2018年02月18日

『美味しいフルーツ盛り合わせ(?)』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

サンプロジェクト・エスコートブランドからリリースされているボルケーノ・BBグレネードシリーズ各種が、ちょいと再入荷してきておりまする!


『SunProject(サンプロジェクト): エスコート ボルケーノ MKII ハンドグレネード』
コチラは第2次大戦中米軍を中心とした連合国軍で使用された対人破片手榴弾、パイナップルことMK-IIをモデルアップ!破片形成効果を高めるために刻み目が入れられた(※実際はあまり効果が無かったそうですが)鋳鉄製の外装が特徴であります。
MK-IIの炸薬は長期間保存でも劣化し難いTNT(トリニトロトルエン)を使用しているため、わが国の陸自が予備兵器として相当数を保管しているなんて話もあったり致します。
装弾数は56発(※6mmBB弾使用時)となっています。





『SunProject(サンプロジェクト): エスコート ボルケーノ M26A1 ハンドグレネード』
コチラはMK-II手榴弾の後継として開発され、ヴェトナム戦争で実戦使用されたレモンことM26A1をモデルアップ。わが国の陸上自衛隊でも現用手榴弾として採用されているモデルであります。
形状的な制約から、装弾数はMK-IIより少し減少して42発(※6mmBB弾使用時)となっています。




『SunProject(サンプロジェクト): エスコート ボルケーノ M67 ハンドグレネード』
コチラは米軍の現用破片手榴弾であるアップル/ベースボールことM67をモデルアップ!
それにしても、アメリカ人って手榴弾にフルーツの名前を付けるのが好きですねえ。『強烈な悪臭で暴徒を撃退する非殺傷手榴弾』とか作ったら、やっぱりドリアンとか名付けちゃったりするんでしょうか?
なおM67タイプはボディが小さめなため、装弾数28発(※6mmBB弾使用時)と、シリーズ中最も少ない弾数となっております。




『SunProject(サンプロジェクト): エスコート ボルケーノ 2BANG FLASH BANG』
コチラは同社のBBボトルシリーズにもラインナップされている2BANG FLASH BANGをモデルアップ!実物はデルタフォースやSEALといった米軍系特殊部隊に広く用いられている2回連続発火式のスタングレネード(特殊閃光音響手榴弾)でございます。
円筒型キャニスターの内部容積を最大限に活かし、6mmBB弾使用時で112発、8mmBB弾使用時で50発もの弾数を稼いでおり、M67とは打って変わってシリーズ中最大の火力を発揮いたしまする!




▲0秒~1分の範囲以内で起爆時間を調整できるタイマー機能やセット時の暴発防止を重視した安全設計が秀逸!
気合を入れたミリタリーコスプレで携帯していても違和感の無いリアルな外観がまた良いですよね!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2018年02月17日

『これぐらいの時代のAKが一番好きかにゃ~』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲数あるAKシリーズバリアントの中でも、その洗練されたスマートなフォルムで人気の高いAKS-74Nが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 次世代電動ガン本体 AKS-74N』
実銃は旧ソ連軍の空挺部隊や自動車化部隊向けに開発された、AK74シリーズのフォールディングストックバージョン。
パラシュート降下時および狭い装甲兵員輸送車両の車内やヘリコプターのキャビン内で邪魔にならないよう、ストックをレシーバーの左側面に折り畳んでコンパクトに携行できるようになっているのが特徴ですね。




▲前制式ライフルであったAKM系と非常に似通った外観を持つAK74シリーズですが、薬莢のテーパーが緩い5.45mmx39弾薬の採用によってほぼストレート形状となったマガジンにより、7.62mmx39口径のAK47/AKMシリーズとは容易に判別が付きます。




▲マズル(銃口部)には反動軽減の為に大型のマズルブレーキが追加されており、この点もAK74系の外観上の大きな特徴となっています。
発砲時のマズルフラッシュを抑えるフラッシュハイダーとしての機能よりも反動の低減を重視した設計で、実銃の場合発射音がかなりうるさいのだとか。




▲AKS47(マルイのラインナップでいうところのAK47S)やAKMSでは、ドイツのMP40サブマシンガンのそれとよく似た下方回転収納式のフォールディングストックが装備されていましたが、AKS-74系はレシーバーの左側面に折りたたむサイドフォールディングストックを採用。
ストックの左右の厚みが抑えられ、固定型ストックとほぼ同じ感覚で構える事が出来ます。




▲レシーバーの左側面にはサイドマウントレイルも装備されており、ロシア共通規格の各種光学照準器の装着に対応。ちなみにサイドマウントに光学照準器を乗っけている時はストックが畳めなくなるのでご注意下さいまし。
こういう『不親切設計』がいかにも共産圏の銃っぽくてエエよね!(←エエのか?)




▲フォアエンドはプラ製ながら渋めな木目調の塗装が施されており、パッと見は中々にリアルな印象。
ガスブロックを外すとロアハンドガード内のバッテリーコンパートメントにアクセスできます。




▲昨今流行のSOPMOD系カスタムAKも良いですが、原点回帰のプレーンなAKもまた良し!
次世代電動ガンなので、射撃に連動して臨場感あふれるリコイル(反動)を味わえるところも大いに魅力であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2018年02月17日

『ジャパンポリス仕様なMP5』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲世界各国の軍/法執行機関で今なお使われ続けている傑作サブマシンガン『MP5』ですが、日本警察で広く採用されているJポリスバージョンが再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン MP5-J 本体セット』
長年にわたってベストセラーとなっている東京マルイ製電動ガン『MP5』シリーズのマイナーチェンジバージョン!『MP5-J』というのはMP5A5のジャパンバージョンと言うニュアンスで命名された商品名ですね。

ちなみに警察内部でMP5は『高性能機関けん銃』(※拳は常用漢字でないため、公的機関では用いられません)の名称で呼ばれているそうです。




▲MP5-Jの外観を特徴づけるファクターの一つが、パットプレートが大型化されたリトラクタブルストック。元々はフランス警察向けのMP5F用に開発されたもので、オリジナルのリトラクタブルストックに比べて構えた時の安定感が大きく向上しております。
ノーマルA5では省略されているストック基部のプランジャー機構も実銃同様に再現されており、レバーを操作するとスプリングのテンションでバットプレートが少し押し出されるようになっています。




▲もう一つの特徴がレシーバー上部に標準装備されたマウントベース。スイスの銃器/アクセサリーメーカーB&T社のAimpoint Compシリーズ対応マウントベースの仕様を再現しており、基本的にドットサイト専用となっています。
ちなみにB&T社って結構日本の公官庁と繋がりが深いメーカーで、同社のラインナップを見ると日本向けにしか需要が無いはずの89式小銃用マウントベースがラインナップされてたりするんですよねえ。




▲マズル部分には着脱式のフラッシュハイダーを装備。これも日本警察仕様では良く見るオプションですね。
ハイダーを外すと14mm逆ネジ規格のスレッド(ネジ山)が切られているので、お好みに応じてサイレンサーなどの装着も可能です。




▲トリガーグループは3点バーストポジションのマーキングが入った4ポジションタイプとなっています。残念ながらマーキングのみで実際には3点バースト機構は組み込まれていませんが、これがあるとやっぱ雰囲気が違いますもんね~!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

Face Book にてお得情報配信中!! 
サイト内の <生中継記事> はFace Bookのみで公開中!!
URLはコチラ https://www.facebook.com/gunshop.fortress/?fref=nf

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら