2017年04月29日

『AK47の火力増強にピッタンコ』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。

東京マルイ製電動ガンAKシリーズの火力を増強したい方にピッタンコなアッドオン式グレネードランチャーが、ちょこっと入荷してきておりまする!↓


『CAW (クラフトアップルワークス): AK47シリーズ/AK74MN用ランチャー BG-15』
旧ソ連時代にAKM/AK-74シリーズ用として開発されたGP-25をモチーフとしたアンダーバレルマウント用グレネードランチャーであります!




▲GP-25はヴェトナム戦争において米軍が運用したXM148やM203といったアッドオン型グレネードランチャーの影響を受けて開発されたといわれ、AKM/AK-74のバヨネットラグ(着剣装置)を利用してワンタッチで装着できるよう設計されています。
CAW製BG-15は実銃同様バヨネットラグを持たないマルイ製AK47シリーズに対応させるため、マウントのシステム周りがアレンジされております。




▲実銃同様にグレネードの装填を銃口側から行うマズルローディング方式を採用。銃口側から放り込むだけなので、装填はM203系より早いかも。
反面構造上撃ち終わったグレネードの排莢や回収が若干面倒かも。
実銃はケースレス式なので薬莢の排出を考えずにポンポンつるべ撃ちできるのですが、BG-15はモスカートを使用する都合上、やっぱ撃ち殻は回収しなきゃですしねえ。




▲トリガー前方に配置された小判型のレバーがセフティで、画像の位置でセフティONとなります。その下のレバーがグレネードのリムをつかんで固定するロックで、これを押すとグレネードが取り出せます。




▲ささやかながらピストルグリップが装備されているので、M203と違って単体でも一応射撃が可能。あえてこの状態で小型グレネードランチャーとして運用するのもアリかにゃ~?



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!


FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




FORTRESSでは4月29日から5月7日までの9日間、ゴールデンウィークセールを開催いたします!
お買い得商品を取り揃え、最終日の5月7日には店頭ミニオークションも大開催!

皆様のご来店、お待ちしておりま~す!




  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 17:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年04月29日

『鉄と木の時代のサブマシンガン』!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲2次戦連合軍ファン必携の東京マルイ製スタンダード電動ガン『トンプソンM1A1』が再入荷してきておりまする!




▲M1A1はトンプソンサブマシンガンシリーズの最後期生産型に当たり、生産工程が徹底的に簡略化されているのが特徴。
初期のM1921系の特徴であったブリッシュロック(ディレードブローバック機構)システムやカッツコンペンセーター(反動制退器)、ドラムマガジン用スロットの廃止、サイトシステムの簡略化など、製造工程の簡略化がすすめられておりまする。

ちなみにトミーガンと言う良く知られた愛称は、英軍(トミー)兵士がアメリカから供与されたトンプソンSMGを大量に使用していた事にちなんで付けられた物だとか。旧日本軍では『トムソン短機関銃』とも呼ばれ、鹵獲兵器として取り扱う際の手引書も発行されておりました。




シカゴタイプライターとも呼ばれたM1921系はバレル周りに放熱用フィン、マズル(銃口部)に発射時の燃焼ガスを上部に噴射することで反動によるマズルジャンプを低減するカッツコンペンセーターが装備されておりましたが、M1系はそれらが省略された極々シンプルなスタイルとなっています。




▲コントロール系はレシーバーの左側面に集約されており、基本的に左利きの兵士の使用を考慮していない設計。セレクターとセフティがそれぞれ別個に設けられている所に時代を感じますね。
レシーバーやアウターバレル周りは金属製で、剛性はガッチガチです。




▲リアサイトはシンプルな固定式ピープサイト。初期のM1921系は豪華なフルアジャスタブルサイト仕様でしたが、考えてみれば有効射程がせいぜい50~100m程度でしかないサブマシンガンにはオーバークオリティな代物だったので、これで正解ですね!




▲これまた時代を感じさせる大柄なストック。少々オーバーサイズの気味があり、肩付けで射撃する際はちょこっとばかししんどいですね。一方腰だめ撃ちだと非常にしっくりくるデザインです。
収納可能なバッテリーはラージサイズまで対応。




▲2次戦時の米軍やイギリス軍装備、はたまた鹵獲兵器という設定で日本軍装備(※実際M1カービンとトンプソンSMGは、皇軍兵士にも大人気でした)にも合わせられる逸品であります!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!


FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




FORTRESSでは4月29日から5月7日までの9日間、ゴールデンウィークセールを開催いたします!
お買い得商品を取り揃え、最終日の5月7日には店頭ミニオークションも大開催!

皆様のご来店、お待ちしておりま~す!




  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 13:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら

2017年04月28日

『玄人好みなアサルトカービン』入ってマス!

皆様ご機嫌麗しゅう。FORTRESS WEB SHOPのタナ・セガールでございます。


▲東京マルイ製スタンダード電動ガンシリーズの人気ラインナップの一つ『SIG552』が再入荷してきておりまする!




『東京マルイ: 電動ガン SG552 SEALS』
実銃はアサルトライフル界のロールスロイスの異名を持つ、SWISS ARMS(旧SIGブランド)の傑作突撃銃『SG550』をベースに、全長をSMG並みに切り詰めたマイクロコンパクトカービンバージョン。米海軍のSEALや陸軍のデルタなど、SOCOM(特殊作戦軍)隷下の特殊部隊にも一時期使用されていたといわれ、命中精度や信頼性にも定評がございます。
唯一の欠点はM4系の数倍といわれるお値段くらいでしょうか?




▲ハンドガードの下面と右側面には20mmレイルが装備されており、バーティカルグリップやウェポンライトといったオプションパーツの装着にも対応。
レシーバートップに別売りのローマウントベースを装着すれば、ドットサイトやスコープなどの各種光学照準器の搭載も可能です。




▲本体付属のマガジンは実銃でいう20連タイプをモデルアップしており、スモーククリア成型のボディから覗く5.56mmx45ダミーカートがなんともエエ感じ!
サイドには接続用のカプラーが設けられており、マガジン同士を左右並列で組み合わせる、いわゆるジャングルスタイルで使用することができます。このフィーチャーはH&K社のG36シリーズも模倣しておりますね。




▲リアサイトはH&K G3のものと良く似たロータリータイプで、ドラムを回転させることでピープ(覗き穴)のサイズを変えることができます。
近接戦時のクイックサイティングから中距離における精密照準まで、あらゆるシチュエーションに対応可能!




▲ストックはサイドフォールディングタイプで、短めなマガジンと相まって折りたたんだ状態だと3DAYパックに収まるくらいコンパクトになりまする。
伸ばした時のガタつきもほとんど無く、固定ストックと変わらないフィーリングで使用できるので、本来の命中精度をしっかりと引き出せます!



エアガン、電動ガン、サバイバルゲームの事なら『FORTRESS WEB SHOP』へ♪
ただ今好評お取り扱い中です!

『フォートレス東京秋葉原店ブログ』はこちらから!!


【告知】!


FORTRESS名古屋店およびWEB SHOPは、2017年2月より毎週水曜日が定休日となります
※秋葉原店の営業日に変更はございません。




FORTRESSでは、来る4月29日から5月7日までの9日間、ゴールデンウィークセールを開催いたします!
お買い得商品を取り揃え、最終日の5月7日には店頭ミニオークションも大開催!

皆様のご来店、お待ちしておりま~す!




  

Posted by フォートレスWEBショップ  at 21:05Comments(0)商品紹介
サバゲやるならフォートレス!カスタムガンならフォートレス!WEBショップはこちら