2017年02月28日

これがミリタリー風アンブレラですってよ!

こんにちは、皆さん!
フォートレスのしかし回り込まれてしまった男ことツヨシ

チョコレート味の焼きそばが何時まで経っても、消えません。
当て付けのように、ツヨシの机の後ろにおいてあります。

まるで、ドラクエの呪いの装備のように離れません。
バニシュとか使えたらいいんですけどね。

あ、ドラクエの場合は、二フラムでしょうか。
もう、無視するのにも疲れてきましたよ。


本日のネタ!!
一風変わった商品の取り扱いが始まっております。



▲傘です。



▲MCカラーを基調とした傘です。



▲収納状態のカサです。

この傘の特徴としては、まず柄の部分がM4のストックパイプになっており、
なんと、リトラクタブルストックが装着可能となっている所です。
この特徴のせいで、ついつい構えたい衝動に駆られます。
もちろん長さ調整も可能で、個人の体形に合った調整が可能。

・・・・・・

カバーには、スリングが標準装備され、持ち運びも便利。
ちなみに、カラーバリエーションがありますが、MCカラーの部分は共通で、
異なるのは柄のストックカラーになります。

う~ん、なんてカジュアルなのでしょう。
彼女のいる方は、コレで相合傘とかどうですか?

ハイ!!
そんな感じで!!
TMC: TMC-U001 マルチカム迷彩アンブレラ 各色!!
絶賛!?取り扱い中です!

『FORTRESS 秋葉原店ブログ』はこちらから!!

【告知】!

FORTRESS名古屋店は、2017年2月より水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日は変更御座いません。  


Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年02月28日

『KSCの重シブグロック』入りました!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックハンドガン新製品『G17 スライドHW』が、本日入荷して参りましてございまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 G17 スライドHW』
9mm口径グロックピストルの基幹モデルであるグロック17の3rdジェネレーションバージョンをモデルアップ!東京マルイやタナカワークスなどと競作となった製品ですね。




▲競合他社製品に比べて、KSC製G17はより実銃に近いサイズ/フォルムとなっており、ちょっぴりおデブなマルイ製やタナカ製G17と違って、ホルスターも実銃G17用がそのまま使えます。(※一部のモデルで例外有り。)




▲ブリーチエンドのストライカープレートは、他社製ではブリーチと一体の金属製になっていることが多いですが、KSC製は実銃同様にリアルな樹脂製となっております!こういう細かい部分へのこだわりにKSCらしさを感じますねえ。
ちなみにフロント/リアサイトも、実銃用がほぼそのままポン付け出来ちゃったり致します。




▲ダストカバー部のシリアルナンバープレートも、プレートの端を折り返して留め付ける実銃同様の方法で固定されており、いい雰囲気が出ております。




▲一方ちょっぴり残念なのが、無刻印仕様のフレームとマガジンフロアプレート。KSC製最初期ロットでは実銃準拠のリアル刻印仕様でしたが、商標の使用が厳しくなってしまった時期に金型が改修されてしまったため、このような仕様になってしまいました。
GUARDERからリアル刻印仕様のフレームもリリースされているので、気になる方は交換してしまうのも手ですね。
なお、スライド側はバッチリリアル刻印となっております。




▲内部ユニットも現行の基準でアップデートされ、グルーピング性能にも磨きがかかっております!HW樹脂製となったスライドのおかげで実銃の未装填状態とほぼ同じ705gという重量を実現しており、より渋めとなった仕上がりも魅力です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年02月28日

『LCTの削りだしAK47』約4年ぶりの再生産!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

LCT製AKシリーズ電動ガンのラインナップの一つ『AK47』シリーズが、約4年ぶりに再生産決定でございまする!↓


『LCT: 電動ガン本体 lct-lck47 LCK47(AK47』
全てのAKシリーズの始祖ともいえるAK47!旧ソ連軍への部隊配備が開始されたのが1949年頃といいますから、もう70年近く前の銃なんですねえ。
現在生産されているAKシリーズはAK47の改良型であるAKM系統の流れを汲んでおり、レシーバー周りが生産性の向上と軽量化を目的にスタンピング(プレス工法)で製造されていますが、AK47はスチールブロックからの削りだしで製造されたミルドレシーバー(※最初期型はスタンピングレシーバー)仕様。重量はかさむものの、頑丈さという点ではこれに勝るものはありませんね。
LCT製AK47も、実銃同様レシーバーが削りだしで製作されており、非常に贅沢な仕上がりとなっております!




『LCT: 電動ガン本体 lct-lck47s LCK47S(AK47S』
空挺部隊および自動車化部隊向けに開発されたフォールディングストックバージョン『AK47S』(厳密にはAKS-47)も同じタイミングで再生産が掛かる予定!
詳しい入荷時期は今のところ未定ですが、3月中には両モデルともメーカー出荷となる見込みです!

製造に手間の掛かるミルドレシーバーを採用したモデルは、今後も中々再生産が掛からないと思われますので、AK47ファンはこの機会をお見逃しなく!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!

FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら