2018年04月11日

『タニオコバGM-7.5 シリーズ80 モデルガン』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲ガンガン発火を楽しむためのブローバックモデルガン、タニオコバ製GM-7.5シリーズの最新作『SERIES 80』(シリーズ80)が新発売と相成りましてございまする!




『TANIO-KOBA (タニオコバ): ブローバックモデルガン GM-7.5 SERIES 80』
コルト社製M1911ガバメントシリーズの80年代生産型コマーシャル(民間販売向け)モデルをモデルアップ!タニコバ製シリーズ80は初期生産型をモデルアップしているので、外観のエクステリアそのものはシリーズ70と大差ない仕様ですね。
ちなみにシリーズ80も後期型になると、トップにリブが設けられコッキングセレーションがスラント型となったナショナルマッチ似のスライドをはじめ、大型化されたビーバーテイルや樹脂製のロングトリガー、同じく樹脂製のメインスプリングハウジング、ハイプロファイルタイプのフロント/リアサイトなどのフィーチャーが盛り込まれ、印象がかなり変化しております。
小生的にはあんましカッコいいと思えないけど。




▲刻印はシリーズ70に比べて極あっさりとした印象。実銃の場合、シリーズ70にはなかったファイアリングピンブロックセフティが装備されるようになり、銃を落としたりした際の暴発の危険性が限りなく低くなっていますが、タニコバシリーズ80は基本刻印のみのバリエーションなので、同システムは再現されていません。

トリガーに連動してファイアリングピンのロックを解除するシリーズ80のAFPBシステムは、トリガープルに悪影響を及ぼすとしてシューターからは敬遠されましたが、往年の名IPSCシューターロブ・リーサム氏のためにガンスミスのビル・ウィルソン氏が製作した伝説的レースガン『ウィルソンLE』のリーサム機(※ブライアン・イーノス機はSFAのM1911A1がベース)はコルト・シリーズ80がベースで、AFPBシステムもそのまま残されていたそうです。
時計職人の一族に生まれたというウィルソン氏の手による巧妙なチューニングによって、AFPBのない1911に引けを取らない滑らかなトリガープルを実現していたそうで、素材そのものは決して悪いものではなかったようですね。




▲スライド右側面もガバメントモデルの刻印のみ打たれたシンプルな仕様。グリップはコストダウンのためにタニコバ製1911モデルガンシリーズ共通のプラ製ダイヤチェッカーグリップが装着されていますが、ランパンコルトメダリオン入りのフルチェッカー木製グリップに交換してやると雰囲気が大きく変わるでしょう。




▲ブローバックシステムはダブルヘッドオープンデトネーター仕様で、カートへの火薬のセッティングが容易に行え、なおかつ7mmキャップ火薬1発で非常に快調にブローバックします!
発火時の撃発音やブローバックの確実性という点では密閉式のCPカートに軍配が上がりますが、撃ちたい時に気軽に撃てるオープンデトネーターカートもまた良いものであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月11日

『50キャリバー、遂に出てもうた』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲マシンガン好きなら誰もが憧れるであろうあの50キャリバーが、遂に電動ガン化されてしまいよったとですよ奥さん!(←誰が奥さんや!)




『3D MMP: 電動ガン ブローニング M2 重機関銃』
実銃は1933年の正式採用以来、実に80年以上に渡って米軍に使用され続けている50口径(12.7mmx99)重機関銃の傑作!M1911系自動拳銃と並ぶ、米軍の長寿兵器であります!
あ、そういえばコイツもガバメントも、同じジョン・ブローニング(ブラウニング)氏の設計だったわい。




▲戦闘車輌や航空機の搭載機銃として、また拠点防衛用の銃機関銃として現場の兵士達に頼りにされ続けているこのM2。
M2以降、米軍の50口径重機関銃はM85やXM312、XM806といった機種が開発されていますが、結局のところ信頼性や機能性、費用対効果といった総合性能でM2を超える事はできず、導入計画はことごとく頓挫しております。
第2次大戦時に採用された火器が、マイナーチェンジが加えられているとはいえ未だに第一線で使用され続けているというのは、考えてみれば驚異的ですねえ。

ちなみに現行型は、バレル交換時にシックネスゲージによる面倒なヘッドスペースの調整作業が不要となったQCB(クイックチェンジバレル)仕様に改良されており、わが国の自衛隊も現在はこのタイプを調達しています。




▲トリガーは引き金式ではなく、パドル状の部品をスペードハンドルを握った手の親指で押し込んで発砲する押し金式。射撃モードは実銃同様にフルオートのみとなります。
比較的軽便な50口径対物ライフルが登場する以前は、M2が長距離用狙撃銃として用いられることも多かったそうで、ブリーチをロックして射撃モードをセミオートのみに固定し、高倍率のスコープを搭載するなどの現地改修を受けた個体も存在していました。
有名どころだと、ベトナム戦争中米海兵隊のスカウトスナイパーとして数々の特殊作戦に従軍し、ホワイトフェザーの異名で知られたカルロス・ハスコック一等軍曹が同様に改修されたM2を一部作戦で使用しており、ユナートル製10倍スコープを使用して2,300m先の標的に対する狙撃を成功させました。
フォークランド紛争ではアルゼンチン軍がM2を同様のやり方で運用し、攻め手側の英軍をその保有火器の射程外からのアウトレンジ攻撃で苦しめており、アルゼンチン側の機関銃陣地を潰すために高価なミラン対戦車ミサイルを持ち出さざるを得なかったという例もあります。




▲外装周りがほぼ金属製という事もあり、実銃より軽いとはいえ総重量28kgを超える、まさにヘビー級電動ガン!実銃みたいに3人がかりで運用しないといけませんねえ。
くわえてお値段の方がまたかなりのヘビー級でして、ぶっちゃけちょっとした乗用車が1台買えてしまうレベルの価格設定となっております。(※トライポッド付きフルセットで、希望小売価格税込み¥918,000!桁が一つ多いんじゃねえのかと、小生目を疑ってしまいました!)
一応トライポッドをオミットして価格を下げたM2本体のみのバージョンもラインナップされているのですが、それでも定価で50万超え…。
予約取っといて言うのもなんですが、個人レベルでコイツをポンと即金で買える漢前(をとこまえ)な方って、この日本にどれだけいらっしゃるんでしょうか!?

とりあえず、6月中旬~下旬頃新発売の予定でございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年04月10日

『プロ好みなフィクスドストック』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

ビギナーからベテランまで、幅広いユーザー層に愛される東京マルイ電動ガンシリーズのロングセラーが再入荷してきておりまする!↓


▲豊富なバリエーションを誇るマルイMP5シリーズの固定ストックバージョン!軽量で取り回しも良く、長時間のサバゲでも携行が苦になりません!




▲ガタツキが多くやや安定性に欠けるリトラクタブルストック仕様のA5に比べて、格段に安定感のあるホールドが可能。
LAPD(ロスアンゼルス市警察)のSWATが固定ストック仕様のMP5を採用していたのも、射撃時の安定性の高さを評価しての決定だったとか。(※安定性に欠けるリトラクタブルストックで誤射かましちゃったら、訴訟起こされちゃうからという切実な事情もあったそうな。)




▲小生も過去長きに渡ってマルイさんのMP5A4を愛用していたものでしたが、現行の製品には初期型になかったサイレンサー装着用のスレッドがマズルに設けられており、14mm逆ネジ仕様の各種サイレンサー/マズルオプションが装着出来るようになっております。
米海軍採用の『N型』に盛り込まれたフィーチャーですね。




▲固定ストックを採用するもう一つのメリットが、大容量のラージバッテリーの使用に対応しているという点!ラージ→ミニの変換コネクターも付属しているので、使用可能なバッテリーの汎用性も高めです!




▲長年にわたって販売されている機種だけに、純正オプションパーツやサードパーティ製カスタムパーツの種類も非常に豊富で、自分好みのスタイルに仕上げられる所も魅力です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月10日

『SNPキット、組んでみたらこんな感じになりました』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


先日再入荷と相成りましたSRU製VSR-10 SNP Advancedキットでございますが、当店製作部がお客様のご依頼で組み上げた完成品の画像を撮影することができましたので、恒例のぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思いまする!




▲まず手にとった印象としては、思っていた以上にコンパクトで軽いな~という感じ。外装パーツ回りはほぼ樹脂製ですので、さもありなんですね。




▲画像の個体はVSR-10 G-SPECをベースとしており、アウターバレルがバレルシュラウドとツライチになっております。もちろんこの状態で純正サイレンサーを装着することも可能。
当然ながらプロスナイパーの方を組み込むと、アウターバレルはシュラウドからはみ出します。




▲ボルトハンドルはエクステンションによって前方にオフセットされ、構えたままコッキング操作を行うことが可能(※右利きの場合)。
エクステンションやハンドルも3Dプリントによる樹脂製パーツなので、強度的には一抹の不安があったり無かったり致しまするねえ。
レシーバー右側面の50Cal(50口径)の刻印がなんとも強気!




▲ホップ調整はフォアエンドの左側面に露出したレバーで行います。鉄板プレスのレバーが剥き出しになっちゃってるので、ここも出来ればそれっぽいデザインのカバーでも付けて欲しかったかにゃ~?




▲マガジンはレシーバー下面、トリガーガード前方にセットする形式。マグキャッチボタンの配置もVSR純正と変わっておらず、まずまずの操作性と言えるでしょう。




▲パーツの成型も思ったより綺麗で、テクスチャーは荒めのナイロン生地のような感触。
組み込みに当たってはそれなりにパーツの擦りあわせは必要なようですが、3Dプリント技術の日進月歩をひしひしと感じられまする!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介小ネタ

2018年04月10日

『セイリエントさんちのM&Pカスタム』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

オサレなスタイリングと高い実用性を併せ持つSAI(セイリエントアームズ)製カスタムガンのフィーチャーを再現したガスブローバックハンドガンが入荷してきておりまする!↓


『EMG: ハンドガン本体 M&P9 SAIカスタム 各色』
S&W社の公用向け自動拳銃M&Pをベースに、米国のカスタムガンメーカーSAI(セイリエント・アームズ)社が製作したTier1の仕様をモデルアップ!
軽量化による作動サイクルの高速化と、体感的な反動の軽減を目的としたスライドのカッティングが目を引きます。




▲SAIカスタムというとグロック系が真っ先に思い浮かびますが、M&PやM1911系、果てはAR-15やショットガンまでもがそのラインナップに含められており、シューティングマッチの世界で広く受け入れられております。
レシーバーやスライドの大胆なカッティングと、ブラックにゴールドを配した2トーンカラーが、同社製カスタムガンの特徴的フィーチャーと言えるでしょうか。




▲サイトシステムは2階建てドットが特徴のVTAC(バイキング・タクティカル)タイプ。上部ドットがファイバーオプティクス仕様となっており、集光機能によって素早いサイティングをサポートします!
エジェクションポートやスライドのカットから覗くゴールドフィニッシュのアウターバレルが、なんともスタイリッシュですね!




▲気合の入った上半身に対し、しも半身(フレーム周り)がノーマルのままで少々寂しいので、実銃の画像とにらめっこしながら半田ごてでスティップリング(熱による滑り止め)加工してやるのもまた一興でしょう!




▲カラーリングはブラックタンの2色がインナップされております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月09日

『デザートウォーフェアなHK45CT』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲リアルな外観と快調な作動で人気を博しているUMAREXブランドガスブローバックハンドガン『HK45CT』シリーズのカラーバリエション入荷してきておりまする!




『UMAREX (ウマレックス): HG本体 sa3-hk45c-tn01 HK45 コンパクト タクティカル TAN』
実銃はH&K社製45口径自動拳銃HK45をベースに、スライドとフレーム周りを切り詰めて開発されたセミ・コンパクトモデル!
TACTICALモデルはバレルを延長してネジを切り、サプレッサー(サイレンサー)などのマズルデバイスの装着に対応させたスレッデッドバレル仕様となっています。




▲カラーリングがデザートタンカラーの濃淡2トーンに変更され、砂漠戦用迷彩を思わせるイメージに仕上げられています。
ポリマーフレームのオートは、フレーム周りの成型色が変わるだけで全体の印象も大きく変わりますね!




▲マズル(銃口部)のスレッド(※ネジ山)は実銃同様16mmの正ネジ仕様で、KSCや東京マルイのMK23 SOCOMなんかと同じ規格となっております。
マルイ製SOCOMピストルやHK45 タクティカルに付属しているサイレンサーも無加工で装着可能!




▲マルチカムやAOR-1など、砂漠戦用迷彩系の装備に良く似合うサイドアーム!フルサイズ系オートに比べてサイズがコンパクトなので、行動時に邪魔になり難いところもGOODですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月09日

『化け物退治にうってつけなハンドキャノン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


ゾンビBOW(生体兵器)退治にピッタンコな心強いヤツ、『デザートイーグル 50AE』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: HG本体 DE.50AE BK』
実銃は量産自動拳銃としては世界最高の破壊力を誇る、デザートイーグルシリーズの50口径バージョン!使用弾である50AE(50口径アクションエクスプレス)弾自体が元々デザートイーグルに合わせて開発された弾薬であり、その運動エネルギー/初活力はAK47やAKMの弾薬として知られる7.62mmx39ライフル弾に匹敵します。

ちなみにデザートイーグルの成功を後追いする形でAMTオートマグやLARグリズリーといった他社製マグナムオートにも50AEバージョンがラインナップされましたが、設計上の拡張性に余裕のないモデルを無理やり大口径化した為、作動の信頼性や実用性に大きな問題を抱えるはめになりました。




▲その武骨で個性的な外観、何よりハンドキャノン(大口径マグナム拳銃)としてのタレント性から映画やアニメ、漫画等に登場する事も多いデザートイーグルですが、本来の用途はマグナム弾ならではの長射程を生かしたロングレンジターゲットシューティング(長距離標的射撃競技)用、あるいはハンドガン・ハンティング用。
ハイプレッシャーなマグナム弾を余裕を持って射撃できるよう、作動方式はアサルトライフルのようなロータリーボルトロッキング&ガスオペレーションの組み合わせとなっており、固定式銃身のおかげでグルーピング性能も非常に良好だそうです。
装填時2kgを超えるバーベル並みの重量も、反動の軽減という観点ではプラスに働いておりますね。
まあ、映画のマッチョキャラみたいに常時携帯しようと思ったら、相当体を鍛えてないとダメですが。(※アメリカでは実際にデザートイーグルを護身用のキャリーガンにしているスキモノもいらっしゃるようですが。)




▲バレル上部にはウィーバー規格に合わせたスコープマウントベースが設けられております。標的までの距離が100mを軽く超えるようなハンドガン・メタリックシルエット競技用としてはピストルスコープの搭載が必須となるので、バレル上に直接スコープを搭載できるよう配慮されている訳でございます。
マルイさんからも昔専用マウントリングが出てたんですが、いつの間にかカタログ落ちしちゃいましたねえ。

なお、現在アメリカで生産されているデザートイーグルMK XIX系(※実写版デッドプールで出てきたヤツ)は、バレル上部全面がウィーバーレイル仕様となっており、光学照準器の搭載位置の自由度がより向上しています。
もし今後マルイさんがデザートイーグルをフルモデルチェンジする機会があるのなら、ぜひとも現行型をモデルアップして頂きたいところ!




▲マニュアルセフティはベレッタ92系と同じようなスライドライド型で、手の小さなユーザーだと片手で素早い解除は難しいかも。トリガーシステムはシングルアクションなので、ベレッタみたいなデコッキング機能はございません。




▲ガスの気化効率に優れたダイキャスト製大型マガジンと大口径ピストンを採用したブローバックエンジンの相乗効果により、マルイ製ガスブロハンドガンシリーズ屈指のハードリコイルを実現!
命中精度も大変良好ですが、片手撃ちだと反動に揺さぶられてターゲットへの命中が覚束なくなるレベルなので、ちゃんと命中させたい人はレオンみたいにツーハンドホールドでしっかり構えましょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年04月09日

『ちっこくて暴れん坊なAK』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製次世代電動ガンAKシリーズ屈指のコンパクトボディを持つバリアントが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 次世代電動ガン 本体セット AKS74U』
70年代中ごろ~現用のロシア系特殊部隊装備のメインアームに欠かせない、AK74シリーズのサブカービンバージョン!クリンコフの通称で知られるバリアントですね。
カービンというよりSMGと呼んだ方がしっくり来るくらい全長が切り詰められており、インドアやブッシュにおける取り回しの良さはシリーズ随一であります!




▲銃身の切り詰めに伴い、少しでも長いサイトレディアス(照準線)を稼ぐためにリアサイトをトップカバー上に移設。
さらにフラッシュハイダーも極端に切り詰められた銃身で十分な作動の信頼性を得るためにガスプール付きの専用デザインとなっており、クリンコフ特有のシルエットを形作る重要な要素となっています。




▲スティール材のスタンピング(プレス成型)で製作されたスケルトンストックを折りたたむと、ここまでコンパクトに!
ちなみに畳んだ状態で撃つと激しいリコイルで結構銃が暴れるので、エアガンの世界では何かと軽視されがちなストックの大切さが実感できますよ~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月08日

『特殊作戦部隊用戦闘突撃銃のみぢかいの』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製次世代電動ガンシリーズラインナップの一つ『SCAR-L CQC』が再入荷してきておりまする!↓




『東京マルイ: 次世代電動ガン 本体セット SCAR-L CQC FDE』
実銃はベルギーの老舗ガンメーカーFN HERSTAL社がU.S.SOCOM(米特殊作戦軍)の要請に基づいて開発した新世代アサルトライフル。
SCARとはSpecial Operation Forces Combat Assault Rifleの略称で、文字通り特殊作戦部隊用戦闘突撃銃というド直球なネーミングとなっています。
限定的ながら米軍の制式採用となり、MK16 Mod.0のアダプションナンバーも与えられました。




▲開発に当たって大元のベースとなったのは同社製のFNCシリーズでしたが、完成したSCARシリーズを見るとほぼ原型を留めてませんねえ。
CQC(Close Quarters Combat)バージョンは銃身長がスタンダードモデルの14インチから10インチに切り詰められたサブカービンバージョンで、主に屋内への突入作戦などのシチュエーションに用いられます。
SCARシリーズは銃身の交換が容易に行える設計となっているため、作戦内容にあわせて派遣先でセットアップを変えることもあるとか。




▲M16ライフルを原型とするM4カービンとは異なり、最初からモジュラーアサルトライフルとして設計されたSCARシリーズのアッパーレシーバーは、ハンドガードと一体構造の頑丈なモノリスティックレイルとなっています。
これにより全長の長いスコープや、ドットサイトとマグニファイア(倍率ブースター)、あるいはナイトビジョンとのタンデム搭載も余裕を持って行えます。
BUIS(バックアップアイアンサイト)も光学照準器の搭載を前提としたフィリップアップタイプを標準装備。




▲ストックは6段階の長さ調節と、チークパッドの2段階高さ調節が可能。ストックのバットプレート内にはパワーソースのニッケル水素ミニSバッテリーをすっきりと収納できます。




▲さらにストックの折りたたみ機構も備わっており、M4のリトラクタブルストックに比べて至れり尽くせりという感じ!
もっともこのストック、米国ではあまり評判がよろしくないらしく、わざわざM4スタイルのストックにコンバートするためのアダプターがVLTORなどのサードパーティからリリースされていたり致します。
アメリカ人の意地みたいなもんやろか?




▲マガジンは実銃同様、次世代電動ガンM4シリーズ用と互換性あり。もちろん全弾射撃後のオートストップ機能(※ノーマルマガジン使用時のみ)にも対応します。
射撃に伴って発生するリコイルショックと、ダミーボルトの動きに連動して前後に動くチャージングハンドルが、銃を撃つという臨場感を否が応にも盛り上げてくれる逸品です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月07日

『キャリーガンに300ルーメンのハイビームを』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲SUREFIRE製ウルトラコンパクトウェポンライト『XC1』パワーアップバージョンが再入荷してきておりまする!




『SUREFIRE (シュアファイア): 本体 XC1-B ULTRA-COMPACT LED ピストルライト 300LU』
グロック19などのセミコンパクト系オートピストルへの装着に最適な超小型ウェポンライト!ハンドガン用ウェポンライトの定番X300系に比べて、よりコンシールドキャリー(秘匿携帯)に向いたサイズ/デザインとなっております。




▲従来のXC1(XC1-A)は200ルーメン仕様でございましたが、新型(XC1-B)は300ルーメンにパワーアップされております!ホント、技術の日進月歩振りが凄いですねえ。
外観上の変更点と致しましては、バッテリーコンパートメントのキャップが一回り大型化されているのが目に付くところでしょうか。旧型はキャップが小さすぎてバッテリー交換時の着脱がやり難かったですから、この部分の改良は有り難いところ。




▲バッテリーは従来と同じAAA(※単4アルカリ乾電池)を1本使用。輝度がパワーアップされた分タクティカルランタイム(連続点灯時間)は若干短くなっており、XC1-Aの約1.5時間に対し、XC1-Bは約45分となっています。
単純計算でXC1-Aのおよそ半分になっているわけですが、実用上十分なランタイムと言えるでしょう。




▲重量の増加も最小限にとどめられており、バッテリー込みで実測値約51gと超軽量!
キャリーガンでロウライトコンディションを戦う際の強~い味方であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月07日

『電磁レールガン風VSRブルパップキット』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

3Dプリンターを駆使して製作された、東京マルイ製エアコッキングボルトアクションライフルVSR-10シリーズ用電磁レールガン風味なイカスブルパップコンバージョンキットが、再入荷してきておりまする!↓


『SRU: sr-snp-10 マルイ VSR10 SNP Advanced キット』
マルイVSR-10シリーズの機関部コンポーネントを移植することで、電磁レールガンを思わせるSFちっくな外観に変身させるコンバージョンキットであります!




▲機関部をストック内に収納するブルパップ・レイアウトを採用することで、銃身長を犠牲にすることなく全長を短縮することに成功!
各部に装備された20mmレイルシステムにより、光学照準器や各種オプションパーツに対する拡張性も抜群です!




▲パーツの展開図はこんな感じ。オレンジ色で示されているのがVSR-10オリジナルの部分ですね。
ブルパップ化に合わせて、ボルトハンドルが前方にオフセットされているのが分かります。




▲あくまで3Dプリンターによるパーツ成型なので、金型による成型品ほど綺麗な仕上がりではありませんが、個性的な外観と全長のコンパクトさ、拡張性の高さは大いに魅力ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!



Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年04月07日

『HK45CT用ロングマグを作るための必需品』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲UMAREXブランドガスブローバックハンドガンHK45コンパクトタクティカルに対応したちゃんと使えるロングマガジンを作りたいという方の必需品といえる純正パーツのお取り扱いを開始致しましてございまする!




▲米海軍特殊部隊SEALSにおいて、MK25 Mod.0の名称で限定採用されているHK45CTでございますが、ミリフォト界隈で話題になった画像のサプレッサー付き&ロングマガジン仕様のHK45CTのシビれたという方も多いと思います。
このタイプの外観を再現するための、FANS GEAR製マグバンパーなんかも出ておりますが、純正マガジンの底に下駄を履かせて延長する形式のため、長さの割りに装弾数が純正ノーマルと変わらないという難点もございました。




▲ご存知の方も多いかと思いますが、UMAREX製HK45CTのマガジンの外径寸法はKSC/KWA製HK45用フルサイズマガジンと同じ(※実銃より少し太い)で、フルサイズマガジンを装填してトリガーを引けばちゃんとブローバックもしてくれるのですが、マガジンリップ周りのデザインがわずかに異なり、そのままではBB弾が正常に装填されません。
そこでUMAREX純正のHK45CTマガジン用マガジンリップガスルートパッキンの出番なのでございます!




▲まずKSC製HK45用マガジンから2本のピンを抜いてリップ周りのパーツを除去。




▲んでもってUMAREX製HK45CT用リップとパッキンをセットし、2本のピンを元通り打ち込めば作業は完了!
若干寸法がきつめながら、無加工で組み込めてしまいます!




▲あとはFANS GEAR製マグバンパーをマガジンのボトムにセットすれば、HK45CT用ロングマガジンの出来上がり!
装弾数もノーマルマガジンの22発から7発アップし、29+1発のハイキャパシティとなりまする!
ちなみにマガジンリップとガスルートパッキンを交換した状態でも、KSC製HK45への使用は全く問題なく、BB弾も正常に装填されるので、1本のマガジンでフルサイズ/コンパクト両方イケるようになっちゃったり致しまする!

最近はKSC製フルサイズマガジンを手に入れること自体が微妙~に難しくなっておりますが、機会があればお試しになってみては如何でしょうか?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月06日

『ガバメントのアルファにしてオメガ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガン1911ガバメントシリーズの永遠の定番モデルが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ガスブローバック ハンドガン COLT GOVERNMENT (コルトガバメント) M1911A1』
1985年にベレッタM9に更新されるまで、実に70年以上(M1911の時代含む)に渡って米軍のサイドアームとして使用され続けた、軍用自動拳銃の至高のマスターピースであります!




▲昨今主流のタクティカル系1911とはエクステリアのフィーチャーがかなり異なりますが、現在生産されているモデルも基本設計そのものは誕生以来100年近くもの間変わっておらず、設計を手掛けたジョン・ブラウニングの天才っぷりを改めて思い知らされます。
なんせ同じような時期に世界各国で開発された拳銃は、現在では尽く現役引退ですから。




▲実銃は軍用として生産されたモデルという事で、表面仕上げはブルーイングでは無く錆に強く光を反射しにくいパーカライジングを採用。マルイ製品はグレー系の素材にサンドブラストを施すことでパーカライジングの風合いを再現しております。
マルイ製品としては珍しく(と言ったら失礼か?)トリガーガードの内側を除いてパーティングラインも綺麗に処理されており、中々に高級感がございます!




▲昨今のモダナイズド1911ではリングハンマーあるいはスケルトナイズドハンマーを採用している機種が主流ですが、M1911A1がスパーハンマー、それも指掛けの部分が広く取られたワイドスパータイプのハンマーを装備。
各部の滑り止めがセレーションではなくチェッカリングになっているところに、古き良き時代の贅沢さが伺えます!




▲グリップはブラウンのベークライトタイプ。M1911A1実銃も製造ロットや製造メーカーによってグリップの材質に違いがありますが、ミリガバといえばやっぱりベークライトグリップというイメージが強いですよねえ。
メインスプリングハウジングにはこれまた軍用拳銃の必需品であるランヤードリングも装備されています。




▲マガジンがシングルスタックサイズな分、同系統のブローバックエンジンを採用したハイキャパ系と比べて冷えやすいのがやや難点ではありますが、事前にマガジンをしっかりと温めていれば作動は至極快調!
何よりシングルスタックならではのグリップの握りやすさは、小生のように手の小さいシューターにとっては何物にも代えがたいものがございます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月06日

『次世代AK47用木ストセット』再入荷!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲CAW(クラフトアップル)/MULE(ミュール)ブランドからリリースされている東京マルイ次世代電動ガンAK47用木製ストックセットが、再入荷してきておりまする!




▲長年木製グリップやストックの製造を手がけてきたクラフトアップルだけに、仕上がりも見事の一言!
なお、ハンドガードは内部にバッテリーを収納する関係で肉厚がやや薄い部分があるので、組み込みやバッテリー交換の際は破損にお気を付け下さいまし。




▲グリップはモーターハウジングを納める関係でどうしても実銃より太めになりますが、丸みを帯びた形状そのものは違和感の無い雰囲気。
グリップエンドの固定ネジは、セットに付属している皿ネジを使用するようになっていますが、銀ピカなカラーがちょっぴり目立つので、ガンブルーで染めるか塗装するとより良い雰囲気になるでしょう。




▲ストックはバッテリー収納のために内部がくり貫かれていたスタンダードAK用とは異なり、完全な単材削りだし!
重量はややかさみますが、打撃武器にすら使えそうなマッシブな感触が堪りません!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年04月06日

『オールドファッションなP230』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲中型オートファンの熱い支持を受けているKSC製ガスブローバックハンドガン『SIG P230』のちょいとマニアックなバージョンが入荷してきておりまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 P230 アーリー HW』
1980年代初頭頃まで生産された、SIG P230の初期生産型を、KSCが限定商品としてモデルアップ!
後期型とシルエットは同じでも、細部の仕様には結構相違点の多い製品となっております。




▲後期型に比べてスライドのコッキングセレーションのパターンが細かく、生産工程の合理化が実施される以前の手間を掛けて作っていた時代の余裕のようなものが感じられますねえ。
機械ものは大体そうだと思いますが、初期型が一番手間隙掛けて生産され、ロットが下るごとに合理化が進むというのが常でございますので。
デコッキングレバーの形状も、アーリーモデルは薄型となっています。




▲SIGがまだ米国支社を開設する前の製品ということで、スライドの右側面には当時米国内におけるSIG SAUERブランドの代理店となっていたインターアームズの刻印が入れられております。
ちなみに同時期、ワルサーの製品もインターアームズが代理店となって米国市場に供給されておりました。




▲マガジンの残弾確認孔も楕円形のスリット型となっており、よりレトロな雰囲気。マガジンケースの強度を稼ぐ必要性からか、最近はこういうタイプのマガジンはあまり使われなくなりましたねえ。




▲こういう銃は、やはり艶やかなブルーフィニッシュが良く映えそう!ブルーイングが可能なHW樹脂製なので、根性入れて挑戦してみるのも一興でしょう!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月05日

『エアコキパワースプリング』自腹ってみたった!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲最近何気に当FORTRESSのヒット商品となっております東京マルイ製エアコキハンドガン用パワースプリングでございますが、第2ロット製造分が大量に再入荷して参りましたので、この機会に自腹レポートなぞ一発こいてみたいと思いまする!




▲ベースガンはもうかれこれ10年近く愛用している私物のM1911A1 HG
サバゲ用サイドアームとして酷使してきたため外観はややくたびれ気味ではございますが、発射機能はまだまだ健在であります。
ちなみにグリップは余ってた旧MGC製モデルガン用を若干加工して装着。本体よりもグリップの方が高いという、なにやら本末転倒な仕様でございます。




▲実銃同様スライドストップを抜くとスライドアッセンブリー一式をフレームから分離でき、ピストン周りにアクセス可能。
M1911A1 HGはサムセフティやグリップセフティ、ハンマーのコッキングもライブとなっており、HG系エアコキハンドガンの中でも屈指といえるリアルさを誇っております。




▲純正スプリング(※画像上)とパワースプリング(※画像下)を比較するとこんな感じ。パワースプリングの方が若干全長が短めですが、当然パワーレイトはノーマルよりも向上しております。
試作段階ではノーマルと同じ寸法のものも作ってみたのですが、コッキングが困難になるほどのテンションの割り初速そのものに大幅な改善が見られなかったため、試行錯誤の末に現在の寸法に落ち着きました。




▲組み込みの際はピストン回りを完全分解する必要はなく、スプリングをガイドごと取り出して入れ替えるだけでOK。あとは分解と逆の手順でスライドを元に戻せば作業完了でございます。
ちなみにスプリングガイドの向きを上下間違えて組むとコッキングできなくなりますのでご注意を!不安な場合は、デジカメやスマホでパーツの配置を撮影しながら作業すると良いでしょう。




▲スプリングを交換する前、純正の状態で試射した際の初速がコチラ。マルイ製0.2gバイオBB弾を使用して、およそ66m~68m/secといった数値が出ております。




▲んでもってスプリング交換後がコチラ。使用弾などの条件は全く同じで、およそ71m~73m/sec前後の数値となりました。
数値だけ見ると微妙に思われるかもしれませんが、実際に撃ってみると明らかに弾道の伸びが向上しており、ノーマルとの差が確かに感じられる撃ち応えとなりました!

長年の使用でスプリングがへたってしまった愛銃のリフレッシュにもオススメであります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
以上、『自腹レポート』でございました。

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介自腹レポートシリーズ

2018年04月05日

『ドMじゃないよ、モッドMだよ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製電動コンパクトマシンガンシリーズ最新作『スコーピオン モッドM』の発売日が、いよいよ決定致しましてございまする!↓


『東京マルイ: 電動SMG本体 スコーピオン モッドM 』
イングラムM11などと並ぶ小型サブマシンガンの代表選手Vz61 スコーピオンをベースにレイルシステムなどのフィーチャーを盛り込み、拡張性と機能性を大幅に向上させた、東京マルイオリジナルデザインのカスタムモデルであります!

関係ないけど、商品名をスコーピオン もっとドMと空目した人は、怒らないから手を挙げなさい。




▲ハンドガード上下とレシーバー上部にはピカティニー規格の20mmレイルが設けられ、ドットサイトなどの光学照準器もダイレクトに搭載可能!
ハンドガードの両サイドにはM-LOK規格のスロットが設けられており、同規格の各種オプションパーツのセットアップにも幅広く対応します!
なおM-LOK規格のオプションレイルが、標準でS/M/L各サイズ1枚づつ付属します。
マズルカバーはリバーシブルデザインで、前後逆に付け替えるとアグレッシブなストライクフェイス仕様となります。カバーを外せば14mm逆ネジ規格の各社製ハイダーやサイレンサーが幅広く装着可能!




▲ストックはオリジナルと同じフォールディングタイプながら、形式がサイドフォールドタイプに改められ、折りたたんだ時にバットプレート(肩当て)をバーチカルグリップとして利用できるようデザインされています。
付属のマガジンはオリジナルのバナナ型からストレートタイプに変更されていますが、実銃も9mmx19パラベラム弾や9mmx17(380ACP弾)、9mmx18マカロフ弾を使用するバージョンはストレート形状のマガジンを採用しているので、9mm口径モデルとして脳内変換しちゃうのも良いでしょう。
ちなみに従来のスコーピオンシリーズ用各種マガジンも全て使用できます!




▲もともと電動コンパクトマシンガンシリーズの中でも、実射性能の優秀さでは特に定評のあるスコーピオンベースがですから、ゲームウェポンとしての実用性も大いに期待できますね!

4月19日メーカー出荷開始、翌4月20日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介

2018年04月05日

『普段使い用ならコイツが一番』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲タクティカルライトのパイオニア『SUREFIRE』(シュアファイア)がリリースする、普段使いにピッタンコなキーチェーン型LEDライトが、ちょこっと再入荷してきておりまする!




『SUREFIRE (シュアファイア): SIDEKICK LED キーチェーンライト 300ルーメン(SIDEKICK-A』
いわゆるタクティカル形のモデルと違い、常に身に付けていられるサイズ/デザインにまとめられた超小型LEDライト!
SIDEKICK(サイドキック)とは相棒みたいな意味で、バットマンに対するロビンみたいなニュアンスが近いかにゃ~?




▲全長約6.4cm/重量約56.6g(バッテリー込み)という超コンパクトなボディながら、最大300ルーメンという高輝度を誇ります!
照射輝度は3段階の切り替え式で、夜間の地図判読などに適した5ルーメンから、夜道のお供にちょうど良い60ルーメン、目眩ましに最適な(?)300ルーメンと、状況に応じて最適な明るさを選択いただけます!




▲バッテリー内蔵式の充電式となっており、充電には付属のUSBケーブルを使用。パソコン仕事なんかのついでに充電できますし、毎日使用してもランニングコストが安上がりで済むところが魅力ですね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介

2018年04月04日

『某3代目怪盗の愛銃』久々の再販デス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲マルゼン製ガスブローバックハンドガンシリーズの人気ラインナップ『ワルサーP38』が、めっちゃんこ久しぶりに再入荷してきておりまする!




『マルゼン: HG本体 ワルサー P38 ac41 BK』
ドイツの名門銃器メーカーワルサー(ヴァルター)社によって開発され、第2次大戦期のドイツ軍制式拳銃に制定された傑作軍用自動拳銃!
生産性や信頼性に問題があったルガーことP-08パラべラムピストルの後継として採用され、当時としては非常に洗練された性能を備えた軍用拳銃として高い評価を受けました。




▲スライドに覆われていない露出型銃身が外観上の大きな特徴。マウザーC96やパラべラムピストルも同様の露出型銃身を採用しており、ドイツの軍用拳銃の伝統ともいえるフィーチャーですね。
フレームとスライド、バレルユニットの複雑なかみ合わせが、いかにも精密機械といった雰囲気を醸し出しております!




▲スライドの左側面に設けられたセフティはデコッキングレバーを兼用しており、セフティをONにすると同時にハンマーがニュートラル位置まで戻るようになっています。
セフティを解除すればダブルアクションで初弾を発砲できるので、同時代の各国製軍用拳銃と比較して即応性が高く、オートマティックファイアリングピンロックセフティ(自動撃針固定安全装置)の採用と相まって、携帯時の安全性が高いのも特徴の一つ。
なんせ同時代の各国製拳銃は、チャンバーを空にして携帯するのが常識(ソ連のトカレフに至っては安全装置すらついてない!)でしたから、初弾を撃つまでの早さはどう逆立ちしてもP38には敵いませんね。
ちなみにM1911シューターにとって現在では常識となっているコック&ロック/コンディション1(※初弾をチャンバーに送り込み、ハンマーをコックした状態でセフティをかけて携帯する事)のメソッドが確立されたのは、1970年代に入ってからだったりします。




▲生産時期によってグリップの材質は木製/スティールプレス製等様々なバリエーションが存在しますが、マルゼン製はモデルアップしたac41の仕様に合わせて、ベークライト樹脂製のスタイルが再現されております。茶系に黒のマーブル模様が独特ですね。
滑り止めは横向きのグルーブが無数に並ぶパターンで、これも現代の拳銃ではあまり見られなくなったスタイルです。
ちなみに某ル〇パンザサードの愛銃はこのac41だったり致します。(アニメ版第1期のワルサーの発砲シーンで確認。)




▲マガジンキャッチはマガジンボトムをレバーで下から押さえるコンチネンタルタイプ。素早いマガジンチェンジには向いていませんが、反面ボタン式に比べてマガジンが不要に脱落するリスクが低いスタイルです。




▲スライドを引くとメカメカしさが更に際立ちますね!
そういえばベレッタのM92シリーズは、プロップアップ式のショートリコイル機構やダブルアクショントリガー、セフティのレイアウトやデコッキングシステム等、基本的なフィーチャーの多くをP38からパクリ倒して借用しており、最早違うのはガワだけだろうというくらい共通点が多いモデルだったり致します。




▲マルゼン製P38はその開発に当たってワルサー社から直々に実銃の設計図面の提供を受けており、その再現性は極めてハイレベル!
ワルサー社からもP38の日本向けバージョンとして正式に認定されるなど、実銃メーカーが認めたトイガンとして大きな意義を持った製品に仕上がっております!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介

2018年04月04日

『マルイM&P9L PC Ported』発売日決定!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『M&P9L PC Ported』の発売日がいよいよ決定致しましてございまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 M&P9L PC Ported 』
実銃はS&W社の公用向け自動拳銃M&P(ミリタリー&ポリス)9をベースに、同社のファクトリーカスタム部門であるパフォーマンスセンターが製作した、スピードシューティング向けセミカスタムモデルであります!




▲銃身長が延長されたことに合わせてスライドもロングスライド仕様となっており、ノーマルモデルと比べてよりスリムなシルエットとなっています。
アウターバレルはシルバーフィニッシュで、真っ黒なボディの良いアクセントとなっておりますね。




Ported(ポーテッド)という名称からも分かるとおり、バレルにはガスポート(マグナポート)が開けられており、実銃の場合ここから火薬の燃焼ガスの一部を上向きに噴射することでマズルの跳ね上がりを緩和し、速射時の照準のリカバリーを容易にしています。




▲スライド/ブリーチ上部のカバーを外すと、マルイ純正のマイクロプロサイト(※別売り)をダイレクトにマウントすることが可能。
マウント位置が低く抑えられているので、オープンサイトと変わらない感覚で照準が行えます!
コンシールドキャリー(秘匿携帯)の際にも邪魔になりにくいデザインなので、昨今は各ガンメーカーが自社製ハンドガンのラインナップにこうしたマイクロドットサイトをダイレクトマウント可能なモデルを増やしてきておりますね。




▲フロント/リアサイトもハイプロファイルタイプに換装され、マイクロプロサイトを装着した状態でもオープンサイトを使用することが可能。
万が一マイクロプロサイトが故障や電池切れを起こした場合も、オープンサイトを使ってそのまま射撃を継続できます!




▲グリップのパームスェルのデザインもパフォーマンスセンター製カスタム独特のデザインを再現しており、外観がよりオサレになったと同時に滑り止め効果も向上していそうですね!
良く見るとトリガーガード内側にはトリガーストップも追加されており、カスタムガンらしさが強調されております!

初回ロット出荷分は予想以上に少量となる見込みですが、コレは期待できそう!

4月18日メーカー出荷開始、翌4月19日あたりから順次当店入荷の予定です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら
Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介