入れて勢い良くボルトを前進させ、チャンバーに初弾を装填するHKスラップというローディングテクニックが用いられますが、マルイ製でこれをやると高確率でハンドルがもげますのでご注意下さいまし!
ハンドガード内にはミニS規格のバッテリーを収納。




▲マズル(銃口部)に14mm逆ネジ規格のスレッドが切られており、各社製のサイレンサーおよびマズルデバイスを幅広く装着できます。これも米海軍型であるMP5-Nに見られる特徴で、SEALからの要求で追加されたフィーチャー。
元々MP5のマズルにはトライラグと呼ばれる3箇所の突起が設けられ、専用サプレッサーやブランク(空砲)アダプターの装着に対応させていますが、米軍では汎用性の高いスレッデッドバレルの方が使い勝手が良いと判断したようですね。




▲思えば小生が始めて購入した電動ガンも、最初期型のマルイ製MP5A5でございました。当時はまだホップアップもなく、アウターバレルもスレッデッドタイプにはなっておりませんでしたので、サードパーティのカスタムパーツを組み込んでカスタマイズしてましたねえ。
現行モデルは当然可変ホップが標準装備でで、弱点だった首周りも補強パーツの追加で強化されているので、サバゲウェポンとしての使い勝手も格段に向上しております!
フルサイズのアサルトライフルに比べて、格段に小型/軽量なところもGOOD!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介