2017年12月12日

『サブコンパクト45オートの始祖』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製ガスブローバックハンドガンの人気ラインナップ『デトニクス.45』が入荷してきておりまする!




『東京マルイ: ハンドガン本体 デトニクス.45 SV』
M1911ガバメントの基本構造をベースにスライド/フレーム/バレルといった主要コンポーネントを切り詰めて製作された元祖コンパクト45『デトニクス コンバットマスター.45』をモデルアップ!
デトニクス社自体はそれこそ佃煮にするくらいあまた存在するM1911クローンメーカーの一つですが、同社のコンバットマスターはファクトリーメイド初の3.5inバレル・サブコンパクト1911ということで、コルト社純正のコンパクトモデルであるオフィサーズACPのデザインにも大きな影響を与えています。




▲その昔マルイさんからリリースされていたエンヴァイロ・ハードクロームモデルはメッキ仕様でしたが、現行のステンレスモデルは塗装によるシルバーフィニッシュとなっています。
よりつや消しな質感が強まった感じで、実銃のバリエーションでいうMK-V(※マットステンレスモデル)あたりに近いイメージでしょうか?




▲シルバーフィニッシュの本体に合わせて、グリップのカラーもブラックに変更。グリップパネルおよびメインスプリングハウジングはラバーコーティングされているので、ホールド感も上々です!
ちなみに実銃用のパックマイヤーラバーグリップも無加工で装着できますが、デトニクス用は今となってはメチャクチャ貴重品なんですよねえ。(※オークションでもとんでもないお値段ついてるし。)




『東京マルイ: ハンドガン本体 デトニクス.45 BK』
大まかなサイズはワルサーPPK/Sあたりとどっこいどっこいですが、このサイズで45ACP弾が撃てるというのは異様なまでの安心感がございますねえ。(※エアガンではどっちも6mmBB弾仕様ですが。)
オーソドックスなブラックバージョンも合わせて入荷中です!


エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年12月12日

『日の丸ミルスペックドットサイト』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

国内光学照準器の大手メーカーSIGHTRON JAPAN(サイトロンジャパン)がリリースする本格的MIL-SPEC(軍用規格)ドットサイトのハイエンドモデルが再入荷してきておりまする!↓


『SIGHTRON JAPAN (サイトロン ジャパン): MD-33X ドットサイト(R704)』
陸上自衛隊への納入実績でも知られる『MD-33』系の最新バージョン!各部の仕様がグレードアップされたXシリーズの最上位モデルであります!




▲外観そのものは旧バージョンとあまり変わり映えしませんが、表面仕上げが通常のブラックアルマイト仕上げからつやの消えたマットブラックフィニッシュに変更され、全体的に渋めな印象となっております。
チューブ径は一般的なドットサイトより一回り大きめな33mmで、より広い視界を確保!




▲メーカーロゴやモデル名の表示も旧型のシルクプリントからレーザー刻印に変更。もちろん変更されたのは外観だけではなく、対物レンズがアンチ・リフレクション(無反射)コーティング済みの強化ガラス製となり、正面からのBB弾の着弾にも耐えられるようになっています。(※まあ被弾の度合いによって限度はあると思いますが。)
これに伴い、従来付属していたエアガン訓練用ポリカーボネート製レンズカバー(プロテクター)はセット内容からオミットされています。




▲ボディの左側面にはロータリースイッチ兼バッテリーコンパートメントが設けられており、バッテリーはコンビニや電器店でも容易に入手出来るCR2032 3Vリチウムコイン電池を1個使用。
『MD』系は軍用モデルということもあり、輝度調整ダイヤルにナイトビジョン(暗視装置)に対応したN1/N2のポジションが設けられています。
通常のドットサイトをナイトビジョンで覗くと、ドットの輝度が明るすぎてハレーションを起こしてしまいますが、N1/N2ポジションなら最適な輝度で使用できます!




▲33mmチューブ専用のマウントリングやチューブ延長用フード、レンズが光を反射することを防ぐハニカムフィルター、フリップアップ式レンズカバーといった豊富なオプションパーツや作動確認用電池も付属!
形ばかりのレプリカ品では飽き足らないハードコアユーザーにこそおススメしたい逸品です!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年12月12日

『90年代米歩兵装備にピッタンコなメインアーム』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲80年台半ば~2000年代初頭あたりまでの米軍装備のメインアームにピッタンコな定番アサルトライフルが再入荷してきておりまする!!




『東京マルイ: 電動ガン コルト M16A2』
実銃はM16A1の後継として、1985年に米4軍に制式採用されたアサルトライフル。
ちなみにA1系からA2系への全面的な更新には結構な時間を要したようで、91年の湾岸戦争の頃まではM16A1系のバリアントも平行して使用されておりました。




▲このクラスのアサルトライフルとしては非常に軽量な反面華奢なところもあったM16A1に比べ、A2系はレシーバー周りが強化されたことでよりマッシブなフォルムとなっています。
弾薬は従来のM193からベルギーFN社が開発した新規格の5.56mmx45ライフル弾であるSS109/M855に変更。それに合わせてライフリングのピッチも変更され、着剣格闘にも配慮して肉厚を増したヘビーバレルを装備しているのが特徴ですね。

SS109弾薬はM16A2に先立って海兵隊に採用されていたM249 SAW(ミニミ分隊支援火器)とともに導入されていたもので、M16A2もそれに合わせて使用弾薬を変更したという側面がございます。




▲レシーバーの右側面、エジェクションポートの後部にはブラス・ディフレクターと呼ばれるピラミッド型の突起が設けられ、左利きの射手が発砲した際に空薬莢が顔に飛んでこないよう配慮されています。




▲フラッシュハイダーはA1の後期型と同様バードケージ(鳥かご)型ですが、反動軽減効果の向上とプローン射撃時の砂埃の巻上げ防止のために下側のスリットが廃止されています。
ちなみにマルイ製M16A2のバヨネットラグは実銃と同規格で製作されているため、モノホンのM7/M9バヨネットが着剣できたり致します。
まあ、国内だとブレードをカットしたヤツしか入手できないんですけどねえ。




▲リアサイトは工具なしでウィンデージ(左右偏差)とエレベーション(上下偏差)の修正が可能。A1系ではリアサイトの調整に最低限5.56mmx45ライフル弾が1発必要でしたから、大きく進化した部分ですね。




▲グリップはフロント側にフィンガーチャンネル、リア側に滑り止めのグルーブが追加され、以降M4カービン系に至るまでこのタイプのグリップが標準となりました。
グリップのデザインについては、人によって好き嫌いが分かれるところで、小生はA1系のシンプルなグリップのほうが好みかにゃ~?




▲ストックもA1系に比べて若干延長され、バットプレートにも滑り止めのチェッカリングが追加されています。
固定ストックだと内部の容積が大きいので、使用できるバッテリーのチョイスの幅が広いのも魅力!




▲この銃を見ると、やはりウッドランドBDUの上下とLC-2系ナイロン装備、PASGTのヘルメットとボディアーマーを揃えたくなります!
チョコチップ(6カラー)かコーヒーステイン(3カラー)のDBDU(砂漠用戦闘服)+初期型レンジャーボディアーマーでも可!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!





  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら