2017年02月26日

戦闘中のリロードは・・・・・・厳しいかなぁ。

こんにちは、皆さん!
フォートレスの留守番的な男ことツヨシ

本日は、待望の5耐開催日でしたね。
ご参加いただいた皆様は、お疲れ様でした。
ツヨシは留守番でしたが。

天気にも恵まれ、絶好のサバゲ日和だったのではないでしょうか?
ツヨシは留守番でしたが。

5耐参加スタッフが戻ってきたら、どんな5耐だったか、じっくり聞こうと思います。
ツヨシは留守番でしたので。


本日のネタ!!
こいつぁ、久しぶりなヤツですな!



東京マルイ製ガスリボルバー コルトパイソン 357 SV 6インチモデル
各社からラインナップされているガスリボルバーの中では、
作動性や、実射性能等がカナリ優れている製品群です。



▲マットシルバーの色合いが素晴らしいですね!
ツヨシ的には、この6インチ仕様のパイソンがベストカッコいいです。



▲装弾数24!リボルバーとしては破格の装弾数を誇ります。
今時の可変式ではありませんが、固定HOPを標準装備し、安定した飛距離を実現!

スペアマガジンという概念がない銃なので、サバゲで使用する際は、
複数携行しないと長期戦は厳しそうです。
とは言え、インドアフィールドが増えてきた近年では、十分に活躍できる可能性があります。

そんな感じで!!
東京マルイ: ハンドガン本体 コルトパイソン 357 SV 6in!!
再入荷してきております!!


『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!

【告知】!

FORTRESS名古屋店は、2017年2月より水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日は変更御座いません。  


サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2017年02月26日

『正真正銘のM45A1専用実物グリップ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

USマリンコファンなら見逃せないレア物実物官給品グリップがちょこ~っと入って参りましてございまする!↓


『MIL TAC: コルトM45A1 USMC G10グリップ 官給品』
米海兵隊精鋭部隊のサイドアームとして制式採用されたM1070CQBPことコルトM45A1の純正グリップとして指定されている、MIL TAC社製カスタムグリップであります!




▲民生向けに製造されたグリップにも似たような仕様の製品は存在しますが、官給品として納入されているM1070専用グリップはかなりのレア物といえるでしょう!(その分良いお値段してますが。)
素材は耐久性に優れたマイカルタの一種であるG10(※ガラス繊維にエポキシ樹脂を浸透させて積層し、高温化で高い圧力を掛けて成型したもの)を削りだしたもの。
表面には荒めの滑り止めパターンがNCマシニングによって施され、非常に滑りにくいデザイン。マグキャッチの後部にはインデックス加工が施されており、グローブを着用した状態でもマグチェンジが容易に行えます!




▲M45A1はアンビセフティが標準装備されているので、右パネルの裏面には右側用レバーのタングを固定するためのカットが最初から入れられております。
裏側から見ると、色味の異なるガラス繊維を何層にも積層して製作されているのが良く分かりますね。




▲本日入荷分はあっちゅう間に完売となってしまいましたが、週明けに若干数の再入荷がある予定。今後の供給についても見通しが不透明なアイテムですので、気になる方はお早めにどうぞ!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2017年02月26日

『KSC M93R II』再入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックマシンピストルシリーズの大人気商品『M93R II HWバージョン』が、再入荷してきておりまする!




▲実銃はイタリアの名門銃器メーカーピエトロ・ベレッタ社が、同社の9mm×19口径セミオートピストル『ベレッタ92』系をベースに、要人の警護にあたるセキュリティ要員向けに開発したマシンピストルバージョン!
かつてイタリアでは、極左テロ組織やマフィアによる要人暗殺の嵐が吹き荒れた時代があったことは良く知られるところですが、目立たずに携行でき、なおかつ高い火力を備えた小型火器の開発が当局から要請されたという訳ですね。

ちなみにこの銃の前段階として、ベレッタ92系の原型となったM1951ブリガディーアをベースとしたマシンピストルバージョンであるM951Rというモデルも試作されていますが、シングルカーラムマガジン仕様ゆえにロングマガジンを使用しても装弾数があまり稼げず、またフルオート時のコントロール性にも問題があったため、実用化には至らなかったとか。




▲KSCのM93R IIシリーズは 同社のM9シリーズが設計母体となっており、リアルなメカニズムと好評のSYSTEM 7エンジンによる快調なブローバック作動が魅力!
スライド/フレーム周りはHW樹脂製で、マガジン込みで約1,200gという実銃に迫る重量感を実現しており、同時に射撃時のリコイルも強くなっています!




▲マズルブレーキの形状は1stジェネレーションをモデルアップしており、縦長のスリットが横に3列並んだスタイル。かつてMGCがリキッドチャージ式フィクスドスライドガスガンとしてM93Rを初モデルアップして以来の、お馴染みのカタチといえるでしょう。
2ndジェネレーション以降は反動の軽減よりマズルフラッシュの低減を主としたバードケージタイプに近いデザインになっていますが、日本国内のガンファンの間ではやはり1stジェネレーションのスタイルの方がポピュラーですよね~。(←勝手に断言!)




▲トリガーガード前部に装備された折りたたみ式フォアグリップを起こしてセレクターを切り替えれば、あっという間にマシンピストルモードに早変わり!
KSC製M93R IIはセミオート/3点バーストモードに加えて、セレクターレバーをセミとバーストの中間位置にセットする事で実銃にはないフルオートモードでの射撃も可能です!




▲セレクターレバーとセフティレバーは同軸に配置されていますが、それぞれ独立して作動します。後ろ側の丸い頭の方がセフティレバーで、ハンマーをコッキングした時のみセフティが掛かるコック&ロック仕様。
ベースとなったベレッタ92が備えていたダブルアクション機構はオミットされています。




▲マガジンは実銃同様KSC製M9/M92シリーズ各機種(※SYSTEM7バージョンのみ)用と互換性があり、M93R用のロングマガジンをM9に使用する事も可能。
逆にM9用のショートマガジンをM93Rに装填して、携帯性も向上させることも可能です。




▲無骨さと優雅さが入り混じった独特なスタイルがなんとも魅力的ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介