2017年06月25日

『M-132 マイクロガン』ぷちレビュー!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

いよいよ出荷が開始されましたクラシックアーミー製電動ガス式ガトリングガン『M-132 マイクロガン』
当店にも順次入荷しつつはあるのですが、初回ロット出荷数がやはり少数に留まっておりますため、入荷すると同時にトコロテンの如く次から次へとお嫁行きというのが現状でございます。
安定供給にはまだまだ時間が掛かりそうですが、とりあえず出荷前のチェックをかねて一通りいぢくり回してみましたので、恒例のぷちレビューなぞ一発こいてみたいと思いまする!↓


▲実際に手にとって見た印象は『意外とちっちゃ~い!』。機関部回りはそれなりにボリュームがあるのですが、全長そのものはカービンクラスの電動ガンとそんなに変わりません。
重量も約4kg(※本体のみ/公称)という事で、苦になるほどの重さではないですねえ。




▲外装周りは樹脂パーツを多用しており、重量の増加を少しでも抑えようという配慮が見られます。バレルの本数を4本に抑えているのも、やはり軽量化のためでしょう。
名古屋店の店頭に旧トイテック製のミニガンがディスプレイされているのをご存知の方も多いでしょうが、あれクッソ重たいんですよね~。




▲バレル後部にはチェーンソーのようなハンドルバーが設けられております。ちなみにこれも樹脂製。
基本的にはサイトレスの腰だめ撃ち専用となりますが、弾をバラ撒いてなんぼのガトリングガンですから、これで正解でしょう!




▲レシーバー後部にはピストルグリップを装備。グリップ後部にはグリップセフティが設けられており、これをしっかりと握りこんでいないと発砲できないようになっています。
パッケージの状態ではフロントグリップとピストルグリップは分解状態で梱包されており、ユーザーサイドで配線/エアホースの接続とグリップのネジ止めといった簡単な組立作業が必要となります。組み立て用のレンチが付属するので、説明書を見ながら作業時間10分といったところでしょうか?
コードの取り回しだけは少しばかり気を使う必要がございますねえ。




▲給弾はフロント側から。バレルクランプの中心部分の蓋を外し、BB弾をジャラジャラと流しこんだ(※約2,200発)あと、給弾用フォロアと蓋を元通りにセットすれば装填完了です!
この方式だと、装弾数を増やそうと思ったらバレル周りを延長するしかないかにゃ~?




▲レシーバー下部右側の円筒状のパーツに駆動用のバッテリー(11.1V LiPo)を収納。ミニコネクター対応なので、外装式で良いなら画像のものより大容量のバッテリーも使用できます。




▲バッテリーコンパートメントの反対側には、パワーソースとなるガス缶をセット。東京マルイ製のガンパワーガスが丁度ピッタンコなサイズです。
残念ながらより大容量なLAYLAX製ハイバレットガスは収納できませんでした。
内部には気化スペースが設けられているとのことですが、パワーダウンを避けるため、あまり長時間の連射は避けたほうが良いでしょう。




▲ホース周りの取り回しを見るに、工夫すればエアタンクやグリーンガスなどの外部パワーソースにも対応できそう!
エアタンク(※もちろんレギュレーター付きの法規制対応品!)が使えれば、ランニングコストもより低く抑えられますし、安定したパワーで連射し続けられますからね。




▲これまでにリリースされたガトリングガンタイプのトイガンに比べて、射撃前のセットアップや取り回しという点では格段に使いやすくなっているなと感じました。
パワーソースがガス式なので、やはりパワーの安定性という点では電動ガンに一歩譲るでしょうが、これまで高嶺の花だったガトリングガンがこの価格帯で手に入るというのは、つくづく良い時代になったにゃ~と思います!




▲供給が安定してきたら小生も1丁手に入れて左わき腹にマウントし、左肩明るい赤に塗ってタナ・セガールRSC(レッドショルダーカスタム)になってみようかにゃ~?
んでもって、『レッドショルダーの赤はもっと暗い、血の色だ。それとマークは右肩だ。』などと、ボソッとツッコミ入れられたい!(←いいから黙れ。)



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
以上、『小ネタ』でございました。

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)小ネタ
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年06月24日

『エゲレス軍の特殊作戦用SMG』近々新発売!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲1980年代の終わり頃まで英軍の特殊作戦用サブマシンガンとして使用されていたL34A1ことスターリングMK.5が、近々電動ガンとして新発売の予定でございまする!




『S&T: 電動ガン スターリングMK.5 L34A1 (STAEG66MK5)』
実銃は陸軍SASや海兵隊SBSといった英軍特殊部隊に配備されていた、スターリングサブマシンガンシリーズのサウンドサプレッサー(サイレンサー)装備バージョン。
バレルジャケット部が延長され、インテグラル(内蔵型)サプレッサーが組み込まれているのが特徴ですね。




▲通常型にはない木製フォアエンドが追加されているのもL34A1の特徴の一つ。スターリングサブマシンガンは通常バレルジャケット部を保持して構えるようデザインされていますが、サプレッサー付きの銃を射撃すると直ぐに素手では触れないぐらい過熱してしまうので、その対策のために付け加えられたフィーチャーでしょう。




▲英連邦に属するオーストラリアやニュージーランドの陸軍にも分家筋という感じでSASが存在しますが、ヴェトナム戦争で活躍したオーストラリアンSASの隊員達もL34A1を使用していたという記録があるようです。
少人数で行動する特殊部隊がジャングルにおける遭遇戦に備えて携行する火器として、サプレッサー付きのサブマシンガンは理想的といえるでしょう。
米軍系特殊部隊も、イングラムMAC10やUZI、カールグスタフm/45といったサブマシンガンにサプレッサーを装着してものを好んで使ってましたし。

英軍系オールドスクール特殊部隊装備のメインアームとして、おススメの1丁です!9月末ごろ発売の予定!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今ご予約受付中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年06月24日

『シカゴの某ガンスミス兼賞金稼ぎも納得!』?

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲KSC製ガスブローバックハンドガンシリーズ最新作『Cz75 1stバージョン』が、本日入荷して参りましてございまする!




『KSC (ケーエスシー): ハンドガン本体 Cz75 1stバージョン HW』
旧チェコ・スロバキア時代に生産されたCz75の最初期バージョンをモデルアップ!生産性向上の観点から合理化が進められた2ndバージョン以降のモデルよりも手間隙掛けて作られていた時代の製品でございます。




▲1stバージョンと2nd以降の製品を見分ける最大のポイントが、スライドとフレームのかみ合うレイル部分の長さ。1stはこのレイル部分が短く、それに合わせてスライド/フレームも大きく削り込まれたスタイリングとなっています。
1stがショートレイルと呼ばれる所以ですね。




▲ダブルアクションオートながらM1911系と同じくコック&ロックの可能なサムセフティ。ハンマーをコックした状態で銃を携帯でき、初弾からスムーズでトラベルの短いシングルアクションで撃つことが出来ます。
コンバットシューティングのエキスパートジェフ・クーパー氏がCz75に高い評価を与えたのも、この仕様による所が大きかったといわれています。
クーパーいわく、『Cz75の唯一気に食わない点は、共産圏(アカ)製の銃だという所だけだ。』とか。




▲ブローバックエンジンは信頼のSYSTEM 7!チャンバー周りの仕様も現行のフォーマットにアップデートされているので、実射性能にもいっそう磨きがかかっております!




▲深みのあるブルーフィニッシュのイメージが強い1stですが、生産ロットによって仕上げは様々だったようで、中にはパーカライジングによるマットフィニッシュや、エナメル仕上げと呼ばれるブルーフィニッシュ風の塗装が施されたものもあったそうです。
HW樹脂の採用でマットブラックになっているKSC製は、さしずめパーカーモデルといった所でしょうか?
HW樹脂はブルーイングが可能なので、手間と暇と根性を惜しまなければ実銃のようなディープブルー仕上げも夢ではありません!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら